タイトル

盛りだくさんの袖ヶ浦練

今日はFUNAさんのお誘いで袖ヶ浦合同自主練に参加してきました。
7時にお店集合との事でしたが、袖ヶ浦周回コースは家から近いので現地集合とさせてもらう事に。
朝、外の様子を伺った感じではものすごーく寒そうだったので、極寒用の長袖ジャージにネックウォーマー、タイツ、トーカバーというほぼフル装備で出発。現地まではネックウォーマーを引き上げて耳・鼻まで覆う銀行強盗スタイルで。(そうしないと耳が痛くて・・・)

富士山

袖ヶ浦からは富士山がよく見えました。富士山と言えば、片山右京氏のニュースには驚きましたが・・・。

まだ誰も来ていなかったので、とりあえずアップがてら大回りを1周(18km)流し。何だか今日は車が多いな。
戻ってきたら前方からFUNAさん、たまさん、MIKさん、taoさんが来たのでご挨拶して合流。途中で王子とSO君も合流し、最終的には7人に。
ここから先は、中袖臨海通り(1周5km)の周回路を使い、FUNAさんのリードでいろんなメニューをやりました。
以下、書き出してみるとこんな感じ。

・ SFR(アウタートップ/低ケイデンス)×2
・ 高回転トレ(ケイデンス120以上キープで先頭交代しながら3周、ラスト1周は下ハン)×1
・ 片足ペダリング(左右)×3
・ 体幹トレ1(アウタートップ/両手後ろで前傾姿勢)×1
・ 体幹トレ2(インナーロー/両手後ろで前傾姿勢)×1
・ スプリント1(ゼロ発進/アウタートップ/シッティング/15秒)×3
・ スプリント2(ゼロ発進/アウタートップ/ダンシング/15秒)×3


個人的には高回転トレが効きました。まだちょっと筋肉痛・・・。
大体ケイデンス125前後で回していましたが、後半になってくるとお腹に力が入らなくなってお尻が跳ね気味に。心拍は一気に90%。でも心拍の割に脚の辛さはそれほどでもないというか、登りで心拍が上がった時よりも持続しやすい感じ。ただ、終わった後の脚の疲れ具合がかなりのものでした。

あと、ゼロ発進からのスプリントは全身の筋肉を総動員しないと加速してくれませんね。これもいい練習になります。
それにしてもFUNAさんのトップスピードに乗るまでの時間が短くてビックリ。どういう身体の構造?(笑)

袖ヶ浦練

集団で高速周回するのも楽しい(辛い)ですが、今日のようにメニューを組んでやるのもかなり効果ありますね。いろいろ課題も見えてくるし、ためになりました。
お疲れ様でした!

走行距離:76km
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2009/12/20(日) 01:50:42|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

デ・ジャヴ

最近ネットで見かけて共感を覚えたAA。

このWiggleって箱なんなの片付けなさいよ!
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2009/12/19(土) 17:52:01|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Carry-meの2010モデル

carry-me

久々Carry-meネタ。といっても最近あまり乗ってません・・・寒くて。
ロードなら多少寒くてもシャカシャカと乗ってるうちに暖かくなるけど、Carry-meの場合は元来のんびり乗るタイプの自転車なので冬場は辛いです。
それにしても今朝の寒さはこたえたな~。

今年はサイクルモードに行けなかったので、何となくマルナカ(Pacific代理店)のページをチェックしてみたらCarry-meの2010年モデルが載ってました。

Carry-me ⅡD

新たに「ⅡD」と「ⅡB」というグレードができたらしく、写真は「ⅡD」。それぞれシングルスピードと2スピードがあるみたいです。
「ⅡD」は写真で見るとCarry-meのトレードマークとも言うべき斜め下に伸びる補助フレームが2本ともなくなってる?ように見えますが、よーく見たらありました。色が白だから飛んじゃってるのか。
「ⅡB」の方は現行との違いは全然わからず。側面の「Pacific」のロゴはなくなってドット模様になってました。これは前の方がいいなあ。

それにしても、komaやA-Bikeといったライバル達が次々姿を消していく中、8インチ以下という特殊なジャンルの中ではCarry-meは比較的息の長いモデルではないでしょうか。
突出したものはないけどトータルバランスがいいという事なのか。

実際驚くほどよく走るし、重さも8kgを切っているし、畳めば接地面積A4サイズほどで自立するし、転がしての移動も非常に楽です。(押しながら小走りできるくらい)
長距離の走行はきついですが、自家用車や公共交通機関と併用するなら市街地用のコミューターとして非常に面白く使えると思います。

もしかしたら来年あたりブレイクするかもしれませんね~。(今のところ街を走っていて「お仲間」に遭遇したのは1年半で1回しかないですけど・・・)
【Carry-me】カテゴリーの記事

  1. 2009/12/16(水) 00:10:01|
  2. Carry-me
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

TOKYOエンデューロ Xmas Edition

スタート

土曜日は今年最後のレースとなる、TOKYOエンデューロ Xmas Editionに初参戦してきました。
コースは昭和記念公園の中を走る1周5kmの周回路で、マップはこちら。URCからは5チーム14名という大所帯での参加でした。(tszcheeさん運転ありがとうございます)

いきなりレースとは関係ないですが、個人的に気になったアイテム達。

電動DURA

会長のバイクの電動DURAが実戦投入。変速時にウィ~ンウィ~ンっていいます(笑)
間近でじっくり見るとやっぱりすげー。あとブラケットの握りがワイヤー内蔵してないからか細めで、持った感じがとても良かったです。

