タイトル

ゆるめにやろうとしても自動的にきつくなるZwift

最近は台風続きだったり週末に予定が入ったりしてまったく実走できず、すっかりZwiftの住人となりつつあります。最後に実走したの、いつだっけ……。
先週の土日は法事で宇都宮に滞在していましたが、ジャパンカップは見られず、雰囲気だけ味わってきました(笑)
仕事もこれから本格的に忙しくなるので既に気分はオフモード。もはやオフもオンもないような感じだけど。

それでも、定期的に身体を動かしておきたいのと、放っておくと瞬時にデブ化してしまうので乗れる時は乗っておこう。
という訳で週明けは雨だったので5:55からの「Japan Monday Morning Ride」に参加。

Japan Monday Morning Ride

このグループライドは3回目の参加だけど、スプリントに参加すると結構ハード。
ロンドンクラシックを45分間周回し、基本は2.5~3kg/W。ただし毎周スプリントがあって、しかもIWABUCHIリーダーのGOサインはスプリント計測開始ポイントよりもだいぶ手前で発出されるため、20~30秒間のもがきになる。これが約8分に1回で、計4回。スプリント後はまたまとまって走るのを繰り返す。

1周目: 22秒/638W(9.81kg/W)
2周目: 24秒/639W(9.83kg/W)
3周目: 42秒/443W(6.81kg/W)
4周目: 25秒/636W(9.78kg/W)


1周目と2周目は3~4位あたり、3周目は全然ダメで、4周目で何とか1位。3本ローラーなので集中してもがかないと脱輪の恐れあり。もちろん怖いので腰は上げられない。
この日はリーダーがフェンス(集団が分裂するのを防ぐ目的で前方に半透明の「壁」が現れるギミック。1分以上その前にいるとグループライドから外される)を設定していなかったためか、何人かが集団を無視して飛び出していたのだけど、途中でフェンスを下ろされ除外される。せっかく集まってるんだしまとまって走る方が楽しいのにねえ。

ラスト周回はスプリントではなく「ラスト2分を切ってからフリー走行」という指示だったので、序盤は抑えてじわじわ上げていき、最後にしっかり出し切れるように。
残り10秒くらいで二人に抜かれゴール。1分56秒/379W。
終わったら脚がガクガク(笑)。おかしいな、軽めに走るはずが……。

----

翌日火曜の祝日はまた雨で、今度はグループワークアウト。6:20からの「Zwift Academy 2019 Semi-Finals Workout #3: Time Trial」というやつで、トータル1時間。
スタート地点にワープしてワークアウトのメニューを見た瞬間、後悔する。
後半、きつくない? 12分のL4の直後に3分のL5が見えるんだけど……。
タイムトライアルと書いてあったから一定ペースかと思いきや、短時間のL6もちょいちょい入ってるし。

不安を抱えたままスタート。前半はどうにかなったけど予想通り後半がきつい。しかし12分+3分を乗り切ればあとは楽。
プリセットされたナレーションが、「8秒差で逃げているネオプロのナントカ選手を最後の登りで捕まえろ、やつは平坦は強いが登りは君の領域だ、勝てばあのジャージは君のものだ」と煽ってくる。世界選のU23という設定?
3→2→1分のビルドアップをこなして最後の30秒/L6でしっかり出し切って終了。

Zwift Academy 2019 Semi-Finals Workout #3: Time Trial

Zwift Academy 2019 Semi-Finals Workout #3: Time Trial result

いやー予想通りきつかったけど楽しかった。
まだレースに出る気力はないのでそこそこのイベントで楽しく走ろうと思っても、気がつくとかなり追い込んでいたりする。
Zwiftって間口が広いように見えてトラップだらけなのかもしれない。
  1. 2019/10/22(火) 12:19:38|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水曜、30+30インターバル

火曜は一旦帰宅後、地域のボランティア活動(のお手伝い)に参加して終わったのが23時。
ながーい。
寝たのは0時半で、これは絶対起きられないだろうと思ったらなぜか5時台に目が覚めたのでZwift。

