タイトル

帯状疱疹

帯状疱疹パンフレット

先週の木曜くらいから額の中央に謎の赤い腫れが出てきて、市販の軟膏を塗っても一向に治まらないので心配になり土曜に皮膚科にかかったところ、見た瞬間に「帯状疱疹」と診断されました。(診断は早いけど見てもらうまでに2時間半くらいかかってます笑)

帯状疱疹は、疲労やストレスで免疫力が低下すると、子供の頃にかかった水疱瘡のウイルスが活動を再開し神経や皮膚を侵す、というものらしい。

原因として思い浮かぶのは三つほど。
一つはここ2~3ヶ月の間、子供の送迎で生活リズムが変わったり、毎週末何かしらのイベントや家族サービス、病院付き添いなどで埋まっていて、心身を休める余裕がなかったこと。
もう一つはレースに向けて練習の頻度・強度を上げていったこと。

三つ目はちょうど発症の前日、上の子が友だちといさかいを起こしてちょっとした問題になり、心配のタネが大きくなったこと。
おそらく一つ目と二つ目で疲労が重なり、蓄積しているところに三つ目がとどめになったと思われる(笑)

なってしまったものは仕方ないので安静にして回復に専念するほかないのですが、周りの経験者に聞くと治ってからも神経のダメージのせいで痛みが残ってしまい、未だに薬を飲んでいるという人も多く、なかなか厄介な病気のようです。
ただ、早期発見・早期治療がカギらしく、自分の場合は発症から2日後に受診できたので、そこは素人判断しなくて本当に良かったなと。

症状としては、額と目の周りが赤く腫れ、時折チクッとした痛みとかゆみ。頭痛もあり。処方されたのは「アメナリーフ」という抗ウイルス薬と「ビダラビン軟膏3%」という塗り薬。
この「アメナリーフ」、新薬らしいのですが恐ろしく高く、薬代だけで6,600円もしました。orz
効いてくれないと困る(笑)

お医者さんによれば、顔面にある三叉神経のうち一番上の神経に出ていると。その後調べてみたら視神経や顔の神経にウイルスが感染すると視力の低下や難聴、顔面麻痺などの後遺症を残すこともあるとのこと……。

正直不安だらけですが、幸い仕事の方は今の時期は落ち着いているので、会社は当面休みにさせてもらってひたすら家でゴロゴロする毎日。ある意味夢見ていた生活のはずなのにちっとも嬉しくない(笑)
Kindle本ばかり読んで過ごしてます。

自転車はとても乗れる状態ではないし、変に無理して悪化させたら後々後悔しそうなので、週末のレースは見送ろうかなと。
今シーズンはまた一からやり直しのつもりで、元気になったらまた乗ればいい。CTLより身体の方が大事。当たり前だけど。(もともと大して積んでない)

ちなみに、「帯状疱疹かな?」と思ったらすぐに皮膚科に診てもらった方がいいです。処置が遅れるほど重症化して、治ってからも跡が残ったり痛みが残ったりするそうなので。
身体のどこにでも出る可能性があり、チクチクする赤い腫れが出てきたら要注意。

今回思ったのは、まだ治ってませんが、自分の身体が発する疲労のサインをもっとよく観察しないといけないなということ。
うっかりミスが多くなったとか、食欲がないとか、そういった些細なことも休養の判断材料にしていかないと、ある日突然ボーダーラインを超えてしまう。
特にメンタルの疲れは重視した方が良いのかなと。

いろいろ勉強になりましたが、まずはゆっくり休みます。
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2018/06/12(火) 11:03:09|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水曜、Zwiftワークアウト「The Gorby」

水曜日。今週も中袖ペース走をやろうと5時前に起きて着替えを済ませ、自転車持って外に出たら雨……。がーん。
そうか、もう梅雨なのか。
仕方なくZwift起動して3本ローラーへ。イベントはちょうど良さげなものがなかったので、そこそこの強度で1時間前後のワークアウトを探す。

Zwiftのワークアウト一覧を眺めていると、時間とワットで完遂できそうかどうかが直感的にわかるのだけど、パッと見て「これは無理だろー」と敬遠してきたのが「The Gorby」。L5(FTP110%)5分を5回というやつ。
しかしなぜか今日はできそうな気がして、RIDEボタンをクリックしてしまう。

10分アップから1本目。
いきなり辛い。
300Wキープは早々に脚が終わりそうな気がしたので290W台に落とす。
あーあやっぱり違うのにしとけば良かった。

2本目、心肺が慣れてほんの少し楽になるが、ほんの少しだけ。
この辺が一番精神的にきつい。まだ2本目というのを意識してしまうと。

3本目、相変わらず辛いが半分を超えると精神的にだいぶ楽になる。

4本目、この辺まで来れば先が見えるので頑張れる。

5本目、最後まで集中力を切らさないように。

で、何とか完遂。

The Gorby: 299W / 296W / 295W / 297W / 300W

The Gorby

やったらできたけど、当分やりたくないというのが本音(笑)
明日は回復走にしよう。

ちなみに「The McCarthy Special」はチラッと見ただけでヤバイやつだというのがわかったので挑戦すらしてないです(笑)
【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2018/06/07(木) 19:23:27|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

火曜、単独イオンおはサイ(濃霧)

火曜はいつものイオンモール練へ。しかし家を出ると外はこんな乳白色の世界。

濃霧

年に数回はこういう日がある。ひとまず前後ライト点灯で慎重に行くことに。
ちなみに去年くらいから、おはサイの時は安全のためどんな天候でも常に前後ライトは点けるようにしている。
日が出ていればVOLT300の「ハイパーコンスタント」モード(最低限の明るさで常時点灯しつつ定期的にフラッシュするやつ)がよく目立つし長持ちするので便利。

