タイトル

袖ヶ浦サーキット建設中

千葉県の袖ヶ浦市にサーキットを建設中というニュース。

首都圏最大級サーキット 袖ケ浦で建設進む ビッグレース開催も(SankeiWeb)

 袖ケ浦市内で、JAF(日本自動車連盟)公認のレースを開催可能な「袖ケ浦サーキット」(仮称)の建設工事が進んでいる。
JAF公認のF3レースなどの誘致を目指し、完成すれば茨城県下妻市の「筑波サーキット」をしのぐ首都圏最大級の本格的なサーキットが誕生する。
館山道市原インターから約20分、東京からも約1時間と都心から最も近いサーキットになり、モータースポーツ愛好家からの期待が高まっている。

場所はこちら。


拡大地図を表示

これまでに何度か工事が中断されていましたが、ようやく再開したようです。
これは完成したら都心から非常にアクセスの良いサーキットになりますね!何せアクアラインがありますから、川崎浮島JCTから40分もあれば着いてしまうでしょう。
記事によれば「当初はJAR公認のF3、FJレースの誘致を目指す」との事ですが、ゆくゆくは自転車レースも・・・などと勝手に妄想しています(笑)

しかし、やはり問題となるのは周辺住民への影響でしょうね。
エンジン音やスキール音による騒音はもちろん、周辺道路の渋滞、ごみ、通学路の安全確保など、クリアすべき問題が沢山出てくるかと。
それらについて十分な話し合いと対策がなされた上で、住民の理解が得られればベストですが、そう簡単には進まないかもしれません。(実際、記事を読むと住民側は業者の対応に不満を持っている様子)

仮に自分の家の近所にサーキットができるとなったら・・・。
いくら経済効果がある、活性化すると言われてもはいそうですかとは受け入れられないと思います。
興味がなければデメリットしか感じないわけですし。

うーん。

関連記事: 袖ヶ浦サーキット(袖ヶ浦フォレストレースウェイ)建設現場へ行ってみた
【気になるニュース】カテゴリーの記事

  1. 2007/09/27(木) 22:30:34|
  2. 気になるニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SDカードに入れた地図を携帯で閲覧できる「地図ホーダイ」

こんな製品が昨日発売されました。

ハギワラ、「地図ホーダイ」とのコラボによるmicroSDカード――地図コンテンツをカードに内蔵(DigitalFreak)

エディアのマップコンテンツサイト「地図ホーダイ」の地図データ全国分を、あらかじめハギワラシスコムのSDカードに入れた状態で発売するというコラボレーション商品です。
要はエリア毎のダウンロードが必要なく、買って挿せばすぐ使えますよと。
要は別途購入手続きは必要だが、地図データは既に入っているのでダウンロードの手間が省けますよと。

カードの予想実売価格は6千円前後、地図データは全国分買うと3780円。
2GBのSDカードのうち90MBを地図データに充てるとの事ですが、全国分にしてはサイズが小さいような・・・。
地図情報の密度、縮尺段階の多さが気になりますが、現時点では画面のスナップショットすら見つけられませんでした。
通信が不要なのでそこそこ軽快にスクロール地図が使える・・・かも?

それにしても情報が乏しいですね。
公式サイトを見てもパッケージ写真だけだし。

やはりモバイルGoogleマップのソフトバンク対応を待つかなあ。
【気になるニュース】カテゴリーの記事

  1. 2007/09/26(水) 21:28:50|
  2. 気になるニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アイウェア紛失?

愛用していたサングラスがなくなってしまいました・・・(泣)

先週の木曜に久々に自転車通勤した時のこと。
会社に着いてからサングラスケースを忘れて来た事に気づき、仕方なくサングラスを手に持ったまま着替えのためいつもの地下の人気のないトイレへ。
おそらく、というか間違いなくそこに置き忘れたまま事務所に行って、そのまま仕事を終え気づかず帰宅。(夜は裸眼で走っているので)

連休中に忘れて来たことに気づきましたが、実家に戻ったり何やらかんやらで取りに行けず、休み明けに来てみたら案の定見当たらない。
警備員の人にも聞き込みしてみましたが、二人に聞いて二人とも「届いていない」というつれないお返事。。

ああ~お気に入りだったのに・・・・・・。(つд∩)

ちなみにzerorh+のAngelfishというモデルで調光タイプです。確か2万3千くらいしました。
まあ、購入してから2年と3ヶ月、調光性能はかなり落ちてほとんど色は変わらなくなってしまい、しかも何回も落として傷多数といった状態でしたので、そろそろ替え時かなという感じではありましたが・・・。

かなり愛着があっただけにやっぱり悔しいなあ。

関連記事: Angelfish レンズ交換(結局出てこなかったので、もう1本のレンズを交換)
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2007/09/25(火) 21:06:29|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

名栗湖サイクリング(後編)

有間ダムで休憩した後、せっかくなのでもう少し攻めてみるかと名栗湖の奥へ進みました。

有間ダムからの眺め
有間ダムからの眺め

最初は湖の南側の道をいきましたが土砂崩れのためか工事で通行止め。
仕方なく引き返して北側の道をいきます。
湖のほとりにレストランが一件あり、ちょっと気になりましたが、補給食を摂った後だったのでスルー。

