タイトル

周回数アップ!・・・のチーム練

先週の土曜日はURCのマリアローザなティーパーティーに参加したかったのですが・・・こんな日に限って休日出勤が~(泣)
しかもまた朝っぱらからこんな閉塞感溢れる場所での作業で、相変わらず騒音もひどくて夕方終わった頃にはへとへと状態。
美味しそうなケーキは食べそびれてしまいましたが、2次会には何とか間に合ったので良かったかな。お二人ともおめでとうございます&お幸せに!

そして翌日はいつものチーム練。この日はH詰さんから「早めに集まってチーム練(7周)の前に5周しましょう」というお誘いがあり、体力的に不安がありましたが乗っかってみることにしました。トータル12周だと約100kmになります。
8時に暁星国際周回コースへ行くとAQULSの方々も含め既に8名の猛者達が。これは・・・やばい香りがプンプンするぞ~(笑)

H詰さんから「速すぎず遅すぎずで」という指示がありスタート。最初は割とゆっくり。ただ2周目の下宮田の坂でMIKさんの鬼引きがあり(笑)、息絶え絶えに。
その後は少し落ち着いて、9人でまとまって周回。一定ペースで楽に走れました。
5周目は平坦区間で先頭が回ってきたので下宮田の坂まで引いて、前で登っていたら数人がアタック。頑張って追いかけて最後の短い坂でスパートしましたが、FUNAさんとTNIさんに交わされて終了~。

もうこの時点で大体脚が終わってました。(早)

7周回スタート

その後、ショップからの本隊と合流して「本番の」7周回がスタート。うーむ、これから7周ですか・・・。
1周目は何事もなく終わったものの、2周目の下宮田で集団の後ろの方にいたらナチュラルに千切れてしまいました。あ~あ。
その後もめげずにイーブンペースで行くと、前の集団からポロポロと何人か降ってきて自然と追走集団に。メンバーはo-taさん、TNIさん、王子、舞浜くん。
しばらくいい感じで回していたものの、5周目の下宮田で力尽きまたもや千切れました。がっくし。
6周目は舞浜くんと二人で回っておしまい。さすがに7周目はパス。

なんか後半ボロボロだったな~。
でも普段は負荷をかけてこれだけの距離を走ることはあまりないのでとてもいい練習になりました。
次はもう少し粘りたい・・・。

ただ、最近やけに仕事が忙しくなってきてローラー回す時間(というか心の余裕)がなくなってきてる感じです。困ったな。
【チーム練】カテゴリーの記事

  1. 2009/09/30(水) 00:10:18|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

連休中の走行記録

連休中は2日ほど走りに出かけてきました。

桜堤通り

1回目はバンクを走った翌日、脚の疲れもあったので超ゆっくりのサイクリングペースで。
自宅~アカデミアパーク~戸面原ダム~長狭街道~三島ダム~久留里~自宅でちょうど100km。
2回目は連休4日目、もう少し距離を延ばそうと勝浦まで。
自宅~高滝湖~大多喜街道~勝浦~安房天津~清澄寺~亀山ダム~久留里~自宅で150km。
どちらもよく晴れて、ちょうどいい感じの涼しさで快適でした。

メキシコ通り

勝浦港

清澄寺

勝浦に行った帰り、久しぶりに清澄山に行きましたが、全然登れない・・・。
後半はほとんど12、3km/hくらいしか出てなかった気が。やっぱり普段から山に行ってないとダメだな~。

途中でランドナーっぽい自転車に乗る年配の方をパスしたので、「こんにちは~」と挨拶して清澄寺まで。ジュースを買って休憩していたらその方が登ってこられたので少しお話したところ、鴨川の病院に勤めていらっしゃるM島さんという方で、内房RCのMIKさんもよくご存じとの事。
「自転車は膝に負担がかからないし健康にもいいし、長く続けられるので最高ですよ」と、お医者さんが言うんだから間違いないでしょう。

この日は何となく自転車との一体感を味わえたというか、気持ちよく乗れました。(清澄山以外は)
67アルテグラのブラケットが手に馴染んできたせいか、あるいはただ単にお気楽マイペースで走っていたせいかも?