霧で水滴まみれになりながらコースに着いて、周回数確認のためラップボタンを押す。というか、押したつもりになっていたけど実はスタート/ストップボタンを押してたみたい。
1周流して、次の周から少しずつ上げていく。大体36~37km/h前後。
3周目くらいでメーターの様子がおかしいことに気付き(笑)、慌てて再スタート。

どうやら今日は誰も来なそうな雰囲気なので、コースのセグメント区間(四角形の3辺分)だけ頑張って、残りの区間は流すインターバルにしよう。大体2分半上げて1分流す感じ。
そこからは5周。

#4: 2分25秒 302W
#5: 2分18秒 341W
#6: 2分31秒 283W
#7: 2分23秒 320W
#8: 2分17秒 348W


6周目で疲れてペースが落ちたけど、そこから何とか挽回できたかな。
しかし結構脚にきた……。単独走は辛いなあ。

帰ってから子供が捕まえてきたザリガニにエサをやる。
毎週末、上の子が家の周りでザリガニを捕まえてくるので、とうとう根負けしてちゃんとしたフィルター・ポンプ付きの水槽で飼うことに。
ところが飼い始めると自分の方が楽しくなってしまい、まめにエサをあげたりボーッと眺めたり。
ザリガニにこんな癒やし効果があるとは知らなかった(笑)

ザリガニ
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2018/06/06(水) 19:20:48|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

6人で土曜おはサイ

おはサイ

土曜はいつもの袖ケ浦おはサイへ。
今週は火曜からずっと連続で乗っていて疲労が溜まってる感。しかし翌日の日曜は外出の用事で乗れないことがわかっているので、休みの前にしっかり負荷をかけておきたい。

集合場所に着くと、前日の予告通り会長が!(8ヶ月ぶり?)
あと、これまた久々参加の姫さんも。
しかし全体では6名と人数少なめ。1周目は36km/h指定でゆっくりスタート。
予定通り先頭は長めに牽く。が、I田さんの方が長く牽いてたかも。
ゆっくりと言いつつあんまり楽ではない。

2周目は38km/h。まだまだ皆余裕ありそう。
会長の走りを見てるともしかして全然物足りないのではないかと思ったけど、なるべく全員まとまって最後まで行きたいので3周目は39km/h指定。

中袖復路で牽き終わって下がったらスプリントポイント手前で会長が飛び出す。全然予想してなくてボーッと見送ってしまい、I田さん達が反応したのを見てから慌てて追いかけるが、最後尾で通過。しまったー。

そこからまた隊列を作ってペースを上げていき、最後の直線はフリー。I田さん、Y本さんと3人に。先頭が回ってきたタイミングで一段ペースを上げて、I田さんと二人に。お互い限界近く、20秒くらいずつでローテ。
順番的に良いタイミングで回ってきたのでラスト300mからまくって先着。
フリー区間に入ってからの2分44秒が366W。スプリントは13秒737W。

おはサイ(大周回×3): 48.5km / 1時間18分4秒 / ave208W / NP250W / 151(182)bpm / 92rpm / 37.1km/h


3周目の中袖スプリントからの展開がキツかったー。
去年はここで耐える練習を何度もやって調子を上げていけたので、地道にやっていこう。

走行距離:61km
走行時間:1時間56分8秒
平均時速:32.7km/h
平均心拍:140bpm
平均ケイデンス:87rpm
消費エネルギー:1207kJ
AP/NP/IF/TSS:173W/218W/0.81/125

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2018/06/04(月) 19:25:14|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

30+30インターバルとZwiftの新トレーニングプラン

AC Intervals(30+30)

木曜は少し遅めに5:45くらいに起きてから、短めのワークアウトをやろうとZwiftのカスタムワークアウトから30+30を選択。
目標は405Wを30秒、レスト180Wを30秒、を8セット。
1本目から辛い。途中からだんだん慣れてきて、なんとか最後まで。

403W - 389W - 396W - 408W - 393W - 395W - 411W - 408W

全体では8分310W。例によってレストが全部200Wを超えてしまっていたので、もう少し落としても良かったか。
キツいんだけど12本くらいまではいけそうな気もする。頭のネジをもっと緩めれば(笑)

しかし朝起きてすぐやるもんじゃないのかもなー。
終わってから脚をほぐす感じでロンドンのコースを流しておしまい。15分204W。

そういえばZwiftのトレーニングプランが新しくなったみたい。

New Training Plan Platform1

プランはいくつかのフェーズに分かれていて、各フェーズには3~5個ほどのワークアウトが含まれる。順不同でも一つのフェーズをこなせば次のフェーズがアンロックされる仕組み?(未確認)

New Training Plan Platform2

プランの終了予定日をスライダーで前後させると、それまでにこなさなければいけないフェーズの数も増えたり減ったりするので、目標の日に合わせてある程度柔軟にプランを組み込めるっぽい。

New Training Plan Platform3

明確に目標レースが決まっているなら、「フィニッシュラインフラグ」のアイコン(旗が交わっているやつ)がついているプランを選んで、レースの日をターゲットにプランを開始させればテーパリングまで全部面倒見てくれる感じか。

今までもワークアウトの詰め合わせはあったけど、今回のはより目標に向けたアシスト性が強まったもののように見える。
逆に言えば、一度プランを開始したら毎回ログインの度に「今日はこのワークアウトやりますか?やりませんか?」と聞いてきたりするので、人によってはやや鬱陶しく感じるかも。(もちろん解除もできる)

でもちゃんと計画立てて実行するのって相当な努力が必要だから、これくらいの力加減でちょうどいいのかもな。
【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2018/06/01(金) 19:46:56|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