タイトル

向かい風に抗うおはサイ

おはサイ240511

先週土曜のおはサイの記録。
前の晩に大規模な太陽フレアが発生、というニュースを見ていて、ちょうどおはサイ出発時間が地球への到達予想時刻と当たっていたのでサイコンのGPSが影響を受けるかな? と思っていたが、一晩寝たら太陽フレアのこと自体を完全に忘れていた。

この日はいつもと風向きが逆だったので、ちょっと早めに出て中袖コースを少し走ってみる。
やはり往路追い風、復路向かい風で、復路は1列ローテだと先頭の消耗が激しそうなので2列ローテに変更。
13名集まり、師匠はDi2の不調で一旦引き返してピストで参加されていた。
メニューは先週に引き続き奇数周はスプリントなし、偶数周はスプリントあり。2列ローテでは横に広がらないように、できるだけコンパクトに走りましょうとアナウンスしてスタート。

走り出すと往路が追い風なので自然にペースが上がって40km/hくらい。逆に復路は向かい風が強いのでなかなかペースが上がらない。
2周目のスプリントはフリー区間で集団最後尾付近にいて、そこから頑張って上がろうとしたが先頭には追いつけず。前はT田さんが抜け出していた。26秒586W。
4周目はいいタイミングで脇道から車が出てきたため最後緩める。43秒432W。
確かこのあたりでK保さんがパンクストップしていた。

6周目、I田さんが強めのリードアウトをしていた気がするがその後の記憶があまりない。ログを見るとスプリントには絡めず終わったっぽい。
8周目、いい位置でフリー区間に入れたのでスプリント。逃げ切れるか? と思ったが後ろからT田さんがすごい勢いで追ってきて、グワングワンという音が怖い(笑)。最後は横並びでゴール。26秒606W。

10周目は復路完全フリー。Uターン後にK保さんが向かい風の中飛び出す。集団はしばらく様子見モードだったがT海さんが追走し、自分は集団先頭だったので追いかける。
K保さんを捕らえてからカウンターでI田さん、ananさん達が飛び出し、何度か反応していたら脚が厳しくなってきた。
最後にすごい良いタイミングで3人が抜け出し、それを追いかけるが5、6メートルが埋められない。すぐ後ろにananさんがいたので追いつきたかったが力尽きて終了。Uターンから2分54秒320W。

終わってからK保さんと話して、「皆が嫌がる向かい風の逃げは結構決まったりするんですよ」と聞いたが、それにしたってあの向かい風で飛び出すのは相当の気力がないとできないと思った。最初に追ったT海さんもすごい。
それと今回は2列ローテがコンパクトに綺麗に回っていて、過去一番走りやすかった気がする。
ご参加ありがとうございました。

あとでログを見たら6周目から8周目にかけて速度のグラフが暴れていて、もしかして太陽フレアの影響?

chart_240511
  1. 2024/05/15(水) 18:16:01|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9人でGWおはサイ

GW後半の土曜はおはサイへ。
連休なので少人数かもしれないけど、集まった人で走れればいいかな。
アームウォーマーをつけて玄関を出たら思ったより暑そうなので脱ぎ捨てて出発。
途中で姫さんと会ったのでおしゃべりしながら集合場所に向かう。前日のしもふさクリテで姫さん含め何人か入賞者が出たようで、話を聞いていると久しぶりにレースも楽しそうな気がしてきた。(速攻で千切れそう)

GWおはサイ240504

この日は予想より多く集まって9名。
メニューはいつもと少し変えて、奇数周の復路はスプリントなしでまとまってじわじわペースを上げていく。偶数周は2枚目看板からいつものスプリント。10周目復路は最初からフリー。

2周目スプリントは順番的にリードアウトになったので2枚目看板まで牽く。1分6秒347W。
4周目はフリー区間でF成さんが仕掛けたのを追いかけ、少し後ろに着かせてもらってからまくる。25秒612W。

