タイトル

久々の暁星チーム練(大周回2周からの小周回8周)

日曜はチーム練へ。楽しかった袖ケ浦も終わり(笑)、今週から暁星に場所を移しての開催。
とにかく登りがキツいイメージしかない。
でもこれやらないと強くなれないからな~。

気になっていたBB付近からの異音は……おお、消えてる!
良かったー。
やはりプロに見てもらうのが一番。会長ありがとうございました。

これでいくらか気分も良くなり、鼻歌交じりで集合場所へ向かう途中、ふと下の方を見るとボトルケージに何もささっていない。
あーボトル忘れたよ……。粉飴大量投入したやつをちゃんと作っておいたのに。
まあ寒いから飲み物なくても大丈夫か。いや大丈夫じゃないな。強度高いし。
これで上がっていた気分がまた最低レベルまで落ちる(笑)

集合場所にはかなりの人数が。さっそくF谷君に「ボトルなしですか!ストイックですね~」みたいにいじられる。
本当は飲みたいんだよ!(笑)
ていうかよく見てるな~。

いつものようにAチーム4周+4周でスタート。会長からは、「下宮田の登りはハンドル握らず添えるだけ、なるべくまとまっていくように」というオーダー。
1周目の下宮田はのぶさん先頭で、結構速い。しかもハンドルを引けないから上体を使えず、脚にかなりの負荷がかかる。
なんというか固定ローラー(もう何年も乗ってないけど)を回してるような感覚。
これは効くな。

下り区間は道路脇の斜面で木の伐採作業をやっていたので最徐行で。
2周目の下宮田はF谷君先頭。何とか着いてはいけるけど、余裕はナシ。
下って3周目に入るところでBチームが待機していてストップがかかる。伐採作業で危ないのでコース変更するらしい。
暁星小周回を8周、登りはハンドル握らず、下り~平坦区間は流してまとまるようにと。
棚倉商店まで行って折り返すので、正確には小周回よりも大回りになるのか。

ここの登り(1.2km/3%)は斜度が緩めなので体重があってもパワーがある人なら押し切れる。
なので下宮田とは顔ぶれが変わってくるはず。
とりあえず手放しで登ってみたら、案外いけそう?
と思ったのは最初の数本だけで、そこから先は手放しはムリ。手を添えて、ひたすらハンドル握りたい誘惑と戦う。

キツいんだけど、大勢でまとまって登るのは刺激を受けられるし、Zwiftのグループワークアウトみたいで楽しい。
千切れても平坦区間でまとまれて、ショートカットもしやすいから最後まで集中して走れる。
これは実はうまい練習なんじゃないかなと。

最後の8本目は余裕しか感じられないネモッティとF谷君に必死に着いていって、2分21秒323W。
二人ともハンドル持ってすらいないから、やっぱりおかしい。
「登りはハンドルいらないですね」って話してるのが聞こえたけど、いるよ!(笑)
その後、流して帰ると見せかけてヒルスプリントもあり、もう燃えカスなので一瞬でタレてじゃんじゃん抜かれて終わる。9秒905W。

チーム練(大周回2周+小周回8周): 55.7km / 1時間45分34秒 / ave192W / NP265W / 143(181)bpm / 95rpm / 31.3km/h

今日はまずまずの感触で登れた気がする。
あの斜度までなら何とか着いていける気はするんだけど、下宮田がなー。

走行距離:84.5km
走行時間:3時間4分13秒
平均時速:27.1km/h
平均心拍:134bpm
平均ケイデンス:88rpm
獲得標高:673m
消費エネルギー:1726kJ
AP/NP/IF/TSS:156W/221W/0.82/204


  1. 2018/02/19(月) 01:10:14|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人数少なめの袖ケ浦チーム練

日曜はいつものチーム練へ。今回も袖ケ浦周回。
深夜に雨が降ったのでウエット路面が予想される。ただ気温は高いので凍結はなさそう。
当日朝まで中止の連絡はなかったので現地に行ってみると、かなり人数少なめ。集まったのは8名。

今回はチーム分けはせず、全員まとまって4周しましょうということでスタート。速度指定も特になく、牽ける人が長く牽いてペースを作る感じで。
大体36km/hくらいから始まり、徐々に上がって38km/h前後に。中袖復路では40~42km/hくらい。
路面は予想通りのウエットで水しぶきを浴びながら走る。

