タイトル

春スキー旅行で湯沢へ

長かった仕事のピークもようやく落ちついて、水曜からはかねてから予定していたスキー旅行へ。毎年毎年4/1には有給が泡のように消えていくので使わないともったいない。(それでも大半は消えるのだけど)

体調的には月曜のセンチュリーランの疲れが明らかに残ってる感じ。しかし木曜は確実に乗れないので(あと旅行だと歯止めが効かずに食べ過ぎるので)水曜にちょっとだけでも……と朝ローラー。
ヒルインターバルで300W3分を4セットやってから出発。TSS48、320kJ。

平日ということもあって道路の流れもよく、3時間半ほどで湯沢着。中央環状品川線ができてC1を迂回できるようになったので、房総から関越・中央道・東北道方面へのアクセスはかなり改善された気がする。
土樽PAからのチェーン規制はなし。

湯沢の風景

ホテルのロッカールームで着替えてから、いざ湯沢パークスキー場へ。いざっていう程ガッツリ滑る訳ではないけど……。今回はキッズエリアで子供たちのそり遊びなどしつつ、一人ずつ交代で滑るという方式。

で、自分の番で滑ってみたら。うわー、雪が重!(笑)。全然進まん。
この時期の湯沢でしかも午後だから仕方ないかー。その代わりというか、平日でガラ空きなので上級者コースとかはゲレンデ独り占めできて気持ちいい。
自分以外のアルペンボーダーは安定の0人。あ、あとヘルメッターも。

↓見るからに固そうな雪。そして誰もいない。

湯沢パークスキー場

そり遊びや雪だるま製作に飽きた頃合いでサクッと終わりにして、今度はホテルの温水プールへ。なんかこっちの方が楽しそうにしてるな……。やはり子供は季節関係なくプールが鉄板なのね。
懐石料理をいただいてお風呂入ったらバタンキューで就寝。

そういえばこのホテル、子供が生まれる前に奧さんと何度か来たことがある保養施設なのだけど、今回割り当てられた部屋が唖然とするほど広くてビックリ。3部屋+αあって和室だけで20畳くらいある。10人は余裕で泊まれそうな勢い。
ここまでくるとラッキーというよりも戸惑いの方が大きい(笑)。うちらが使っていいんだろうか……。
部屋は勝手に割り振られるシステムなので、後にも先にもこれが最後かもなあ。

雪の朝

翌朝も同じスキー場で同じようにそり遊び&交代スノボ。早朝に結構雪が降っていたので昨日よりはコンディションは良い。ガラガラのゲレンデを数本滑っているうち、下の子が寝てしまったので撤収することに。
良かったのは上の子が「スキー教室に入りたい」と言ったこと。親が滑ってるのを見て興味が湧いたかな。(しめしめ)

お昼は塩沢まで足を伸ばし、恒例の中野屋さんで野菜天ざるそばと舞茸ごはんを。前回、駐車場に車を入れるのすら大変だったのに、嘘のように空いてる。(一瞬定休日かと思った)
平日と土日でここまで違うのか。まあ、前回はハイシーズンだったというのもあるけど。

へぎそば

期待通り天ぷらサクサク、へぎそばも安定の旨さ。魚沼産コシヒカリの舞茸ごはんは来た瞬間食べてしまったので写真はありません。
結局いつものように食べ過ぎている。しかしこれも旅行の楽しみのうちだから。
また自転車乗ればいいじゃないか!(増やすのは簡単なんだよなあ)

  1. 2017/03/24(金) 12:50:21|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマスの軽井沢スキー旅行

軽井沢プリンススキー場(ゲレンデ)

先週の金・土は軽井沢プリンスホテルスキー場に初滑りに行ってきました。
本来は会社のスキー部の日帰り活動なのだけど、家族が一緒に行きたいというので自分たちは後泊することに。

しかし、前日あたりから12月とは思えない暖かさで本当に雪があるのか不安になる。スタッドレスすらいらないんじゃないか?と思いつつ行ってみたら、(人工雪だけど)一応雪があったので一安心。道路は完全ドライでしたが。

今回の参加者は5家族+1名の総勢14名という大所帯で、これだけの人数で遊ぶ場所もバラバラとなると、もはや一度に集まるのは難しく、一応全員には会ったけど全員が集まるのは無理でした。

