タイトル

ミズノのマスクを使ってみた

ミズノのマスク(包装)

ミズノのマスクが届いたので、使ってみた感想などを書いてみたいと思います。
抽選販売ということで、まず6/19に申し込み。当選のお知らせが7/2に届き、専用の販売サイトが公開され注文したのが7/17、届いたのが8/2、という流れでした。
購入したのはプリントタイプで格子柄のホワイト2枚、チャコール1枚。サイズは顔がでかいのでLです。

無地の布マスクは既に何枚か持っているので、ちょっとデザインの入ったものにしました。

ミズノのマスク

第一印象としては、薄い。
口のあたる部分は2枚重ねになっているものの、ベースの生地がかなり薄く、風で飛んでいきそう。
素材は伸縮性があるのでフィット感は申し分なく、顔にぴったり張りつく感じ。耳も痛くなりません。
一つ気になったのは、全体的に縦方向に長いためかあごの下の生地が少々余ってしまうところ。

裏地はこうなっています。

ミズノのマスク(裏地)

呼吸のしやすさについては、ちゃんと中央が立体的になるように作られていて、息を吸っても生地が口を塞いでしまうということがないので◎。
ジョギングや自転車にも使えそう。

防御力を高めたいのなら2枚の生地の間にPFE対応フィルターなどをカットして入れることはできそうですが、中央はつながっていないので2枚に分ける必要があり、ちょっと手間がかかります。

ミズノのマスク(ポケットの説明)

ミズノもこれを「衛生用」「医療用」マスクとしては売っていない(商品名は「マウスカバー」)ので、用途に応じて使い分けるのが良さそう。
生地が薄くて暑苦しさがなく、呼吸もしやすいので、特にこれからの本格的に暑くなる季節で屋外メインの時などに活躍してくれそうです。

【関連記事】
チャンピオンシステムのマスクが届いた……のだけど。

  1. 2020/08/03(月) 16:04:36|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

粉飴ジェルを買ってみた

実走用の補給食としては、以前からHIGH5のエナジージェル(アップル味)を使っていましたが、最近よく見てみたら思いっきり賞味期限を過ぎていたので入れ替える事にしました。(十何本か残っていてもったいないけど)
ちょっと飽きてきたこともあり、今度はジェル系で違う製品を試してみよう。
HIGH5のエナジージェルは袋が縦長でジャージのポケットに何本も入れられるのと、口で千切って片手で開封しやすいのが気に入っていて、できれば同じような使い勝手で一袋あたり100kcal程度摂れるものが良い。

いろいろ探してみた結果、買ったのがこれ。

粉飴ジェル 外袋

粉飴ジェル 小袋

「持久系アスリート専用粉飴ジェル」、20本入り。
袋の大きさとカロリーはほぼHIGH5と同じ。粉飴は粉末の方はよく使ってますがジェルもあったとは知りませんでした。

試しにローラー中に一つ食べてみた第一印象は、まずかなり粘度が高い。HIGH5がサラサラで飲みやすいので余計にそう感じるのかも。
まあこれは慣れれば慣れるか。
味については、粉飴の粉末がほぼ無味無臭なのとは対照的に濃いめの味付けで、酸味も強め。個人的には嫌いではないです。

成分表はこんな感じ。

粉飴ジェル 成分

なかなか使い勝手が良さそうなのでしばらく使ってみよう。(と言ってもまだしばらくローラーメインの生活だけど)

【関連記事】
粉飴、いいかも。
HIGH5のエナジージェルを買ってみた
  1. 2020/06/07(日) 19:18:28|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャンピオンシステムのマスクが届いた……のだけど。

チャンピオンシステムのマスクがやっと届きました。
注文したのが4月18日、届いたのが5月18日なのでちょうど1ヶ月。注文確認メールには「完全受注生産のため納品は5月上~中旬を予定しております」と書かれていたので、ほぼ予定通りというところでしょうか。

チャンピオンシステムの布マスク

さっそくつけてみる。
フィット感はまずまず。立体裁断されているのですき間も少ない。
しかし……ちょっと、呼吸が苦しいような?
息を吸うときにマスクが口に張り付いてしまい、十分に吸い込めない。

これは何だろう、素材の通気性というよりも、柔らかすぎるせいなのか?
位置をずらしたりあれこれ試してみましたが、残念ながら自分には合いませんでした。
顔の形(あるいは、でかいから?)により呼吸のしやすさは変わるかもしれないので、一概にダメという話ではないです。

ちなみに、自分がメインで使っているのはこれ。

AQUADOLLの水着素材マスク

AQUADOLLというウィッグ通販のお店が作っている水着素材のマスク。(販売サイト
伸縮性の高い素材でフィット感に優れ、長時間つけていても耳が痛くならない。耐久性があって繰り返し洗っても縮んだりしないし、呼吸もしやすい。
内ポケットがあるのでフィルターも入れられる。
それなのに1枚430円(税込)という安さ。気に入ったので2枚買い増ししました。
唯一欠点を挙げるとすれば、使い始めは素材の匂いが気になる人は気になるかも。(何回か洗うとなくなります)

