タイトル

アルペンボードデビュー

本日、アルペンボードデビューを果たして参りました。

苗場スキー場
苗場スキー場

会社の人のつてでアルペンボードとブーツを譲り受けたのが10日前。早く滑りたくてウズウズしていましたが、ようやくその機会が訪れました。
今日はひたすらこれを練習すると決めて、フリースタイルの板とソフトブーツは家に残して出発。
同行したスキーヤーの人達にも「今日はずっと初心者コースにいますので」とあらかじめ宣言し、きついコースに連れて行かれないよう予防線を張ります。

アルペンボードについてはちょくちょくネットで調べていて、共通していたのが「操作がシビア」という意見。
特に最初はフリースタイルに慣れた人でもまともに乗れないといった話も載っていて、たぶん自分もそうなるだろうと思ったので、とりあえず今日は一日基礎練習に励むつもりで臨みました。
ただアルペンボードの特性であるキレのよいカービングを体感できるかも、と思うと期待と不安が入り混じった心境。

いよいよ滑る・・・緊張の一瞬
いよいよ滑る・・・緊張の一瞬

まずリフト。これは乗り降りとも特に問題なし。
ただ、私の板はビンディングがつま先側をL字型のクリップで留める方式なのですが、前足の固定力がちょっと弱く、リフト乗車中に何かの拍子で外れてしまわないか不安でした。(後で調整方法がわかったのできつめに修正)
スケーティングはフリースタイルよりも前足の角度が前を向いているので非常にやりやすいです。

そしていよいよ最初の滑走。
思わず初心者の頃の気分を思い出します。
十分に腰を落とし、恐る恐るノーズを谷に向けてみる。
あらら・・・まったく曲がらーん!・・・ドテッ。

バックサイドはどうにか曲がるものの、フロントサイドは面白いくらいだめ。
何回か転ぶうちに、ちゃんと体軸を傾けないと曲がらない事に気づきました。
フリースタイルでいかに足首の動きに頼っていたかよくわかります。
いまいち手応えを得られないまま1本目が終了。

2本目は多少マシになり、ターンらしきものはできるようになりました。
それでも少し斜度があるとボロボロ。どうしても足だけで曲がろうとするクセが出て、結果的に曲がらない→アンコントローラブルな感じに。
ゲレンデの下の方はザラメ雪のボコボコで余り良いコンディションとは言えなかったので、2本滑ってから思い切ってゴンドラへ。

苗場は山頂近くに「筍平(たけのこだいら)」というゆるいバーンがあり、年配スキーヤーの人からも「雪がいいからそこで練習するのがいいよ」というアドバイスをもらっていたので、しばらくここに留まることにしました。
距離は短いけれども空いていて、確かに下よりも雪質は良好。ただし霧が出ていて視界は悪いです。

改めて基本を見直しながらひたすら反復練習。
するとだんだん調子が出てきたので、試しにスピードを乗せて思い切りエッジを立ててみました。
「おお!倒れない!」
ここでようやく、フリースタイルとは明らかに違うエッジの食いつきと強烈な加速感を味わう事ができました。
かなり体を倒し込んでもずれないどころか、逆に飛ぶように加速していく。
すごい。これはクセになりそう。

しかし、調子に乗って他のコースに出てみたらまったくダメダメで打ちのめされました。
初心者用の細い迂回コースなどでのスピードコントロールが意外に難しい。
また中斜面ではスピードを制御しきれず転倒。
これからいろいろやり直しが必要そうです。

それでも今日はアルペンボードを一瞬だけでも走らせることができたので非常に満足でした。
今シーズンはあと1回くらいしか行けなそうですが、来シーズンにはまともに滑れるようにできるところまで頑張ってみようと思います。(来シーズンはスクールかな)

アルペンボード

【関連記事】
2回目のアルペンボード
アルペンボードがやって来た
【スノーボード】カテゴリーの記事

  1. 2008/03/30(日) 04:16:29|
  2. スノーボード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「東京・自転車抜け道ガイド」が発売

こんな本が発売されました。

東京・自転車抜け道ガイド

「東京・自転車抜け道ガイド」が25日に発売される(CycleStyle.net)
 通勤や通学、そしてちょっと街まで自転車で買い物に、そんなときに普通に使ってしまう幹線道路。でも、背後から迫ってくるクルマに神経をつかい、歩行者、オートバイにも気をつかい、目的地に着いた時には疲労困憊。おまけに排気ガスで頭や鼻の中はすすだらけ。そこで、自転車のための安全で快適な抜け道はないかと実走取材でガイドする郊外と都心を結ぶ12の快適抜け道ガイド!!

