タイトル

「Google Latitude」終了

Google latitude

友人間で位置情報を共有できるサービス、「Google Latitude」が終了のお知らせ。

位置情報サービス「Google Latitude」が8月9日に終了へ(IT Media)
Latitude will be retired(Google)

つい先日も「Google Reader」の終了があったりして、Google=断捨離企業のイメージがだんだん自分の中で定着しつつある……。
しかし今回はユーザーを完全に切り捨てる訳ではなく、Google+(Google製のSNS)へ統合するという形のようで、位置情報の共有はそちらでできるようです。
しかしGoogle+をやってる人が自分も含め周りにいないので実質的に終了(笑)

これが出た当初は、ロングライドでいくつかのグループに分かれて走る時や、自分が別のグループに合流する時などに活用したりして、主に自転車用として結構便利に使ってました。(たまに変な位置を示す事もありましたが)

しかし常に位置情報を発信し続けなければいけないアプリの特性上、いかんせんバッテリーの減りが早く、使用頻度も減少。
こういうのはSNSと同じで、というかSNSそのものなので、使わない人が増えると他の人も使わなくなりがちですね。

ちなみにGoogle Readerの代替はfeedlyに落ち着きました。
iOSアプリの操作感が軽快で良い感じ。

【関連記事】
友達にだけ現在地を公開できるiPhoneアプリ「Google Latitude」を使ってみた

  1. 2013/07/11(木) 06:13:54|
  2. 地図・GPS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

iOSアプリのMapFan+で2本指タップの縮小ができるようになった

MapFan+

ここで何度か取り上げているMapFan+にアップデートがあった模様。

iOS向け地図ナビアプリケーション「MapFan+」Ver1.2アップデータ公開!(インクリメントP)

★オフライン地図データが購入後1年間、再ダウンロード可能に
★オートリルートのタイミングを改善
★ルート探索・案内時にラリーバー上で現在地から指定場所までの距離確認が可能に
★その他
・検索履歴を1件ずつスワイプ(スライド)で削除できるようになりました。
指2本のシングルタップで地図スケールの縮小ができるようになりました。よりスピーディに縮尺変更ができます。
 ※指1本のダブルタップで拡大します。
・夜画面モードの配色を明るく変更し、夜の車内などで地図がより見やすくなるように改善しました。

きたーーー。
すいません、メインのアップデートよりも2本指縮小に目がいってしまい。
ついに願いが通じたのか……?
これでかなり使いやすくなりましたね。

今までピンチイン操作で縮小していたので、意図せず地図が回転してしまう事がありましたが、シングルタップで拡大/縮小できるようになればそうした誤操作も少なくなりそう。

このアプリの強みである、オフラインでも現在位置がわかり地図が見られるというありがたみは大きく、それがあるかないかで時として生死を分ける事もあると思っています。遭難や道迷いだけでなく、災害時でも。
個人的には絶対入れておくべきアプリの一つかなと。

【関連記事】
iPhoneアプリのMapFan+有料版を車載ナビとして使ってみた
無料化したのに機能アップした「MapFan+」をインストールしてみた
意外と使えるMapFan for iPhoneのカーナビ機能

  1. 2013/04/21(日) 17:14:44|
  2. 地図・GPS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Garmin Edge500とi-gotUのトラックログ比較

Garmin Edge500とi-gotU

Edge500を使い始めてからめっきり出番のなくなってしまったi-gotU。
ふと思い立って、それぞれ同時にトラックログを記録したらどれくらい精度に違いが出るのか比較してみました。
ちなみに補足しておくと、Edge500はGPS機能付きのサイクルコンピュータ。i-gotUはGPSロガーと呼ばれるもので、液晶画面などを省いてシンプルにログだけを記録するデバイスです。

テスト方法は簡単で、Edge500は普通にGPSオンにして走るだけ。i-gotUはログ記録モードで背中ポケットへ。
記録間隔はどちらも完全に条件を揃えるという訳にはいかず、Edge500はSmart Recordingモード(方位、スピード、心拍数などが変化した時に記録)、i-gotUは5秒間隔です。

