タイトル

Xertでトレーニングの過不足を視覚的に確認できるようになった

一週間ほど前にXertの新機能として「トレーニングペーサー」なるものがリリースされた模様。
My Fitness画面にログインすると、こんな謎のタコメーターのようなものが追加されてました。

Xert Training Pacer

Xert Training Pacer(BARON BIO SYSTEMS)

公式ブログによると、どうやら「トレーニングの進捗度合いを視覚的に表したもの」らしい。
でも目盛りもないしゲージも二つあるしで見かたがさっぱりわからない(笑)

もう少しちゃんと調べてみたら、ようやくわかりました。

●長い針の意味
・内側のゲージのどこを指しているかで「トレーニングの進捗状況」を表す
・水色なら現在のトレーニングレベル(※)に対して余剰のある状態、グレーならスケジュール通り、赤なら不足している
・外側のゲージは現時点でトレーニングを行う必要があるかどうかを表す
・グレーならやる必要がある。水色ならやってもやらなくてもよい

●色つきの矢印の意味
・今から24時間後、トレーニングを何もしなかった場合に長い針がどこを指しているかをシミュレーションしたもの
・矢印の色は24時間後の時点での疲労度を表す(赤に近いほど疲労度が高く、グリーンに近いほどフレッシュ)
・赤ならリカバリー走のみ、黄色ならエンデュランス走のみを推奨
・フィットネスプランナーでワークアウトを予定に入れている場合、それを見越して矢印が長い針より右に行くこともある


※Xertのトレーニングレベルについてはこちらを参照

冒頭の状態で言うと、現時点でトレーニングは(設定しているトレーニングレベルに対して)十分足りており、明日の時点でも疲労が抜けていないので、休養を取るか、何かするのであればエンデュランス走までに留めるべき。

Xert Training Pacer

↓この状態なら、トレーニングは予定通りに進捗していて、現時点ではやってもやらなくても良いが、明日まで休む場合はその後トレーニングをした方がよい。(1日休めば十分フレッシュな状態になる)

Xert Training Pacer3

↓この状態だと完全に赤いゲージに入っているのでトレーニングが大きく不足している。(ただし一気に戻そうとしないように、と書かれている)

Xert Training Pacer5

という感じ。
具体的にTSS(XertではXSSという指標を使っている)があとどれくらい足りないのか?といったところは、My Fitnessページを見れば数値で確認できます。(「Training Deficit : 28 XSS」のように)

このゲージはあくまで直感的に(例えて言うならデジタル時計ではなくアナログ時計的に)トレーニングの過不足を確認できるようにするためのものと割り切って使うものでしょう。

自分の場合、今はトレーニングレベルを「Maintenance」にしていて、これだと6週間後も同じFTPを保てるように毎日XSSの過不足をアドバイスしてくれるのですが、それが視覚化されたことでより直感的に捉えやすくなりました。(ちょっと足りてないのか、全然足りてないのかがパッと見てわかる)

ゲージの読み方にはちょっと慣れが必要ですが、なかなか便利な機能なのではないかと。スマホアプリにも対応してくれたらいいな。

  1. 2018/01/19(金) 17:08:17|
  2. 携帯・インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Stravaで区間の切り出し(不要な区間の削除)をする方法

自分用メモですが、Stravaである区間だけ計測がおかしかったとか、間違えてサイコンをOFFにしないまま車に載せてしまい、とんでもないスピードで計測されてしまったというような場合、以下の手順で一部の区間だけを切り出して不要な部分を削除することができます。

【手順】
切り出しをしたいアクティビティ画面を開きます。
画面左側のスパナのアイコンをクリックし、「切り取る」メニューを選択します。(英語モードであれば「Crop」)

Strava 区間の切り取りメニュー(日本語)

すぐ下に「分割」(split)というメニューもありますが、これは一つのログを二つまたは三つに分割し、それぞれを個別のログとして生かしたい時に使います。
ちょっと紛らわしいですが、不要な部分を削りたい場合は「切り取る」を使いましょう。

