タイトル

シーズン初滑りは軽井沢プリンスへ

1/2から家族で軽井沢プリンスホテルスキー場に初滑りに行ってきました。
今回も会社のスキー部の活動に乗っかる形で、1/2の午前中に別の用事を済ませてから午後に出発、一泊して1/3の午前中だけ滑って帰ってくるという弾丸ツアー。
買い物とか散策とか一切せず、ただ滑るだけ。合宿か(笑)

行きは山手トンネルでちょっと渋滞したけど関越に乗ってからはスムーズ。
三芳PAで毎年買ってる「いも恋」を今年もまた買う。これがホクホクで美味しい。

いも恋

宿は去年と同じところへ。ロフトのベッドがあるので子供たちが喜ぶかと思ったら、今度は下の子も一緒になって大騒ぎを始めてしまい若干後悔……。1階だからまだ良かったか。

到着日は全然雪を見なかったけど、夜のうちに降ったらしく翌朝は真っ白に。
スキー場は予想以上の大混雑で、リフト券を買うのにも15分くらい並んだかな。
とりあえずキッズパークで子供たちを遊ばせつつ、大人が交代で滑る作戦。

軽井沢プリンスホテルスキー場 キッズパーク1

軽井沢プリンスホテルスキー場 キッズパーク2

ここのキッズパークは広いそりのコースの上に雪遊びできる小道具が置いてあり、大人も乗れるスノーチューブコースがあったり、下の方にはエア遊具があったりとなかなか充実してます。
しばらく遊ばせていたら下の子が眠そうにしてきたので、雪の上に座って抱っこで30分くらい寝かせる。確か前回の湯沢でも寝てたな……。

奧さんと交代していよいよコースイン。と言っても持ち時間はせいぜい30分ほど。
ゲレンデの下の方は混雑してたけど中級コースはこんな感じでガラガラ。

軽井沢プリンスホテルスキー場 中級コース

アルペンボード

上から下までノンストップで2本滑る。
雪がパウダー状でかなり気持ちいい。自分が上手くなったように錯覚してしまう。
やっぱり、この加速感とエッジが食いつく感触を味わってしまうとアルペンボードから戻れない。今のフリースタイル板も性能が上がってきて差はなくなってきているのかもしれないけど。
たった2本でもそれなりに満足できたので撤収。

帰りの関越は帰省ラッシュに巻き込まれるかとヒヤヒヤしていたけど、結果的には2箇所ほど軽くはまったくらいで意外と大したことなく、17時には帰って来られました。
上の子がスキーをやりたいと言い出したので次回はスクールデビューかな。

  1. 2018/01/05(金) 07:30:45|
  2. スノーボード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今シーズン2回目は岩原スキー場へ

先週の土曜は会社のスキー部の面々と岩原スキー場へ行ってきました。今シーズン2回目の活動。今回はファミリーではなく単独参加です。
関越の渋滞にハマるとイヤなので、思いっきり早く出発して時間が余ったら適当に仮眠していようと3時半出発。順調に進んで駒寄PAで休憩したのが確か6時過ぎ、7時前には関越トンネルを抜けてました。さすがに早すぎたか。

メンバーの一人は前日から家族で泊まっていてまだ部屋の中、あとの人たちは渋滞に捕まっていると連絡があったので、とりあえず先に滑って待っていようと8:30頃から滑り出す。

岩原スキー場

ウエストコースという中級者コースがちょうど良い斜度だったので、ここでしばらく練習することに。朝一なので雪も良いし人も少ないので練習には最高。
たぶん6~7往復はしたかな。

今回もアルペンボードで深いカービングを目指して特訓。ターンとターンの間で少し大げさなくらい抜重するのを意識すると、次のターンに向けて加重していく時により強く踏めて、エッジがしっかり雪を噛む感じがする。今まで足の力に頼っていたのが、体重を使えるようになったので、足が疲れにくくなってターン中の姿勢も安定してきた。

岩原スキー場

あとは今まで通り、谷回りでは前足加重、フォールラインを過ぎたら後ろ足加重、立ち上がりは真上でなく前へ、というのを意識して。
うん。我ながら結構ましになってきたんじゃない?尻もちとか変なミスもなくなったし、前よりもターンの弧が小さくなってきた気がする。

今回は珍しく同じコースに上手なアルペンボーダーが何人かいたので、リフトに乗りながら滑りを見て勉強。うーむ、明らかに自分より数段レベルが上だな。
スピードはそんなに出てないのにカービングの深さ、身体の角度が全然違う。どうやったらあのレベルになれるんだ……。
しかもフリースタイル板でメッチャ綺麗なカービングする人もいるし。(すげえ)
まだまだ先は長いな。でも、難しいから面白い。

その後、無事にメンバーと合流し、ゆるく他のコースを回る。
このスキー場って昔ゴンドラがあったんだけどなくなっちゃったんだよな。採算合わなかったのか。

お昼はレストラン コボルトでガパオライスをいただく。確か前回もここ。ランチ券が使えないせいかお昼時でもまあまあ空いてるイメージ。

レストラン コボルト

午後も一緒にコースを回って、3時半までたっぷり滑って撤収。
さすがに朝一からずっとなので疲れた……。
湯沢にある保養施設のお風呂で汗を流し、お楽しみのご飯は塩沢の中野屋でへぎそばと天ぷら盛り合わせを。