ペースは安定していて、中袖の極端な上げ下げもないのでとても走りやすい。チーム練というよりおはサイに近いペーシング。
途中で姫さんとkobaさんも合流して10人に。姫さん着き位置だけど普通に最後まで着いてきて、さすがです。
I田さん、kobaさんの牽きが長く、いいペースを作ってくれる。

ほぼ集団を崩さず最後の直線へ。kobaさんの強力なリードアウトからI田さんがスプリント。何とか後ろについて、最後にまくろうとしたけどまくれず、横並びでゴール。23秒704W。
早いとこI田さんにパワーメータ付けさせて何ワット出てるか見てみたい(笑)

大周回4周(63.7km): 1時間49分44秒 / ave194W / NP237W / 150bpm(MAX173bpm) / 95rpm / 36.3km/h

ありがとうございました。

帰ってからドロドロの自転車を洗車。

洗車

Èmodna SL6 pro

あと、練習後にI橋さんに「ハンドルセンターがずれてるよ」と指摘されて初めて気がつくなど。
止まってるとわからないけど乗ると確かに右に少し曲がっている。言われるまで全然気づかなかった。さすが鈍感……。
ステムを緩めて真っ直ぐに直し、これですっきり。

今日で5日連続乗ってるのでかなり疲労感あり。ちょっと休もう。

走行距離:81km
走行時間:2時間29分36秒
平均時速:32.3km/h
平均心拍:142bpm(MAX185bpm)
平均ケイデンス:90rpm
消費エネルギー:1496kJ
AP/NP/IF/TSS:167W/208W/0.77/147


  1. 2018/02/12(月) 14:06:24|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1週間ぶりの実走 袖ケ浦チーム練

チーム練

土曜は前日の雨が乾ききっていないかもしれず、凍結の可能性があったのでおはサイは中止に。
翌日は3週連続の袖ケ浦チーム練へ。
最近Zwiftばかりだったから実走は一週間ぶり。

集合場所に着くとH詰さんが!自転車再開されたのかな。久々にお話できて良かった。
会長から、Aチーム4周、Bチーム3周、Aは35→37→39→40km/h超の速度指定、中袖復路はスプリントあり、その後まとまるようにとのオーダー。

スタートするとAチームはかなりの大所帯。途中合流のゴッティさんも含めて確か14、5人いたはず。
これだけの人数がいると楽に着いていける。

1周目の中袖は、集団のペースアップから先頭F谷君、自分、ネモッティの順に並び、ネモッティが仕掛けたタイミングでF谷君も合わせ、二人並んでスプリントするのを後ろから眺める。(着いていけない)
復路3分9秒299W、F谷君に着いていったのが25秒508W。

2周目、ちょっと暑くなってきたのでウインドブレーカーを脱ぐ。
K保さんに見習って集団内で少し回転練など。といっても115rpm程度だし短い。

中袖復路は、ゴッティさんの鬼牽きから集団のペースがかなり上がった状態でK保さんアタック。ブリッジしてそのまま前に出る。後ろにネモッティ(←なんかこういうパターン多い)。

自分の距離になったのでスプリント。ネモッティに並ばれたけどギリギリ逃げ切ったか?(というか自分がおはサイのゴールで踏みやめたのでネモッティもやめたという感じ)
復路2分40秒333W、スプリントが34秒627W。平均速度もこの時が一番速くて、48.2km/h。集団効果だなー。

3周目は39km/hペース。中袖復路は再びゴッティさんの鬼牽き。ゴッティさん、ケガでブランクがあったとは思えない。
最後はK保さんのアタックを中途半端に追いかけたら脚が終わり、大勢に抜かれてズブズブ。F谷君、I田さんの順だったか。
2分50秒305W、ズブズブスプリントが31秒567W。

4周目。南袖→中袖間の直線で、ちょうど嫌らしい位置に路面の陥没があってK保さんがはまってしまう。声かけ&ハンドサイン徹底しないと危ないな。幸いリム打ちパンクなどはなかった模様。
後でS市市役所のあの方に報告しとこう……。