最後に勝浦で見かけた小ネタ。

日本で2番目に美味しいソフトクリーム
「日本で1番」と言わないつつましさ。

特急車両 停車?
停まるのか停まらないのかはっきりしてほしい。
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2009/09/25(金) 23:10:01|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

バンク初体験 in 千葉競輪場(後編)

王子行きます!

いよいよ1kmTTの計測。スタート台に二人ずつ並んで、片方が半周くらいしたらもう片方がスタート。500mバンクを2周します。
スタートのタイミングは自分で決めてよく、準備OKの旨を指導員の方に伝えたら後は自分が出た瞬間から計測開始してくれます。
スタート台から出る時は一度前に重心を預けてから後ろに引き、その反動で飛び出す感じ。でもとりあえず強く踏み込めば出られます。

ギアは基本的に最初から最後まで変えちゃダメとの事なので、後ろの歯数をどうするかが重要(前は52)。事前の試走で15だと重すぎ、16くらいでちょうどいいかと思っていましたが、3コーナーの向かい風もあるし後半はきっと踏めなくなるだろうと思い直して17でクルクル回す作戦で。
H詰さんからは「スタートしたらダンシングで一気にトップスピードまでもっていく。あとはひたすらガマン」というアドバイス。つ、辛そう。。

で、いよいよ順番がきてスタート台へ。FUNAさんと一緒でした。1回だけスタート台から出る練習をさせてもらえたのでおそるおそるやってみたら、まあ一応大丈夫そう。
最初にスタートするのは内側の自分から。「準備ができたら言って下さい」と言われたので、「OKです」と伝えて、せーのでスタート!

「せっ!せっ!せっ!」という(ちょっとカイジっぽい)かけ声を浴びながら第1コーナーへ。
ダンシングしすぎると体力を消耗しそうだったので、コーナーの中盤くらいで腰を下ろして残りはシッティングで加速。向かい風ゾーンではとにかく姿勢を低く。
1周回ってきて、「あと1周!」の声。この辺からもう酸欠で苦しい。ラインも乱れて白線をちょっと出てしまいました。
最後の3コーナーに入ってからは、脚に全然力が入らず踏めない・・・。でも何とか回して最後のストレートまでガマンし、力を振り絞ってゴール。

これ、きつすぎます・・・。
1周ダウンして戻ってきたら、足腰立たなくなってました(笑)
タイムは1分22秒04。いいのか悪いのかわからないけど、とりあえず今後の基準としてメモしとこう。
終わった後、H詰さんに「後ろ16だったらもうちょっとタイム出てたかもね」と言われましたが、最後の半周で踏む力が全然残ってなかった事を考えると何とも言えない感じではあります。うーん、どっちが合ってるのかな。また機会があったら今度は16で試してみよう。

4kmTT

最後はH詰さん、ジョーくん、soくん、自分の4人で4kmTT走をやる事に。4人で8周を全力走行。
これがまたきつかった・・・。途中でsoくんが切れてしまい(朝練のダメージが残っていた?)、ジョーくんがツキイチとなってH詰さんと二人でローテーション。また酸欠モードに。
最後はスプリント気味にゴールして終了~。タイムは・・・疲れすぎて聞くの忘れた(笑)

という感じで、初めてのバンク体験はとても強烈でした。
普段走っているのと全然違う世界ですね、これは・・・。ほんとに貴重な体験ができました。こんな機会を設けてくれたH詰さんに感謝です。
またお誘いがあったらぜひお邪魔したいと思います。

最後に、soくんから写真を提供してもらったのでいくつか掲載。やっぱりうまいっすなー。All Sportsみたい。

1kmTT

1kmTT

1kmTT

1kmTT

吠える王子
↑ これは自分で撮ったやつ。吠える王子!
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2009/09/21(月) 12:36:33|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

バンク初体験 in 千葉競輪場(前編)

連休初日は千葉競輪場で初めてのバンク走行を体験してきました!