「切り取る」を選択すると以下のような画面になります。

Strava 区間の切り取り

画面上部にある緑色の●が始点、赤色の●が終点のマーク。これをマウスでドラッグして、残したい区間だけになるように調整します。もちろん始点か終点のどちらかだけ動かすでもOK。
マップ上では、「残す区間が青、削る区間が赤」で表示されます。

ちょっと余談ですが、この画面のマップは拡大縮小ボタンを使わなくとも左ダブルクリックで拡大、右ダブルクリックで縮小という特殊操作が可能です。
特に右ダブルクリックでの縮小は、なぜか通常のアクティビティ画面や「分割」画面ではできなくて、この画面でだけ可能という超マニアックな機能ですので、ぜひ使いこなして友だちをあっと言わせましょう(むしろ引く)。

本題に戻って、区間の始点と終点を決めたら、あとは「切り取る」(Crop)ボタンを押せば完了。
すると不要な部分が削除された状態でログが上書き保存されます。
この機能ですが、一度切り出しを行うとやり直しが効かないのでくれぐれも慎重にどうぞ。

【関連記事】
Stravaで不正データの通報を行う方法(追記あり)

  1. 2017/09/26(火) 12:57:53|
  2. 携帯・インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニューラルネットワークに対応したGoogle翻訳の精度がすごい件(追記あり)

Google翻訳

既にあちこちで話題になっていますが、Google翻訳のニューラルネットワーク化がようやく日本語にも対応したとのことで、早速試してみたらすごかったのでエントリー。
ちなみにニューラルネットワークとは人間の脳の神経回路の仕組みを模したモデルのことで、学習機能により非常に優れた情報処理能力を持たせられるのだそう。って完全に受け売りっぽい説明しかできませんが。

Google翻訳

以下、どれだけ精度が良くなったのかの比較です。
サンプルの原文はBikeRadarから適当に引っ張ってきたこれ。

There is some evidence that mixing a few things into your sports drink may delay glycogen depletion further. Though it’s still controversial due to the fact that it’s a diuretic and may work against re-hydration, caffeine is now widely included in sports drinks. This is because studies have shown that ingesting it before and during exercise results in performance increases, particularly in bouts over two hours.

昔のGoogle翻訳と比較したかったのですが、どこにあるかわからなかったので別のサービスで。

例1:Yaho○(←伏せ字の意味が……)
少しのものをスポーツお飲み物に混入することがさらにグリコーゲン減少を遅らせるかもしれないというなにかの証拠が、あります。 それが利尿剤で、再水和に悪く作用するかもしれないという事実のためにまだ論争の的であるけれども、カフェインは現在スポーツ飲物に広く含まれます。 特に2時間にわたる期間には、これは、調査が運動の前と間にそれを摂取することがパフォーマンス増加に終わることを示したからです。

スポーツお飲み物(笑)
なんとなく意味は伝わるんだけど、日本語としては不自然。
まあ無料の翻訳サービスってこんな感じだよな、と。

例2:○eblio
少しのものをあなたのスポーツ飲物に混入することがさらにグリコーゲン減少を遅らせるかもしれないというなにかの証拠が、あります。
利尿剤で、再水和に悪く作用するかもしれないという事実のためにそれがまだ論争の的であるけれども、カフェインは現在スポーツ飲物に広く含まれます。特に2時間にわたる期間には、これは、運動の前と間にそれを摂取することがパフォーマンス増加に終わることを、調査が示したからです。

「証拠が、あります。」の不自然な句読点の位置がヤフーと(あ、言っちゃった)同じなのは、何か共通のエンジンを使ってるのかな。

例3:Excit○
少しの物をあなたのスポーツの飲み物に添えることによりグリコーゲン枯渇がより遠くに延期できるいくらかの証拠がある。事実のため、それが利尿剤であり、再水和に不利に働くかもしれないことが、まだ論争であるけれども、カフェインは現在スポーツの飲み物に広く含められている。研究が、それがそれを摂取するのを見せたので、これは、前に、および性能増加の運動結果に特に2時間より多くの勝負にある。

こちらも同じような感じ。
補足しておくと、以前のGoogle翻訳も間違いなくこのレベルでした。

ではいよいよ。ニューラルネットワークを使ったGoogle翻訳の結果はどうなのか?

