タイトル

やらかしてしまった暁星チーム練

一週間ほど前からまたBBの異音が出始めてしまい、土曜おはサイでも相変わらず出ていたので、練習後に再度お店に持ち込んで会長に見てもらう。
前回は2ヶ月前で、BBをばらしてグリスアップをしてもらったら消えたのだけど、今回はまたちょっと違う音のような?
いろいろ見てもらった結果、パイオニアの取り付けに必要だったある部品を替えてもらって様子を見てみることに。

翌日のチーム練に向かう途中、恐る恐る回してみると音がしない。これは……消えた?
やった!\(^o^)/
微妙に気になる程度の音だったのでかなり嬉しい。と言ってもまだ油断はできないのだけど。
しかしこんなの絶対自分では対処できないなー。毎回お世話になってます。

5分前に集合場所の矢那川ダムに行くと今日も盛況。
あっ、もてぎのチャンピオンジャージの人が!(笑)

もてぎのチャンピオンジャージ

そんなこんなでスタート。前回と同じくAは6周。9人くらいだったか?
1周目の下宮田はF谷君先頭で5.5倍ほど。いきなりキツい。
登り初めてすぐネモッティが下がったので「どうした?」と聞いたら前日のハード練で疲れたみたい。まーあんだけ乗ってれば……。

1周目を終えて6人に。そこからは基本F谷君とS籐君が長く牽いてペースを作ってくれる。
自分は情けないが生き残るのが目標。
登りはなんとか耐えられるペースだけど、それにも増して下宮田の前の平地がやたら速い。F谷君がどんどん前に被せて牽きまくる。
加えて暑さもしんどくて、若干集中力が落ち気味。

5周目の下宮田でI田さんがチェーンを落として遅れてしまい、5人(S籐君、F谷君、ヒデさん、H矢さん、自分)で6周目へ。
最初のダム坂は先頭で入ってしまい、ここでアタックされたら即死もありうると思ったのでギリギリアタックがかからない程度までペースを上げる。
アタックはかからずそのまま下って下宮田へ。

前回同様、S籐君、F谷君、ヒデさんのペースアップに着いていけずサクッと千切れる。
途中でH矢さんに交わされたものの頂上で追いつき、そこから二人でローテ。
しかし、チビ坂に向かう途中のゆるい登りで集中の糸がプツリと切れてしまい、H矢さんの後輪にハスッてしまう。あっと思った時には遅く、右側にバターンと倒れて落車。
やっちまった。

幸い登りでスピードはあまり出てなかったので骨は大丈夫そう。自転車は、プーリーが内側に入ってスポークに当たっていたけどH矢さんが応急処置で戻してくれて、自走できる状態に(ありがとうございます)。

転び方としては、右足太ももの外側80%、右手のひら20%くらいで衝撃を受け止めてフレームを守った(笑)ような感じ。右手はグローブをしていたのでまったくの無傷。右足はウェアは破れなかったけど広めの擦過傷、あと打ち身の痛み。

とりあえず走り出してみたら変速も問題なかったのでそのままゴールまで走る。しかし腰の痛みがあったので2部練はパスさせてもらって帰宅。

チーム練(暁星周回×6): 1時間30分37秒 / 639mUP / ave210W / NP253W / 164(181)bpm / 91rpm / L48.9% - R51.1% / 33.8km/h

バイクのダメージは、リアディレイラーが少し削れたのと、

ディレイラー

バーテープが破けたくらい。

バーエンド

ホイールの振れもなし。
機材のダメージはこの程度で済んだので良かった。

それにしても一番やってはいけないミスをやってしまったなー。今日は途中でも前走者に近づきすぎてしまうことがあって、暑さで集中力が落ちてるのかなという意識はあったので、もっと気をつけるべきだった。猛省しなければ。
ひとまず誰も巻き込まなかったのが不幸中の幸い。

擦過傷の方は、見てみたら意外と範囲が広かったので、「必殺・パイロール塗ってラップぐるぐる巻き作戦」で。経過は順調。
打ち身の痛みも1日経ったらだいぶ良くなってきた感じ。

