タイトル

Xertにブレイクスルーレポート作成機能が追加された

Xertの新機能で、ブレイクスルーレポートが作成できるようになった模様。
これは何かというと、アクティビティ内でCPの更新またはそれに近い数値が出た時に、そのサマリー情報を1枚にまとめた画像を作ってくれるというものです。

ユニークなのは、グラフや数値データだけでなく、Googleストリートビューと連携して「ブレイクスルーを達成した場所の景色」をバックグラウンドに描画してくれるというところ。
まさに己の限界を突破した瞬間が再現されるという訳です。

という訳で早速試してみました。
やり方は簡単で、まずXertのダッシュボードから「BREAKTHROUGH」のラベルがついているアクティビティを探します。

例えばこんなやつ。

Xert ブレイクスルー

見つけたらそのアクティビティの詳細画面を開き、丸をつけたアイコンをクリック。

Xert 詳細画面

あとは勝手にブレイクスルーレポートが作られます。

これは袖ケ浦周回のスプリントポイントである最後の橋。

ブレイクスルーレポート6

これはイオン周回のスプリントポイント。

ブレイクスルーレポート4

これはおはサイの帰り道で、たぶん自衛隊の前の道。

ブレイクスルーレポート3

これもおはサイの帰り道で、自宅近くのもがきポイント。(ローカルすぎて誰にも伝わらない)

ブレイクスルーレポート5

Zwiftだとどうなるでしょうか。
ロンドンのように現実に存在するコースならその場所が出ます。

ブレイクスルーレポート7

これはニューヨークのセントラルパーク。

ブレイクスルーレポート2

ワトピアはどうか?
同じ座標には南太平洋のサンタクルーズ諸島がありますが、地形も何もかもゲームとは異なり、当然のことながらストリートビューもありません。

作ってみたらこんな感じでした。

ブレイクスルーレポート1

欲を言えば、○秒○ワットや○秒○倍といった具体的な数値も入っていると良かったかなと思いますが、ストリートビューが入るだけで結構楽しめます。

また、Stravaと連携してレポート画像を自動でアップすることもできるようですが、そのためにはXert→Stravaという流れでログをアップする必要があり、Garmin connectやシクロスフィアからStravaに同期している人だとちょっと設定を変えなければいけないようです。
手動でブレイクスルーレポートを作成すればダウンロードができるので、それをStravaに(どや顔で)アップする方が簡単かもしれません。
  1. 2019/10/02(水) 19:19:03|
  2. 携帯・インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Stravaと連携してコース上の風向き・風速を確認できる「myWindsock」を使ってみた

一部で話題の「myWindsock」というサービスを使ってみました。これはStravaやGPXデータなどの走行ログと過去の気象情報をもとに、どこを走っている時にどんな風向き・風速だったかを後からグラフィカルに確認できるサービスです。
URLはこちら。
https://mywindsock.com/

試しにちょっと使ってみたら無料会員でもかなり高機能で、さらにプレミアム会員限定の機能も盛り沢山という感じで正直全部見切れていません。
なので今回は無料会員登録とStravaとの連携手順、あとほんのさわりの部分だけご紹介しておきます。

利用するにはユーザー登録が必要なので、以下の手順で登録します。
画面中央の「Join Free / Log IN」をクリックし、以下の登録画面にメールアドレスとパスワードを入力します。

mywindsock_signin2

「I accept the myWindsock Privacy Policy」にチェックを入れ、「Sign me up」をクリック。
「Would you like to coneect Strava?」というメッセージが出るので、OKを押します。