確か最初はなかったはずだけど復路の2枚目看板手前あたりにコンビニの袋(弁当の容器?)が急に現れ、道路のやや左側なので結構ジャマ。
ちょうどスピードが上がってくるポイントなので乗りながら蹴っ飛ばす訳にもいかず、どうしたもんかなと思っていたら姫さんがどかしておいてくれた。ありがとうございます。

5周目往路でちょっとヒヤッとするシーンがあり、改めて安全走行の周知がなされる。
6周目復路はK保さんの後ろ、2番手でフリー区間に入り、そのままシッティングで粘ってみる。最後F成さんと横並びで、30秒567W。
8周目はスプリント区間でトラックが出てきたので減速。

10周目、復路立ち上がりアタックを警戒していたらS田さんが先頭でぐいぐい上げていって50km/h。その後もカウンターが続き、自分も1枚目看板手前から仕掛けてみた。数人で抜け出せればベストで、泳がされるならまだいいけど、全員着いてきたらそこで終わり。
するとF成さんとK保さんが反応してくれて、後ろとも距離が開いたので3人で少し回し、最後はK保さんの牽きから何とか先着。
今回も予想できない展開で楽しかった。お疲れ様でした。

s-chart_240504

----

GW後半は次男のリクエストにより完全にサッカー漬けに。
ジェフの試合は強豪の横浜FCに1-0で勝って盛り上がった。フクアリは選手と近くて応援も迫力あるのでまた観に行きたい。

劇場版ブルーロック

ジェフ-横浜FC戦

走行距離:69.7km
走行時間:2時間15分23秒
平均時速:30.9km/h
平均/最大心拍:133/181bpm
平均/最大ケイデンス:77/117rpm
消費エネルギー:1160kJ
AP/NP/IF/TSS:143W/184W/0.693/117


  1. 2024/05/07(火) 18:08:03|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

17人でおはサイ

先週の土曜はいつものおはサイへ。
出したい郵便物があったのでポストに寄ってから集合場所へ向かう。
集まった人達としゃべっていたら、遠くの方から緑色っぽい自転車が近づいてくるのが見えた。
F谷夫妻キターー。
一週間前のチャレンジロード1位と2位が加わり、初参加のS館さんが来て16名、その後T海さんも合流して総勢17名に。

おはサイ240420

chart240420

1周目復路はスプリントなしのつもりだったがアナウンスするのを忘れてしまい、流す人ともがく人が混在。
2周目往路でS館さんに練習フォーマットの補足説明をする。
復路はちょうどフリー区間でトラックと併走の形になってしまい、後ろから見ていて少し危ない場面があったため、師匠が皆に注意喚起してくれた。(ありがとうございます)
スプリントが始まってしまうと後ろから大声を出しても聞き取れないこともあるので、車の接近があればとにかく早め早めに声を出し合って知らせるのがいいかな。ひとまず事故にはならなかったので良かった。

3周目はフリー区間で先頭になり、シッティングで粘っていたがananさんとT田さんに両サイドからブチ抜かれてちょっと怖かった(笑)。26秒622W。
4周目以降は集団の最後尾付近でフリー区間を迎えるパターンが多く、この人数だと前に上がれない。それでも中段から上がろうとする人に着いていくだけでも練習になる。
見ているとやはりF谷君が圧倒的だがT田さんもかなり迫っているのと、S子さんが普通にスプリントに絡んでいて強い。

6周目復路は会長→自分という並び。会長のリードアウトで50km/hでフリー区間に入り、そこからシッティングで逃げ切り狙い。最近はいきなりもがくよりも、こっちのスタイルでできるだけ長く引っ張ってからもがく方がトータルでは速い気がしてきた。その代わりキレはないので人を引き連れてきてしまうリスクは高くなる。
結局、遙か後方からすっ飛んできたF谷君に綺麗にまくられて終わり。43秒531W。
F谷君に聞いたら1200W出ていたらしい。そんな数字最近見てないなぁ。

