タイトル

Mio Linkをまた買った(追記あり)

リストバンド型心拍計であるMio Linkをしばらく使っていましたが、先週くらいから充電がうまくできなくなってしまい、いろいろやっても結局ダメだったので、新しく心拍計を買いました。

また同じ、Mio Linkです(笑)

mio link パッケージ

前は白だったので今度は黒。

Mio Link 本体

具体的にどうダメだったかというと、

①充電器との接触が悪いのか、本体をセットしてもランプが緩やかな点滅(=充電状態)にならない
②何度かセットし直して正常に充電が始まったように見えても、10分くらいするとランプが消えてしまう


こんな感じでした。
センサー部分をクリーニングしたり、充電器につないでいるAC-USBアダプタを別のものに替えたりしても変わらず。
うーん、本体か充電器のどちらに原因があるのかわからない。どっちも一つずつしかないから。

まだ2年も使ってないのでさすがに壊れるのが早い気がするけど、保証期間の1年は過ぎてしまっているし、諦めて買い替えるしかないか……という結論に至る。
胸バンドに戻してもいいかと一瞬思ったけど、リストバンド型の快適さ、手軽さを知ってしまうとあまり気分が乗らず、結局リストバンド型ばかり検索してしまう(笑)

ただ、Garminと接続できるリストバンド型心拍計を探すと、やはりお手頃なのはこれなんだよなあ。
使い慣れてるというのもあるし。

それともう一つ、仮に以前のMio Linkの不具合が充電器側の問題だったとしたら、古い方は予備の本体として使えることになる。本体が死んでたら残念だけど。
同じモデルを買えばその辺の切り分けができるというメリットが。
あと気分によってバンドの色を変えられる(笑)

という訳で、早速新しいMio Linkを使いつつ、今朝は新しい方の充電器に古いMio Linkをセットしてきました。帰ったら結果が明らかに!

【追記】
本体が逝ってました……orz

【関連記事】
手首で心拍数を測れる「Mio Link」を買ってみた

  1. 2017/09/15(金) 12:59:33|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ABS2ヘッドとヒラメ横カムの厚さ比較

前回の続きで。
「ABS2ヘッドの厚みはヒラメ横カムと比べてどうか?」という質問をいただいたので、比較してみました。

その結果がこちら。

ヒラメ横カムとABS2ヘッドの厚さ比較

薄さ勝負ではヒラメの圧勝。ディスクホイールみたいにバルブクリアランスが狭いホイールだったら、定番のシリカかヒラメなのかな。
ただ、逆にそういうことを気にしなくていいホイールなら、厚みがそこそこあった方が付け外しがしやすいというメリットがあるかもしれない。

あと一つ書き忘れていたことがあったのでついでに。ABS2はヘッドに小さいボタンがついてます。

ABS2ヘッドの小さいボタン

これはエアブリードシステムといって、エアを入れ終わってヘッドを抜く前にこのボタンを押すと、ポンプ内に溜まっていた高圧のエアを排出してくれるというもの(チューブからは抜けない)。
つまりホース側の空気圧を下げてやることで、力を入れなくてもスッとヘッドを抜くことができるというわけです。

と、ここまではわかったのですが、どうも自分の使い方が悪いのかうまく動かない……。
普通にボタン押すとチューブからもエアが抜けてしまう。

これ、どうやったらいいんでしょ……。(^^;)

  1. 2017/05/30(火) 08:36:13|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

レザインのABS2ポンプヘッドが意外と優秀だった件

フロアポンプが古くなったので買い替えました。というか、本当は2ヶ月近く前に注文していたのですが、届く前に事故に遭ってしまい、しばらくジョギングしかできなかったので使い始めるのがだいぶ遅くなってしまいました。

モデルはレザインの「クラシックフロアドライブ」というやつ。
外観はこんな感じです。

Lezyne Classic Floor Drive 外観

メーターはかなり大きくて、足元でも視認性が良い。

Lezyne Classic Floor Drive メーター

意外と使い勝手が良くて感心したのはこのポンプヘッド。ABS2というらしい。

Lezyne Classic Floor Drive ABS2ポンプヘッド

以下、簡単に使い方の説明を。
このヘッドですが、中心部の黒い部品と周囲の赤い部品が独立して動くようになっています。
まずバルブを緩めてヘッドを差し込みますが、この時黄色いマルで示したように赤い部分が手元側に下がった状態で差し込みます。

Lezyne Classic Floor Drive ABS2ポンプヘッド(装着前)

するとエアは一切漏れません。

Lezyne Classic Floor Drive ABS2ポンプヘッド(装着後)

この状態で、赤い部分をつまんでバルブ側にずらします。

Lezyne Classic Floor Drive ABS2ポンプヘッド(装着後)

これで取り付け完了。あとはエアを入れるだけ。
(赤い部品を回転させておくと高圧でもヘッドが外れないとマニュアルに書いてありましたが、7~8気圧程度では一度も外れたことがないので自分は差し込むだけにしています)

Lezyne Classic Floor Drive ABS2ポンプヘッド(取り外し)

規定の空気圧まで入れ終わったら、赤い部分をつまんで一気に引き抜きます。
あとはバルブを締めて完了。

慣れてくると片手で取り付け・取り外しできます。
当初、届いたらすぐにホースをちょん切って手持ちのヒラメ横カムに付け替えるつもりでいたのですが、意外にもこの赤いヘッドの使い勝手が良かったのでそのまま使うことにしました。