中野屋のへぎそば

ここは初めて行きましたが、へぎそばは言うまでもなく天ぷらもサックサクで美味しい!
4人で5人前をペロッと平らげてしまう。
お代わりで頼んだ舞茸ご飯も、魚沼産コシヒカリと舞茸とのコラボレーションが最高すぎて、一人で丼一杯余裕でした。(←明らかに食べ過ぎ)
いや~堪能したな。

帰りは渋滞もなくスイスイと。毎回こうだといいんだけど。
翌日からは筋肉痛が襲ってきて、歩き方がおかしくなっています……。

  1. 2017/01/30(月) 08:33:39|
  2. スノーボード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シーズン初滑りは新幹線でガーラ湯沢へ

山頂からの眺め

昨年の暮れあたりは雪がないないとぼやいていたのにいきなりドカッと降ったようで、先週末はさっそく会社のスキー部の面々とガーラへ初滑りに行ってきました。
今回は初めての試みとして新幹線でのアクセス。いつもは車の乗り合いで行くのですが、運転は疲れるし超早起きしたりしないといけないしで、たまには楽に行きましょうと。

JRのえきネットでびゅうのツアーを探すと、土曜の往復指定席+1日リフト券がついて1万4000円弱。安い。平日の自由席とかだともっと安いんだろうな。
ネットで予約・決済したら、前日までにびゅうプラザにある発券機で往復チケットとリフト券の引換券を受け取るだけ。やってみると簡単なんだけど最初発券機の場所がわからず右往左往。

はやぶさ+こまち

当日はアルペンボードとブーツ、ヘルメット、ウェア一式をCRAFTの巨大なバッグに詰め込み8時前に東京駅へ。やはり周りも同じような人ばかりなので構内に入ってしまえば異常な荷物のでかさも目立ちません(笑)
車内ではほとんどの人が網棚に荷物を乗せてました。事前に調べたら板はデッキに置きっ放しという話があったけど、試しにデッキを見に行っても何も置いてなかったな。

そんなこんなでウトウトしてたら1時間ちょっとであっという間にガーラに到着。
「こんなに楽でいいのか……」
しかも改札出るともうそこがスキーセンターだし。ちょっとは歩かされるのかと思ったら。

ゲレンデでは仲間たちと合流しつつ、相変わらずゆるく滑って遊んでいたのですが、そのうちの一人がこんなモノを持ってきてました。

カメラ付きゴーグル

なんとカメラ内蔵ゴーグル。フルハイビジョンでかなり長時間撮れるらしい。ヘルメットにGoProつけてる人は割と見るけどこんなのが出てたのか。
フレーム上部にあるボタン長押しで録画ON/OFFとのこと。さっそく使わせてもらったところ、両手が空くので撮りやすい。ただし他の人の滑りを撮るにはずっとそちらを凝視している必要があるので、ボードだとバックサイド側がやや撮りづらいか。
でもこれで1万円しないってのはすごいな。

そんなこんなで久々のスノボ、楽しめました。そして帰りも楽々。
今年はあと1回行けるかどうかも微妙だけど、一旦やり出すとまた滑りたくなるなあ。

ガーラにて

  1. 2016/01/25(月) 07:17:37|
  2. スノーボード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シーズン初滑りは尾瀬岩鞍

ホワイトワールド尾瀬岩鞍 山頂

走り納めの翌日は会社のスキー部活動で尾瀬岩鞍へ。社内外合わせて6名の参加でした。
朝からずっと雨で、関越下りてからも雨。こりゃダメかなと諦めムードで岩鞍まで行くと、奇跡的に雪に変わった!よっしゃー。
9時半からひたすら滑る。といってもほとんどミルキーウェイでたまに西山方面に行く、という感じ。

ミルキーウェイは全長3kmと長く、休憩なしで下まで降りるとかなり足腰にきます。それでも一緒に回ったグループにうまいボーダーの人(年30回くらい行くらしい)がいたので、それが刺激になって負けじと頑張る。
シーズン初にしては調子良く滑れたかな。雪質も良いです。

フロントサイドは前より倒し込めるようになってきたかも。人が少ない時を狙って、「倒れて転んでもいいや」くらいの気持ちで思い切って倒してみると、意外と持ちこたえる。(転ぶ時もあるけど)
それを繰り返すと限界がわかってくるので、前より倒せるようになる。
やっぱり混んでるコースより空いてる方がのびのび練習できるな~。当たり前か。