通勤などで防御力を上げたい時は、このPFE対応フィルターをカットしたものを中に入れてます。気分的なものですが。
これも繰り返し洗って使えます。

ノーズマスクピットのマスク用高機能フィルターシート
ノーズマスクピット マスク用高機能フィルターシート

最近は使い捨てマスクもだいぶ流通してきたので布マスクでないと入手できないということはないのですが、使ってみたら不織布マスクより快適で、在庫の残りを気にする必要もないので完全にこれで落ち着きました。

  1. 2020/05/21(木) 16:05:48|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Zwift用にサーキュレーターを導入してみた

ローラー部屋が3畳の納戸のためエアコンもなく、とにかくすぐ熱がこもって暑くなるのでサーキュレーターを買いました。
一応これで何年かは耐えてきたのですが、限界を感じてしまい……。

買ったのはこれです。

4UMOR_サーキュレーター

4UMORのサーキュレーター。リモコン付きで、4段階の風量調整、上下左右70度の首振りができる。ローラーだけでなくリビングでエアコンと併用すれば効率良く部屋を冷やせるかも、という狙いもあり。
最大のターボモードにすると28.62 m³/minの風量とのこと。全然イメージが湧かないのでとりあえず顔に向けて試運転してみる。

おー、確かに強いと言えば強いけど、もっと強烈なのを想像していたので若干こんなもんかという印象……。
しかし、今まで使っていた普通の扇風機と比べてみるとやはり明らかに強い。扇風機のMAXがサーキュレーターのLevel 2と同じくらい。
扇風機は風が拡散するけどサーキュレーターは離れてもスポット的に風が当たるので、ローラー用途には向いているのかも。

ついでに、Zwift用のPCとサーキュレーターを乗せるラックも注文。

training_room

「ハック オープンシェルフ」というやつで、パイプをつなげて作る組み立て式ですが、片手でひょいと持ち上げられるほど軽い。Zwiftやらない時は棚の上に置いておけるのでスペースの節約になります。
ただ、サーキュレーターが思ったよりでかくて1段のスペースに入りきらなかったので、3段目の棚は外しました。
今まではフロアポンプを買った時の細長いダンボールにPCを乗せていたので、これで大分マシになりました。

試しにZwiftのグループライドで使ってみたら、思ったより涼しい!
身体にしっかり風が当たって冷却できてる気がする。
扇風機も同時に動かせばかなりいけるであろう。(本当に暑い日は熱風が来るだけなんだけど)

まだしばらくはZwift中心の生活が続くだろうし、これから季節的にも厳しくなってくるので、ローラー環境は快適にしていきたいところ。
行き着く先はスポットクーラーかもしれないけど、そうなる前に自粛解除になってほしいです。

  1. 2020/05/16(土) 18:41:04|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スマートプラグを導入したらホームセキュリティが向上した件

以前からスマートプラグが気になっていて、何ヶ月か前に買ってみたらやはり便利だったという話。
あ、スマートプラグというのはWi-Fiと接続することで家の外からでも電化製品の電源管理ができる装置のことです。

そもそも何故これが欲しかったかというと……。
あまり大きな声では言えないのですが(←もう遅い)、うちの奧さんがよく「ヘアアイロン」を消し忘れるからです。
気がついたときに自分が消したりしていましたが、これはいつか取り返しのつかない事態になるかもしれないと不安になり、スマートプラグならどこにいてもスマホで電源オフできるだろうと。

で、買いました。「Meross WIFIスマートプラグ」という製品で、2個セット2,500円。

Meross スマートプラグ 表と裏

本体が丸い形状のものが多かったのですが、他のコンセント穴をふさいでしまいそうな気がしたのでスクエア型にしました。

Meross スマートプラグ コンセントに挿したところ

側面にボタンがついていて、手動でもオン/オフができます。

Meross スマートプラグ ボタン

Wi-Fiのペアリングが成功すると、電源オンの状態でLEDが点灯します。

Meross スマートプラグ LED

説明書に沿ってペアリングを済ませたら、あとは専用アプリでいろいろ設定。
そのままでもスマホの操作で遠隔からオン/オフができますが、スケジュールやタイマーを設定すると便利。

Meross スマートプラグ アプリ

早速、アイロン(指定時間後に自動オフ)と、ついでにカメのバスキングライトと紫外線ライト(毎日決まった時間にオン/オフ)も設定しました。

Meross スマートプラグ アプリ

指定時間になると、スマートプラグから「カチッ」と音がしてちゃんと消えてくれます。
また、Google Homeと連携させれば「OK、Google。アイロンをオフにして」でも消えます。

これでもう安心だ!

  1. 2020/05/10(日) 16:21:26|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