あとやはり今回思ったのはグローブ大事。してなかったらひどいことになっていたと思う。ヘルメットもそうだけどこういうことがあると絶対に「なし」では乗れなくなるな。

  1. 2018/04/30(月) 12:45:32|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

瞬殺される暁星チーム練

先週はなんとなく疲れが抜けない感じで、平日2回のおはサイのみ。土曜も朝から暴風が吹き荒れていたためおはサイは中止に。しかしローラーに乗る元気も起きず。
日曜は暁星チーム練へ。11時から別の予定が入っていたので、周回練が終わったら途中離脱かな。
集合場所に向かう途中で久々にyohei君と会ったのでしゃべりながら走る。いよいよだねえ。

今週も盛況で、3チーム編成にするとのこと。AはMIKさん、ネモッティ、F谷君、H矢さん、K保さん、kobaさん、大型新人S籐君、I田さん、自分の9名。
危険な香りしかしない。
しかも周回数は1周増えて6周。会長からは、下宮田5~6倍、その他の坂6~7倍、ラスト1周はフリー、最初からドンパチやらないで(笑)という指示。

スタートして、やっぱり今週もダムの下りからの平地が速い。1周目で60km/h、2周目はネモッティが牽いて62.6km/h。
下宮田も1周目は5倍くらいだったけど、2周目以降はじわじわ上がって5.5倍くらいに。
あんだけ平地牽きまくって、なんでその後普通に登れるんだろうな。

登りでは(パワーメーター非装備の)F谷君の後ろだったので、F谷君が先頭の時は「今5倍」とか「5.5倍」とか教えてペースを作ってもらう。
5.5倍ならまあ何とかなるけどそれ以上はやばそうな感じ。
2周目の下宮田からチビ坂までの5分18秒が306W。キツい。

チビ坂からの下りは路駐があったり対向車が来たりで危ないので慎重に。
3周くらいしたところで、普通に周回数がわからなくなる(笑)
しばらく耐えて、そろそろラスト1周くらいだろうと思っていたら、チビ坂越えてK保さんが「あと2回」と言っていたのが聞こえ絶望感に包まれる(笑)
心が折れそう……。

ようやくラスト1周。ダム坂でK保さん達の3人逃げ。追走グループにネモッティがいたので後ろに着かせてもらう。ネモッティの先頭固定でどんどん詰めていき、信号手前でキャッチ。
下って平坦は先週と同じく数発のアタックがあったりしつつ最後の下宮田へ。
ここでS籐君が驚異的なスピードで登っていく。ネモッティ、F谷君、K保さんの順に追走して集団バラバラに。
自分はここで瞬殺されてしまい、マイペースを刻んで登る。

そこからはずっと単独で。ほとんど脚も残ってなかったのですぐ後続に追いつかれると思っていたけど、意外にも最後まで単独走のままゴール。で、予定通りそのまま離脱して急いで帰宅。なんとか間に合ったー。

チーム練(暁星周回×6): 1時間24分29秒 / ave226W / NP272W / 164(187)bpm / 94rpm / L49.0% - R51.0% / 34.9km/h

うーん、キツかった。
最後の下宮田、ハイレベル過ぎて着いていける気がしないが、ダメなりにもう少し粘りたいところ。
次回頑張ろう。

────

週明け月曜日は上の子の入学式のためお休み。
これからしばらくは朝の支度とか送迎があるので平日おはサイは行けなそう。行ったとしても15分は早く帰らないと。
早起き頑張るか、Zwiftか。
ま、いろいろ環境の変化はあるから、無理のない範囲でやっていこう。

  1. 2018/04/09(月) 18:12:18|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大型新人君と走る袖ケ浦チーム練

日曜は袖ケ浦チーム練へ。金・土からの疲れが多少あるけど、今日までならなんとかなるだろう。
集合場所に着くと噂の大型新人S籐君がいたのでご挨拶。まだハタチで、鹿野山福岡を15分台で登るらしい。
また濃度上がっちゃって、いよいよ着いていけなくなりそう。
おじさん達をいじめないでね!

