タイトル

鹿野山のキリンとラクダ

今朝は「ツール・ド・草津当日なのに古本屋のバイトが入っていて行けない」というよくわからない夢で起床。
ちなみに古本屋のバイトは学生時代にずっとやってました。懐かしいなー。でもレースの日にシフトは入れないだろ普通。
今日は2時くらいまで時間がとれそうだったので、少し長めに走るつもりで出発。

かずさアカデミアパーク
経営破綻が報じられたかずさアカデミアパーク

まずはかずさアカデミアパークの山を越えて朝食を買うため小糸のミニストップへ。するとそこにFUNAさんの姿が。
聞くとこれから鹿野山を登って帰るとの事だったので、登りだけご一緒させてもらう事に。
雑談しながら福岡口を登っていくと、ゴール近くになぜかキリンとラクダ(の模型)が。あれ~こんなのあったっけ?
付近の雑草を刈ったような跡があるので今まで隠れて気付かなかったんでしょうかね。でもなんでキリンとラクダ・・・。

キリン+ラクダ+キリン
キリン+ラクダ+キリン

マザー牧場の乳牛
こっちは本物の乳牛(マザー牧場)

折り返してもう1本登るというFUNAさんに別れを告げ、こちらは天羽に下って戸面原ダム方面へ。
お天気は気持ちよく晴れてるけどいまいち寒い・・・。結局最後までウインドブレーカーを着たままでした。
あと微量ながら花粉が飛んでるっぽい。花粉症持ちの自分には厳しい季節が迫りつつあります。

戸面原ダムの坂を越えて長狭街道まで下り、左折して長狭中のセブンイレブンで休憩。そこから410号を北上して久留里~横田経由で予定通りの時間に帰還。
アップダウンが結構効きました。

走行距離:107km
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2010/01/31(日) 00:12:53|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

100kmチーム練・・・でちぎれる

スノボの翌日は恒例の日曜チーム練に参加。今週のメニューは100kmランです。
ただ、前日頑張りすぎたためか太ももに筋肉痛が・・・。今日は軽めにしとこうと思いながら7:40頃にショップへ行くと、いたのは会長だけ(寂)。しかしその後ぞくぞくと集まりました。全部で14、5人くらい?

コースは410号を南下して長狭街道のコンビニで小休止、その後余裕のある人はコスモクラシック方面へ大回り、ない人は長狭街道をそのまま進んでもみじロードへ。もみじロードを抜けたら天羽のコンビニで小休止、最後は鹿野山を登るか富津回りで帰るか好きな方を選ぶ、という感じ。(自分は結局全部楽な方へ・・・)

集団走行

朝はそれなりに冷え込みました。集団の3番手くらいから前を見ると先頭二人の吐き出す息が煙のようで、列車というより汽車に乗ってるみたい。
410号のアップダウン区間を少し引いた後は集団最後尾へ。君鴨トンネル手前の登りでH詰さん親子とH尾さんがアタック、それをゴッティさんが追っていったので頑張って追いかけ、そのまま後ろに着かせてもらってダウンヒル。
ゴッティさんが下りでも踏み倒すので着いていくだけできつい。H詰さん達をパスした後で先頭交代で前に出て、頑張ってもがいてみたものの、最後は力尽きて4番手でコンビニへ。あ~今ので脚が終わった・・・。

コンビニ小休止の後は(本当に余裕がなかったので)長狭街道組で行こうと思ったら、なぜか全員同じコースに。あら、他の人も意外と疲れてたのかな。
もみじロードの手前の2回の登りでは、前をどんどんパスしていくゴッティさんとFUNAさんの後ろにしがみ着いてひたすら我慢。うぅ~きつい。。
どうにかそのままもみじロードに入り、H詰さん、ジョー君、H尾さん、ゴッティさん、FUNAさんとしばらく走りましたが・・・途中の登り返しで限界に達してちぎれました。ちぎれ際にふらついてしまってジョー君にぶつかりそうに。すまーん。

一人旅モードになってからはペースを落とさないように天羽のコンビニまで。465号に入って後ろから来た王子とI橋さんに追いつかれたので、3人で走っていたら、左の側道から無理矢理出てこようとする車がいて(しかも2回)ヒヤリとしました。優しく(?)注意を促しておきましたが。
自転車は小さいからスピードが遅く見えるんですかね。とりあえず事故にならなくて良かった。

コンビニ小休止の後は、もうさすがに鹿野山を登る気力はなかったのでFUNAさん、I橋さんと富津周りで帰還。道すがらFUNAさんにホイール購入の相談に乗ってもらい、いろいろ参考になる話が聞けました。ありがとうございます。
今回も千切れたけど筋肉痛の割には健闘した方かな・・・。でもやっぱり土曜スノボで日曜自転車は無理があるかも。特に運転疲れというのはなかなか抜けないな~。

