タイトル

ジャパンカップ観戦

富士チャレ200の翌日はジャパンカップを観戦してきました。





鶴の登り

実家を5時出発、途中でYasさんをピックアップして宇都宮の「ろまんちっく村」へ。そこに車を止めて自転車を組み立て、会場まで自走。去年と同じ作戦です。

それにしても今回は人が多かった・・・。去年の5割増しくらいかも?
会場の方も来場者増を見込んだのか、「グルメゾーン」(屋台村)が新設されていたり、オーロラビジョンが追加されていたりと充実してました。
あとなぜか安田大サーカスのクロチャンがたこ焼きを売っていたり(笑)。プライベートモードのサッシャも目撃。背でっか!

古賀志林道は人が集中してすごい事になってそうだったので、観戦場所は鶴CCとその手前の平地区間に決定。写真も撮りやすくてなかなかいい場所かも(ことごとく不発でしたが・・・)
それにしてもあの激坂をあの密度で登っていく集団はやっぱりスゲー。
新城選手は残念ながら不発でしたが、今年もいいレースが見られました。

しかし帰りの渋滞には参った。。
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2009/10/29(木) 06:40:55|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

富士チャレンジ200に行ってきた

先週の土曜日は富士チャレンジ200に参加してきました。
カテゴリーは初挑戦のソロ200km。制限時間7時間以内に富士スピードウェイを44周しないと完走証が貰えません。
去年の完走率は65%だったらしい。う、低いな。大丈夫だろか。。

不安に駆られて作ってみたラップタイム表。
1周4563mを44周
平均時速ラップタイム余り時間(制限時間7時間に対して)
28.6km/h9分42秒0
30km/h9分4秒20分
32km/h8分30秒45分
34km/h8分3秒1時間8分

8分30秒ペースならマージンが45分あるし、トイレ休憩とかトラブルがあっても何とかなるだろう、てなわけで8分半を一つの目安とする事に。
休憩は100kmくらい走って1回取るつもりで、それならボトルも2本あれば足りるかな。

問題は200kmという距離をどれだけの強度を保って走れるか。
距離自体はチームのセンチュリーランや佐渡ロングライドで経験済みとはいえ、サイクリングペースではないし、休憩もほとんどしないし、累積標高も2000m近くあるらしいので、まあ別物と考えた方がよさそう。
後半タレずに走り切れるかがカギかな・・・。

そんなこんなで当日を迎え、自宅を午前2時出発で一緒に200kmに参加のYasさんをピックアップしつつ富士スピードウェイへ。うーん眠い。
受付でゼッケンを受け取っていると、近くにいた女性の参加者が「ソロ200kmだって。よくこんなの参加しようって気になるよねー
はい。自分も最近までそう思ってました。(ていうか今もちょっと思ってる)

その後Yasさんと2周ばかり試走してスタートラインへ。位置は前から4分の1くらいで悪くないとこです。
お天気は曇りでやや肌寒いので半袖ジャージ+レーパン+アームウォーマー着用。ボトルはCCDドリンク×2、補給食はゼリー飲料を二つと明治のPERFECT PLUSバー×1、SOYJOY×3をポケットへ。
でもって町長挨拶やら招待選手紹介やらがあり、9時にいよいよスタート。

最初の1周はローリングスタートなので、集団の中に埋もれてゆっくり周回。
2周目からは良さそうなペースの集団に着いていきました。
1周回ってラップタイムは6分50秒。ってちょっと速すぎないか?でも何とか着いていけそうなのでしばらく乗っからせてもらう事に。
そんな感じで序盤はおおむね7分を切るくらいのペース。

スタートからしばらくは落車が多くて、あちらこちらで見かけました。
救急車に抜かれることも何回か。慣れてない人が多いのかわかりませんが、とりあえずなるべく同じ色のゼッケンの後ろに着くように心がける。集団からも「まっすぐ走れ!」という怒号が出てました。
下りから登りに差し掛かるところでは速度差による追突事故が起きそうだったので、一番右は空けつつもなるべく右側車線をキープ。

6、7周目くらいで後ろが騒がしいと思ったら、なんともう先頭が来た・・・はえー。
NIPPOの招待選手と名のある有力選手達がバイクの先導でばひゅーんと抜いていったので、やめときゃいいのに最後尾にちょっと着いてみました。
当然ながら段違いに速い。特に登りが速くて30km/hくらい出てたかな。途中から乗ったのにラップタイムは6分35秒。速すぎ。
さすがにあと5時間以上着いていくのは無理だとすぐ悟ったので途中下車。
2度目にラップされた時は集団がもう半分くらいに減ってました。恐ろしや・・・。

その後は小集団を作ったり乗ったり、たまに単独になったりを繰り返しながら周回。どうも集団が安定しないのは1コーナーからの下りと最後の登りでバラけるせいかな。
1コーナーといえば落車の多発地帯ですが、今回は路面の中央にぶっとい白線が引かれていて、これが結構注意喚起に役立っていた気がします。あの上に乗るとすごい滑りそうなので皆慎重になるのと、ラインキープの目印になるので。
あれを考えた人はなかなかうまい。