するとStravaの画面が出るので、ログインします。

strava_1_2

次の画面でmyWindsockとの接続確認を求められるので、「許可する」をクリック。

strava_2_2

これでStrava連携まで終わりました。
ホーム画面に戻ったら、画面中央に自分のStravaアイコンが表示されているので、その右側にある「Get Weather」をクリックします。(黄色い枠で囲った部分)

mywindsock_3_3

下のようにStravaのアクティビティ一覧が表示されるので、見たいものをクリック。

mywindsock_4_2

すると以下のようなアクティビティ詳細画面が出ます。

mywindsock_7

細かいところは飛ばしてざっくり言ってしまうと、「青いラインは追い風、赤いラインは向かい風、紫のラインは横風」です。

このイオンモール周回とかも、いつも感じている風向きの通り。

mywindsock_8

ライン上をクリックすると(マウスカーソルの形が変わったところで)その地点での風向き、風速、スピード、ワットなどを詳細画面で確認できます。
こんな感じ。

mywindsock_10_point_info_2

いくつかのアクティビティを見てみましたが、風向きは自分の記憶と照らし合わせて違和感はありません。風速は、向かい風の時に感じる抵抗感に比べると実際は大して強くなかったんだな、という印象。

画面上部のメニューで「Watch」を選んで再生すると、StravaのFlyByのようにバーチャルライダーを走らせることができ、スピードやワットに加え風向きと風速がどのように変化したかも確認しながら後追い再生できます。
「New Profie」→「Virtual Riders」メニューではバーチャルライダーの出力を平地と登りと下りでそれぞれ別々に設定できるなど異常にシミュレーターが細かい。

また、「New Profie」→「Course」で、「Offset Wind Lines」を「Left hand Drive」「20 metres」くらいにしておくと、下のような往復コースでもちゃんと往路と復路を分離して左側通行のログとして表示してくれます。(Left hand Driveだと「左ハンドル」なので本当なら逆のはずなんですが、なぜかこれで左側通行表示になります)

mywindsock_lefthand

画面左下の「Entire Ride」をクリックして、「Headwinds」をプルダウンさせると、向い風が特に長く続いた区間を自動的にリストアップしてくれます。
その状態でメイン画面の「Apparent Wind Direction」や「Tailwind vs Headwind」チャートを見ると、その区間でどの方角からどれだけ風を受けたか、追い風と向い風の比率などがわかります。

mywindsock_apparent_wind_direction

プレミアム会員限定機能もいろいろあるようなのですが、ありすぎて追い切れていません(^^;)
例を挙げると、エアロフィールドテスト(機材やポジションによるCdAの変化をグラフ化)、Stravaのリーダーボードに気象条件を追加して誰が一番天候の恩恵を受けたのかを見る、任意のセグメント5つまで、最もタイムが出やすい気象条件になる時間を予測して通知してくれる、などなど。

無料会員になってから数日以内に申し込むと割引きが適用され、年間9.99ポンド(今のレートで1,360円くらい/翌年以降は19.99ポンド)になるみたい。意外とリーズナブル?
単月契約だと2.99ポンド(400円くらい)です。
無料会員でも十分楽しめると思いますので興味のある方はぜひお試しを。

余談ですがmyWindsockでZwiftのアクティビティを見てみたら、なぜか追い風や向かい風区間がたくさん出てきました。Zwiftは風のエフェクトを入れてないはずなのだけど……。これはよくわからず。
  1. 2019/06/26(水) 19:07:25|
  2. 携帯・インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

自転車乗り的「IFTTT」の活用事例

IFTTT

最近、IFTTT(イフトと読む)というサービスをいろいろいじっていて、これは意外と自転車にも使えるんじゃないかと思ったのでメモ。

ご存じない方のためにIFTTTについて補足すると、一言で言えば二つの異なるサービスをつないでくれるというものです。例えば、「特定の人からGMailが来たらLINEに通知する」「Facebookにタグ付けされたらその写真をDropboxに保存する」「体重計に乗った結果をGoogleスプレッドシートに記録する」といった具合。
この「○○があったら△△せよ」というコマンドは「アプレット」と呼ばれていて、アプレットはIFTTTのサイトから無料で簡単に作成することができます。

