タイトル

レース明けのZwiftレース。WBR 1 Flat Lap #pst Race B

火曜は雨だったのでZwift練に切り替え。
レース明けっつっても12分くらいしか走ってないのでほぼサラ脚です(悲)
それにしても今週の天気……雨マークばっかり。これじゃ毎日Zwiftになりそう。

朝のレースイベントを探してみたものの、ちょうどいい時間帯にスタートするのは一つしかなくて、(強度が高そうだったので意識的に避けていた)10kmのレースのみ。
仕方ない、諦めて出てみよう。カテゴリはいつものB。

セッティングに手間取ってしまい5分くらいしかアップの時間がとれず、なるべくギリギリまでL4強度で回して心拍数を上げておく。といっても寝起きなので140bpmくらいまでしか上がらない。
こりゃ、スタートでドカンといかれたら終わりだ。

不安を抱えたままスタート。出走38名、Bカテゴリは10名。
最初の30秒ほどは5倍ペースだったものの、意外と早く4倍程度に落ち着く。
いや、自分から見たら全然落ち着いてないな(笑)

WBR 1 Flat Lap #pst Race B

中切れを食らわないようにできるだけ前方をキープ。
このまま1時間走れと言われたら無理だけど、10kmなら何とかなるんじゃないか、という薄い望みに賭けて頑張って着いていく。

先頭グループにはチームメイトのMIKさんと、あとこれは……ユーザー名から判断して、ゆりさんか?ネモッティはZwiftやってなかったはずだし。
それにしては速いなあ。普段も速いけど……。

しばらくその集団で粘っていたのだけど、断続的なふるい落としが始まると耐えられなくなり、あえなく千切れる。
すぐ後ろにはMIKさんが。自分の中切れに巻き込んでしまって申し訳ないと思いつつ、そこから二人でローテ。

着いていくのも前を牽くのもギリギリなんだけど、残り距離は数kmだし何とかなるか。後続はだいぶ離れているみたい。
最後は残り400mからじわじわ9倍くらいまで上げてゴール。
10kmレース、予想通りキツイ(>_<)

リザルトは全体で9位、Bカテ3位。出力体重比で自動的にカテゴリ分けされて順位がつくZwift Powerでは、まさかの「A」にアップグレード。
14分23秒で278W(4.34W/kg)と、Aの基準である4倍以上をクリアしたからだろうけど、こんなの10kmレースでしか出ませんから……。

というかゆりさん6位ってマジか。あの集団に着いていったのか。負けた……。
しかし、後でネモッティだったことが判明(笑)
イニシャル同じだからわかんないです。

何はともあれ最後まで集中して走れたのはMIKさんが引っ張ってくれたおかげ。
ありがとうございました。

走行距離:18.5km
走行時間:28分36秒
平均時速:38.9km/h
平均心拍:159bpm
平均ケイデンス:82rpm
消費エネルギー:394kJ
AP/NP/IF/TSS:230W/242W/0.949/47

【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2017/10/17(火) 12:48:35|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

川崎マリンエンデューロ2017 2時間ソロの部 パンクでDNF

川崎マリンエンデューロ

タイトルだけでほぼほぼ説明は終わっているのですが(汗)、一応来年に向けての備忘録を兼ねて。

今年は事故やらなんやらいろいろあってなかなか出られず、これが今年初レース。また、このレースの参加自体も初めて。
久しぶりなので半分リハビリのつもりでエントリーしてみたら、I田さんも乗っかってくれて二人で行くことに。

当日はI田さんが迎えに来てくれて(ありがとうございます)、家から30分でレース会場に到着。近い。
しかしあいにくの悪天候で雨・風ともに強く、厳しいコンディション。
二人で午前の3時間の部を見ていると、Roppongi Expressさんが目の前のピットロードを通ってトイレへ。あれ?エントリーリストにいたっけな。というか、まさかこのレースに来ているとは思わなかった。

3時間の部が終わり、I田さんと試走へ。
コースは直線基調で、いくつかの90度コーナーと180度ターンが2箇所。1周5kmだったかな。いつも走ってる袖ケ浦周回と似たような景色で全然アウェー感がない(笑)
ただ、路面があまり良くなく、凹凸も多いし、特に復路の直線では水たまりが池のようになっていたり、大型車の路駐のため道幅が急に半分になったりで気を抜けない。