走行距離:107km
【チーム練】カテゴリーの記事

  1. 2010/01/28(木) 19:42:48|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

人生初の混浴に行ってきた

宝台樹でスノボを楽しんだ後はお楽しみの温泉タイム。
向かった先は、同行した会社の人が前からぜひ行ってみたかったという「宝川温泉」というところです。
聞くところによるとかなり有名な温泉らしく、しかも混浴とのこと・・・。

混浴ってTVなどでしか見た事がなかったので、その存在すらちょっと疑っていましたがどうやら本当にあるようです。
一体どんなところなのか、暗黙のルール(作法)はあるのか、目のやり場に困るんではないか、お湯は濁ってるのか透明なのか、そもそも男しかいないんではないか・・・と色々想像を巡らせている間に目的地に到着。

奥利根橋
宝川温泉は奥利根橋を渡った先の山深い場所にある

宝川温泉(宿泊棟)
立派な門をくぐると右手に宿泊棟

宝川温泉(受付)
奥に行くと受付。中央の建物は土産物屋と食堂

受付で料金を払うと「入り方わかる?」と聞かれました。もうこの時点でハードルの高さを感じましたが、幸い同行していた中に一人だけ経験者がいたので、説明はパスしてその人に皆で着いていく事に。
ぞろぞろ歩いて行くと、まず現れたのはおびただしい数の民芸品や彫刻など雑多な品々が両側にずらりと並ぶ長い通路。統一感があるのかないのかわかりませんが怪しげな雰囲気に圧倒されます。

謎のエリア
謎のエリア

色即是空
雰囲気のある建物

どんどん先へ進むと今度はいきなり熊!しかも2頭。
唐突に熊がいたので驚きました。体長1.5メートルくらいはありそうなツキノワグマです。距離が近いのでかなりの迫力。
近くに貼ってあった案内書きによれば、昭和25年頃から両手のひらに乗るほどの小さい2頭の小熊を手塩にかけて育ててきたそうで、いつしか温泉で遊ぶようになり「入浴熊」として有名になったそうです。
ちなみに現在は熊の入浴は許可が下りないそうで。(そりゃそーだ)

ツキノワグマ
ツキノワグマ

宝川温泉と熊
「宝川温泉と熊」(クリックで拡大)

で、ここからようやく露天風呂エリアです。アプローチを歩いて行くと眼下にかなりの広さの露天風呂が見えてきました。
更衣室とおぼしき建物に入るとお馴染みのカゴとロッカー。そそくさと服を脱いで露天風呂へ。(ちなみにここには「洗い場」はないです。みんな服を脱いだらいきなり湯船に入ります)
お湯は透明に近い感じでした。

露天風呂
右下の方に見えるのが露天風呂

お風呂はかなり広くて、しかもあちこちに点在していて行ったり来たりできます(ただし移動はタオル一丁)。最大のもので二百畳あるとか。
そして、若い女性も普通にいます・・・。なんでこんなにいるんだ・・・。
見てはいけないというよりも、見せてはいけない(何を)方に神経を尖らせつつ、ちょっと慣れてきたところで奥のお湯が湧き出ている方に移動開始。手前の方はどうにもぬるいんです。

しかしここでトラップにはまりました。
前を隠しながら立ち上がって奥のあったかい方に移動しようとしたところ、ちょうど岩陰の死角にあたるくぼみになぜかカップルが。(なんでこんな狭いところに~)

温泉のトラップ

このまま進むと女性のまさに目の前をあられもない姿で通過しなくてはならないため、瞬時の判断により、「パントマイムで衝立の向こうがエスカレーターであるかのように見せる芸」のようにスムーズに腰を下げ、頭だけ湯船から出た状態で通過して事なきを得ました。ふぅ~。

しばらくするとだんだん慣れてきて、同行メンバー達(もちろん全員男性)とタオル一丁であちこちの露天風呂へ。
途中で雪の積もった橋を裸足で渡らなくてはいけない場所があったり(「死のロード」と命名)、屋根に積もった雪が突然ドボーンと落ちてきたりと色んなイベントがあり新鮮でした。
結局1時間半くらい入っていたでしょうか。

ざっくり混浴のまとめ。

・ 女性は普通にたくさんいる
・ しかしよく見るとほとんどがカップルである
・ 男性の方が気を使っている
・ 女性はなんか楽しそうである
・ 最初は緊張するがしばらくすると慣れてくる
・ しかしさすがにノーガード戦法でウロウロする人はいない