人数が多いので3班に分けられ、Aは35→38→38→40→フリーの5周でローテに入れる人。1周増えたので不安になるが、やるだけやってみようとAに。10人くらいだったか。
スタートして、普通に38km/h前後で進み、先頭が回ってきたので同じペースで牽いていたら「さんじゅうごー!」と怒られる(笑)
こういう時はちゃんと勇気を持って落とさないといけない。またひとつ勉強になったな!

中袖復路はいつものようにフリーのもがき合い。中盤からペースが上がり、様子見ながら着いていってローテに入り、最後はF谷君の牽きからスプリントして先着。
ペース上がってからの1分52秒が429W。かなり強度高かったけど、着いていけたので今日は調子いいのかも?
それにしてもS籐君の牽きがかなり強烈で、上体も全然ブレないし、どう見ても強い人。

2周目、中袖に向かう途中で42km/hくらい出ていたので、ここぞとばかり集団最後尾から「さんじゅうはちー!」と叫ぶ(笑)
中袖復路は誰も行かなかったので中盤でアタック。この時、ちょっと狭いところから行ってしまったので反省。
集団から誰か来るかなと見ていたらI田さんが来たのでしばらく牽いて、途中で外れてI田さんのスプリントを見送る。

3周目の中袖。I田さんの後ろといういいポジションで、完全にお膳立てしてもらって最後にちょっともがいて先着。43秒542W。
Uターンして集団をまとめる時、右から出てきそうな車に気を取られて左折する場所が一瞬よくわからなくなり、一個手前で曲がりそうになって後ろの人たちに大混乱を生じさせてしまう(笑)。すいませんすいません。

4周目の中袖。3周目までで頑張りすぎたせいか脚が重く、集団に着いていくのみ。ゴールの少し手前で先頭が回ってきたので目いっぱい牽いて下がって終了。
あと1周残していることもあり、この辺からディフェンシブな走りになってしまう。
ジェル1個では補給が足りないか。

ラストの5周目に入るとペースも上がり、中袖に入った時点で集団は7人に。MIKさん、F谷君、S籐君、のぶさん、まささん、I田さん、自分。
とにかくF谷君の牽きが長くて強力。昨日鹿野山10本登ってこれかー。強すぎ。
S籐君もあまり疲れた様子もなく、普通に長く牽いてる。
中袖復路は何人かで細かく回して、スプリントは集団後方で見送り。いよいよ脚が動かなくなってきた。
最後の直線は、F谷君のスプリントを追走するI田さんに着いていこうとしたけど、まったく力が出なくて10メートルくらい離されて3位でゴール。

チーム練(袖ケ浦周回×5): 83.9km / 2時間15分8秒 / ave202W / NP240W / 158(184)bpm / 92rpm / L49.6% - R50.4% / 37.1km/h

とりあえず生き残れて良かった……。
後半急に踏めなくなったのは、補給の問題か、単にスタミナがないだけか。
後半もっと積極的に動けるようにするのが課題かな。
それにしてもS籐君、まだハタチでこの強さで、これからまだまだ伸びるだろうし、将来楽しみ。

----

帰宅後はいちご狩りへ。
袖ケ浦市にあるいちご農園で、家から車で20分ほどと近い。
実はいちご狩りって人生初。子供たちは何回か行ってるので慣れていて、手当たり次第食べてる(笑)

とちおとめとか確かに甘くて美味しいんだけど、10個も食べたらもういっぱいな感じ。元は取れないなあ。
あと、今の時期だといちごが生暖かいのでやっぱり寒い時期が良いのかも。
でも子供たちが満足そうだったのでいいか。

いちご狩り

  1. 2018/04/01(日) 17:08:31|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

耐え忍ぶ暁星チーム練

先週の金曜は真舟おはサイ。人数も4人になり、だんだん増えてきて嬉しい。でも結構な勢いで家が建ち始めてきているから今のうちだけかな。
土曜は上の子の卒園式のためおはサイはお休み。3年なんてあっという間に思える。子供たちの成長ぶりを見て、先生たちには本当に頭が下がります。(先生が一番泣いてたけど笑)