前日に地図で見た感じでは、湖の先はある程度登ったら行き止まりっぽい感じでしたが・・・。

有間川に沿って登る
有間川に沿って登る

間伐作業中の看板
間伐作業中の看板

名栗湖の西端を過ぎると斜度が上がってきて、ヒルクライム開始。
普段お山方面はほとんど走らないので正直登りは得意ではないですが、人気のない山道を一人でゼィゼィハァハァ言いながらじわじわと登っていく感じは嫌いではありません。(つまりMか?)
私くらいでは「足をつかずに登りきれたら嬉しい」とかそういうレベルですが。
とりあえず心拍数が一定になるようにしながら淡々と登ります。

途中、「間伐作業中につき危険」の看板があり、道が分かれていたので危なくなさそうな左の道へ。
こちらは500メートルほどでぬかるみになっていたので、仕方なく引き返しました。

今度は看板のある方へ。間伐作業の人たちはお昼休みだったためか誰もいません。
そして、こちらの道の斜度がきつい!
ずっとダンシングで登っていくと、こちらも500メートルほどで行き止まりになってしまいました。残念。

最高到達点からの眺め・・・はあまり良くない
最高到達点からの眺め・・・はあまり良くない

ここまでが93km。
あとは引き返すだけですが、下り始めると斜度がきつい上に石ころやら土砂やらが道の上にあって危ないのでどうしてもブレーキを握る時間が長くなり、やたら手が疲れます。
あっという間に名栗湖に着いて、ドリンクを買い足して再びダウンヒル。

来た道を戻るのは面白くないので、入間川から青梅に抜けてみる事にしました。

まっすぐ行くと飯能市街、右折すると青梅
まっすぐ行くと飯能市街、右折すると青梅

この交差点を右折し、小さい丘を越えると青梅市街に入ります。
渋滞が多くなってきて若干走りづらい・・・。
ひたすらまっすぐ進み、横田基地の近くでコンビニ休憩。おにぎりとパンで補給します。
その後、多摩湖に寄りました。ここまで130km。

多摩湖周回道路
多摩湖周回道路

落合川サイクリングロード
今日ものどかな落合川サイクリングロード

ちなみにこの多摩湖周回道路は一周10kmほどありますが、「ギャンブルレーサー」というマンガで3バカトリオが主人公に命じられて毎朝8周ランニングしていた場所です。それって相当きついぞ・・・
マニアックな話ですみません。

多摩湖を半周だけ回ってからは、多摩湖自転車道を花小金井まで、そこから先は落合川サイクリングロードと、自転車道をつないで帰宅しました。
総距離は164km、消費カロリーは6000kcal(笑)

毎日これくらい走ったら一気に10キロくらい落ちそうだなあ。(体が持たないけど)

名栗湖トラックログ
トラックログ(クリックで拡大)
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2007/09/22(土) 08:17:16|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名栗湖サイクリング(前編)

標高データs

今日は代休が取れたので、久しぶりにお山方面を走ってきました。

前の晩に地図を見ながらどこに行こうか悩んだ挙句、荒川と入間川をつないで飯能方面に出てみようと思い、とりあえず目についた「名栗湖」を目的地に設定。
ここ最近は股ずれの養生のため乗れなかったのでウズウズしています。
いつもより気合を入れて、朝6時に出発しました。

荒川に出て、まずは入間大橋を目指します。

フジツボ地帯
フジツボ地帯

笹目橋の下に、プラスチックの突起物(通称「フジツボ」)が無数に敷き詰められた非常に走りづらいゾーンがあります。
それでも以前は慎重に行けば通過できたのですが、先日の台風9号の影響かフジツボの土台となる地面がだいぶ削られて下がってしまい、完全に危険な状態になってしまいました。

フジツボ拡大図
フジツボ拡大図

これ進入したら間違いなく転倒だな・・・。
幸い、上り下りとも道の左右に土の道があるのでそちらを通れば安全に通過できますが。
それにしてもこれは何の意味があるのか・・・改善してほしいです。
(注:2008年1月現在、フジツボ地帯は土が盛られて普通に走れるようになっています)

秋が瀬公園を抜けると、羽根倉橋~治水橋間のサイクリングロードは工事のため迂回路を通らされます。
ここには台風で横倒しになったフェンスが。復旧作業もあまり進んでいないようでした。
狭いですが何とか通る事はできます。

横倒しになったフェンス
横倒しになったフェンス

さらに荒川を遡り、入間大橋から入間川サイクリングロードに入りました。
平日のせいかすれ違う自転車は少なく、2~3台といったところ。
だんだん気温も高くなってきて、汗がしたたり落ちてきます。ただ調子は悪くなく、いいペースで(当社比)進みました。
ほどなくして豊水橋に到着。ここまで56km。

入間川サイクリングロード
入間川サイクリングロード

豊水橋
豊水橋

ここから先は一般道で、299号を飯能方面に向かいます。
平日の通勤時間帯なのでそれなりに車の数も多く、ところどころ渋滞していました。

飯能のコンビニで休憩した後、いよいよ入間川に沿って名栗湖を目指します。

入間川
入間川

赤沢付近
赤沢付近

この辺はずっとゆるい登りが続きます。
だんだんと車も減ってきて走りやすくなりました。
名栗湖までこんな調子かな、と思ったら直前でいきなりキツイ坂が。

そしてようやく名栗湖に到着~。ここまで85km。
いや~風が気持ちいい!
会社を休んで自転車乗るのは最高だな(笑)

名栗湖

続きます。
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2007/09/21(金) 23:30:19|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
| ホーム |
次のページ