自分らはチビ達を遊ばせるのがメインなのでキッズパークへ。というかほとんどずっとここにいて、まともに滑ったのはわずか3本のみ。でもこの3本に相当気合を込めて滑ったのでそれなりに満足する(笑)

軽井沢プリンススキー場 キッズパーク(雪だるま)

軽井沢プリンススキー場 キッズパーク(そり)

軽井沢プリンススキー場 キッズパーク(すべり台)

そして恒例の、

本日見かけたアルペンボーダーの数:0人

もう絶滅しちゃったのかな……。
いや、まだどこかには仲間がひっそりと生息しているはずだ。

そんなこんなで夕方までしっかり遊んで撤収し、宿(プリンスではない)にチェックイン。ロフト付きの部屋でチビ達がハッスルする。
ディナーはレストラン ウイングさんでボイルドポークのローマ風を。美味しゅうございました。

レストラン ウイング

レストランウイング ボイルドポークのローマ風

時間が余ったのでプリンスショッピングプラザにも行ってみる。
おお、こんな広いところだったのか。

軽井沢 プリンスショッピングプラザ

が、ショップはほとんど営業終了してしまっていて、仕方なくスタバでお茶飲んで出てきました。(何しに行ったのか?)

翌朝は早起きしてジョギングへ。あらかじめGoogleマップで下調べしておいた、別荘地の間を抜ける1周3.5kmのコースを2周。しかしメッチャ寒い。おそらく氷点下2℃か3℃くらい?千葉とは寒さのレベルが違う。
それでも走り出せば身体はすぐに温まるのだけど、手の甲の冷たさはいかんともしがたい。グローブを忘れたのは(文字通り)痛かった……。

午前中は全員疲れていたのでスキー場には行かず、日帰り温泉で疲れをとろうということで塩壺温泉ホテルというところへ。

塩壺温泉ホテル

塩壺温泉ホテルのポスト

塩壺温泉ホテル

なかなか雰囲気の良いところだな。さあ、温泉だ!

フロントの人「すいません、12時まで清掃でして……」

マジか~。orz

他のところへ行こうと思ったけど、チビ達が雪遊びで盛り上がっていたのでしばらく遊ばせて、その後ハルニレテラスというウッドデッキのショッピングエリアで買い物など。ここでもやっぱり寒くて屋外は辛い。
そうこうしてるうちに帰り道が渋滞しそうだったので、結局お風呂には行かずそのまま撤収。帰りはスイスイでした。

初滑りといいつつ3本しか滑ってないな。まあチビ達が楽しそうだったので良しとしよう。今シーズンはあと2回は行きたい。

  1. 2016/12/28(水) 00:02:58|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グアム旅行記

PICからの眺め

11/6からの4日間、家族でグアムに行ってきました。目的は義理の弟の結婚式に出席するため。海外ウエディングというやつですが、こういう機会でもないとなかなか子供連れで海外に行くことはないのでありがたいです。しかし片道4時間弱の飛行機の旅、果たして4歳児と1歳児がおとなしくしてくれるかが最大の懸念事項。
が、これも結果的には周りにも賑やかな子供が大勢いたのであまり目立たず、「木を隠すには森の中」的な感じで何とか乗り切りました。

ちなみにグアムに行くのは初めて、というかアメリカ圏自体が初めてです。
日本はもうコートを羽織るくらいの寒さですがグアムは30℃超え。むわっとした湿気もあり、日中は外を歩くだけで汗だくに。現地では(式の日以外は)ずっと短パン・Tシャツでした。でも夜は比較的過ごしやすかったです。

それにしても海外旅行は久しぶり。やはり見る物全てが新鮮で楽しい。

グアムの道路

ただし物価は高くて、聞くところによればアメリカ本土の2割増しくらいだそう。場所にもよるんでしょうけどコンビニでおにぎり的な何かが$3とか、フルーツのカップが$6とかする。レストランでも一皿$20とかはまだ良心的な方で、カジュアルな鉄板焼きのお店に入って$95とか$120というメニューを見た時は思わず二度見しました(笑) ※立地的には明らかに観光客向けでしたが