IFTTTの登録方法やアプレットの作り方の詳細はたくさん情報が転がっているので割愛して、ここでは思いつくままに自転車乗り的に役立つかもしれないアプレットをいくつか作ってみました。(狙い通りに動いていないものもありますが)

IFTTTの設定画面はこんな感じ。「this」にきっかけとなるイベント、「that」に実行したいアクションを指定するだけでアプレットが作れます。
見ての通りIFTTTは「If this then that」の頭文字からとられています。

If This Then That

GMailトリガー設定画面


■ Stravaにアクティビティを保存したらEvernoteに練習日誌を追加する

this → Strava: "New activity by you"
that → Evernote: "Create a note"


Stravaに新しく保存したアクティビティのサマリー情報を自動的にEvernoteに追加してくれます。
実行するとこんな感じ。

Evernoteに追加されたノート

転記されるデータは日時、ルートマップ、距離、運動時間、Stravaアクティビティ画面へのリンクのみですが、それ以外はリンク先を見ればいいので十分とも言えます。
あとは、調子の良し悪しだとか所感を書き足せばいいだけなので、テンプレートとして使えそうです。
普段、Evernoteに練習日誌をつけている人には便利なのではないでしょうか。

また、「this」側の設定で、バイクとランのいずれか、または両方を対象にすることもできます。
唯一不可解なのは、距離がなぜかメートル単位であること。これは謎。


■ Stravaにアクティビティを保存したらGoogleカレンダーに追加する

this → Strava: "New activity by you"
that → Google Calendar: "Quick add event"


上のと似ていますが、カレンダーに記録を残したい人向け。
Stravaにアクティビティを保存すると、自動的にその開始・終了時間でGoogleカレンダーに運動の記録を残してくれる……はずでしたが、なぜかうまく動いてくれません。

原因がよくわからないのですが、当日ではなく翌日走ったことになってしまいます(笑)
ユーザーのセッティングでタイムゾーンも「Tokyo」にしてるんだけどな~。
Strava側もずれてはいないし……。

他にGoogleカレンダーのアクションとしては、"Create a detailed event"という、メモ欄も使えるタイプも用意されているのですが、こちらは開始・終了時間をあらかじめ指定しないといけないので、Stravaと連携させる用途には向きません。

……という状況でして、どなたかやり方ご存じの方いたら教えてください(笑)


■ Stravaにアクティビティを保存したらGoogleスプレッドシートに追加する

this → Strava: "New activity by you"
that → Google Sheets: "Add row to spreadsheet"


これも似たパターン。実行すると自分のGoogleドライブに「IFTTT」というフォルダが、その下に「Strava」というフォルダが作られます。さらにその中に「Strava Ride log」というスプレッドシートが作られて、ライド情報のサマリーが行追加されていきます。
これはあんまり需要ないかも。


■ 特定の場所を通過したらTwitterでつぶやく

this → Location: "You enter an area"
that → Twitter: "Post a tweet"


エリア指定

IFTTTではスマートフォンの位置情報をイベントとして設定できるので、例えば定期的に行っているスポットを設定しておけば、そのエリアに入った/エリアから出た(または両方)時に勝手にTwitterにポストするといったことができます。
つぶやくテキストも自由に編集可能。「例:鹿野山なう #IFTTT」
ただしやりすぎるとウザがられる系のものではあります(笑)

あるいは、自転車通勤なら通勤経路上のどこかをエリアとして設定しておいて、アクションをGoogleカレンダーにしておけば、いつ自転車通勤したかを記録として残せます。(Googleカレンダーの日付ずれ問題は置いといて)
渡す先がなんであれチェックイン機能として使えるのは便利そうです。


■ 明日の天気を好きな時間にLINEで通知する

this → Weather underground: "Tomorrow's weather report"
that → LINE: "Send message"


これまたいくらでもありそうなサービスではありますが、IFTTTだと細かなカスタマイズが可能。
通知タイミングは分単位で設定可能で、メッセージの内容もいじれます。
ただし、最高/最低気温はデフォルトでは華氏(F)になっているので、「Add ingredient」ボタンを押して摂氏(C)に変更しておきましょう。