お昼は岩鞍食堂。ここはスリッパがあるのでブーツを脱いでくつろげます。その代わり一回脱ぐと落ちついちゃうリスクもあり(笑)
肉丼をいただきました。

岩鞍食堂

岩鞍はヘルメット着用の人が多い印象。いつも思うけど他のスキー場より明らかに多い。
自分は自転車と同じで、ないと不安。被っているのが当たり前の状態。

ヘルメッター

午後もミルキーウェイと西山方面を行ったり来たり。
ちょっと斜度が急なところを降りていたら右足のビンディングが突然外れ、転倒。おおっなんだなんだ、ビックリした。
どうやらビンディングが緩んでいたようで、仲間には先に行ってもらって貸出用のドライバーで調整。でもドライバーのサイズが合わなくてネジをなめそう。これは家でしっかり締めないとダメだな。
とりあえず外れない程度で調整して、後は無理せず初心者コースで軽めに流す。

それでも十分滑れて満足でした。やっぱりアルペンボードは楽しい。適当にずらしながら直線的に滑って速いんじゃなくて、ちゃんとターンを仕上げながら速く滑れる。このスピード感は病みつきになります。
ロードバイクが好きな理由と似ている部分があるかもなあ。

帰りは一緒に滑った人の案内で白沢温泉「初穂の湯」へ。ゴルフ場併設のホテルで日帰り入浴もやっているところらしい。お風呂も広いしそれほど混んでないので穴場かもしれない。源泉掛け流しだそうで、ゆっくり暖まりました。
年末という事もあって帰りは渋滞なし。毎回こうだといいんだけどなあ。

シーズン初、なのだけど、来年の事を考えると最初で最後かもしれない(笑)

  1. 2014/12/31(水) 17:16:27|
  2. スノーボード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりに尾瀬岩鞍へ

閉鎖した西山のレストラン『ホルン』

土曜は今シーズン2回目のスキー部活動でした。今回は少人数で3名のみ。自分以外はどちらもベテランスキーヤー。
当日、三軒茶屋と新座で一人ずつ拾って5:30頃関越に乗ると、まず軽いジャブ的な事故渋滞があり、その後しばらくは順調。
しかし、駒寄あたりから再びノロノロ渋滞。ラジオの情報によれば、赤城に先週の大雪が残っていて、その影響で詰まっているとの事。
これがもう絶望的なまでに進みません(笑)。ぜんぶ雪のせいだ。

ゲレンデに着くのはいつになるやら、と話をしつつ、1時間以上かけてようやく赤城山までいったら原因がわかりました。
雪の量が多すぎて、除雪しても捨てる場所がなく路肩にはみ出てしまい、長井坂トンネル(赤城高原SA手前のトンネル)の前後が一車線規制となっていたためでした。これは仕方ないか……。
ちなみに上り線も同じ場所で一車線規制。予想通り帰りも赤城から沼田までつながる恐ろしい渋滞ができていたようです。早めに上がったのでそれほど待たずに通過できましたが。

その後は順調に進んで沼田ICを下りる。今回の目的地である尾瀬岩鞍まで行くには、そこからまた1時間かけて下道を走る訳ですが、なんと新しく「椎坂トンネル」なるものができて峠道をショートカットできるようになっていました。
これで15分の短縮。運転も気を使わずに済むし非常に楽です。お金払ってもいいと思うくらい。
スキー場手前の急な登り坂もしっかり除雪してあり、ほぼ賞味期限切れのスタッドレスでも問題なく登れました。(もちろんチェーンは携行してます)

あと、沼田ICからスキー場に向かう道すがらで驚いたのは雪の量。あの大雪から一週間経ってますが市街地でも1メートル以上は残っています。ガレージが「くの字」に折れていたり、中古車屋は車が完全に雪に埋もれていたり……。雪に慣れているはずのこの地域ですら対応しきれないほどの大雪は、やはり異常だったのだなと思いました。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍

11時にようやくスキー場に着き、さっさと準備してゲレンデへ。まずはゴンドラで上まで。岩鞍久しぶりだな~。
まず足慣らしにミルキーウェイを3本。広々していて気持いい!
ソチ五輪の開催中という事もあってか人はそれなりに多いですが、アルペンボーダーはいません。これは平常通り。

今回は苦手のフロントサイドを重点的に練習。まず前屈みにならないように、しっかり板に圧力をかけつつ腰を内側に寄せて突っ張るようなイメージで。自分では顔の下に雪面があるくらい倒せている気がしていても、実際は45度くらい?それでも前回よりさらに倒せるようになってきたので、手応えはあり。
もっともっと練習したいけど、脚がついてこない(笑)

お昼は岩鞍食堂。

岩鞍食堂

この食堂は緩斜面の途中にあって、ゲレンデマップにも載ってないので意外と穴場です。ブーツを脱げるようにスリッパがあったりしてリラックスできる。
でも本当は西山の『ホルン』にまた行きたかったな(冒頭の写真)。ここ、残念な事に数年前から営業していないそうです。山に囲まれた雰囲気の良いレストランで好きだったのですが。

午後は一人で西山の方を回り、最後は緩斜面で気持ち良く滑っておしまい。
アルペンボード、やればやるほど楽しくなる。今年はあと1回は行きたいな。

  1. 2014/02/24(月) 00:08:25|
  2. スノーボード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
| ホーム |
次のページ