ラストの10周目は先週と同じく何でもアリ。復路のUターン直後からK保さんがアタック。様子を見ていたらF谷君が追った。これは行かないとまずそうなので何人かで協力しながら追う。
ananさん、O石さん、自分の3人で回しつつじわじわ先頭に詰めて、追いついたところでまた誰かがカウンター。というのが何回か続き、最後はT海さんが飛び出す。
追いたいけど後続集団に埋もれそう、と思ったら左にすき間があったので「左行くよー!」と声をかけてスプリント。T海さんは既に流し気味だったがせっかくなので差させてもらってゴール。

ログを見ると強制インターバルがかかる中で、人数の多さを使って休めるところは休むというのがうまくできた気がする。それでもきついけど。
復路の平均速度が47.2km/hだったので集団効果ってすごい。
お疲れ様でした。

s-10周目ログ2

おはサイもいい刺激をもらえて楽しいのだけど、そろそろ5月のあづみのに向けてロングを走っとかないといけない気がしてきた。
身体が1~2時間に適応し過ぎてしまって、ガス欠で倒れそうな予感。

走行距離:71.8km
走行時間:2時間33分33秒
平均時速:30.0km/h
平均/最大心拍:134/186bpm
平均/最大ケイデンス:73/118rpm
消費エネルギー:1095kJ
AP/NP/IF/TSS:127W/181W/0.682/118

  1. 2024/04/23(火) 11:37:41|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新しい人が来てくれたおはサイ

先週の土曜はいつものおはサイへ。
予報では22℃まで上がると書いてあったので半袖ジャージにアームウォーマー、下は7分丈、夏用グローブで出発したが、7時の時点では意外と風が冷たかった。

集合場所に向かう途中でサーヴェロに乗った人を見かけて、同じ方向に向かっている感じだったので、もしかして会長が言っていた新しい人が来るというのはあの人かも?
この日は海浜公園からブルベがスタートしていたけど、反射ベストも着ていないし軽装なのでブルベ参加者ではないっぽい。

現地に着くと予想通りその人が新しい方だった。T田さんという20代の若い方で、4月にこっちに引っ越してきたばかりとのこと。(しかも自分の家とかなり近い)
前のチームで集団走行は慣れているようだったので簡単に練習フォーマットだけ説明してスタート。総勢13名と多い。
あ、会長が(ちょっと意外な)新車になってる。

今回は10周目を「何でもアリ」にした。看板とか関係なく序盤からアタックしても、共謀して逃げてもアシストしても何でも可。
せっかく大勢集まって走るので、ワンパターンではなくいろいろ試してもらえれば、それに対応する側もすごくいい練習になるなと思ったので。

おはサイ240413

1周目復路はT田さんに看板の位置を覚えてもらうためスプリントなし。
2周目、フリー区間からT田さんがスプリントで一気に前に出たので追いかけるが……はえー。最後にまくろうと思ったが前に出られない。キレもあってノビもある。
3周目、フリー区間でT田さん、I田さん、自分という並び。I田さんがもがき始めた瞬間、T田さんの自転車から何かが落ちて転がってきたので減速。どうやらサイコンが落ちたみたい。

中盤はあんまり記憶がないけどスプリントしたりリードアウトしたりした気がする。
追い風もあってスピードが乗るので7周目はMAX65km/h出ていた。
8周目はフリー区間で先頭になり、後ろをチラチラ見ながら後続がもがき始めたタイミングで自分も腰を上げて逃げ切るつもりが、T海さんが速すぎてあっさりまくられる。29秒548W。

ラストの10周目。自分の説明不足が原因だがT田さんが往路からアタックしようとしてしまい(正しくは復路からフリー)、やる気マンマンであることが周囲にバレてしまう(笑)
自分が先頭で復路に入るとS木さんが飛び出し、T田さんがそれを追う。後ろを見ると誰も反応なし。
どうしようかなあと迷ったけど完全に放置するのも面白味がないかなというのと、追いつけばワンチャン3人で逃げ切りもあるかも、と思って追う。でもキレがなさすぎて全員引き連れてきてしまった。