中袖まではオーダー速度を保つべく40km/h以上で牽くように意識する。土曜に疲れがうまく抜けたせいか、先週よりだいぶ余裕がある感じ。1分372Wとか。
しかし中袖は相変わらずダメで、最後はF谷君に追いつけず。3分2秒338W。

折り返して後続を待ちつつ淡々と走り、最後の直線で集団が追いついて来たので最後尾に着く。F谷君によるとどうやら最後のスプリントもやるみたい。
3本目の橋で2、3人が飛び出したのでI田さんの後ろに(①)。そこからF谷君がスプリントし、I田さんが続いたので反応(②)。車が来ていないのを確認し、I田さんがまくるのをさらにまくってゴール(③)。

単に展開が良かっただけというか……。
真っ向勝負じゃ勝ち目ないからなあ。
ログを見ると50秒(509W)の間に①5秒826W→②7秒772W→③8秒762Wという3つのピークがあって、辛そう(笑)
しかし強者たちに揉んでもらったおかげでしっかり出し切れたので満足。
ありがとうございました。

チーム練(袖ケ浦周回4周): 66.2km / 1時間47分32秒 / ave208W / NP261W / 157(MAX184)bpm / 94rpm / 36.7km/h

高強度区間があったのでNPが高い。
エモンダの感触については、だいぶ馴染んできた気がする。
ロングで確かめたいけど、時間がとれないなー。

----

日中は実家の用事を済ませ、夕方から上の子とママチャリでサイクリング。

サイクリング

少し遠くの公園まで往復11kmほど。いつもは川沿いののどかな道だけど今日はあえて車の往来がある道も走ってみた。
まあ普通に左側通行を守っていれば問題ない。
ただ、バス停がやたら好きで、バス停が出てくる度に時刻表を確認するのでなかなか進まず……。

公園で偶然同じ保育園の子と会って遊んだりしていたら遅くなってしまい、帰りは薄暗い中ライトを点けての走行。ほんとはもっと早めに戻りたかったけど、ちょっとした冒険にはなったかな?

  1. 2018/02/05(月) 12:55:09|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日曜、袖ケ浦チーム練

日曜は雪山行きがなくなったのでチーム練へ。先週に引き続き袖ケ浦周回。昨日と同じ(笑)
会長が不在のためMIKさんの仕切りで、先週と同じくAチーム4周、Bチーム3周。中袖復路以外は35km/hペースに抑えてとの指示。

Aは11人くらいでスタート。中袖までは指示通りそこそこ平和なペースで。
中袖復路でI田さんが一人飛び出すが誰も着いていけず、放置されてまた戻ってくる(笑)
そこから掛け合いがあり、先頭5、6人で折り返し地点まで。
再び集団を作りつつ元のペースに戻って周回。

先週と比べてペースはゆっくり目のためかBチームとは差がつかない。というか遅刻してきたネモッティがなぜかB集団を牽いてるし……。
自分の調子は、もともと日曜は乗れないつもりで土曜まで4日連続乗っていたので疲れは感じるものの、中袖のペースアップには着いていけたので何とかなるかも?

2周目も落ち着いたペースで。中袖はMIKさんの一本牽きで50km/h超えだったか……。辛すぎて記憶が飛んでる(笑)
確かこの辺でkobaさんも合流。

3周目の中袖復路。また47km/hとかで先頭が回ってきて、めいっぱい頑張って牽いて下がる途中でkobaさんアタック。やーめーてー(笑)
MIKさんが追走したので後ろに着かせてもらう。交代して追ったけど、最終的にはI田さんに行かれたんだったかな?
とりあえずあの状況で反応できただけ自分を誉めたい(笑)

4周目の中袖復路は一列棒状でペースアップしていき、スプリント争いに着いていく感じで(参加する元気なし)。確かF谷君が一着。
そのまま最後の直線区間に進み、2本目の橋からK保さんのアタックに反応してみたものの、目論見は外れてしまう。どうしようもなくなって玉砕覚悟でロングスプリントしたけど本当に玉砕して(笑)全員に抜かれてゴール。
23秒606W。頑張った割には……。

チーム練(大周回4周): 66.2km / 1時間49分20秒 / ave208W / NP241W / 157bpm / 95rpm / 36.1km/h

先週に比べると平均速度は1.4km/h遅く、平均出力も13W低い。その代わりに中袖復路での強度が高かったためNPの差は5Wのみ。
どっちが辛いかというとどっちもどっちなんだけど、上げ下げのある方がレースの負荷のかかり方に近いかな。
いずれにしてもAの強度で走るにはまだまだ力不足。少しずつ慣らしていくしかない。

走り自体は別にいいところはなかったけれども、エモンダSLのフレームにはだいぶ慣れてきた気がする。最初の頃は完全に踏み負けていて、先頭牽くだけで体力ゲージがぐんぐん減ってる感じがしていたけど、今日は脚を残せる感覚があった。
ペダリングのリズムが合ってきたということなのか?