これはかなり実用度が高そう。
車の「抜け道」本は既にありますが、自転車では初めてではないでしょうか。

紹介文にあるように、自転車で幹線道路を走ると神経を使います。(特に車の流れが速いところや路肩が狭いところ)
土地勘のある所なら迂回ルートをとることもできますが、慣れない場所ではそうもいかず、仕方なく「決死の覚悟」で目的地に向かわなくてはならない事も。
そんな時はドライバーだって追い越しに気を使うでしょう。
安全に走れる道へと自転車を「逃がす」事ができれば、自転車と車の双方にメリットが生まれると思います。

表紙には「郊外から都心まで快適で安全な12ルートを完全紹介」とあるので、これから都心への自転車通勤を始めようとしている人には大いに役立ちそうですね。
その代わり、自分で抜け道を開拓していく楽しみは減ってしまうかも?
【気になるニュース】カテゴリーの記事

  1. 2008/03/28(金) 21:48:32|
  2. 気になるニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ほっかほっか畑

昨日の朝、自転車に乗ってさあ出発・・・と思ったら不思議な光景に出会いました。

放射霧

な、なんだこれは。畑の中から湯気がもくもくと・・・。
思わず立ち止まってじっくり観察。
眺めているとなんとなく炊きたてのごはんに見えてきます。
ここだけでなく他の畑でも同じようにほくほくしていました。

気になったので調べてみると、これは「放射霧」といって霧の一種だそうです。

Wikipediaより
放射霧
晴れた冬の日などには、地表面から熱が放射され地面が冷える。そうして冷えた地面が、地面に接している水蒸気を多く含んだ空気を冷やすことで発生するもの。

なるほどー。炊きたてに見えたけど実は冷やされていたんですね。
でも朝からちょっと幻想的な風景を見られて得した気分でした。
【自転車通勤】カテゴリーの記事

  1. 2008/03/26(水) 01:51:32|
  2. 自転車通勤
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アウトドアバイクデモ2008(オフロード試乗デー)に行ってきた

さがみ湖ピクニックランドで開催された自転車試乗イベント、「アウトドアバイクデモ2008」に行ってきました。

アウトドアバイクデモ

このイベントは土日の二日間に分かれて行われるオンロードとオフロードの試乗会で、それぞれ屋外ならではの本格的な試乗コースを走る事ができるのが特徴。
例によって会社の自転車部のゆるいイベントとして遊びに行くことになりました。
ロードとMTBのどちらに行くか協議した結果、普段はロードに乗る人が多いし、自分も含めてMTBで山道を走ってみたいという人が多かったので「オフロード試乗デー」の方に行ってみることに。

ただ、せっかく相模湖まで行くのならイベント開催の前に軽く周辺を走りたいと思い、「7時に相模湖集合で軽く走りませんか?」とメーリングリストにポストしたら一人「釣れ」ました。

相模湖大橋
相模湖大橋のたもとの無料駐車場で待ち合わせ。朝はまだ寒く、気温は4度

大垂水峠
とりあえず大垂水峠に登ってみる

Uターンしたら1万円
うかつにUターンできません

大垂水峠から見た富士山
峠からは富士山が

勝瀬橋で一休み
勝瀬橋で一休み

先日変えたLOOK KEOの黒クリートですが、予想に反して違和感はまったくありませんでした。
ダンシングしても問題なし。非常にいい感じです。
変えてみて気づいたのは、

・ 靴の中でも足が多少動かせるのでまったく遊びがなくなる訳ではない。(それだけで十分とも言える)
・ より短いストロークでリリースできる

といったところ。
特に二番目は、少しひねっただけで外れるので楽な反面、大きく力を加えた時に外れたら怖いな、とも思いました。
ただこれはペダルのリリース強度を少し上げてやることで解決しそうです。

そんなこんなでペダルの感触を確認しながら20kmほど走り、MTB会場へ。
MTB会場はピクニックランドの北西にある第二ゲートから入場します。

ダウンヒルコース
ダウンヒルコース

MTB会場にはたくさんのブースが出展
MTB会場にはたくさんのブースが出展

テスタッチのシクロクロス
テスタッチのシクロクロス

上級コースの難所
上級コースの難所

合流地点でちょっと渋滞
合流地点でちょっと渋滞

試乗の手順はいつもと同じく、エントリーシート記入→試乗タグ支給→各ブースに声をかけて借りるという流れ。
昨日のロードはどうだったのかわかりませんが、MTBの方はほとんどのメーカーで待つことなく乗れます。
とりあえず目についたやつから手当たり次第に試乗。

コースは初級・中級・上級と分かれ、中・上級は山の中に分け入っていきます。
何も考えず上級コースへ行くと、途中で恐ろしい斜度の難所が待っていました。
ギアを一番軽くしてから勢いをつけてチャレンジしてみたものの、橋の手前でスリップしてしまいあえなく足着き。く~もうちょっとなのに。
見てみるとほとんどの人は押し歩き。