日曜は先週に引き続きチーム練へ。相変わらず花粉がやばいけどジェネリック薬品の「アレルビ」が大活躍中。朝晩飲んでおけばだいぶ楽になる。
1分遅刻くらいで集合場所へ。今日も盛況で20名ほど?
メンバーも濃いし、着いていけるか不安。

先週と同じくA班は5周、下宮田5~6倍、それ以外の坂6~7倍、ラスト1周はフリーという感じでスタート。
ダムの下りからいきなりF谷君の牽きが強くて、登りはK保さんがペースを作るけどこれまた速くて、率直に言って先週の2割増しくらいでキツい。

先に行かれても4周目までは待ってくれるはずという目論見で、登りでは自分のペースを刻むようにしてあまり無理しない。(レースだと終わってしまうんだが)
下宮田のペースは、1周目から順に1分56秒330W、1分46秒360W、1分45秒362W、1分44秒358Wという具合で3周目からは一定。でも先週より速く、5.6倍といったところ。

チビ坂も先週よりペースが速く、7倍前後。
ここで何となく調子が計れる気がする。今日は踏めているし悪くはないはず。
そういえばネモッティはどこにいるんだ。集合場所には普通にいた気がしたんだけど……。

5周目に入って最初のダム坂でK保さんアタック。先頭牽きのタイミングが良くなく、置いていかれるかと焦ったものの、何とかF谷君とI田さんにしがみつく。そのまま3人で回してK保さんとの距離を縮め、また集団一つに。

5人で下って平坦をローテしてたらF谷君が先頭に出ると同時に意表突くアタック。登りの前のこれは効く。番手にいたMIKさんがしっかり着いていってくれて、またペースが落ち着くが、I田さんが再びアタック。全然気が抜けない。

そのまま集団最後尾で下宮田に突入して、じわじわとポジションを上げていく。
K保さんが先行し、少し間を空けてF谷君。F谷君まで追いついてペースを合わせ、二人で差を詰める。どうにか頂上付近でキャッチ。1分41秒374W。
キツい。

そこからは3人でローテしながらアップダウンをこなす。といっても自分はほとんど牽く元気なく、数秒で交代。
チビ坂も限界ギリギリで着いていって下りへ。徐行してる車がいたのでスローダウンが入ったけどまだ後続は追いついてこない。

平坦はK保さんがずっと牽いてくれて、最後のダム坂はF谷君の異次元アタックを追いかけるもどんどん離されていく。10メートルくらい差をつけられて2位でゴール。
家の用事があったのでそのまま挨拶して帰路へ。

チーム練(暁星大周回×5): 1時間13分0秒 / ave214W / NP269W / 166(184)bpm / 94rpm / 502m / L48.4% - R51.6% / 34.4km/h

最後のダム坂は23秒638W。5周目のダムの下りからチビ坂までの7分が281Wと、数値的にも十分追い込めた。
とはいえ、やっぱりまだまだ力不足なのは明らか。ほとんど待ってもらってたし。
一つだけ良かったのは苦手なダム坂のアタックに反応できたこと。これもかなり他力本願的ではあるのだけど……。

このコースはまだ楽しいと思えるレベルに達してないけど、少しずつやっていこう。順応するには30秒~2分のインターバルかな。しかしもれなくどれもキツいからやりたくない(笑)


  1. 2018/03/26(月) 19:33:45|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暁星チーム練

日曜はチーム練へ。先週は袖ケ浦だったけど、今週はまた場所を移して暁星周回。
いつも近場で走っているので、その感覚でだらだら準備してしまって出発時間が遅くなってしまう。30分あれば間に合うか?と思ったけど普通に遅刻(笑)
あと、なんか現地に向かっている途中やたら身体がだるくて、ゆるい坂でも全然踏めない。これは早々に脱落かも……と弱気になる。

