タイトル

左折時の車の「左寄せ」議論について

最近ちょっと話題になっているので。

交差点左折で車の「左幅寄せ」に賛否 「怖い」「教習所で教わった」(Yahooニュース)
車の左折での幅寄せに批判集中。自動車教習所協会「左寄せは自転車やバイクを遮る為ではない。」(哲学ニュースnwk)

自分はロードバイクも車も運転しますが、車の時は左折時に左に寄せます。後ろに自転車やオートバイがいてもいなくても。
これは、教習所でそう教わったので。

では自転車の時はどうしてるかというと、3年ほど前にこんな記事を書いてました。

"keep back"でストレスフリー

英語のニュアンスが正しいかどうかは別として、これは今でもやっています。

・赤信号で数台の車が待っていたら、最後尾の車の後ろで待つ
・何台かの車に抜かれつつ赤信号で止まりそうになったら、「最後に抜かれた車」の後ろで待つ


数台をパスしたところで到着時間に大した違いはないし、それよりも「何度も追い越しては抜かれを繰り返した結果、ドライバーがイライラして追い越し処理が雑になるリスク」を減らしたい、というのが主な理由。
自転車、特に速度域が車に近い(=追い越しに時間がかかる)ロードバイクを抜くのがどれだけ神経を使うかは良くわかっているので。大型車はもっと大変。

しかし、これも走る環境によるというか、場所によってはそんなのん気なことをしてたらいつまで経っても目的地に着かないかもしれない。もしくは左折レーンだったら前に出てしまった方が安全な場合もある。
だから過去記事の中でも書いてますが、これはもうケースバイケースです。
ただ、道路ユーザーとしてお互いに余計なストレスを生まないためには有効な手段の一つではあると思います。最初の話に戻ると、「左に寄せられて前をふさがれた!」という事態がそもそも発生しません。(停まってるから)

あと、3~4人以上で走っている時、信号待ちで左すり抜けをして最前列に行こうとすると、どうしても車列の中に取り残される人が出てくるので、この場合は車列の最後尾で固まって待つのを強くお勧めしたい。無理に集団に着いていこうとする人と左折車が絡む危険性が高いので。

いろんな意見あると思いますが、現状「車から見た自転車のイメージ」って控えめに言って最悪というか(笑)、冒頭のまとめサイトのコメントを見ても無法者に近い扱いをされてます。
そう言う自分も完璧にできてんのかと言われたら自信なし。

でも、せかせかしない大人の運転だったり、日中もテールライトを点けたりして、ちょっと意識高い人を装う(笑)だけでもイメージが変わってくるかもしれません。
何も卑屈になる必要はないけど、マジメにやってるんだという姿勢を見せることは最終的に自分の身を守ってくれる気がします。

↑2ヶ月前に車にはねられてるから全然説得力ないような気もするが……(^^;)

  1. 2017/06/19(月) 12:55:26|
  2. 気になるニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

千葉競輪場が屋内板張り250メートルバンクに生まれ変わる?

バンクの最上段から

yashiroさんから教えてもらった記事ですが、期待を込めてエントリー。

<千葉競輪>廃止一転、存続も 千葉市、施設整備提案受け(千葉日報オンライン)

千葉競輪場は2018年度には赤字が予想されていて、存続するためには施設の大規模な改修を行なう必要があるのですが、主催者である千葉市がそのための費用を捻出できないという理由で2018年3月をもって廃止される予定でした。

しかし、ここにきて新展開が。
競輪場の運営委託先である日本写真判定から、同社負担で屋内板張り250メートルバンクに再整備するという提案があったようです。
もしこれが実現すれば、都内からもアクセスの良い場所に本格的な板張りバンクができることに。現在の千葉競輪場のようにレースのない週末に開放してくれたら……とか、いっそオリンピックも伊豆じゃなくてこっちで……とかいろいろ妄想が膨らみます。

ただ、おそらく一番問題になるのは競輪(ケイリンではなく)のルールかと。現在は333メートル、400メートル、500メートルという3種類のバンクのいずれかで行われていて、250メートルというのはないです。競輪で使うことを考えた場合、先行有利で逃げ切りばかりになり、捲りがほとんどなくなってしまったりすると興行的に厳しいという判断になるかも。

しかし考えようによっては、今までにないバンクでのレースは新しい駆け引きが生まれて新鮮かもしれないし、観る方は選手と近くて迫力も感じられるし、逆に今より人を呼び込めるようになるかもしれません。

バンクの規格を見直すのか、ルール改正になるのか、どういう落としどころになるかわかりませんが、存続の可能性が見えてきたことは個人的には嬉しいです。
たまにバンクを走らせてもらうとすごく楽しいし、身近でそういう場所がなくなってしまうのは寂しいので。