といった感じです。
今回は貴重な経験ができて楽しかったです。でも、自分はやっぱりリラックスして入りたいので普通の温泉がいいかな・・・。
【旅行】カテゴリーの記事

  1. 2010/01/25(月) 19:44:51|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

雪の宝台樹でアルペン練習

土曜は会社のスキー部の面々と水上宝台樹スキー場へ滑りに行ってきました。

宝台樹スキー場
宝台樹スキー場

アルペンボード&ブーツ
今日もアルペンボード

今シーズンの活動はまだ2回目。本当は先週行くはずだったのですが人の集まりがよくなくて日程変更しました(私、一応スキー部部長です)。今回は部員とその友人も含め8名が参加。そのうち二人はスキーのインストラクターをしている女性、一人はJSBA2級のボーダー、それ以外の人達も上級者ばかり。要するに部長が一番へた(笑)

天気は朝からずっと雪でしたが、風がないので意外と快適でした。宝台樹は2回目だけど前回も一日雪だったような。
そして今日もアルペンボード。今シーズン(というかたぶんこの先も)は全部これでいく予定です。やっぱりやり始めたからにはうまくなりたいので。
という事で今日は初級~中級コースを行ったり来たりしながら一人で練習モード。

この日は雪質が良かったせいもあると思いますが、自分としてはなかなか良く滑れました。
最初に緩斜面で手足を曲げずに身体の傾きだけでターンする練習。ちゃんと傾けられているとこれだけで結構鋭く加速します。アルペンボードだからかな。
何回かやってるうちに(苦手な)フロントサイドの倒し具合がつかめてきたので、今度は普通にロングターン。お、前より倒し込めているっぽい。

そして、フロントサイドの時に右肩を意識的に上げるようにしてみたらさらにいい感じ(当社比)に倒し込めました。ターンの後半でギュイーンと加速する感覚。(この加速感がアルペンボードの醍醐味!)
そうかー今まで右手を雪面にタッチさせる事を意識しすぎて肩が下がってたんだな。「倒している」んではなくて「ただ重心を下げている」だけだったと。しばらく雪面タッチは忘れよう。

調子に乗ってミドルターン、ショートターンも練習。ミドルはまあまあだけどショートは難しい。とてもDVDで見たようなザッザッザッとリズミカルなターンにはほど遠いです。まずはロングターンがしっかりできてからかな。
中急斜面では縦落ち系にならないようになるべく弧を描いて下りるように意識。ブーツのバックルを少し緩めたのが良かったのか、前よりも足を柔軟に使えるようになってだいぶ下りやすくなりました。美しくはないですが。
ただ途中でコントロール効かなくなって派手に転倒。前足(左)のビンディングが外れ、衝撃でリーシュコードの留め具が割れてしまいました。今度買いに行かなければ。

宝台樹スキー場

そんな感じで午前中はひたすら一人で練習、お昼を食べて午後はボーダー達とコースを回り、2時過ぎに撤収しました。
今回はいくつか収穫もあったし雪も良かったので楽しかったな~。またすぐにでも行きたいです。

ところで、早めに上がったのは渋滞を避けるためではなく、温泉に行くため。スキー部の人が前から行ってみたかったという有名な温泉が近くにあるらしく、5時で閉まってしまうというので早めに上がって行くことになりました。

人生初の混浴体験・・・に続く)

【関連記事】
尾瀬岩鞍でアルペンレッスン
【スノーボード】カテゴリーの記事

  1. 2010/01/24(日) 19:41:22|
  2. スノーボード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

PCクラッシュ

会社で使っているデスクトップPCが突然起動しなくなってしまいました(泣)
開けて調べてみたらマザーボードのコンデンサが激しく液漏れしてる・・・もう5、6年使ってたからなあ。長持ちした方かな。

液漏れしたコンデンサ
液漏れしたコンデンサ

マザーボード
何となく未来都市っぽい

マザーボード交換で直せなくもなさそうでしたが、さすがに5年落ちは厳しいので、いい機会とばかりにその辺に転がっていたWindows7マシンを使わせてもらう事に。
HDDは生きてたのでUSBで外付けにして大事なデータだけコピー。今回は運が良かったけど、やはりバックアップがないと怖いですね。次からちゃんととろう。

Windows7を使ってみた印象は家のVistaとさほど変わらない感じ。まあマイナーバージョンアップなので見た目の大きな変化はないですね。今までXPで使っていたソフトも問題なく動いてます。
ただ、OSに標準でついてる電卓に住宅ローンの計算機能がついていたのにはちょっと驚きました。あまり先の事は考えたくないのに・・・(笑)
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2010/01/22(金) 18:47:04|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
| ホーム |
次のページ