あなたのスポーツドリンクにいくつかのものを混ぜると、グリコーゲン枯渇がさらに遅れる可能性があるという証拠がいくつかあります。利尿剤であり、再水和に反対する可能性があることから、まだ議論の余地がありますが、カフェインは現在スポーツ飲料に広く含まれています。これは、運動前と運動中に摂取すると、特に2時間以上の試合でパフォーマンスが向上することが研究によって示されているからです。

完璧じゃないでしょうか。特に最後のセンテンスの差が歴然。
文章がスッと頭に入ってくる。日本人が書いたと言われても納得してしまいそう。
いやあこれは革命的進歩だと思います。
海外のサイトで自転車関係のサービスや新製品の情報を調べるのが捗りそうな気がします。というか間違いなく捗る。

ちなみに、原文を入れるフォームにURLを直接入れると右側に同じURLが表示され、そこをクリックするとサイト全体を翻訳しながらブラウジングできます。
ここまで翻訳の精度が上がってくると、ほんやくコンニャクとか、動画の翻訳なんかもすぐ実現するかもなあ。

[追記]
なぜかわかりませんが、フォームへのテキスト入力とURLの直接入力では微妙に翻訳結果が違う場合があるようです。
テキスト入力の方が自然な文章になるっぽい。

[追記2]
正式なリリースも出た模様。
Google 翻訳が進化しました。(Google Japan Blog)

  1. 2016/11/14(月) 12:45:59|
  2. 携帯・インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

携帯をソフトバンクからNifMoへ切り替えた話

fujitsu arrows M03

以前からやろうやろうと思っていたMVNOへの切り替えをようやく済ませました。これで月々の携帯料金約7,500円が3,000円程度になる予定。
まだ使い始めて数日なのですが、切り替えにあたって必要な手続きと、実際切り替えてみてどうだったのかといったあたりをメモ代わりにつらつら書いてみます。(以下、無駄に長文です)

■ MVNOとは

「仮想移動体サービス事業者」。これだと何のことやら意味不明ですね……。要するにドコモやauなど大手通信会社のインフラを借りて携帯通信サービスを提供する会社のことです。
メリットは何と言っても利用料の安さ。デメリットは手続きが少し面倒なのと、機種の選択肢が少ないこと、通話料が高めなこと(後で書きますがこれはほぼ解消できます)など。

■ 切り替えようと思ったきっかけ

元々J-PHONEの頃からソフトバンクを使い続けて来たのですが、

・新規ユーザーを長期ユーザーが支えているような構造
・帯域を圧迫するヘビーユーザーをライトユーザーが支えているような構造

という状況に疑問がありました。加えて自分はほとんど通話をせず、自宅のWi-Fiもあるのでデータ通信は月にせいぜい2GB程度であるにも関わらず、通話定額プランや20GB(!)のプランが出てくるなど、どんどん自分の使い方からずれていくのを見て、まあこれ以上契約していてもメリットはないだろうと判断したのが主たる理由です。

要はムダが多すぎるのでもっとミニマムにしたかったということ。

■ MVNO業者の選定

これは結構悩みました。いくつか見ていく中で、価格が安くて回線品質も良いと評判のNifMo(ニフモ)が気になり、最終的には欲しかった機種を9月中に申し込むと1万円のキャッシュバックがあるというのを見て決めました(笑)

ちなみにソフトバンク(に限らずですが)では契約更新月というものがあり、ホワイトプラン等の基本プランを契約してから2年後の2ヶ月間しか無料で解約できず、それを過ぎるとまた次の2年後を待たないといけません。もう意味がわからない。

そしてそれは端末の割賦が終了するタイミングとは全く無関係なサイクルなので、割賦が終わったからもう解約しよう、と思ってもまだ更新月が遠い先だったということもあります。自分の場合は来年の11月でした。

さすがに待ってられないので1万円ほどの違約金覚悟で解約です。しかしそれを上記のキャッシュバックでカバーできるというわけ。
ただし入金されるのは9ヶ月先の話ですが。

