タイトル

久々に袖ケ浦チーム練に参加

先週の日曜はサッカーの送迎がなかったので久々にチーム練に参加してきた。
現在、長男(6年)と次男(3年)がそれぞれ別々のサッカークラブに入っていて、6年生は最後ということで試合ラッシュ、そして次男も自分の学年の試合に加えて上の学年の人数が足りないので助っ人参加がマストになりつつあり、結果としてほぼ毎週どちらか試合があるという状態。
いつの間にこうなった……。来年は少しは楽になるかなあ。

この日も寒いので冬用ジャージにウインドブレーカー、あとあずみのセンチュリーライドで買ったマヴィックのオーバーソックスという完全冬装備で向かう。
9名が集まり、会長の指示でグループは分けず、スキルアップ練として一定ペースで大周回を3周することになった。中袖だけは2列ローテ。
K保さんからは、ローテのテンポを早めにするのと、2列の時に横に広がらないようにしましょうとの注意喚起がなされる。

風向きは北風が強めでいつも通り。

チーム練121203Mywindsock

チーム練121203

集団で大周回を走るのはかなり久しぶりで楽しい。「3周」というのも含めて立ち上げ当初のおはサイとまったく同じフォーマットなので、懐かしい感じがする。
中袖のローテも事前の打ち合わせ通りコンパクトで、それでも慣れている人ばかりなので安心して走れた。
やはり冬場はこういう練習が大事だな。
3周目も最後まで隊列を崩さず走って終了。

チーム練121203チャート

終わってから公園で楽しくおしゃべりしていたら、ようやく陽が差してきた。
お疲れ様でした。

走行距離:63.9km
走行時間:2時間3分53秒
平均時速:31.0km/h
平均/最大心拍:138/170bpm
平均/最大ケイデンス:81/104rpm
消費エネルギー:1223kJ
AP/NP/IF/TSS:142W/162W/0.66/90

  1. 2023/12/06(水) 19:56:55|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中袖チーム練に参加

日曜は久々にチーム練に参加してきた。
前日のZwift100kmの疲労が全然抜けてないので休養しよう、と思っていたら前日にI田さんから「明日行きますよね?」的なメッセージが来てしまったので、「スプリントは参加しないと思います」と伝えて行くことに。
前回の中袖チーム練は人数少なめだったけど、この日は多くて24人とか?
中袖に移動後、会長の指示で3チームに分かれる。Aは8人で自分以外全員やばい。スプリント参加云々の前にまず着いていけるかどうか。

メニューは基本いつものおはサイと同じで中袖10周なのだが、会長からAは往路35km/h、復路45km/hとのオーダー。(おはサイの5km/h増し)
風は弱く、若干往路が追い風という感じで、となると追い風アシストのない復路で45km/hキープはかなりきついのでは。
往路でMIKさんが「スプリントはしないけど復路いっぱい牽きます」と言ってくれて、引きずり回される未来が見えた気がした。

中袖チーム練

予想通り1周目から往路35km/h、復路46km/hくらいで、心拍もいきなり160台。DHバーのMIKさんの後ろはドラフティング効果が薄いので復路は後ろにいても300Wは維持しないといけない。でもこれも練習。
2周目でいいタイミングでフリー区間に入ったのでスプリントしてみたけど、タレてしまってI田さんにまくられた。28秒641W。

4周目、5周目はリードアウトした気がする。46秒465Wと33秒470W。
6周目はたまたまいい位置から仕掛けて先着したような。36秒514W。
毎周、予告通りMIKさんが長く牽いてくれて、復路は立ち上がりからずっと45km/h以上で、追い風もないので非常にきつい。それでもローテーションを飛ばす人は誰もいない。
あれ? そういえばヒデさんがAにいないのは何でだろう。

後半、I田さんが疲れてきた辺りでちょいちょいスプリントに参加してみるものの、自分もまったくキレがない上にすぐタレてしまう。
ただ、フリー区間に入ってもMIKさんが牽きっぱなしで誰もいかない、というのはちょっとないかな、と思ってなるべく毎周行くようにした。
8周目の終わりで他のグループからばらけたベンがいたので一緒に行こうと声をかけて入ってもらう。その後K原さんも入ったかな。
9周目は確かのぶさん1着。

10周目の往路でMIKさんが「復路で上げます」と。これは死ぬ気で着いていかないとダメなやつ。
Uターン後に宣言通りMIKさんが上げていくが、集団をじわじわ引き倒すというよりほぼアタックの加速で、一瞬お見合いしてしまった。
とりあえず前に出て追いかけるが全然縮まらない。その後も何人かで回して全開で追ったが結局捕まえられず、最後は全員バラバラになり燃え尽きて終了(笑)

いやーいい練習になった……けどきつかった。
Golden CheetahのW'balを見ると、復路で6~7まで下がってから往路で18くらいまで回復、というのを繰り返していた。
往路もそれなりのペースだったけど、一応回復は間に合っていたみたい。数ワットでも削りたくて、往路も全部下ハン持ってエアロフォームをとるようにしていたのが良かったのかも。
こういうのもZwiftだけでは練習できないから、やっぱり実走は大事だな。