この状態で走って、それぞれ取れたログをKML形式に変換し、Googleマップに貼り付けたのがこちら。
赤がEdge500で、青がi-gotU


より大きな地図で edge500とi-gotUのトラックログ比較 を表示

うーむ、細かく見てみると結構差があるな。

Edge500のSmart Recordingは方位が大きく変わらないと記録されないらしく、下のように微妙な曲がり具合だと道を外れてしまうようです。心拍もスピードも一定、つまりのんびり流しているような時にゆるやかなカーブなどがあると、無視して直線を引いてしまいがち。
この点、きっちり5秒間隔で記録してくれるi-gotUは正確に道路をトレースしてくれます。

比較1

川沿いの道でも、Edge500はかなり大ざっぱ。川の中走ってるし(笑)

比較2

しかしi-gotUは一箇所に留まっているとなんか激しい事になる……。
Edge500は自動的にオフにしてくれるのですが。

比較3

ちなみにEdge500にはSmart RecordingのほかにEvery Secondという記録モードもあり、これは文字通り毎秒ログを取るというもの。設定場所は、Settings -> Bike Settings -> Data Rec. -> Data Recording。
ただしEvery Secondにするとログのサイズが増え、バッテリーの持ちも悪くなります。短時間でも高い精度でログを取りたい時はこちらが良いでしょう。

結論として、Edge500のSmart Recording 対 i-gotUの5秒間隔であれば、精度はi-gotUに軍配が上がるものの、精度を多少犠牲にしても適度な間引きでバッテリー消費を抑える工夫がなされたEdge500もよくできているなという印象。
こちらはログ以外にも心拍数やらパワーやらいろいろ拾っているのに18時間も記録できますし。(i-gotUは5秒間隔なら10時間)

それにしても、i-gotUは安価に入手できる小型GPSロガーでありながら意外と高い精度を持っている事がわかり、ちょっと見直しました。(今だとAmazonで五千円強で買えるみたい)
自転車では使わなくなってしまったけど、山歩きや旅行の機会があれば持っていってみようかな。

【関連記事】
手のひらサイズのGPSロガー「i-gotU」を使ってみた
パワーメーターへの布石
edge500の画面カスタマイズで悩む

  1. 2013/03/29(金) 00:31:07|
  2. 地図・GPS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

無料化したのに機能アップした「MapFan+」をインストールしてみた

無料化で話題になっているiPhoneアプリ、「MapFan+」を落としてみましたよ。
有料版の「Mapfan for iPhone」との比較とか、感想などを。

Mapfan+
MapFan+
Mapfan for iphone
MapFan for iPhone

まずは地図画面の比較から。
左が「MapFan+」、右が「MapFan for iPhone」。ほとんど同じように見えますが、よく見ると「+」の方は情報量が増えて、文字も縁取りされています。また、縮尺によって地図上の表記が半透明になるなど、情報量は増やしつつ見やすさを損なわない工夫が見られますね。

地図データは、「for iPhone」ではオフライン(端末にダウンロードする形式)のみでしたが、「+」はオフラインとオンラインを自由に切り替えて使えます。オンライン地図の利用は無料で、オフライン地図のダウンロードは有料。
有料オプションプランにすると、例えば450円で30日間、最新の地図を自由にダウンロードでき、渋滞情報なども見ることができると。
ところが、今はキャンペーン期間中との事で11/26まで無料でダウンロードし放題です。太っ腹すぎ。

オフライン地図のメリットはもちろん圏外でも使える事にあります。
以前、この記事にも書きましたが、旅行先などで電波が入らない場所でも現在地がわかり、周辺地図が見られるというのはかなり心強いです。(特にソフトバンクは・・・ね)
早速今のうちに地図データを落としちゃいましょう。
ちなみに日本全国丸ごと入れると1.7GBほどになりますが、関東とか九州・沖縄など一部のエリアだけを選んで入れる事も可能。ただし3Gだとダメで、Wi-Fi環境でないとダウンロードできません。

オフライン地図が使えるようになれば、オンライン地図を使うメリットはあまりないかもしれません。
あるとすれば、新しい道路や施設ができて、オフライン地図だと内容が古くて正しくナビできないといったような場合でしょうか。
オフライン地図の方が表示も軽いし、通信が発生しないのでバッテリーの消費も抑えられると思います。

そして個人的に気になっているのは、有料オプションプランで使える渋滞情報。

Mapfan+ VICS情報

なんと、オンデマンドVICSの情報を表示できます。しかも渋滞回避ルートの作成までやってくれる。
もう完全にカーナビだなこれは。。
Google Mapsはスマホから収集した位置情報を使って渋滞情報を表示していますが(詳細はこの記事に書きました)、Google方式の弱点はトンネル内など位置情報を拾えない場所や、通行止めなどの規制がある場合は情報がわからない事。VICSならこの辺も問題なしです。