二日目の朝は早起きしてホテル近辺をジョギング。
これはヒルトンホテルの近くの坂を登ってるところ。

自転車通行帯

結構きつい坂で、後でStravaのログを見たらHilton Hillというセグメントになってました。
坂の上まで行くとラウンドアバウトの中にフローレス大司教像があります。(←誰だかよく知らない)

登ってきた坂を下り、海辺の公園に立ち寄るといい感じの場所が。

海辺の公園からの眺め

他にも走っている現地の人たちを何人か見かけましたが、自分のようにチンタラ走っている人はいなくて、なぜか全員ガチペース。こっちにはガチの人しかいないのだろうか……。

三日目の結婚式はサンゴの海に面したチャペルで。素敵な式でした。

新郎新婦

目の前のビーチにも降りられますが、日射しがきつくて短時間しかムリ……。
でもビーチは素晴らしい。

子供とビーチ

会食の後、新郎新婦が乗っていったリムジン。まじまじと見たのは初めてだけど、これ曲がれんのかな。

リムジン

以下、色々と脈絡なく。

泊まったホテルはパシフィック・アイランド・クラブ(PIC)というところで、ここはプールを始めとしてアクティビティがやたら充実してます。子供連れにはぴったり。ほぼ毎日ホテルの敷地内で遊んでましたが、飽きません。
客層は韓国人が圧倒的に多くて、日本人は少なく、欧米人はほとんどいない。
一応Wi-Fiもつながりますが、スピードは遅いし、数時間経つと再接続が必要だったりでイマイチ。

こんな感じのプールがいくつもあり、

PICのプール

夜になってもプールは賑やか。

PICからの夜景

カヤック遊びもできます。カヤック楽しい。

カヤック

食べ物系では、PICの向かいにMOM'S BOP BURGERという韓国系のファストフードショップがあり、ここが意外にもヒットでした。

プルコギ丼とスパム丼

↑スパム丼($5.5)とプルコギ丼($7.5)。
ご飯は韓国海苔が混ぜてあってそれ単体でも結構いける。価格もお手頃。
ライスバーガーのお店だけどカップでも買えるので子供でも食べやすいです。

ポケモンGOは海外でも人気。お店にジムがあるよという張り紙。

ポケモンGOの張り紙

件の鉄板焼きのお店で(よくある)ファイヤーパフォーマンス。やはりある程度こちらもテンションを上げて「ワーオ!」みたいな感じでノッてあげないといけないのでちょっと疲れる。

ファイヤー

ホテルの近くのコンビニは全体的に高いですが、少し離れた場所にあるKマートというスーパーマーケットは安くて品数も多くて楽しい。
お土産はほとんどここで買いました。
おもちゃは謎系のものばかりだけど。

Kマートのおもちゃ売り場

ジャンクフードの話ばっかですがKマートのフードコートのピザがモッチモチで最高でした。また食べたい。

フードコートのピザ

でも毎日こんなんじゃ絶対太るよなー。
あ、載せてないけどちゃんとした食事もしてます(笑)

車を見るのも楽しい。向こうでよく見かけたのは日産クエスト。

日産クエスト

北米向けの車種なので日本では販売してないけど、内外装はほぼエルグランドらしい。
あと日本車ではマツダ車が多かった印象。NDロードスターもちらほら。
かと思うと、何十年前のかと思うようなピックアップとか、ガラスが割れてビニールシートが貼ってあるバンとか、ボロいのは徹底的にボロくてカオス度が高い。

次に来る機会があればレンタカーを借りて島を回りたいな。日本の免許証で運転できるようだし。
ただ、当然ながら右側通行なのと、赤信号でも人や車がいなければ一旦停止の後で右折(日本で言う左折)していい、脇道から出る/入る時はセンターレーン経由で、といった特殊ルールがあるので慣れないと怖いかも。これに加えてワイパー/ウインカーも逆なので。

そんなこんなで楽しい4日間はあっという間に終わり、帰国の途に。
結局ほとんどホテルのプールで過ごしてたな。子供が楽しそうだったのでいいか。
そして日本に帰ってきたらありえない寒さ。なんだこの落差は……。