カウンターで誰かがまた行ったので反応して、その後5人+少し間隔を空けて集団という形になったので、この5人でいける! と思ったらすぐ集団に追いつかれる。この時集団を牽いてたの誰だったのだろう。
最後はT海さんがいいタイミングで飛び出し、目の前にいたI田さんがタレて、ananさん、O石さんが追走したが二人に着いていくだけで精一杯。で終了。

chart240413_2

たった2.5kmでもいろんな展開があって楽しかった。
あと、若い人が入ってくれたので平均年齢がだいぶ若返ったのが嬉しい(笑)
ここでおじさん達の頑張りが試される。
ご参加ありがとうございました。

走行距離:70.3km
走行時間:2時間38分24秒
平均時速:30.6km/h
平均/最大心拍:145/181bpm
平均/最大ケイデンス:75/117rpm
消費エネルギー:1140kJ
AP/NP/IF/TSS:138W/180W/0.678/112

  1. 2024/04/15(月) 18:10:45|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12人でおはサイ、と子供のスキーキャンプ

土曜はいつものおはサイへ。
先週とうって変わって暖かく、予報では20℃となっていたのでウェアは春仕様。半袖ジャージにアームウォーマー、下は七分丈で。
一週間前との気温のギャップがすごい。
この日も早め出発で、だいぶ時間が余りそうだったので海沿いを少し走ってから集合場所に向かう。

10名が集まり、見てみるとレーパンの人も何名かいた。
先週まではスプリントなしの足慣らし的なメニューだったが、今週から基本メニューに戻して復路2枚目看板からフリーに。
1周目の折り返しでU太郎君とtaoさんだったか? が合流して12名。
2周目の復路で少し急なペースアップがあり、中切れが起きていたので、1枚目看板からはじわじわ上げてもらうようにアナウンスする。

おはサイ240330

この人数で走ると集団走行って感じで楽しい。復路のローテーションも左右に広がりすぎずコンパクトで、やはり慣れている人達と走ると安心感がある。
ただ腰を上げてのスプリントは本当に何ヶ月ぶりで、最初は怖いので様子見していた。
徐々に慣れてきたので5周目あたりから着いていってみる。5周目が28秒642W、6周目が24秒639Wなど。

やはりスプリントがあると展開や駆け引きが入ってきて楽しい。しかしこの人数だと最後尾に下がった時にスプリントが始まると前に上がるだけで一苦労で、ほぼ何もできず終わってしまう。
力技で先頭付近に留まるO石さん走法を学ぶ必要があるかもしれない。

ラストの10周目はヒデさんアタックを警戒する雰囲気の中、なぜかI田さんが早駆けしていった。
集団は様子見しつつじわじわと詰めて(というかさすがにこの距離なのでI田さんがタレてきて)、追いついてから終盤に向けて位置取りしようと思った矢先、右の脇道からトラックが出てきて右折。
危険を感じたのでたまたま左にあった工場の正門前スペースに退避した。その後は流しておしまい。誰も巻き込まれなかったようで良かった。
お疲れ様でした。

s-s-chart240330

----

その前日、3泊4日のスキーキャンプに行っていた長男が帰ってきた。
新潟の妙高のホテルに60名近くの子供が集まり、日中は班別にエキスパートの先生方からみっちり教えてもらい、夜は一人一人ビデオを見ながらアドバイスをもらえるというスキー漬けのプログラム。検定も受けさせてくれてジュニア2級に合格したらしい。
自分もそういうの行きたい(笑)
サッカーの熱量はそれほどではなかったけどスキーは休憩なしで延々滑っているほど好きで、良い刺激をもらえた様子。

スキーキャンプ

走行距離:71.7km
走行時間:2時間31分38秒
平均時速:30.2km/h
平均/最大心拍:139/179bpm
平均/最大ケイデンス:76/115rpm
消費エネルギー:1145kJ
AP/NP/IF/TSS:134W/178W/0.672/112

  1. 2024/03/31(日) 10:14:15|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