千葉競輪場入口

数日前、URCでお世話になっているH詰さんからチームの掲示板にバンク走行会のお誘いが出ているのを発見。
前回は用事があって行けず、次はぜひ行きたいなあと思っていたので迷わず参加表明しました。
今回URCからはH詰さん、ジョーくん、カズキくん、FUNAさん、I橋さん、soくん、ぽっちゃり王子と自分が参加です。
I橋さんとsoくんはハードな朝練をこなした後だそうで。タフだなあ。

トレーニングマシン

地面埋め込み型ローラー台

タンカ

競輪場内へは正面入口ではなく脇にある裏口っぽい所から通してもらいました。
ここはどうやらレース前に選手達が待機する場所らしく、トレーニングマシンや地面と一体化した3本ローラー(通路の左右にたくさん並んでいる)、タンカなどが並んでいて男っぽい雰囲気。自然と気が引き締まります。
RACER'S GATEをくぐるとそこはもうバンク。

バンク

バンク

やっぱりバンクは迫力あるなあ・・・。ちゃんと走れるか心配。
他のチームや大学の自転車部の方々も来ていて、全体で30名くらいだったでしょうか。最初に指導員の方による簡単なブリーフィングがあり、次にバンク走行が初めての人だけを集めてH詰さんから注意点の説明がありました。

・ 競輪場は厚意で使わせてもらっているのできれいに使う。
・ クリートの付いたシューズで絶対にバンクを歩かない。(傷がつくので)
・ 基本は白線と白線の間の真ん中のラインを走る。
・ ブレーキは極力使わない。(急な速度変化は危険)
・ ボトル、ポンプ、サドルバッグなど落とす可能性のあるものは全部外す。
・ 追い越す時は必ず声をかけて。
・ 集団は最大でも5人程度。大きくなりすぎないように。(落車の被害が大きくなる)

以上を頭に叩き込み、さっそく集団走行の練習をやってみる事になりました。
URC8名+他のチームの方3名が加わったので2チームに分かれて周回開始。(1周500mを40周。先頭交代は1周ごと)

初めてのバンク走行は、まずコーナーが怖い。白線があるのはかなり内側の方なのですが、それでも結構な傾斜があって最初はびびってました。(何周か走ったら慣れてきましたが)
あとはブレーキを使わず前走者との間隔をうまく保つのが難しい。コーナーの入口はわずかに登っていて出口は下っているので、差が詰まりすぎたり開きすぎたり。
どうしてもチョコチョコとかけてしまうなあ。

自分のチームはH詰さんが30→35→40→45と段階的にスピードを上げていって、最後の10周あたりからはかなりのペースに。気がつくと人数も減ってH詰さんとFUNAさんと3人になってました。
風も強くて、第3コーナーのあたりはモロ向かい風できつい。
とりあえず何とか最後まで生き残りましたが・・・もう脚攣りそう(笑)

その後、大学生 vs Blancheの団体追い抜きを見学。さすがに先頭交代がスムーズできれいです。
コーナリングの途中でヒョイっと上の方に外れて、下りの傾斜を利用して最後尾にぴたっと着く感じ。うまいなー。

大学生の4kmTT

きれいにローテーションする大学生

競輪場

それが終わるといよいよ、「死ぬほどきつい」という噂の1kmTTの計測です。
いやー緊張してきた・・・。

後編に続く)
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2009/09/21(月) 00:49:46|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

袖ヶ浦フォレストレースウェイでアンカーライド2010開催

ついに袖ヶ浦フォレストレースウェイが完成するようで、しかもいきなりサイクルイベントが開催されます!(tszcheeさん、情報ありがとうございます)

ANCHOR RIDE 2010
SPORTS ENTRY イベント情報

2009年夏開催されたアンカー10thグランプリ2009に続き、アンカーライド2010-New model Impression-を開催!!舞台となるのはオープンしたばかりの注目のサーキット「袖ヶ浦フォレストレースウェイ」。1周2.4kmのコースは自転車乗りにはたまらないという最高のコース。もちろんアンカー選手も参戦します!!さらに会場ではアンカーの2010年モデルがいちはやくチェックできる展示試乗会も同時開催!!秋のアンカー祭りに、仲間と、家族と遊びに行こう!

実は以前から「11月に袖ヶ浦でエンデューロレースをやる」という話は聞いていたのですが、アンカーから公式に発表されました。エントリーも始まっています。
やはり目玉は何といっても出来たばかりのサーキットを走れること。そして都内から1時間以内というアクセスの良さでしょうね。
もちろん自分もエントリーする予定ですが、ソロでいくかチームでいくか・・・。

いや~それにしても、こんなに一気に話が進むとは。
地元と言ってもいいくらいの距離にサーキットができて、サイクルイベントもすぐに開催されるなんて。
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2009/09/20(日) 00:45:07|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
| ホーム |
次のページ