タイトル

レースよりきつい・・・袖ヶ浦練

袖ヶ浦練

今日は1ヶ月ぶりにチーム練に参加。
5月は銚子ツーリング、佐渡ロングライド、TOJ市民レースとイベント続きで全然チーム練に出られなかったのでかなり久しぶりです。
6月のひたちなかに備えて練習場所は袖ヶ浦周回コース。
ちなみにひたちなかはカテゴリーレースとエンデューロ(2時間)にダブルエントリーしました。メインはカテゴリー、エンデューロは練習半分という感じで。

久しぶりのチーム練は今日も盛況。20名弱で袖ヶ浦へ向かい、一周18km×3周の練習会がスタート。
1周目・・・いきなり速い。37~40km/hくらいで皆飛ばしてます。
「1周目はゆっくり」という暗黙ルールはもうどっか行っちゃいましたね(笑)
しかし1周目から中切れが起きるほど速いのは初めてかも。

バックストレート(やや追い風)で先頭が回ってきたので47km/hくらいで引いて、その後は集団後方に下がって休憩タイム。
海岸線に出たあたり(モロ向かい風)でジョー君がペースを上げ、その後交代したゴッティさんが43km/hで鬼引き。これには泡吹きながら何とか食らいついていきましたが、結構遅れた人が多かったみたいで折り返し点では4人になってました。

2周目は再び集団を作ってやや落ち着いたペースで周回。しかし結構脚にきてる感じ。
バックストレートでゴッティさんがアタックしたけど反応できず、集団内でお見送り。今日はいつもより全然余裕がない・・・。
あと、何となくちょうどいいギアが決まらなくて、無駄な変速を繰り返してました。やっぱり9速じゃ選択の幅が限られるなあ。時代は11速なのでだいぶ取り残されてます。

3周目のバックストレートでもゴッティさんがアタック。I井さんが単独で追走して追いついた(強いな~)。後続は回して捕まえる作戦。
4、5人で結構なペースで追いかける。自分の番が来て、もうゴールスプリントは捨てていいやくらいの気持ちで踏んで追走。メーター見たら51km/hでした。
何とか前の二人を捕らえたものの、復路に入って今度はH詰さん、ゴッティさん、ジョー君が飛び出す。もうヤメテ(笑)

I畑さん、FUNAさんと協力して先頭に追いつき、最後はH詰さん、FUNAさん、ゴッティさんと4人でスプリント。
もう力が残ってない感じだったのでせこく着いていって、ラスト100mくらいからスプリント開始。
右側からまくって、H詰さんには抜き返されたけど何とか2位でフィニッシュ。(後で聞いたらFUNAさんとゴッティさんがスプリント時に軽く接触していたみたい。落車しなくて何よりでした)

終わってしばらくは酸欠でまっすぐ走れず・・・。今日はほんとにきつかった。
たぶん他の人も同じ意見だと思いますが、大井埠頭のレースの方がはるかに楽でした。いつもの事ながらいい練習になります。

そういえば・・・気づいたらもう来週は富士ヒルクライム。
全然山練してないなあ。
【チーム練】カテゴリーの記事

  1. 2009/05/31(日) 23:52:17|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

エヴァディオ ハンディーポンプテレスコープI

携帯ポンプを買い換えました。
購入したのは、以前ネットで見つけて気になっていた「エヴァディオ ハンディーポンプテレスコープI」。

エヴァディオ ハンディーポンプテレスコープ I

特徴はシャフトが2段階に伸びること。これによりストロークが長くとれるので一度に多くのエアを入れられるんではないかと期待。
公式サイトの取扱ショップリストを見てたらいつもお世話になっているカヤギサイクルさんが載っていたので、問い合わせてみたところ「在庫あります」とのお返事。ようやく今日受け取りに行けました。

とりあえずどれくらい伸びるのか、今まで使っていたGIYOのポンプと比較。

GIYOのポンプと比較
通常の状態だとハンディーポンプの方が短い

伸ばしたところ
しかし伸ばすとGIYOより長くなる

メジャーで測ってみたら閉じた状態で約20cm、最大まで伸ばすと約40cmでした。
通常の状態ではコンパクトに収まるというのはいいかも。これのもっと短いバージョンも出たようですが、自分はボトルケージ脇にマウントする派(というかサドルバッグを使わない派)なのでこの長さで問題なし。