終わった後は公園に戻っていろいろおしゃべり。
K原さんの、納車されたばかりの新型マドン(チームで2台目)をじっくり見させてもらう。

新型マドン

めちゃめちゃ格好いいけど買えないなー。(^_^;)

走行距離:75.5km
走行時間:2時間26分10秒
平均時速:31.1km/h
平均/最大心拍:140/179bpm
平均/最大ケイデンス:81/127rpm
消費エネルギー:1193kJ
AP/NP/IF/TSS:136W/188W/0.711/131

  1. 2023/05/21(日) 19:50:25|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

路面ウエットのチーム練

チーム練

土曜はまた雨で、最近狙い撃ちのように雨続き。おはサイもサッカーも中止で、その代わり日曜の袖ケ浦チーム練は行けることになった。
しかし夜まで雨が降っていたせいで路面はかなり厳しい状況。

途中でH房さんと一緒になったのでおしゃべりしながら海浜公園に行くと、チーム練にしては人数が少なく、集まったのは10名。やっぱり路面が悪いのを見越して別のコースに行った人が多かったか。
でもH詰さんを始め久しぶり会った人にご挨拶できたので良かった。

前日に連絡掲示板を見たら会長から「中袖15周」というスパルタンなオーダーが出されていたのだけど、当日会長は来られず、人数も少ないのでということで独断で10周に変更。(一応15周用のメニューも考えてはいた)
全員で中袖に移動して簡単にブリーフィング。新しい人が来てBenに通訳してくれる人が増えたので助かる(笑)

走り出すと、予想通り往路はウエットで巨大な水溜まりも多数。
もう諦めて水しぶきを浴びながら走るしかない。
……というのを見越して濃色系(紺色)のジャージを着てきたのだけど、紺色で3人くらい被っていた気がする。

開始時点では復路が向かい風だったので、最初は35km/hくらいでローテーションを早めに回してもらい、周回ごとに徐々にペースを上げていく。
気になったところは、やっぱり往路で頑張りすぎてしまうのと、往路→復路のUターンの立ち上がりで踏んでしまうこと。

往路のイメージは回復走くらいでいいかなと。その代わり復路で集中してしっかり強度を上げたい。Uターンの立ち上がりは先頭が踏みすぎると後続が辛いので、最初の十字路までは踏まないくらいでいいかも。その辺りをちょいちょい声をかけつつ修正してもらった。

スプリントは各自の好きなタイミングで行ってもらう感じで、いつものおはサイと同じ。高校生のY沼君のリードアウトが強くて、向かい風の中47km/hとか出ていたのですごいなと。
自分は2周目と4周目、あと6周目からはほぼ全部参加したかも。なるべく最後まで踏み切ることを意識した。
後半は風向きが変わり、復路でスピードを乗せやすくなった。
最後はBenのスプリントを追いかけて横並びでゴール。

久々のチーム練だったけど、いつものおはサイと内容はほぼ同じだった。
今年はもう少しチーム練の参加率を上げていきたいところ。が、それには条件がいくつか揃わないとなあ。

走行距離:75.8km
走行時間:2時間30分15秒
平均時速:30.3km/h
平均/最大心拍:139/176bpm
平均/最大ケイデンス:79/115rpm
消費エネルギー:1237kJ
AP/NP/IF/TSS:137W/184W/0.693/128

  1. 2023/04/16(日) 19:33:09|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々のチーム練で鹿野山へ

日曜は午前中に時間がとれそうだったので久々のチーム練へ。
いつ以来なのかはちょっと思い出せない。が、行けるチャンスがあれば行っとこう。
昨日のおはサイと同じく暖かくなりそうなので、半袖ジャージにアームウォーマー、レーパンにニーウォーマーという格好。
集合場所である矢那川ダムまでのアプローチは脚が重く、不安になる。

矢那川ダムで10名ほど、そこから大井戸ミニストップで4名加わってなかなか盛況。
というかここまでのアップダウンで既に脚がやばい。
あ、Y代さん達の自転車が……いいなー。
いかんいかん。

チーム練(ミニストップ)

今日のコースは、鹿野山福岡口をまず登り、先に登った人たちは時間調整のため鹿野山林道の入口まで下ってまたマザー牧場まで登る。鹿野山を下り切ったら一旦まとまり、大野台までローテーションしながら走る。
大野台は各自のペースで登り、再度まとまってから久留里方面へ下って教習所手前の十字路を左折、冨崎神社から「やくざ坂」(坂の中腹にそっち系を思わせる銅像があるため)を登って矢那川ダムに戻るという流れ。

まずは鹿野山へ。

チーム練(鹿野山福岡)

↑この写真を撮った直後に師匠に撮られていた。

チーム練(鹿野山福岡3)