30+30

6時過ぎからレースもあったけど朝からガッツリレースという気分でもなく、短め・強めの自作ワークアウトをやることに。
30+30インターバルを12本、目標6倍以上。
1本目から辛くて、数本こなせば慣れてくるかと思ったけど別に変わらず(笑)、何とかやり切る。

414W - 411W - 408W - 410W - 405W - 406W - 407W - 410W - 413W - 410W - 410W - 415W

きつー。
後でGolden Cheetahを見てみたら12分309Wで、あれ、CP更新したっぽい?
W'balの潜り方が今まで見たことないレベル。

W'bal

狙ったゾーンには入れられたかな。

zone

ワークアウト終了後も少し時間があったので、軽く回してから時間までSST。11分245Wでおしまい。
明日は軽めにしよう。

report

  1. 2019/06/27(木) 19:12:07|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日曜、Zwiftレース&90分グループライド

土曜は上の子の運動会のためおはサイはお休み。前日に雨が降ったりしてお天気が微妙だったけど、ギリギリ梅雨入りから逃げ切った感。無事に開催できて良かった。

日曜の朝はZwift練。運動会疲れもあったのでゆるめのグループライドに出るつもりが、PCの不調によりZwiftが起動せず、再起動とかしてるうちにスタートしてしまう。
別に途中からでも参加できたのだけど、ちょうどいい時間に距離短めのレースがあったのでそちらに変更。"3R Innsbruckring Flat Race"というやつで、距離は17.6km。開始1分前にスタート地点に移動してアップはほぼなし。

スタートダッシュはおとなしめで静かに始まり、大集団のまま進む。
インスブルックはフラットコースでも一箇所短い登りがあって、それまで平穏だった集団が登りに入ると一気にペースアップ。必死で食らいつく。1分19秒380W。

10人くらいになって2周目。さっきと同じようにまったりペースから登りでガツンと上がり、ここもギリギリ耐える。51秒446W。これで4人に。

タイム差を見た感じでは後続に追いつかれる心配はなさそう。適度にローテに入りつつ残り数kmの平坦を消化し、ラスト1km。
残り600mくらいで先頭に出てしまい、残り300mあたりから何の策もなくスプリント。残り100mまで独走で勝ったか?と思ったけど最後に3本ローラーから脱輪しそうになり、一瞬脚を止めてしまう。結局二人に刺されて3位。落車しなくて良かった(笑)

3R Innsbruckring Flat Race: 25分37秒 / ave260W / NP288W / 166(188)bpm / 83rpm / 418kJ

スプリントは24秒611W。3本ではこの辺が限界だろうなあ。腰を上げてもがきたいけどそれやったら間違いなくどっかに吹っ飛ぶだろうし……。
ただ、固定ローラーだったとしてもやはりフレームが痛みそうなので、どちらにしても腰を上げてもがくことはしないかな。
最後は残念だったけどしっかり追い込めたので満足。(スクリーンショットはまた真っ黒になる現象が出てしまったため無し)

その後はグループライドでダイエット走。"Ascenders Team [AsC90 3.0]"というイベントで、3倍前後で90分走るというもの。
飽きたら途中でドロップしようと思って参加したけど、走ってみたらとても統制がとれていて、集団が分裂してもリーダーの指示により先頭グループは待ち、後続が追いついて、とちゃんとリカバリーできている。

Ascenders Team [AsC90 3.0]

こういう集団だと走りやすいので、結局90分フルに走ってしまった。

Ascenders Team [AsC90 3.0]: 90分 / ave172W / NP181W / 150(172)bpm / 79rpm / 928kJ

体調もようやく平常運転に戻った感じがするな。
まずは乗る機会を多くしていこう。

  1. 2019/06/10(月) 22:16:08|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々Zwift、からの体調悪化