お次は実際にエアを注入。
これ、携帯ポンプなのにちゃんとストッパーがついているので、途中で外れたりする心配がないです。
あと、バルブにつけたり外したりする時も全然エアが漏れない。うちのフロアポンプより優秀だ(笑)
高圧になってくるといきなりポンピングが重くなりますが、その分「たくさん入ってる感」があります。
5分もかからず7気圧まで入ったので合格でしょう。

難点を挙げるとすれば、ポンピングするたびにシャフトが当たって「スココン!スココン!」と派手な音がする事かな。
深夜の住宅街でパンク修理してたら窓を開けて覗かれるレベル。
しかし機能的には文句なしだと思います。

例によってアダプタはそのままでマウントできました。

ボトルケージにマウント

さて、あとはこれを実戦投入する日が・・なるべく来ないことを祈ろう(笑)
【お買い物】カテゴリーの記事

  1. 2009/05/30(土) 23:43:43|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

水抜き

先週水抜きしたばかりなのにまた今週もでござる・・・の巻。

水抜き中
【CT-1】カテゴリーの記事

  1. 2009/05/27(水) 02:15:14|
  2. CT-1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ツアー・オブ・ジャパン 市民レース

先週末は大井埠頭でツアー・オブ・ジャパンの市民レースに参加してきました。

逃げ集団


↑ こちらは午後の国際レース。

当日はあいにくの雨。先々週の佐渡で大雨の中を走ったので当分雨は勘弁願いたかったのですが・・・。(そろそろ雨男と呼ばれても反論しづらくなってきた)
でもまあ、お天気は仕方ない。皆条件は同じだし。落車にだけ気をつけよう。
という事で車のハッチバックを雨よけにしてローラーアップ開始。

今日のコースは1周7kmを3周で21km。完全フラットだしスピードも上がるだろうから、いつもより強めにアップする事に。90%まで段階的に心拍を上げながら30分ほどくるくると。結構汗だくになりました。
でもローラーを降りると寒い!とりあえずアームウォーマーだけつけて、震えながらスタート地点へ。

自分が出場するのは一般男子2-A、JCRCで言えばD,Eクラスに該当します。出走は60人くらい?
URCからは、O田さん、MIKさん、ロビンさん、カズキ君、N原さんが同じクラスに参加。URCだけで6人もいる(笑)
あと、エントリーリストを見ていて気づきましたがシャ乱Qのまことさんも同じクラスでした。(スタートで並んでる時に探してみたけどよくわからず)

実はフラットコースでのレースというのは生まれて初めて。チームの人にどんな感じですかと聞くと「袖ヶ浦練みたいな感じ」という答えが多く、じゃあ相当きつそうだな~と不安でした。ちぎれないようにしなければ。
今日は雨だし落車もあるだろうから、とにかく前にいようと肝に銘じます。

スタート列に並んでいたらカズキ君が隣に来て「○さん、今日はお願いします。」と言ったので、これはアシストしろって事かな~と(笑)思いましたが違うっぽかったので「お互い落車に気をつけて頑張ろう。」と声をかけました。
上級者クラス、一般男子1、と1分間隔で出ていっていよいよ自分のクラスがスタート。

1周目。ペースは思ったより速いと感じず、割と楽に着いていける。アップの効果かな。でもやっぱり雨の集団走行は怖い・・・。コーナー手前では皆で声(というか怒号)をかけ合って慎重に曲がっていきますが、たまにグレーチングや白線の上を通るとヒヤッとします。
先頭は4人くらいが飛び出していたようですがしばらくして吸収された模様。

今日は雨のためまともに試走していなかったので、まずはコースを覚える事に専念。途中でクランク状になっていたり、コーナーで膨らむとキャットアイの向こう側に入ってしまったりとなかなか気を抜けません。
URCではO田さん、カズキ君が前方でいい位置をキープしている様子。