■ 機種/料金プランを決める

これまでシャープのAQUOS Xx 304SHという端末を2年くらい使ってきて、その中で防水とおサイフケータイ機能の便利さを実感していたので、それらの条件を満たすものを探しました。
結果、SIMフリー端末の中では富士通のarrows M03しか条件を満たすものがなく、自動的にこれに決定。最近出たばかりのようでタイミング良かったです。フルセグはないけどワンセグがあるので災害時にも役立つはず。

料金プランは一番少ない3GBで。自分の使い方ならこれだけあれば十分かなと。音声通話/SMS付きのSIMカードで1,600円/月と安い。
また、前月3GBに達しなかった分は翌月に繰り越せるというのも嬉しいところ。

この基本料金に端末の割賦代金を加えても、たったの2,882円。(通話料は別)

■ ソフトバンクからMNP予約番号を取得する

いよいよ解約です。電話番号は変えたくないのでMNPを使います。ソフトバンクの専用ダイヤルに連絡するとオペレーターの方が出るので、MNP予約番号を発行してほしい旨を伝えると、予習した通りの引き止め攻勢が。

ただ予習と違ったのは、「ソフトバンクの機種変更に使えるポイント○万円差し上げますがどうですか?」、ではなく、Y!モバイル(ソフトバンク系列で格安SIMを扱う通信業者)での優遇措置を提案されたことでした。曰く「2年間月額料金から1,000円引き」や「データ上限が倍」、「超過してもペナルティなし」など。

しかしY!モバイルも下調べ済みで「よく通話する人向けの業者」という認識だったのと、そんなに大量のデータ通信は必要ないので、ここは信念を曲げず丁重にお断りして予約番号を発行してもらいました。
予約番号はSMSですぐに送られてきます。

■ NifMoへの申込み手続き

次はNifMoへの申込み。これは全てWebで完結します。機種、プランを選んで進めていくだけなので簡単。一つだけ事前に用意しないといけないのは、免許証など本人確認資料の写真をアップロードできるようにしておくこと。

ちなみに端末を分割購入にすると、月額利用料はニフティに登録したクレジットカードから引き落とされ、端末の割賦代金は信販会社からの口座引き落としというように別々になります。従って信販会社への個人情報登録と審査、口座振替手続きが発生しますが、これらも全てWeb上で行えます。

これらの入力にかかる時間は全部合わせても30分程度かと。審査は15分くらいで終わりました。

■ おサイフケータイの移行

本人確認と審査が終われば数日で端末が届きます。その前におサイフケータイの移行を済ませておきました。自分はモバイル版のSuica、nanaco、Edyを日常的に使っていて、それぞれ数千円の残高があるのでこれを移行しないといけません。
といっても簡単で、それぞれのアプリで機種変更の手続きをして、一度センターに残高を預けるだけ。

■ 端末が届く

端末が届いたのはWeb申込みをしてから4日後。はやる気持ちを抑え、さっそくnano SIMカードを入れます。が、「SIMカードを確認できません」。何回か挿し直しても同じ……。
そうか、回線切り替えしてないから挿しただけじゃダメなのは当たり前。説明書に従ってWebから回線切り替えの申請をしましたが、深夜だったので翌日の切り替えに。
翌日の朝、「今から切り替えするよー」のメールが来て、それから待つこと2時間ほど。

無事にLTEがつながりました!

■ arrows M03のレビュー

今のところとても快適に使えています。フラッグシップではなくミドルグレードの位置づけのため、フルHDではなかったりCPUがやや弱いところもありますが、普通にサクサク動くので特に不満はありません。
また、Bluetoothを使ったEdge520からGarmin connectへの自動アップロードもあっさりできました(実はこれが一番気になっていた)。
バッテリーの持ちは素晴らしいの一言。

あと、個人的に前機種(304SH)では画面をなぞるとスリープ解除、端末を振るとスリープ、という機能をよく使っていたのですが、この機種にはそういったモーション機能がついておらず、そこだけが残念なポイントでした。

しかし、「Gravity screen」というアプリを使うと、近接センサーや傾きセンサーによって画面のON/OFFを制御できるので、むしろ前より楽になりました。例えば「平らな場所に置くと自動的にOFF、手に持つとON、ポケットに入れるとOFF」といったようなことが簡単に設定できます。電源ボタンに触れる必要すらなくなるので非常に便利。