試走からそのまま整列し、応援に来てくれたまきさんにレインウェアを預かってもらってスタート位置に着く。位置は前から10番目くらい。
寒い寒い。
12:30に2時間の部がスタート。

1周目はローリングスタートで監視員の後ろに着いて、2回コーナーを曲がってからの長い直線でリアルスタート。
しかしそれほど速いペースではなく、180度ターンも皆慎重に落として回る感じ。
復路の水たまりラッシュには思わず笑いが出てしまう。なんかのアトラクションみたい。

2周目に入って少しペースが上がり、I田さんが前の方にいたので集団の左端を通って上がっていく。
このコース、180度ターンがどちらも右回りなので、なるべく減速せずに走れるようにするには集団左端にいるのが良いかと。

目の前にI田さんが見える位置まで上がって、2周目の折り返し。180度ターンの手前の右直角コーナーで後輪がズリッと滑る。
うわっ!
転びはしなかったけど、大して倒してないのにこの滑り方はおかしい。
もしかして……と思ったら、ゴン、ゴン、ゴンと後輪から嫌な衝撃が。あ~やっぱりパンクだ。

右手を上げてパンク~と言いながら180度ターンのところでコースを外れる。
あーあ、始まったばかりだというのに……。
まあしょうがない。気づかずにターンに進入して落車したら確実に他の人も巻き込んでいただろうから、早めに気づいて良かった。

エンデューロレースだからか、ちょうど目の前にチューブとかパンク修理キットとかが置かれたリペア台があったのだけど、チューブラーなのでどうしようもなく。
コース外に出て、意気消沈しつつ歩道をゆっくり走ってスタート地点に戻る。

主催者が採暖テントを用意してくれて助かった……。
残りの時間はまきさんと暖かいテントからI田さんの応援(笑)
ここに一度入ってしまうと外で応援できないダメ人間になります。

残り15分を切ったところで意を決してテントから出て(笑)、近いところから応援。
I田さんは終始先頭から5番手以内をキープしていて、余裕もありそうだし、安心して見ていられる。
これは勝てるのでは?

ただ、ゴールが180度ターンから100メートルほどのところなので、そこまでの位置取りでほぼ決まりそう。
最後に一人飛び出して、それを追う集団の2番手でターン。そのまま3位でゴール。もうちょっとだったけど、でもお見事!おめでとうございます。

川崎マリンエンデューロ 表彰式

表彰式を見てから撤収し、帰りにラーメン屋で反省会。
先頭集団に残れたかはわからないけど、やっぱり最後まで走りたかったな~。
ま、これからまた少しずつレース活動も再開できるだろうし、来年リベンジということで。

運営の方々、参加者の皆さん、雨の中お疲れ様でした。
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2017/10/16(月) 12:56:51|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イオンモール祭り、再び

もう何の話なのかよくわからないタイトルになってますが、今週もキツかったです。とても。

その前に連休明け以降のライド記録を。火曜はさすがに4日間乗らないのはマズイと思って軽い気持ちで中袖に行ったらヒデさんに捕らえられ、二人で復路インターバル3本、だったかな?キツくて記憶があいまい(笑)
ログ見たら3本とも300W前後で、2本目のラストで1分3秒397Wとか。

水曜はそのダメージが抜けず7時までガッツリ寝る。
木曜はおはサイ時間に起きられなかったのでZwiftの自作ワークアウトにして、30秒インターバルを20本。計20分のアベレージが252W。
これは20本やり切るのを意識し過ぎたあまり出力が低くなっちゃったな。

で、今日。
現地に向かう途中で背後に人の気配を感じて振り向いたらヒデさんがぴったり着いてたので「うわっ!」って声が出た(笑)
なにげに初参加?ありがとうございます。
最初に1周ゆっくり回ってコースの説明など。
そうこうしてる間にネモッティとゆりさん、師匠が合流したのでペース走開始。