さっそくテスト。

天気予報通知

つーかなんだこのやる気のないお天気マークは……。(不要なら出さないようにもできる)

ちなみに、お天気を調べる地域は自動的に現在地周辺に設定されるようですが、これを変更するのはなぜかスマホのIFTTTアプリからでないとできませんでした。(Weather undergroundのsettings > edit connection)


(番外編)GoogleホームとLINEを連携させて簡易伝言ツールを作る

this → Google Assistant: "Say a phrase with a text ingredient"
that → LINE: "Send message"


ここから自転車とまったく無関係ですが、興味本位でGoogleホームとLINEを連携させてみました。
Googleホームの裏側ではGoogle Assistantが動いているので、連携先はGoogle Assistantに設定。

ここで、「What do you want to say?」の項目に「お父さん $」、「What do you want the Assistant to say in response?」の項目に「お父さんに $ と送りました」と入力し、言語をJapanに設定。
これだけで、Googleホームに「OK Google、お父さん、○○…」と言うと即座にLINEに通知が来ます。

さっそく子供にテストさせてみたら大体予想通りの結果に……。

簡易メッセージングツール

なんだ跳ね橋って。

とりあえずこんな感じで簡易メッセージングツールが作れます。一方通行ではあるけど、端末操作ができない子供でもメッセージが送れるのは便利。
ラズベリーパイ(シングルボードコンピュータ)などを使えばGoogleホームにしゃべらせることもできるようですが、ちょっと敷居が高い。標準機能でできればなー。

少し使ってみた印象としては、IoT機器と組み合わせれば見守りシステムなんか簡単に構築できそうだし、アイデア次第でいろいろできそうです。
こういったものが出てくると個々のサービスが独自に通知機能や連携機能を持たなくても済むので開発が楽になりそう。IFTTTに依存しすぎてしまうのも問題ですが……。

個人的には、StravaからTCXファイルを自動ダウンロードしてDropboxに置いたり、Stravaのギア管理でチェーンなどの消耗品系の使用距離がしきい値を超えたら通知、とかできるようになってほしいです。
指定したセグメントで特定の友人に負かされたら通知、というのは既にあったりするのですが、そこまで張り合いたいって相当のライバルだな(笑)

【関連記事】
Evernoteで「後から活用しやすい練習日誌」を作る
Google Home miniとChromecastを組み合わせたらテレビが子供用動画再生機になった

  1. 2018/04/20(金) 12:55:19|
  2. 携帯・インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Xertでトレーニングの過不足を視覚的に確認できるようになった

一週間ほど前にXertの新機能として「トレーニングペーサー」なるものがリリースされた模様。
My Fitness画面にログインすると、こんな謎のタコメーターのようなものが追加されてました。

Xert Training Pacer

Xert Training Pacer(BARON BIO SYSTEMS)

公式ブログによると、どうやら「トレーニングの進捗度合いを視覚的に表したもの」らしい。
でも目盛りもないしゲージも二つあるしで見かたがさっぱりわからない(笑)

もう少しちゃんと調べてみたら、ようやくわかりました。

●長い針の意味
・内側のゲージのどこを指しているかで「トレーニングの進捗状況」を表す
・水色なら現在のトレーニングレベル(※)に対して余剰のある状態、グレーならスケジュール通り、赤なら不足している
・外側のゲージは現時点でトレーニングを行う必要があるかどうかを表す
・グレーならやる必要がある。水色ならやってもやらなくてもよい

●色つきの矢印の意味
・今から24時間後、トレーニングを何もしなかった場合に長い針がどこを指しているかをシミュレーションしたもの
・矢印の色は24時間後の時点での疲労度を表す(赤に近いほど疲労度が高く、グリーンに近いほどフレッシュ)
・赤ならリカバリー走のみ、黄色ならエンデュランス走のみを推奨
・フィットネスプランナーでワークアウトを予定に入れている場合、それを見越して矢印が長い針より右に行くこともある