■ 回線速度について

NifMoの評価で「お昼どきは遅くなる」と書いてあったので、試しに平日14時頃にスピードテストをしてみたら、7.2GBほど出ていました。たまたまかもしれないけど、これなら十分すぎるくらい。
まあこれはもう少し様子を見てみないとわからないけれど。

■ 通話について

普通に発信すると30秒20円ですが、LINEやSkype、「楽天でんわ」などいくつかの格安通話アプリがあり、これらを使うと大体半額くらいに抑えられます。
ということでまずは「楽天でんわ」を入れてみました。30秒10円で楽天のアカウントで支払いができて、プリペイド式のように有効期間などもないので使いやすいかなと。
Google Voiceもいいかなと思ったものの、よく調べたら「最初の1分無料」というサービスは終わってしまった模様。

LINEユーザー同士ならもちろんLINEの無料通話を使います。(主に家族間)

■ まとめ

まず、手続きが全てWeb上でできたのが楽でした。実店舗に行くと待たされたりするので。
そして何より月額料金が半額以下になった上に、端末も今までと変わりなく使えているので、これはもっと早くやるべきだったなと。
ちなみに自分のを見て奧さんもすぐNifMoに切り替えました(笑)

ただ、やはり申込みから設定まで少し敷居が高いかな、というところはあります。
今回は周りに詳しい人が見つからず、自分でいろいろ調べながら手探りで進めた感じでした。これから乗り換えを考えている人のご参考になれば。

それにしても、このまま継続して2年後に割賦が終われば維持費は月1,600円程度になると考えると、インパクトは大きいです。今でも十分大きいですが。
大手3社以外にも選択の幅が広がったのは嬉しいですね。

  1. 2016/09/23(金) 19:14:45|
  2. 携帯・インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「Androidデバイスマネージャー」が行方不明のタブレットを見つけるのに便利だった件(追記あり)

今さらながら最近知ったのですが、Androidにも「iPhoneを探す」のような機能があって、たまたまタブレット(Nexus7)が家の中で行方不明になってしまった時に使ってみたらとても便利だったのでメモ。

そもそもあんなデカイ物はなくならないはずなのですが、1歳児は意味もなく(あるのかもしれない)見つけるのが極めて困難な場所に物を放置、あるいは放り込んだりするので、「置き忘れるとしたらここだろう」みたいな大人の常識を捨ててかからないと永遠に探し続ける羽目になります。

そんな時はこの、「Androidデバイスマネージャ~」(ドラえもんの声で)。

Androidデバイスマネージャー

使い方は簡単で、このページを開いてGoogleアカウントでログインし、見つけたい端末を選ぶだけ。
端末の位置が特定できたら、「着信音を鳴らす」「ロック」「消去」のうちどれかを選びます。
今回は家の中にあるタブレットを探すので「着信音を鳴らす」。
すると、タブレットから「♪ピロリンピロリン」(うろ覚え)と結構な音量でメロディが流れ、しかも5分間も鳴り続けるのですぐに場所がわかるという案配。

スマホだと単純に固定電話から電話をかけて探すという探し方が王道(?)と思いますが、それでもマナーモードだったりするとどこかで「ヴーン」と鳴ってるんだけどどこかわからなくてモヤモヤしたり、さっさと見つけないと留守電になってしまったり。
しかし上の方法であればマナーモードであっても音を鳴らしてくれるのでスマホを探すのにも便利です。

ただし、端末の電源が入っていて位置情報がONであること、通信ができる状態であること、端末側のセキュリティ設定で「リモートからのロックまたはデータ消去を許可する」にチェックが入っていること(これは大体デフォルトでONらしい)などが条件。
あとは端末側の位置情報の精度を省電力モードにしていると、デバイスマネージャーがなかなか位置を特定できないことがあるみたい。

[追記]
実験してみたら、端末の位置情報がOFFであっても、ネットワークを掴める状態であれば着信音を鳴らせました。つまり家の中で端末を探すだけの用途であれば、「位置情報を利用できません」と出ていても構わず着信音を鳴らせば鳴ります。

  1. 2016/08/15(月) 08:35:14|
  2. 携帯・インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