その後、H矢さん、W辺さん、I橋さん、F谷君とあれよあれよという間に人が増えて、9人に。
ついに9人。
いや、今日は人数云々よりも単純に濃すぎる。
沖縄100kmと140kmのチャンピオンも二人いるしな……。これはもう誰が見ても祭りだろう(何の)。

ペースは序盤からネモッティがガンガン牽きまくり、ペース上げまくりでかなり辛い。
それでもZwiftレースで多少は鍛えられたのか、この領域でも少し粘れるようになってきたかも。辛いのは変わらないのだけど。
ネモッティは毎周回追い込んでる感じで、初めて辛そうなところ見たかも。

終盤はネモッティ、H矢さん、F谷君、自分の4人になり、ラスト1周の前半は合流したヒデさんが強力な牽き。この時点で自分はかなり限界近い。
ネモッティが意外にもすぐ下がり、F谷君がロングスプリント。H矢さんを交わして追ったけど、なかなか距離が縮まらず。無理と悟って緩めてゴール。

イオンモールおはサイ ログ2

キツかった……。
ラスト11分が259Wって、平地の集団走行でこの強度……よく残れたな。
でも来週はもうちょい平和にいきたい(笑)
ありがとうございました。

そして週末のお天気は見事な雨マーク。
うーん。

走行距離:38.2km
走行時間:1時間19分38秒
平均時速:29.9km/h
平均心拍:144bpm
平均ケイデンス:83rpm
消費エネルギー:664kJ
AP/NP/IF/TSS:144W/193W/0.756/86

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2017/10/13(金) 12:57:36|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツル千葉お見送りライド&運動会

三連休初日はツル千葉のお見送りへ。今年はスタート&ゴール地点がいつものおはサイと同じ場所なので、おはサイ終わってからお見送りすればちょうどいいかと思っていたら、当日は大雨……。
おはサイは中止にして様子を見ていたら、ちょっと弱まったか?
何となく行けそうな雰囲気になったのでレインウェアを着込んで7時頃出発。

時間的にはちょうど良かったみたいで、開会式の少し前に着いて、指導員を務めるチームの皆さんにもご挨拶できました。
そしていろんな人に「走ったの?」と聞かれる。この雨じゃやりません(笑)

開会式を展望台の上から。雨は弱まったけど北風がかなり強烈。でもコース的には追い風になるから楽かも?

ツール・ド・ちば2017 開会式

チームの皆さんと記念写真。

内房メンバーと

選手宣誓はこのお二人。

ツール・ド・ちば2017 選手宣誓

次々にスタートしていく参加者たち。

出発していく参加者たち

一通りスタートを見届けてから、寒くなってきたので撤収。
今年は3日目に鹿野山秋元口を登るコースらしく、果たして参加者たちがそれを知っているのかが気になる(笑)
でもスタートの雰囲気を見ていると、こういうイベントも楽しそうだなあと。久しく出ていないけど。最後は佐渡ロングライドだったか?

この日の走行距離は12km(笑)

----

翌日はすっきり晴れて、上の子の運動会へ。

運動会

気がつくともう保育園では最後の運動会。早いなあ。
数少ないイベントだからちゃんと見とかないと。
後半の鼓笛とかはだいぶ疲れ気味だったけど、何とか最後のリレーまでやり切った。お疲れ様。

その後は再び実家の手伝いの残作業と家の仕事を片付けていたら連休が終わる。
ツル千葉の応援ライドかお迎えライドに行きたかったんだけど、その余裕もなく。
どうやら大きな区切りがついたことで緊張感が抜け、今までの疲れがどっと出たみたい。まったく自転車に乗る気が起きない(笑)
週末は大丈夫かなあ。
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2017/10/11(水) 23:21:34|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

火曜、Zwiftレース。WBR 4 Lap Flat RACE #pst B

火曜、おはサイに行こうとして外の様子をうかがうと、降ってはいないけどかなり路面ウエット。雨雲レーダーを見ると1時間後には結構降られそう。
んー。昨日チェーンの掃除したばっかりなんだよな……。
Zwiftにしとこう。

