タイトル

一風変わったガジェットを使ってZwiftをやってみた

先日、まささんから珍しいモノをお借りしました。

VPU

これは何かというと、一言で説明するなら「3本ローラーのスピードからパワーを推測して表示する装置」でしょうか。
おそらくエリート社の負荷付き3本(アリオンマグ、アリオンAL13)専用かと。
市販品ではなく、ワンオフ。要はまささんの自作によるもので、以前ご自身で使われていたそう。今回、自分が事故で一時的にパワーメーターが使えなくなっていたのを見て(あと使っているローラーがたまたま同じだったこともあり)貸してくださいました。

スピードからパワーを割り出して表示するだけなら(それでも十分すごいのだけど)まだわかる。
驚いたのは、この装置自身がANT+センサーの機能を持っていて、「パワーメーターそのもの」としてZwiftとペアリングできるということ……。

↓あっさりペアリングできました。

VPUをZwiftにペアリング

しかも3段階の負荷にも対応しており、装置についている3つのボタンを押せばそれぞれの負荷に応じたパワーが表示されるという仕掛け。
そもそも、スピードの情報は自転車についているANT+センサーから受信する必要がある訳で、てことは一旦受信したデータを仮想パワー値に変換して発信、これをPCのANT+ドングルで受信するという中継器のような処理をしていると思われる。
どうやったらこんなモノを作れてしまうのだろう。

難しいことは置いといてとりあえずRide On!(笑)

いつものようにロンドンを走り出しますが、

VPUを使ってZwift

画面左上の方をよく見てみると、「パワーメーターあり」を示す稲妻マークがしっかりとついてます。

Zwift画面拡大

使ってみた印象は、予想以上に自然。本当のパワーメーターを使っていると錯覚しそうになる。
ただし、パワーメーターに特有の「短時間でガッと踏み込んだ時の高出力」というのはないです。挙動はあくまで滑らか。
それでも、体感的には表示ワットとの大きなずれは感じませんでした。
これならワークアウトも普通にできそう。

この装置、ニッチすぎるけど面白いです。

VPUを使ってZwift

走行距離:17.5km
走行時間:30分30秒
平均時速:34.6km/h
平均心拍:144bpm(MAX161bpm)
平均ケイデンス:85rpm(MAX122rpm)
消費エネルギー:334kJ
AP/NP/IF/TSS:182W/192W/0.754/30
←久しぶりにこの辺の数値を見た
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2017/05/24(水) 18:19:04|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8週間ぶりの土曜おはサイ

土曜おはサイ

先週の土曜は久々の周回練へ。カレンダーを見たら最後に開催したのが3/25で、その翌々週に事故に遭い自転車全損、その後は行けるメンバーだけでもやってもらおうと告知だけはしてましたが悪天候が続いたりしてなかなか開催できず、結局8週間ぶりとなりました。

今日の相棒も代車のフラットバーロード。この時期はレースの開催も多いから少なめかなと思っていたら、予想外に多く8人も集まる。
ただ、翌日レースの人が何名かいたのと、この後某テレビ局の階段(200段)を駆け上がるという競技(?)に参加される方が1名いらしたので、目標ペースは抑え目にして35→36→38km/hに。
(しかしこれらは表向きの理由で、本当は自分が疲れすぎていたので集団から千切れないために主催者権限で下方修正したのである(^o^)v)

そんなこんなでスタート。1周目は35km/hで平和に……のはずが微妙に速い気がする。でも5~6km/hもオーバーしない限りはいちいち言わないことにしているので(風向きにもよるし、自分もオーバーすることもあるから)、そのままで。
見ていると翌日レースの人たちは引く時間を短めにしてうまく調整しているみたい。

2周目も同じ感じで走って3周目。予定通りにペースが上がる。ただ、1~2周目が抑え気味だったのと人数が多いため脚はまだ残っていて、何とか着いていくことはできそう。
中袖往路でちょっと長めに引いて交代。復路も40km/h程度で淡々と。