2周目。20~30番手くらいだったのでもう少し前に上がりたいところ。しかし集団の中央に入ってしまうと外からどんどん被せられて、気がつくと後方に追いやられてしまいます。仕方なく道が広くなったところで外から上がるものの、また押し込まれて戻されて・・・の繰り返し。なかなか前に出られない(笑)
皆考えていることは同じですね。

そんな中、自分の左前方で落車発生。連鎖的な接触の末に一番外側の人がバランスを崩し、「ガッシャーン!」
うう~怖いよ~。これでだいぶ戦意喪失。
ビビッているところへ今度は自分の右腰の辺りにドンッと衝撃が。左に少し押し出されると、すぐさま後ろから「膨らむなー!」の声が。いや、膨らみたくて膨らんだ訳じゃ・・・しくしく。
それでも少しずつ位置を上げながら最終周へ。

3周目。最終周で一気にペースが上がるかと思いきや、これまでと変わらず。集団内でも「今日は遅せーなー」という声が聞こえます。(それでも後で見たらave43km/hだったのでそんなに遅すぎでもないはず・・・集団の効果かな)
ラスト1kmを過ぎてから10番手くらいまで上がり、最後の直線に入ったところで5番手くらいにつけました。

先頭は数人が縦一列となっていて、その中にO田さんの姿も。残り500m。しばらく後ろを着いていって、残り400を切ったあたりで先頭がバラけたので下ハン持ってもがき始める。まあ今冷静に考えれば早過ぎますがこの時は「いける!」と思ったんだと思います(笑)

先頭に出て、全力でもがいてもがいて・・・そろそろだろ、と思って顔を上げたら残り150m(爆)
そこで完全に脚が売り切れて、思わず「もうダメだ~」と情けない声を上げながら、それでも一応踏み続けましたが後ろから来た数人にきれいにまくられました。
これじゃー前回の群馬と同じじゃん、、と思いながら最後は失速しまくって燃えカス状態でゴール。くぅ~。

しかし、ゴール後のアナウンスで最後に名前が呼ばれて、何とか6位に残れたみたいでした。また全員に抜かれたかと思ったけど。
ギリギリ6位とはいえ一応初めての入賞。例によって反省点も多いですが、ここは素直に喜びたいと思います。

やっぱり最終局面での位置取りと、仕掛けるタイミングが重要なのかな・・・。でも前回の群馬と今回のレースで、何となくですが自分のタイミングが分かってきた気がします。
何より、先頭集団でのスプリントを初めて経験できたのが良かった。(今まではそこまで到達できていなかったので)
今回もいろいろ勉強になりました。

URC方面も、2位やら3位やら、初レースで4位(!)やらすごい事に。
皆さんすごすぎます。また練習で揉んで下さい。

次はもっと上位を目指して頑張るぞ~。

賞状と記念ジャージ
グリーンジャージを貰ったのでスプリントを練習します。着ては走らないけど(笑)
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2009/05/26(火) 12:14:52|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ジロ・デ・イタリア ネットライブ

今年もジロ・デ・イタリアはネットライブで楽しんでます。(スカパー契約してないので・・・)

ジロ・デ・イタリア ストリーミング中継

ネットライブが見られるサイトはいくつかありますが、個人的おすすめはこちら。
http://www.channelsurfing.net/

ページ中ほどの「Giro d'Italia~」のリンクをクリックすればOK。
画質はRaiよりもきれい。ADSLで4Mbps程度の環境ですが、待ちが発生することもなく快適に見られます。
あと、実況は英語で割と落ち着いているのでRaiのイタリア語がやかましいと思う人にはいいかも(笑)

おまけとして、CYCLING TIMEのテキストライブを隣にでも開いておけば詳しい展開もわかります。

今年のジロは熱いですね~。

【関連記事】
ジロ・デ・イタリア2014 ネットライブ
ジロ・デ・イタリア2013 ネットライブ
ジロ・デ・イタリア2012 ネットライブ
ジロ・デ・イタリア2011 ネットライブ
ジロ・デ・イタリア2010 今年もネットライブで
【ネットライブ】カテゴリーの記事

  1. 2009/05/22(金) 23:41:48|
  2. ネットライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
| ホーム |
次のページ