中盤は記憶も曖昧な感じですが、大体5周おきくらいに補給食を摂ってハンガーノックを防ぎつつ、ただただひたすら周回。
ちなみにSOYJOYはむき出しでポケットに入れてました。細くてポケットに一杯入るし食べやすいかなと思って(あと薬屋で安売りしてたので)チョイスしましたが、これすっごい手がベタベタしますね・・・。まあしょうがない。

で、なぜか22周(100km)を過ぎる頃には「ノーピットインでいけるとこまでいってみよう作戦」に変わってました。
ボトルの水も1.3本分くらい残っていたし、補給食もギリギリ足りそう。トイレも今のところ大丈夫そうなので、どうしても我慢できなくなったら諦めてストップする感じで。んーやれんのか。

100km組が抜けて人が少なくなった後半もひたすら走る。タイムは7分半~7分台後半とだいぶ落ちてきたけどまだいけそう。にしても長いなー。
30周を終えて残り14周からが、もう途方もなく長く感じました。ゴールを意識し始めたのがよくなかったのか、例えるならバイト中に時計を見て全然進んでない事にがっくりする感じ(笑)。しかし1周ずつ確実に減らしていってるのは確か。

ラスト3周あたりからは小雨が降ってきて、路面も濡れてきたのでコーナーは十分減速して慎重に。最後の最後で落車は嫌じゃー。
この辺りでさすがにタレてきて、ソロ200のゼッケンに結構抜かれてしまいました。あと3周、あと2周と言い聞かせながら走り・・・ようやくゴール!

つ、疲れた~・・・。
一応、保険でもう1周回ってからピットに帰還。
Yasさんはまだ戻っていなかったので、「おめでとう」「お疲れ様」といった言葉は誰からもかけられず(笑)、自分の200kmは静かに終わりました。
ここで佐渡と同じゴールアナウンスしてくれたら感動もんなんだけどな~。
ほどなくしてYasさんも帰還し無事に二人とも完走。お疲れ様でした。

携帯サイトでリザルトをチェックしたらタイムは5時間30分46秒。順位は113位/1000人弱くらい?でした。当初予想していたよりタイムは良かったし、ノンストップで走り切れたのは嬉しいけど、もうちょっとで二桁取れたのかと思うとなんか悔しい。
でも自分の力は出し切ったという実感があるので今回はそれなりに満足です。正直、もっとダメかと思っていたので・・・。

でもいつかは5時間切りを目指したいところ。それにはまだまだ力不足ですが。
このイベントは時間的にもコース的にも総合力を計るのにかなりいいベンチマークになると思うので、来年も出られたら出てみようと思います。(でもタイムが落ちてたらへこむなー)

お汁粉
ゴール後のお汁粉は最高~。ごちそうさまでした
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2009/10/27(火) 20:04:52|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

富士チャレンジ200の結果

とりあえず結果だけ。
タイムは5時間30分46秒、トップから57分遅れの113位で何とか完走しました。

やっぱり200kmは長い。。
あと落車が多かったなあ。

レポートはそのうちに。
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2009/10/26(月) 10:38:05|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

「固定」ローラー台で立ちゴケ・・・

もう何日か前の話ですが。
富士チャレ前の最後の悪あがきでいつものように帰宅後の固定ローラーを回し、最後にダウンで流していたら、ゆっくりと自転車が左に傾いていきました(汗)
あら?あららーーーとパニックになりつつも力任せにペダルを外して(ビンディングってこういう時にちゃんと外れてくれるのが偉い)、何とか踏みとどまってギリギリセーフ。

原因を調べてみたら、どうやらハブの固定が甘かったというか、正確には乗ってるうちにだんだん緩んできて最後外れてしまったみたい。
最近は片付けるのが面倒臭くてずっとローラー台にセットしたままだったので、緩みに気付きませんでした。っていうか普通そんなんで緩むかなー。

ローラー台

とりあえずもがいてる時じゃなくて良かった。
固定ローラー台は世界一安全な乗り物だと思ってましたが油断禁物ですね。
(↑単に使い方が悪いだけ)

【関連記事】
固定ローラー台でGP4000Sを半年間使った後の減り具合
ローラー台選びの参考になるサイト
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2009/10/23(金) 00:36:29|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

1枚で4賞ジャージ by 大友克洋

iPhoneの無料アプリに「雑誌ONLINE」というのがあり、これはその日に発売される雑誌を最初の数ページ立ち読みできるというものなのですが、たまたま今日発売の「ターザン」が目に留まりました。

Tarzan表紙

ターザンでは珍しくはない自転車特集ですが、イラストでツールの4賞ジャージ(マイヨジョーヌ、マイヨブラン、マイヨブラン・アポワルージュ、マイヨヴェール)を組み合わせて(かなり無理矢理)1枚のジャージにしてる。これは斬新だー。
しかもどこかで見たタッチだと思ったらあの大友克洋。そういえば自転車好きで有名でした。

よく見ると恥ずかしい毛?も若干見え隠れしてますね・・・。
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2009/10/15(木) 02:14:40|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
| ホーム |
次のページ