最後のフリー区間は、自分が先頭で右折待ちからのゼロスタートになったので、そこからじわじわ45km/hまで上げてペースを作る。交代して下がるとカウンター気味にF谷さんの強力なアタック。思わず千切れそうになったけどW辺さんの後ろにしがみついたら追いついてくれたのでホッとする。(←他力本願)

その後しばらくW辺さんの引きで、2本目の橋を過ぎて少し緩んだところからバーエンド持ってスプリント。すぐ後ろに誰かの気配が……と思ったら最後にMIKさんにズバーンと気持ち良くまくられて終了。
ありがとうございました~。(キツい)

2ヶ月ぶりの周回練は、やっぱり楽しい。これを2ヶ月もできなかったのはもったいない限り。
あとは早くドロップハンドルで走りたい(笑)

このフラットバー自体もすごい乗りやすいのだけど、違う形のハンドルを使うと改めてドロップハンドルって良くできているなと感じる。一番パワーを出しやすい姿勢をとると自然に最も空気抵抗が少ないフォームになるし。(フラットバーでもがくにはバーエンドを持つしかないけど、そこを持つと頭が上がってエアブレーキがかかってしまう)

まあ、もう少しの辛抱かな。(←毎回書いてる気がする)

日曜は奧さんには家で休んでもらって、子供たちを連れて実家へ。両親と一緒に公園で遊ばせるが暑い!ご飯のあと二人まとめてお風呂に入れ、あと寝かせるだけの状態にして(既に寝てるが)帰宅。片道1時間半程度の運転なのだけどこの疲れが1日じゃ取れない。
自転車とは異質の疲れなんだよなあ。運転自体は好きなんだけど。

[追記]
日曜に開催された「やまなしサイクルレース」のアワーレコードチャレンジ部門でMIKさんが優勝されたとのこと。おめでとうございます!
単独走なのに前日のおはサイで8人で3周目を走ったアベレージ(39.3km/h)より速く、距離は2.5倍?すごすぎ……(*_*)

走行距離:64.1km
走行時間:1時間56分20秒
平均時速:33.1km/h(MAX50.0km/h)
平均心拍:139bpm(MAX185bpm)
平均ケイデンス:83rpm
消費エネルギー:不明
AP/NP/IF/TSS:不明/不明/不明/たぶん97

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2017/05/23(火) 12:54:59|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金曜、盛況のイオンモールおはサイ

イオンモールおはサイ

今週は月曜Zwift、火・木は高めの強度で袖ケ浦おはサイをやっていて、だいぶ疲れが溜まってきている感じ。
しかし、金曜のイオンモール練はここ最近メンバーも増えて、非常に質の高い練習ができているから外す訳にはいかない。
(いかない)(いかない)(いかない)……

……ん?朝か。
えーと、5時25分って。しまった、寝坊したーーー。
やっぱり疲れてんじゃん。
でも速攻で起きて着替えて準備したら意外と何とかなりそう。

玄関にフラットバーを出してシューズを履いていると、前方の道路を(この自転車の持ち主である)師匠がサーッと横切るのが見える。
道場破りだろうか……。
後ろを追いかけて、信号待ちしていたところに無事合流。

5:55に周回コースに着き、最初の1周は流して、2周目から二人でペース走。すぐにW辺さんとI橋さんが合流し、しばらくその4人で周回。
最初から38km/hくらいのペースでしんどい。特にコーナーの立ち上がりが脚にくる。
フラットバーなのであまり低いフォームがとれないのだけど、せめてもの悪あがきで、ハンドル中央を持ってできる限り肘をコンパクトに折ってエアロフォームを意識する。

何周かしてからtaoさんとイオンモール初参加のK安さんが合流。6人とは盛況だなー。ペースは40km/h前後まで上がる。
7周したところで残り時間を見て「あと2周」とアナウンス。
最終周で先頭が回ってきたので、前半に少しペースを上げて一旦下がり、最後の直線では師匠の強力な引きに何とか食らいついてゴール。