【関連記事】
バンク初体験 in 千葉競輪場(前編)
バンク初体験 in 千葉競輪場(後編)
2回目の千葉競輪場練習会
「第3回 弱虫ペダルカップ~春ノ体育祭2015」に行ってきた

  1. 2016/12/06(火) 12:12:00|
  2. 気になるニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RooDol(ルードル)の分解できる3本ローラーがアップ用に良さげ

Roodol

この分解できる3本ローラーが気になる。

RooDol(ゼータトレーディング)

 RooDol®は、スペインからやってきた3本ローラー(トレーナー)です。
 最大の特徴である、3本ローラーでありながら非常にコンパクトに収納できる特性を活かして、レース前のウォーミングアップや、思い立った時のトレーニングのお供に最適な3本ローラーです。

レース会場ではローラーでアップしたいけど、駐車場が遠かったりすると持っていくのが大変。そもそも車に積むだけでかさばるし。
なので、できる限りコンパクトで持ち運びやすさを最優先したローラーが欲しい。

この製品は分解できるので持ち運びしやすく、専用のキャリーバッグでリュックみたいに背負えるのがGood。大抵は自転車とか他の荷物を持ちながら移動しなければならないので、両手が空けられるのはいいと思います。
ただ、写真を見るとそんなにすごいコンパクトになる訳でもないか……。一見ギター背負ってる風。

あとはお値段が\35,000~\36,500とちょっと高め。うーん、これだと普通の3本が買えてしまうし下手すれば負荷付き3本にも手が届く。
アップ用途だけに使うにはちと高いかな~。でもあったら便利なのは間違いない。

そういえばミノウラのアップローラーってもう生産終了したんだっけ?
あっちのコンパクトさも魅力的。幅は恐ろしく狭いけど。

  1. 2015/10/30(金) 20:25:26|
  2. 気になるニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

米Garminが自転車用の後方レーダーを発表

Garmin Varia Rearview Radar

Garminがこんなガジェットを発表した模様。

自転車用の後方レーダーVaria Rearview Radar発表。後方140m内の自動車を警告(engadget日本版)

Rearview Bike Radar の基本機能は、自転車の後方140m以内に接近する自動車などを感知し、サイクリストに知らせるというもの。自転車のハンドル部分に取り付けるヘッドユニットは、レーダー部からの信号を受信して後方からの接近を示す LED を点灯します。またレーダー部では赤色 LED が点滅し、後方へ自転車の存在を知らせる役割も担います。

これはなかなか面白い。ただ単に車の接近を知らせるだけでなく、インジケーターを見ればその車がどれくらいの速度差で迫っているかまでわかると。

自転車から見て悪質というか恐怖を感じる車の特徴のひとつとして、追い越す時に側方間隔をほとんどとらないですれすれを走るようなケースがあります。(→道路交通法第28条4に違反)
この手の車はえてして追い越しの時にもスピードをまったく落とさないので、インジケーターの迫り具合を見ればある程度心の準備とか安全確保のための動きができるかもしれません。(そればっかりに気を取られて前方不注意だと意味ないですが)

お値段は、ヘッドユニットと後方レーダー兼リア用LEDライトのセットで299ドル。手持ちのEdgeシリーズとも組み合わせて使えるので(その場合インジケーターではなく画面上の警告ランプの点滅速度で車間距離を警告)、レーダー単体だと199ドル。
気軽に買える値段ではないし、そもそも日本で発売するかどうかも未定ですが、将来的にEdgeシリーズのファームアップでレーダーと連動して後方車間表示ができるようになったりしないかな?しないか。

同時に発表された、周囲の明るさで照度を自動調整し、速度に応じて照射角度を変える(速ければ遠くを、遅ければ近くを照らす)ライトというのもすごいです。車より遙かにハイテクですな。

  1. 2015/07/03(金) 07:21:04|
  2. 気になるニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジロの暫定出走リスト

ISHIBASHI

2015ジロの暫定出走リストを見ると、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・デローザから石橋学選手が出走するようですね。
石橋選手はU23のタイムトライアル現日本チャンピオン。
個人的には山本元喜選手が気になっていたのですが、今回は選に漏れてしまったようです。

GIRO D'ITALIA RIDER LIST ※PDFファイル

若手選手にトップカテゴリーのレース経験を多く積ませる、というチームの方針に沿ったものとはいえ、グランツールに別府・新城・土井選手「以外」の日本人選手が出るというのは長らくなかった事なので、やはりこれは嬉しいニュース。
ここから世界で戦える次世代の選手たちが育っていくかもしれませんね。

  1. 2015/04/30(木) 06:22:54|
  2. 気になるニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