※Xertのトレーニングレベルについてはこちらを参照

冒頭の状態で言うと、現時点でトレーニングは(設定しているトレーニングレベルに対して)十分足りており、明日の時点でも疲労が抜けていないので、休養を取るか、何かするのであればエンデュランス走までに留めるべき。

Xert Training Pacer

↓この状態なら、トレーニングは予定通りに進捗していて、現時点ではやってもやらなくても良いが、明日まで休む場合はその後トレーニングをした方がよい。(1日休めば十分フレッシュな状態になる)

Xert Training Pacer3

↓この状態だと完全に赤いゲージに入っているのでトレーニングが大きく不足している。(ただし一気に戻そうとしないように、と書かれている)

Xert Training Pacer5

という感じ。
具体的にTSS(XertではXSSという指標を使っている)があとどれくらい足りないのか?といったところは、My Fitnessページを見れば数値で確認できます。(「Training Deficit : 28 XSS」のように)

このゲージはあくまで直感的に(例えて言うならデジタル時計ではなくアナログ時計的に)トレーニングの過不足を確認できるようにするためのものと割り切って使うものでしょう。

自分の場合、今はトレーニングレベルを「Maintenance」にしていて、これだと6週間後も同じFTPを保てるように毎日XSSの過不足をアドバイスしてくれるのですが、それが視覚化されたことでより直感的に捉えやすくなりました。(ちょっと足りてないのか、全然足りてないのかがパッと見てわかる)

ゲージの読み方にはちょっと慣れが必要ですが、なかなか便利な機能なのではないかと。スマホアプリにも対応してくれたらいいな。

  1. 2018/01/19(金) 17:08:17|
  2. 携帯・インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Stravaで区間の切り出し(不要な区間の削除)をする方法

自分用メモですが、Stravaである区間だけ計測がおかしかったとか、間違えてサイコンをOFFにしないまま車に載せてしまい、とんでもないスピードで計測されてしまったというような場合、以下の手順で一部の区間だけを切り出して不要な部分を削除することができます。

【手順】
切り出しをしたいアクティビティ画面を開きます。
画面左側のスパナのアイコンをクリックし、「切り取る」メニューを選択します。(英語モードであれば「Crop」)

Strava 区間の切り取りメニュー(日本語)

すぐ下に「分割」(split)というメニューもありますが、これは一つのログを二つまたは三つに分割し、それぞれを個別のログとして生かしたい時に使います。
ちょっと紛らわしいですが、不要な部分を削りたい場合は「切り取る」を使いましょう。

「切り取る」を選択すると以下のような画面になります。

Strava 区間の切り取り

画面上部にある緑色の●が始点、赤色の●が終点のマーク。これをマウスでドラッグして、残したい区間だけになるように調整します。もちろん始点か終点のどちらかだけ動かすでもOK。
マップ上では、「残す区間が青、削る区間が赤」で表示されます。

ちょっと余談ですが、この画面のマップは拡大縮小ボタンを使わなくとも左ダブルクリックで拡大、右ダブルクリックで縮小という特殊操作が可能です。
特に右ダブルクリックでの縮小は、なぜか通常のアクティビティ画面や「分割」画面ではできなくて、この画面でだけ可能という超マニアックな機能ですので、ぜひ使いこなして友だちをあっと言わせましょう(むしろ引く)。

本題に戻って、区間の始点と終点を決めたら、あとは「切り取る」(Crop)ボタンを押せば完了。
すると不要な部分が削除された状態でログが上書き保存されます。
この機能ですが、一度切り出しを行うとやり直しが効かないのでくれぐれも慎重にどうぞ。

【関連記事】
Stravaで不正データの通報を行う方法(追記あり)

  1. 2017/09/26(火) 12:57:53|
  2. 携帯・インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