先週に引き続きキツかった……。
そして頑張っても後でパワーデータを見られないのでご褒美感が何もない(笑)
もう少しの辛抱かな。

そういえばパワーデータはとれないのだけど、以前Golden Cheetahで調べた「TRIMPからTSSを算出する式」は重宝していて、いつもTSSだけは同じ日にマニュアル登録してます。
こうするとパワーメーターがなくてもCTLやTSBの管理ができる。自分の過去データを元にした式だから精度も高いだろうし。

ちなみにTRIMPからTSSを出す方法について書いたのはこの記事
まるで1ヶ月後にこうなることを予想していたかのような、確かに役には立ったんだけどタイムリー過ぎて自分でちょっと気味が悪い(笑)

走行距離:38.2km
走行時間:1時間17分22秒
平均時速:29.6km/h
平均心拍:140bpm
平均ケイデンス:81rpm
消費エネルギー:不明
AP/NP/IF/TSS:不明/不明/不明/たぶん73くらい

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2017/05/19(金) 12:57:43|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ある日のおはサイ

5:30AM
(さて、今日もボチボチ行くか~)
(だるいな~)

ある日のおはサイ1

(あ、I田さんだ)
「おはようございまーす」

ある日のおはサイ2

(なんか草むらでプルプルしてたけど野グ○じゃないよね?8の字練習やってたんだよね?)
(詳細は聞かないでおこう)
(お、前方にいるのはS石さんか?これで3人だな)

(うぉぉりゃあぁぁ~)
(キツイ)

ある日のおはサイ3

(あっ師匠!)

ある日のおはサイ4

(うおおおぉぉぉ~)
(ダメだ、キツすぎる……)

ある日のおはサイ5

6:45AM
「お疲れ様でした~」

ある日のおはサイ6

こんな感じでやってます。
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2017/05/18(木) 12:39:34|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

負荷付き3本ローラーのスピードからパワーを計算するフォームを作ってみた

完全に自分用ですが、エリート社の「ARION AL13」でスピードからパワーを計算するツールです。

使い方:「W」のフォームに任意のワット数を入力して「計算」ボタンを押すと、それぞれの負荷でそのワットを出すのに必要なスピードが表示されます。

W 

負荷0  km/h
負荷1  km/h
負荷2  km/h

現在パワーメーターが使えないのですが、過去に使っていた時のデータはあるので、パワーと速度のセットでいくつかサンプルを拾えば式にできるんじゃないかと思ってやってみました。

やり方は、まずGolden Cheetahを見ながら、なるべく5分以上一定出力を保った時のデータを強から弱までまんべんなく10個ほど選び、エクセルにワットとスピードの平均値を並べて散布図にします。
そこに近似曲線を引いて方程式を出すと、以下のような式が出てきます。

f(x) = 0.2859750837x + 3.2999835076

当然ながら負荷によって式は変わってくるので、3種類の負荷ごとにサンプリングが必要。しかし、自分は負荷1(中間)をほとんど使わないので、そこだけは0と2の中間値で作りました。

これを使えば、例えば「250Wを○分維持する」というメニューなら、負荷2で31.5km/hになるように回せば良い、とわかります。負荷0でもできますが、74.8km/hなのでこれは騒音、振動ともかなりひどくなります(笑)

ただ、メーターを見ながら一定スピードを維持するのは難しいし、「3秒平均スピード」などという表示項目はGarminにはないでしょうから、「ラップ平均スピード」を表示項目に追加するのがベストかと。ラップを切ってこの数値になるように合わせればかなり精度は高くなるはず。

あとは冒頭に「自分用」と書いたように、ローラーの種類とか人&バイクの重量、タイヤの種類、空気圧など諸々の条件で数値は変わってくるはずなので、他の人にも当てはまるかどうかはわかりません。
でもローラーに貼ってある換算グラフよりは遙かにマトモかなとは思います(笑)

そんなことをやっていたら、チームのまささんから「ある(自作の)モノを使ってみませんか」という打診が。
ちらっと概要を聞いただけで凄そう。自分の環境で動くかわからないけど、ぜひ試してみたいと思ったのでお借りすることにしました。
使ってみるのが楽しみ。
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2017/05/16(火) 12:12:08|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