正直、有料プランはVICS+渋滞回避ルート作成のためだけに登録してもいいんじゃないかと思えるくらい。
年間2950円で、常に最新の地図が使えて、VICS+渋滞回避ルートも使えるのなら、もうカーナビこれでいいんじゃないのかなと思ったり思わなかったり。
音声案内も、高速の分岐案内とかもちゃんと出ますし。無料アプリでここまでやるのかと驚きです。

もう一つ、地味ですが改善されて良かった事。

Mapfan+ 電子コンパスの警告OFF

前作では、起動時に「電子コンパスの干渉」と表示され、「∞」の形に端末を動かせみたいな事がよくありましたが、その通知をOFFにできるようになりました。これは結構邪魔だったのでありがたい(笑)

改善された点とは逆に、気になる点としては、

・ダブルタップで地図拡大ができるのに、二本指タップで縮小ができない
・地図回転のOFFができない


といったあたりですかね。どちらも前作からですが。
地図回転は、ピンチイン/アウトでの拡大縮小の時に意図せず回ってしまう事があるので是非ともOFF機能をつけてもらいたいなー。
ちなみに「北が真上」の状態に簡単に戻す方法。コンパスアイコンをダブルタップすれば戻ります。

感想としては、「MapFan for iPhone」より機能向上しているにも関わらず、なぜかアプリは無料になり、しかも今ならオフライン地図もタダで落とせるという事で、そんな太っ腹で大丈夫なのか逆に心配です(笑)
インクリメントP社は「MapFan for iPhone」を去年の震災後、オフラインでも帰宅ルートがわかるようにと一時期無料配布(本来は2300円)していた事もあり、個人的には好感度高いです。という事で応援の意味も含め取り上げてみました。

【関連記事】
iPhoneアプリのMapFan+有料版を車載ナビとして使ってみた
iOSアプリのMapFan+で2本指タップの縮小ができるようになった
意外と使えるMapFan for iPhoneのカーナビ機能
Google Mapsの渋滞情報がVICSと違う点

  1. 2012/11/23(金) 15:58:27|
  2. 地図・GPS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GPSのトラックログを立体感のある衛星写真に貼り付けてみた

ハンディGPSの"元祖"とでも言うべきこの機種がサポート終了との事。

修理サービス終了のご案内 eTrex Vista / Legend(いいよねっと)

この度、Garmin社修理サービス終了により、以下製品の修理サービスを終了とさせて頂きます。
長らくご愛用頂きましてありがとうございました。

eTrex Vista  製品ページはこちら
eTrex Legend  製品ページはこちら

実は、eTrex Legendにはちょっとした思い入れがあったりします。
何年か前、どうしても自転車GPSをやってみたくなり、大枚をはたいて(当社比)日本語版のeTrex Legendを購入。もちろんスマホなんてない時代です。
で、早速ハンドルにマウントして使ってみたらこれが予想以上に楽しい。

eTrex Legend J

自分の現在位置が地図上でリアルタイムにわかる、走った軌跡を後からパソコン上で見られる、あらかじめルートを作って表示させられる・・・今となっては珍しくもない機能ですが、当時はかなり興奮した覚えがあります。

中でも、「カシミール3D」を使ってトラックログを衛星写真に貼り付けるのにはまってました。
自分の走った軌跡を立体感のある地図にマッピングし、上空から俯瞰するというのは不思議な面白さがあります。
ま、自己満足的なものですけどね。。

せっかくなので(?)昔作ったやつをいくつか載せてみます。
(画像は全てクリックで拡大)

新潟(小)
新潟までソロツーリング

裏ヤビツ(小)
裏ヤビツ

昇仙峡(小)
昇仙峡

富士五湖(小)
本栖湖、精進湖

三浦半島(小)
三浦半島

今だとGoogle Earthにトラックログを取り込めるので、似たような事はできそうですね。

・・・最近立体感のあるところ走ってないなー。(´-`)

【関連記事】
自転車GPSの愉しみ

  1. 2012/04/27(金) 19:40:54|
  2. 地図・GPS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
| ホーム |
次のページ