イベントスケジュールを見て、5:55スタートのWBR 4 Lap Flat RACE #pstというのがあったので、Bカテゴリでエントリー。

そういえば最近Zwiftのアップデートがあったようで。
一番目立った変更点は、このMolile Link(スマホアプリ)の画面レイアウトかな。
マップ上に走行データがオーバーレイされ、画面下部にボタン類が並ぶという配置。

Zwift Mobile Link(New)

ただ、正直前の方が使いやすかったかも……。以前はボタン類だけ1ページにまとめられていたのだけど、今回は横スクロールが必要になる。スクリーンショットを撮りたい時とかちょっと面倒。
あと、PC側の画面でもマップは見られるから、わざわざ走りながらスマホでマップを見ることもないかなあと。
すぐ慣れるのだろうけど。

そんな感じでアップも適当にレーススタート。出走37人。

WBR 4 Lap Flat RACE #pst B スタート

スタートしてしばらくは先頭集団で粘る。以前だったらすぐ千切れていたかもしれないペースに着いていけてる感じがして、ちょっと嬉しい。
が!なんかギアが変。リアのある一段だけ、シフト入れるとガチャ!ガチャ!ガチャ!と歯飛びする。あれー?先週まで普通に使えてたのに。

しかもよりによって一番使いたいところ(笑)
仕方なく変速は2段ずつで、おかしくなってる段の一つ上と一つ下を行ったり来たりするという、超やる気をそがれる運用を強いられる。

WBR 4 Lap Flat RACE #pst B レース中

↑マップの下にレース中の順位も出るようになったみたい。

気持ち的にはこのまま最後まで行きたかったけど、やっぱり限界が来て13分ほどで集団から脱落。
ここからが辛いなあ。
ちょうど同じくらいのタイミングで千切れたアメリカ人と二人になったので、協力して一緒に行くことに。

最初のうちは頑張って均等にローテ。しかしだんだんキツくなってあまり牽けなくなる。するとアメリカ人もそれを察したのか長めに牽いてくれて、登りで離されそうになっても緩めて待ってくれたり。

なんというナイスガイ。とても有り難いのだけど、逆に言えば生かさず殺さずというか、切れるに切れられない状況でもあり、プレッシャーがかかる。
もう脚残ってませんというのを伝えたくてスマホアプリで"I'm TOAST!"っていうボタンを何回か押したけど何も起きなかった(笑)

それでもずっと着き位置だと申し訳ないので、たまに無理して前を牽いたりしてるうちに最終ラップへ。
後ろにいる4~5人の集団が1分差をどんどん詰めてきていて、30秒くらいまで迫ってきてる。この集団からは絶対に逃げ切りたい。アメリカ人もそれを察したのかペースアップ。
キツイ……が、このまま行けば何とか逃げ切れそう。

最後は逃げ切り確定したので、ゴール前1kmを牽いて、アメリカ人がスプリントで抜いていったのを見届けてから流してゴール。
全体で11位、Bカテ5位。平均ワットは40分4秒で245W(3.82W/kg)。
頑張ったなあ。しばらく座り込んで動けず……。

レース後、たくさん牽いてもらったアメリカ人に一言お礼を言おうと思ってStravaの方にコメントを入れたところ、こんな返信が。

"My Pleasure my friend. Enjoy the rest of your day :) "

どういたしまして、残りの一日を楽しんで、と。
もうね。惚れる(笑)
Zwift Powerのプロフィールを見たら既に100レース近くこなしていて、FTPは325Wというお方でした。また今度一緒になったら牽いてもらおう(笑)

あとギアの歯飛びの件は、終わってからスプロケを調べてみたら、ケイデンス計測用に左クランクにつけていた(はずの)ネオジム磁石がなぜかスプロケの板の間にガッチリ挟まっていて、こいつが原因でした。

というか左クランクに付けていた磁石がなんで右側のスプロケットに挟まるのか……と考えて、2秒くらいで犯人がわかったので(笑)、スプロケをバラして元通りに。
だんだん手が込んできてるな。

走行距離:28.1km
走行時間:40分54秒
平均時速:41.3km/h
平均心拍:169bpm
平均ケイデンス:97rpm
消費エネルギー:588kJ
AP/NP/IF/TSS:240W/246W/0.966/66

【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2017/10/05(木) 19:17:52|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