飛行機からの眺め

  1. 2016/11/11(金) 12:57:20|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

空振りの多い鬼怒川旅行

例年、夏休みは2回に分けて取ることが多く、今年は7月に勝浦、今週は鬼怒川温泉に行ってきました。鬼怒川は確かずいぶん前にも行ったっけな、と昔の記事を漁ってみたら9年前に行っていて(←9年前の記事があることに自分で驚いた)、その時は台風直撃。そして今回もまた台風が迫っていた訳ですが、運良く逸れてくれて直撃は免れました。最近台風多すぎ。

初日は4歳と1歳が遊べそうなところ、ということで下調べしてあった壬生町の「おもちゃ博物館」に立ち寄る。さあおもちゃいっぱいあるぞ~好きなだけ遊んでいいぞ~と意気込んで駐車場に行ったら車が1台しか停まってなくて、すごく嫌な予感がしながらスマホで調べたらやっぱり月曜定休(←全然下調べできてない)。
マジかー。orz

しかしすぐ近くに「バンダイミュージアム」という施設があると奧さんが言うので行ってみたら、こちらはキッズコーナーがあったり広い芝生の広場で遊べたり、大人向けの展示も充実していたりで結構楽しめました。

バンダイミュージアム

中に入るとガンダムがお出迎え。

ガンダム

古今東西のおもちゃの展示はなかなか見ごたえがあったのだけど、個人的に一番刺さったのはこの辺。
デビルワールド!このパッケージが懐かしすぎる。

オールドゲーム

ゲームウォッチも友だちの家でよくやったなー。

ゲームウォッチ

うおおお、『謎のピラミッド』と『謎の沈没船』だ!持ってないけどすごく欲しかった記憶だけがある。

謎のピラミッド

そんなこんなでしばらく遊んでから鬼怒川温泉に向かい、宿にチェックイン。
例によってバイキングで食べ過ぎる。わかっちゃいるけどやめられない。

鬼怒川

二日目は気持ち良く朝風呂からスタート。晴れ間も出てきたしロープウェイにでも乗ろうと行ってみると、「9/6(その日)からメンテナンスのため運休します」と。
なんだよーー。orz

仕方ない、鬼怒川のライン下りにしようと予約して向かうと、下の子が乗船間際になって猛烈にぐずり出してしまい、他のお客さんに迷惑がかかりそうなので断念。
どうも今回はことごとく滑ってる感が……。

↓この石段をまた登って戻る時の悲しさといったらもう。(普通の人は下流まで船で下ってシャトルバスで戻ってくるので石段を登ることはない)

ライン下り 階段

しかしこんなこともあろうかと屋内スパがある宿にしていたので、午後はひたすら子どもとプール遊び。なんか去年とまったく同じ気もするけど、とりあえず子どもたちが楽しそうなのでいいか。
そして夜はまた食べ過ぎる。

三日目もまたプールで遊んでから、生まれ故郷である宇都宮の祖母の家へ。もう95歳で、足はだいぶ弱ってしまったけど頭はまだしっかりしているみたい。ひ孫たちに囲まれて嬉しそう。
まあこの旅行の目的の半分はこれなので、元気な顔を見られて良かったな。(ほとんど観光らしいものはできなかったけど……)

  1. 2016/09/09(金) 19:05:18|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スパリゾートハワイアンズに行ってきた

ホテルハワイアンズ

大プールとスライダー

大プール

水曜日から夏休みの後半戦でスパリゾートハワイアンズに行ってきました。
もうすっかり涼しくなってしまい、しかも雨続きで夏休みとかハワイ気分には程遠い感じだったのだけど、出発の日から夏の暑さが戻ってきてくれてひと安心。
ハワイアンズ自体は行ったことがなく、また予備知識としても「プールが一杯あってフラダンスのショーをやっている」といった程度でしたが、ここはあえて事前調査せずに行ってみようと。
以下、自分用のメモとして感想や気になったところなどを。家族4人(大人2人、幼児、乳児)で2泊でした。

■アクセス
房総からいわきまでは車で。アクアライン~湾岸線~首都高6号向島線~常磐道というルートで、首都高の渋滞にはまったりして所要時間は3時間半くらい。これなら子供も何とか耐えられる範囲かと。ただ関越道などに比べて食事ができるSA、PAがちょっと少なめなので、途中で食事を取るならタイミングを考える必要がある。
いわき湯本ICを降りればハワイアンズまで数分程度とものすごく近い。