連休明けからいきなり仕事が忙しく、深夜帰宅や休日出勤やらが続いて1週間以上まったく乗れず。
やはり当たり前のこととして、早く寝ないと早く起きるのは無理。
乗れないとだんだんそれが日常になってきてしまうなあ。

このままじゃ弱体化する一方なので、元のリズムを取り戻すべく月曜に軽くZwift。しかしレースはもちろん、ワークアウトすらやる元気も湧かず、ニューヨークのコースを流すことに。
久々のペダリングの感覚を思い出しながら210W付近で15分ほど走ってみると、意外と脚は回りそう。それならばとKOM区間だけタイムアタックのつもりで強度を上げてみる。

計測ラインを過ぎてから、300W付近で入ってしばらく維持。中盤を過ぎたあたりでゴール予想タイムが表示され、このままいくとトップの人から2~3秒落ち。そこでおもむろにペースを上げる(笑)
3秒ほどリードを保った状態で何とか耐えてゴール。きつい。

TTグラフ

KOMジャージ

珍しくKOMジャージをGET、と思ったら数分も持たず誰かに奪われる。
まー庶民はこんなもんです。

あと、たまにマンガみたいに足が見えないほど高速ケイデンスの人がいるけど、あれは何だろう。スピードが速い訳でもなく、ケイデンスだけが異常に高い。
センサーの異常なのか、本当に超ハイケイデンスで回しているのか……。

---

火曜も疲れが溜まっていて乗れず、水曜に再びZwift。コースは月曜と同じ。
起きたのが遅く時間もなかったので、カスタムワークアウトからL4 20分を選ぶ。アップ/ダウンと合わせて30分弱の最小ワークアウト。

260~270Wを目安に一定ペースで。
残り時間を見てると心が折れそうになるので、なるべく風景とか他のアバターを見ながら走る。
どうにかやり切って終了。20分271W。

L4 レポート

そしてここから一気に体調が悪化してしまう。
頭痛とだるさと食欲不振。うーん。
何とか週末までに立て直したい。
  1. 2019/05/17(金) 19:07:06|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Zwift新コース偵察と30+30インターバル

今朝は5:30起床、5:50頃からZwift。
つい数日前に新コースが公開されたようなので早速走ってみよう。
ワークアウトは最近やってなかった30+30で。久々なので完遂できるか不安。

Zwiftフラットコース

新コースは砂漠地帯を走り抜けるフラットコースで、ジャングルやAlpe du Zwiftのようにワトピアの既存コースから枝分かれするのではなく、いきなり砂漠からスタートする。どうやらここを往復するコースみたい。
景色はこれまでのコースにない雰囲気で新鮮。走っているとラウンドアバウト的なループや岩山、滝、西部開拓時代の街が出てきたりと、一見単調な中にも変化がある。

しかしワークアウトが始まると景色を楽しむ余裕はなし(笑)
いつものようにキツく、途中で止めたくなる。
しかも最近また3本ローラーから異音が……これはもう寿命なのか?

30+30*20set:372W - 367W - 366W - 369W - 369W - 373W - 379W - 366W - 369W - 370W - 381W - 380W - 381W - 379W - 372W - 385W - 377W - 375W - 384W - 397W

何とか完遂。はあはあはあ。
20分のアベレージは281Wと、当社比では頑張った。

気がつくと砂漠の中になぜか近未来の建物群が。このモチーフは何だろう?

Zwiftフラットコース2

ワークアウト終了後は景色を眺めながらL3ペースでしばらく流し。途中で日本人の方が後ろに着いてこられたのでペースメーカーとなるべくひたすら一定で牽く。そのまま続けたかったけど時間切れのため終了。

ワークアウトレポート

なかなか新鮮で楽しめました。次はそろそろ2020年オリンピックをイメージしたコースが来るかどうか?
最近追加されたコースを見てみると、Alpe du Zwiftが昨年4月、New Yorkが昨年10月、そして今回のFuego Flatsがまた4月と、きっちり半年おきにリリースされているので今後も期待したいです。
  1. 2019/04/24(水) 19:15:13|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