ミノウラ V270

買おうかどうか迷っているミノウラV270。チームの人が持ってきていたのでじっくり見られました。
音はだいぶ静かな方だと思いますが、借りているエリート クロノフルード エラストゲルに比べるとやや大きいかな・・・。
ワットマスターは安いしとても惹かれますが、負荷レベルとスピードがわかればミノウラの公開している出力対応表で事足りるし、有線式のメーターは何となくつけたくないというのもあり、エリートにも傾き始めてます・・・。

そんな感じでゆるくアップしてからスタート地点へ。自分は第3走者なのでのんびりモード。
ところがここでチームカーがインロックするトラブル発生!MIKさんが機転を利かせて対応してくれましたが、靴を閉じ込めた人がたまたまいなかったのは不幸中の幸いでした。

新城選手
スタート前の新城選手

会長
スタートしていく会長。いってらっしゃい

レースの方は、4時間エンデューロのカテゴリにFUNAさん、I橋さん、MIKさんとチームを組んで参戦。
2人、3人、4人とチームメンバー数毎にカテゴリが分かれていると思ったら、全部一緒でした。それだと人数少ない方が有利だなあ。
しかもピットロードの作りがかなり変則的で、一旦本コースを直角に外れてUターンして戻って来るというレイアウト。タイムロスもかなり大きいです。今年は工事の関係?でこんなピットになっているのだとか。

ピットロード
ピットロード

第一走者のFUNAさんが先頭集団キープで帰ってきて、二番手のI橋さんが出発。12:30頃交代のつもりで25分にピットに行ったら、交代待ちのtszcheeさんから「さっきI橋さんが来て、また出て行ったよ」との情報が。なぬーー。
ごめんなさい。もっと早めに待機しておくべきでした・・・。
数分後にI橋さんが戻ってきたので急いで交代して出発。(ちなみに、この待っている間に「新城選手の立ちゴケ」という珍しいシーンを見られました)

1周目、とりあえず試走とか何もしてないので様子を見ながら。ペースの合う人は見つからず、集団も来ない。こんな時は流して待っていればいいんでしょうが習性で無駄に踏んでしまいます。
途中で一人着いてきたので、少し引いてから交代の合図を出したら、なぜか下がってしまいました。
コースは完全フラットかと思っていたらそうでもなく、所々に細かいアップダウンがあり、直角に近いコーナーもいくつか。ただブレーキはほとんどかけずにいけます。
コース途中の段差でガコンとなるところが何箇所かありましたが、これはサーキットではないので仕方ないですね。

2周目に入ったあたりでようやく後ろから集団が。マトリックスやコラテックの招待選手が何人かいるので先頭集団かな?後ろに着いたら男女混合クラスのI畑さんもいて、「これ先頭集団」と教えてくれました。
スピードは序盤に比べると抑えられている感じで走りやすかったです。1回だけ前を引いたりしつつしばらくその集団で周回。ところが30分くらいして招待選手達がピットインのためか減速してしまい、集団はバラバラに。
I畑さんがあと1周で交代と聞いたので、二人で飛び出して回しながら(途中からもう一人追加)1周走り、ピットインをお見送り。この周がかなりきつかった・・・。
さてこれからまた一人旅かな~と思ったらタイミング良く後ろからなるしま列車が。

後半はなるしま列車に乗っかって気楽に走れました。なるしまの人が多くて何だかよその練習会にお邪魔してるような気分でしたが・・・。
結局トータル8周走ってアンカーのMIKさんにバトンタッチ。最終的には11位でフィニッシュでした。I畑さんと走った周が一番きつかったな~。
URCでは女子チームが2位、男女混合チームが優勝。おめでとうございます。
うーん来年はなんか少人数チームでリベンジしたいぞ。アンカー祭があればそちらに行ってしまいそうですが。

とりあえず今年のレースはこれにて終了。皆さんお疲れ様でした。
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2009/12/13(日) 22:44:46|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

エスプレッソマシンでラテ作成

注文していたエスプレッソマシンとグラインダーが届きました。
エスプレッソマシンはデロンギのBAR14N、グラインダーもやはりデロンギのKG364Jというモデルです。
という訳で早速ラテの作成に挑戦。

BAR14N
デロンギ BAR14N

エスプレッソロースト
エスプレッソ用に挽いてもらった豆があるので今回はこれを使用

タンピングしたパウダー
パウダーをフィルター容器に入れてぐっと押さえつける。タンピングというらしい

スチームミルクを作成
ミルクをスチームで泡立てる

エスプレッソ抽出中
エスプレッソをぽたぽた抽出する事20秒。ショットグラスがないので変なグラス。でもクレマ(泡)がしっかりできてる

ミルクを注ぐ
抽出したエスプレッソをカップに移し、すぐにスチームミルクを注ぐ

フォームミルクを浮かべて完成
最後にフォームミルクを浮かべて完成!雪だるまをイメージ(?)

飲んでみたら、うま~い!ミルクが非常にクリーミー。
家庭用でもここまでできるのかと感心しました。
他にもカプチーノ、モカ、アメリカーノなどバリエーションもつけられるのでいろいろ楽しめそうです。

【関連記事】
挽きたての豆でエスプレッソ
【お買い物】カテゴリーの記事

  1. 2009/12/10(木) 23:26:21|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
| ホーム |
前のページ 次のページ