■ホテル
宿泊先はホテルハワイアンズ。泊まった棟がたまたまそうだったのかはわかりませんが、全体的に古い。床がきしんだり、冷蔵庫も冷えなかったり。広さもイマイチ。部屋に関しては60点かなー。(新しいタワーの方は綺麗らしい)
館内では備品のアロハかムームーを着ていればプールエリアへ入場できるシステム。

あと館内で売っている飲食系は全体的に高め、かつ歩いて行ける距離にコンビニなどはないので、あらかじめ近隣のスーパー(ヨークベニマルなど)で買い出しをしておくと良いかも。
乳児用の水遊び用オムツは館内でも売ってます。

■プール
これは評判通り充実してました。メインの屋内プールはかなりの広さ。子供がまだスライダーに乗れないので主に子供用プールで遊んでましたが、そこだけでも十分広い。幼児用の滑り台もたくさん。
個人的に気に入ったのは流れるプールで、水槽の魚を見ながら泳いだりちょっとしたアトラクション的な仕掛けもあってユニーク。

ところどころに40℃くらいの温泉プールもあり、泳いで疲れたら温泉で一休み→また泳ぐ、というループで楽しめる。ただし水着オムツ着用の子供が入れるのは浅い温泉プールのみ。
あと最近では珍しく写真撮影が許可されているので、防水デジカメをストラップで首からかけてました。

混雑度は夏休みの終わった平日ということもあってそこまでではなく、夕食時間が近づくとガラガラに。スライダーに乗るならこの時間帯が狙い目。
屋外のスパガーデンも広くて温かくて居心地良し。ただ、そこまで歩くのがちょっと遠いかな。
他のゾーンにもプールがいくつかあったようですが、とても全部は回りきれませんでした。

■ショー
何となくイメージでは宴会場のようなところで観るのかなと思っていたら、プールエリアにステージがありました。なので水着のままでも観に行けます。今回はファイヤーマンショーのところをちらっと覗いただけで、子供が怖がってしまって退散(笑)
でも迫力あったなー。プロジェクションマッピングを使ったショーもあるらしく、次回は通しで観てみたい。

■大浴場
大浴場も至るところにあります。個人的に良かったのは一番離れたところにある「温泉大浴場パレス」。ここは場所が遠いためか常に空いてました。二日間とも露天風呂がほぼ貸し切り状態。
江戸情緒溢れる巨大な露天風呂というのにも惹かれたけど、洗い場がないらしく、今回はスルー。

■食事
朝食・夕食はごく普通のバイキング。まあ子供連れだとどのみちゆっくり味わうとかは難しいのでちょうど良いかも。ベビーベッドの貸し出しもしてくれて、助かりました。
屋内プールそばに立ち並ぶお店はハワイを意識した感じ。ハンバーガー、ロコモコ丼など。二日目のお昼はここで。水着のまま食べられますが、テーブル席がないのがマイナス点。

■まとめ
プールと温泉は広くて楽しめます。ただエリア間の移動が意外と長くて大変。案内表示がちょっとわかりにくいところもあり。プールに向かう途中に突然飲み屋街みたいのが現れて「あれ、こっちでいいのか?」と不安になったりする(笑)
ホテルは、次に泊まるならモノリスタワーがいいなと。部屋もそうですがプール・大浴場までの行き来がちょっと面倒でした。
スタッフの人は皆親切でサービスの質は良かったと思います。

季節や天候にあまり左右されずに屋内でいろいろ楽しめるので、子供連れなら満足度は高いかと。
ショーをちゃんと観られなかったのが心残りだけど、これはまた次回かな。

----

チェックアウト後はせっかくいわきまで来たのだからと海の方へ。「いわきマリンタワー」に登って三崎公園を散策してからいわき勿来IC経由で帰宅。
パンフレットを見てみると他にもいろいろ観光名所があるみたい。そういうのを見て回りたい気もするけど、子供的には当分はプール命だろうなあ。

小名浜

  1. 2015/09/07(月) 12:30:25|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