悔しいので自転車を変えては何回もトライしていたら、最後に何とか足を着かずにクリアできました!
思わずガッツポーズ。
重心を前に出せるのでハンドルが低めの方が登りやすいみたいです。(その代わり下りは怖いですが)

また中級コースもクセモノで、途中に段差付きの急斜面が設定されています。
これはかなり怖かったです。というか1回走って後は敬遠してしまいました。
派手に落車している人も何人かいました。(朝一緒に走った人も・・・)
中級にしてはコース設定が厳しいんじゃないかな~と思いましたが、単に自転車で急斜面を降りるのに慣れていないという事かもしれません。

バニーホップショー
バニーホップショー by 櫻井考太選手(アキファクトリーチーム)

10台くらい乗ったらさすがに疲れたので、最後にバニーホップショーを見物して撤収しました。
普段と違う筋肉を使ったためか体の節々が痛いです。
MTBで山道を走るのは初めてでしたが、「思ったより難しい」というのが正直な感想。
別にナメていた訳ではないんですが・・・。

・ 急斜面を駆け上がる時は重心を前へ出さないとウイリーしてしまうし、逆に下りでは腰を引かないと危ない
・ ディスクブレーキはロードのブレーキのつもりで引くと危険
・ ちょっとでもスリップすると本能的にビビッてしまう(滑らせて走るという発想が浮かばない)
・ 路面に気を取られてシフト操作を忘れる

こんな感じで、ロードとの違いが余りに多くていっぱいいっぱいでした。(特に前後の重心移動)
途中からやっと楽しんで乗れるくらいの余裕が出てきましたが、最初の方はおっかなびっくりという感じ。
それでも何十万円もするMTBで山道を走ることができたのは貴重な経験でした。(中には80万円なんてのも)
ここはイベントの日以外でもMTBをレンタルできるしコースも常設なので、また機会があったら遊びに来ようかな。
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2008/03/24(月) 02:55:16|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これは「シャカリキ!」なのか?

以前より「シャカリキ!」が映画化されるというニュースがあちこちで流れており、このブログでもエキストラ募集の告知を紹介したことがありましたが、よくよく確認してみるとどうも原作とはかけ離れた内容になってしまいそうです。

「シャカリキ!」に駆ける!人気自転車マンガがD‐BOYSで映画化(SANSPO.COM)

という記事があったので読んでみると、

 廃部になった自転車部の復活にかける主人公、テル役にはD-BOYSのリーダー、遠藤雄弥を抜てき。フジテレビ系「のだめカンタービレ」で見せたコミカルな演技で注目を集め、現在放送中のNHK大河「篤姫」の有村次左衛門役を好演中の若手注目株だ。

なるほど、D-BOYSという人達は知らなかったけど若手の注目株が起用されたんだな。
しかし亀高自転車部はいつから「廃部」になったんだっけ?

 チームのクールなエース、ポッポ役には昨年放送の「仮面ライダー電王」に主演してブレークした中村優一。テルに挑戦状を叩きつけられるライバル校のエース、ユタ役は昨年の「獣拳戦隊ゲキレンジャー」に主演した鈴木裕樹が扮する。

えーと、ポッポって誰?
あ、鳩村か。鳩だからポッポか。(いやいや)
どうもイメージが違う気が・・・。

もうひとつ。「ライバル校のエース、ユタ」?
確かにライバルではあるけど、同じ高校だよなあ。
しかも「鳳帝」のジャージ着てるし。ここって例のサイボーグ軍団のところではないか。

そして極めつけ、

亀ヶ丘高(亀高)に転校してきたテル(遠藤)が自転車で颯爽と坂道を駆け上がる姿を、ポッポ(中村)ら自転車部員が目撃し、無理やり入部させる。インターハイでテルは宿敵、鳳帝高のエース(鈴木)の挑発に乗り、失格に。亀高自転車部も廃部になってしまう…。

この頃のテルが「颯爽と」坂を駆け上がったことはたぶん一度もないのでは・・・。
(さすがに若手の注目株がヨダレ垂らして坂を登ってという訳にはいかないのは察します)
そしてやっぱり廃部の文字。

うーん、どうしてストーリーを変えちゃうんでしょうかねえ。
個人的には原作のままがよかったです。
子役のキャスト紹介がないところを見ると、少年時代の「坂の町」のエピソードも削られちゃっているのかも・・・。

「そんな指摘をするのはマニアだけ。映画なのだから一般受けすればよい」という見方もあるかもしれませんが、このマンガに関しては特に思い入れが強いのでついつい気になってしまいます。
撮影は3/20からクランクインしており、4月いっぱいでクランクアップ。公開は9月との事。
どんな作品になるんでしょうか。
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2008/03/22(土) 14:58:16|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