走行距離:80.7km
走行時間:2時間25分10秒
平均時速:33.1km/h
平均心拍:150bpm(MAX185bpm)
平均ケイデンス:92rpm
消費エネルギー:1660kJ
AP/NP/IF/TSS:191W/229W/0.92/203


  1. 2018/01/29(月) 19:17:40|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年最初のチーム練

日曜は袖ケ浦チーム練へ。寒いな~と思ったら-1℃。
最近サドルの位置をいろいろいじっていて、先週から1mmほど下げてる。やっぱり低めの方が回しやすくて好き。

というか、ISPだったLOOK586と比べてしまうと、アーレンキー1本で自在に高さ調整できるのが、当たり前なんだけど便利すぎる。
もうISPのバイクを買うことはないかな……。(トレンドとしても終わってきている?)

集まったのは20名弱?会長から、Aチームは4周、Bチームは3周、ゆっくり目でローテーションはコンパクトにとの指示。
Aのメンバーは師匠、MIKさん、I籐さん、K保さん、まささん、のぶさん、ネモッティ、ゆりさん、I田さん、自分。
ゆりさんは「着き位置で」と言ってたのに普通にローテに入ってる。

ペースはゆっくりでもなく1周目から37~38km/h、中袖往路は44m/hくらいまで上がる。
ちょっと、いや結構速い?
師匠が中袖以外は抑えようと呼びかけ一旦収まるが、2周目もじわじわ上がって40km/h弱ペース。
とにかく着いていくだけ。

3周目の中袖復路、MIKさんの45km/h巡航で2番手のゆりさんが遅れてしまったため、間を埋める。後ろに着いているのに320Wとか。
そこから先はずっとMIKさんの後ろで。TTバイクの後ろはたくさん風を受けるためキツい。いやいやこれも練習だー。
しかしじわじわと脚を削られ、4周目は2秒くらいしか牽けなくなる(笑)

最後の中袖復路、MIKさんの後ろで耐えて、交代して10秒くらい必死で牽いて下がったタイミングでネモッティがペースアップ。やめろー(笑)
MIKさんが反応し、着いていきたかったがもう限界。
K保さんも疲れていたみたいで追走グループを作れず、後続はバラバラに。

折り返しでのぶさん、K保さん、ゆりさんと4人パックになったけど前の二人はもう見えなくなっていて、淡々と回してゴールを目指す。
最後は燃えカスのようなスプリントで終了。(800Wも出てない)

チーム練(大周回4周): 64.8km / 1時間43分3秒 / Ave221W / NP246W / 162bpm(MAX185bpm) / 97rpm / 37.5km/h

中袖復路からのラスト10分が270W、ラスト42秒が509W。
最後の中袖で千切れてしまったのが悔しい。(あいつめー)
でも追いかける余力はなかったな。

全体的に、この時期にしてはだいぶ速かったんじゃないかという気はしたけど、十分追い込めて良い練習になりました。ありがとうございました。

それにしても、なんかやっぱりパイオニアって出力が高めに出てる気がする。
いろんな気温の場所でちょいちょい校正はしているけど、パワータップの数字に慣れているせいか、ほんとに?と思う時もしばしば。
まあ慣れるしかないか。FTPは取り直している訳だし。

あと、クリートがすり減ってガタが気になってきたので交換。

LOOK メモリークリップ

毎回思うけどLOOK KEOのこのメモリークリップは大変便利。クリート位置のマーキングとかしなくてもまったく同じ位置に取り付けられる。
これのおかげで交換はあっという間に完了。
しかし週明けからひどいお天気になりそうだな……。

  1. 2018/01/23(火) 19:40:55|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