なんとか数分遅れで集合場所に到着。良かった、まだスタートしてなかった。今週も多くて20人以上。
そして今回は千葉道場の方がゲスト参加していただけるとのこと。お二人とも見るからに速そう。
偶然なんだけど、昨日といい今日といい新しい人と走る機会が多いな。

会長から、A班は大周回5周、下宮田5~6倍(W/kg)、他の短い坂は7倍目標。1周目は抑えて、5周目はフリーでというアナウンス。
キツそうだけど、下宮田が一定ペースになるのは助かるかもしれない。
ゲストのお二人含め14人ほどの大集団でスタート。

1周目、下りから平坦区間がいきなり速い。全然抑え目じゃないぞ。
下宮田は自分が先頭で入ったので、メーター見ながらきっちり5倍で登る。
が、Stravaで見ると1分54秒341Wだったのでちょっと超えちゃったか。
下ってから最後の短い急坂は34秒363W。ここはどの周も意外と落ち着いていたので、割と余裕を持って登れた気がする。

2周目以降も同じように、下宮田のペースが安定しているため集団もほとんど崩れず、走りやすい。
2~4周目の下宮田のパワーを見ると、327W、318W、331Wという感じで完璧。これはネモッティのペーシングが上手かったおかげ。Stravaでも1~4周目の下宮田のタイムが全部2秒以内の差に収まってる。

4周目の下宮田で何人か遅れ、5周目に入った時点でネモッティ、MIKさん、師匠、H矢さん、ヒデさん、のぶさん、I田さん、自分、だったかな?
アップダウン区間からネモッティの揺さぶりが始まり、H矢さんに必死に着いていく。ヒデさんがかなり調子良さそう。

ダムの下りで5人になり、テンポ良くローテを回して最後の下宮田へ。序盤から予想通りネモッティが飛び出す。ヒデさんがぴったり着いていくのでそれをH矢さんと追う形。
限界ギリギリでなんとか頂上まで食らいつく。1分35秒398W。
4人で下ると、またアタックが何発かあってその度に脚を削られる……。

単独で追いついてきたMIKさんが加わり5人に。最後のダムの登りに向けて牽制、かと思ったら棚倉商店からヒデさんがアタックからの単独逃げ。ヒデさん、キレッキレだな……。
集団でじわじわ詰めて、最後はネモッティがいくだろうということでネモッティをマーク。
登り手前でヒデさんを捕らえて最後の登り。やはりネモッティがいくが到底追いつけるスピードじゃない。追走するMIKさんの後ろに着くのが精一杯で、3番手でゴール。

チーム練(暁星周回5周): 1時間16分6秒 / ave210W / NP264W / 163(189)bpm / 95rpm / L48.9% - R51.1% / 33.5km/h

しっかり出し切った人↓



キツい。
でも朝に感じただるさの割にはまともに走れた気がする。

休憩挟んで第二部。暁星小周回を3周で、登りの中腹にある信号をゴールに見立てたスプリント練習。
だいたい600mで4%というところ。
距離があるので、いきなりモガキ合いではなく様子見から始まり、ケイリンみたいな展開になる。

1本目は速い車列にうまく乗れてネモッティと横並びくらい。1分6秒452W。
2本目は中盤から少しずつポジション上げてスプリントで先着。1分3秒462W。
3本目、まったく踏めず、速い車列を追走しようとダンシングしたら脚が攣って終了(笑)。1分25秒321W。

最後のおまけの短いヒルスプリント(参加者2名?)は、I田さんに着いていってなんとか差し切り。18秒750W。ここは体重軽い方が有利かな。
さすがにもうお腹いっぱい。

毎度のことながら暁星練はキツい。でもいい練習になるなー。
去年はほとんど行けなかったので余計にありがたみを感じる。

走行距離:86.4km
走行時間:2時間56分22秒
平均時速:28.9km/h
平均心拍:151bpm
平均ケイデンス:88rpm
消費エネルギー:1777kJ
獲得標高:836m
AP/NP/IF/TSS:168W/235W/0.87/221


  1. 2018/03/19(月) 19:11:28|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