鹿野山自体が何ヶ月ぶりだろう。
最初は緩やかに始まり、とりあえず様子を見ていたらのぶさんやゴッティさん、H林さん達がペースアップしていく。
あのペースに着いていくのは無理ー。
何となく集団に着いていくと、そのうちH林さんとゴッティさんは見えなくなる。

その後、S木さんやO石さんと一緒に登っていくと前方にゴッティさんが見えた。視界には入ってるけど差は縮まらず、自分はひたすらO石さんに着いていくのみ。
O石さんに先頭交代を促されたが限界ギリギリなので拒否する(笑)
そのまま何とか着いていって山頂へ。17分29秒。
うーん、もうお腹いっぱい。

後から来たS木さんと3人で(本当はまっすぐマザー牧場に向かいたかったが)一旦鹿野山林道の入口まで下る。
この下りが怖くて、下から上がってくる車がセンターラインを超えて走ってるのばかり。
目の前のS木さんが何度も危ない目に遭い、自分も怖いので車間を取ってかなり慎重に下った。
林道の入口でのぶさんとみえさんも合流。

林道は自分が先頭で登っていたら後ろからすごいスピードでゴッティさんに抜かれる。
ちょっと待て、なんでゴッティさんが後ろから来るんだ? 先に福岡登っていたはずでは……。
よくわからないけど余計な考え事で酸素を消費したくなかったので無心で登る。
マザー牧場で他の人たちと合流し、下りへ。この下りがまたブラインドコーナー&対向車多くて危険なので慎重に。

チーム練(マザー牧場)

更和方面に下ってセブンの近くで一旦まとまり、九十九(つくも)トンネルに向けてトレイン形成。
……んー。
なんかペース速くない?
と思って周りの様子を見たが皆黙々とローテーションを回していて、これはこのままいくと自分だけ死ぬのではないかという不安がよぎる。
先頭から下がってきたO石さんに「ペース速くない?」と聞いたら「ソッスネ!」みたいな感じで、ちょっと楽しそうだし、やはりどこかで諦めて離脱した方がいいのかもしれない。

と思ったらいつの間にか人数が減っていて、九十九トンネルの登り口でゴッティさん、H林さん、O石さん、自分の4人になっていた。
ここでまたもやゴッティさんがアタックしていき、H林さんが追って、自分はO石さんに着いていくというさっきと同じ光景。
トンネルを登り切ったあたりでH林さんがちょっと緩めて待ってくれて、3人で下ってゴッティさんを追う。しかし登り返しで完全に脚が終わってしまい、千切れた。
燃え尽きて流していたら後方からMIKさん列車が来たけど、速度差がありすぎて乗れず(泣)

大野台は師匠、のぶさん、みえさんと合流して4人で登り、そこから先のアップダウン区間も平和にまとまって走る。
おかしいな、今日はずっとこの感じで走れると思ったのにな……。

チーム練(大野台)

送迎のため11時半には帰宅したかったので最後のやくざ坂はパスして、3人にご挨拶して離脱。
すると離脱ルートの前方からなぜかMIKさんが。
道がわからなくなってしまったようで、復帰ルートをご案内してお別れした。

それにしても今日のゴッティさんは強すぎたな。
自分の方は、毎回のことだけど登り耐性がないので(最初の方だけは頑張れる)そこが課題。あと体重。
でも久しぶりにチームの人たちと走れたのは楽しかった。また行ける時はよろしくお願いします。

チーム練(帰り)



走行距離:91.9km
走行時間:3時間42分37秒
平均時速:24.8km/h
獲得標高:1124m
平均心拍:144(176)bpm
平均ケイデンス:81(122)rpm
消費エネルギー:1791kJ
AP/NP/IF/TSS:134W/183W/0.687/186


  1. 2022/04/11(月) 16:09:53|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの実走 袖ケ浦チーム練

日曜は久々に袖ケ浦チーム練へ。
オミクロン株が拡大している状況なので走行時以外はマスク着用、ソーシャルディスタンスに加え少人数でのチーム分けという対策。
実走するのがかなり久々で、先日の落車以来21日ぶり。その間ひたすらZwiftしていた。
Zwiftもいいけどやっぱり実走は気持ちいい。

12名ほど集まり、会長が不在だったのでひとまず全員で中袖に移動してから簡単にメニューの確認をする。往路はゆっくりで復路は速め、スプリントなしの10周。チームは6人ずつ2チームに分け時間差をつけて走ることに。
個人的には先日のこともあってまだスプリントするのは怖いので助かった。



向かい風の往路は30km/h、追い風の復路は40km/hくらいのペース。
復路は追い風といっても横風に近いのでアシストはあまり効かない。
この日は先頭に出たらケイデンスを少し低めに、トルクをかけて丁寧に回すことを意識して走ってみた。平地でSFR的なイメージ。
10周目の復路は47km/hくらいまでペースが上がったが何とか着いていって終了。

終わってから公園に戻り、感染対策ということで短時間で解散に。
いろいろと気をつけないといけない時期ではあるので、状況を見ながら判断していく感じかな。
お疲れ様でした。

  1. 2022/01/31(月) 19:15:19|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