ヒラメ横カムが至高であることに変わりはないけど、こういう新しいアイデアの製品が出てくるのは面白い。

【関連記事】
ABS2ヘッドとヒラメ横カムの厚さ比較

  1. 2017/05/26(金) 12:50:45|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

HIGH5のエナジージェルを買ってみた

High5 エナジージェル(アップル味)

補給用のジェルを切らしてしまったので、昨年末にこれを買ってみました。HIGH5のエナジージェル20本入り。ネットで評判が良かったのと、たまたまかもしれないけどやたら安かったので。(1本あたり67円)

ただ、この手のやつって事前に「試食」ができないため、安いは安いけどもしすっごい不味かったら残り19本どうしようというギャンブル性はあります。
いくつかフレーバーがある中で、悩んだ末に比較的安全そうな「グリーンアップル味」を選んでポチっと。

数日後に届いたので、恐る恐る1本開けて飲んでみる。

……あっ、これならいける!

ぐいぐい飲みたくなるほど美味しいとは思えないけど、不味い訳でもない。この「不味くはない」ハードルを越えられたので合格(笑)

個人的には味よりも粘性の低さというか、比較的サラッとしているのが気に入りました。この手の商品ってハチミツかと思うくらいねっとり系なのが多くて、特に○丹のジェルは一口飲んで諦めたことがあるのですが、これなら大丈夫そう。
(○丹のはもしかしてボトルに溶かして飲むのが一般的?)

成分表を見ると100gあたり224kCalらしいので、ということは1袋40gで約90kCalか。やっぱり小さいからカロリーもそれほどではない。
その代わりというか、薄いので複数本まとめて背中ポケットに入れられるのはメリット。ウイダーinゼリーみたいな四角いパッケージだと1個入れたらもうそれでポケットが埋まってしまうけど、これなら5~6本は余裕で入りそう。

実際にライド中に使ってみて気づいたことは、一つは走りながら開封するのがちょっと難しい。両手を使って飲み口を切るか、片手で持って飲み口を歯で千切る(こちらの方がより玄人っぽい)のだけど、前者は両手放しになるので条件が限られるし、後者は千切った瞬間にドバッと中身が出たり、千切り切ってしまって(←こんな日本語あるのか?)路上にゴミを落とすリスクがある。

なので素人の自分は安全な場所に停まってゆっくり飲んでいます(笑)。今度おはサイで練習してみるか。
あと、飲み終わった袋をしまう時、どうやっても手とかポケットの中がベタベタしてしまう。なんかうまい方法ないかな。

と、いくつか気になる点もありますが、全体的には味も飲みやすいし持ち運びのしやすさも良いので満足。なくなったらまた買おうかと。
ただ、補給が必要なほどの距離を乗る機会がなさすぎて全然減らないのが目下の悩みです……。

  1. 2017/01/19(木) 12:30:11|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

激安チェーンクリーナーでもちゃんと汚れが落ちるのか試してみた

「高価なパーツやオイルを使うよりチェーンを綺麗に洗う方が何倍もの効果があるのである」(うろ覚え)という話を耳にして、もちろんチェーンも綺麗にした上で高価なパーツを使うのがベストなのだろうけど、お手軽にできる現実的な方からということでこれを買いました。

チェーンクリーナー EEA-YW0536

「EEA-YW0536」というチェーンクリーナー。それが型番なのか何なのか、どこのメーカーかもよくわからず。
以前、もっと大きくて本格的なやつを持っていた気がするのですが、どっか行ってしまったのでネットで探して見つけたのがこれ。驚きのプライス298円。
そして、この価格なのに意外にも評価は高い。早速使ってみよう。

改めてチェーンを見ると、汚いなー。

汚れたチェーン

パカッと蓋を開けると、たくさんのブラシが。

チェーンクリーナーを開けたところ

水をなみなみ注いで、ディグリーザーを適量混ぜる。
そしてチェーンを挟み込むようにセット。

チェーンをセット

蓋をして、ハンドルを付けたら(これが蓋のロックを兼ねている)準備完了。
あとは左手でクリーナーのハンドルを持ちつつ、右手でクランクをグルグル逆回転させるだけ。

準備完了

中の液体が真っ黒になったら捨てて、再度新しい液に入れ替えまたグルグル。
これを色が付かなくなるまで3~4回繰り返す。

だいぶ綺麗になりました。最後にタオルで水分を拭きとって注油して完了。

綺麗になったチェーン

このクリーナー、本体はかなりコンパクトなのだけど、上下左右からブラシで挟み込む構造になっているので意外と洗浄力が高いなという印象。
蓋もしっかりロックされるので思いっきりクランクを回しても外れないし、値段から想像するより良くできている。

あと、今回実験的に水+台所洗剤の組み合わせも試してみました。油汚れに強いと謳っているからどうかと思って。
しかし、期待通りにはいかず、あんまり落ちない。やはりディグリーザーの方がはるかに落ちます。

翌日ローラーに乗ってみると、まずチェーンの駆動音がとても静かになりました。
以前は「シャリシャリシャリ……」という、明らかに何か抵抗になってそうな音がしていたのが、ほとんど聞こえなくなって気持ち良く回る。これで何ワットかのムダが減っていれば嬉しい。

いつもは汚れてきたらディグリーザーを噴射して雑巾で拭き取り、その上から注油していたのだけど、それだと見た目は綺麗になってもピンのすき間に入った泥や砂は取れないらしい。なので定期的にちゃんと洗浄してやらないといけないな、と今さらですが実感しました。

  1. 2016/06/07(火) 12:35:57|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
| ホーム |
次のページ