タイトル

落車をゼロに近づけるために

JCRCの掲示板を見ていたら、スタッフの方から落車についてのコメントが書かれていました。
心に響いたので一部抜粋。

落車というものは、ミスと同じでゼロにすることは出来ません
ゼロにするとすれば、それはレースに出ないこと、自転車に乗らないことでしょう
それでは本末転倒です

でも落車をゼロに近づけることはできます
スタッフとして6年目になりますが、往々にして「雨の日で滑りやすそうなレース」や先日の修善寺のように「強風でふらつきそうなレース」ではあまり落車はおこりません

可能な限りの注意をして、充分な練習をしてレースに挑むこと
それが落車を減らす一番の策ではないでしょうか

コンディションが良いレースですと、皆いつもより結果をだそうとします(出せるからです)
でもやはり練習で出来ないことを、レースでやると失敗することが多くなります

互いに信頼しあえる集団走行を身につけるために、レースをイメージして皆さん練習に励んでください

確かに先日の修善寺ではいかにも落車が起こりそうな雰囲気でしたが、結局1回も見かけませんでした。
落車は不可抗力とか「レースにつきもの」とかではなく、皆が十分注意すればゼロに近づけられると。コンディションが良かったら尚のこと注意を払うようにというアドバイスですね。ちょっと目からウロコ。
肝に命じたいと思います。

安全に楽しくレースするためにも集団走行の練習は大事です。
レースに出てみたいけど集団走行の練習機会がないという方は内房RCの練習会に来てみませんか?(たまに集団で走ってるのは最初だけという日もあるけど・・・)
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2010/03/31(水) 20:35:33|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

千切れて終了・・・の袖ヶ浦練

袖ヶ浦練(の終わった後)

土曜の3チーム練に続いて本日は春シーズン最後の袖ヶ浦練。これから先しばらくは潮干狩りの車が路駐したりして危険なので練習場所が山の方に移ります。(たぶん)
前日入念にストレッチしたおかげか土曜のダメージはだいぶ抜けた感じ。朝ご飯を食べてショップに行くと「今日も長柄塾の方々が来る」という情報。ありがたい事です。
来週の館山での平地レースに向けて実戦的な練習ができそう。

ショップに集まった14、5人で袖ヶ浦に行くと、既にU沢さん、Y口さんがいらしていたのでご挨拶。U沢さん今日も自走らしい(笑)。さすがです。
その他現地合流組も合わせて20人超?の集団で、4周72kmのチーム練がスタート。
今回はコース中盤にある40km/h制限の標識を目印にして、毎周スプリントせよという会長の指示。なんかポイントレースみたいだなー。

1周目、最初のスプリントポイントで思い切って仕掛ける。取ったーと思ったら、標識1個間違えてました(バカ)。後ろからH詰さん達にまくられ4位。
2周目、次は間違えないぞとしっかり確認してからスプリント。今度こそ取っただろーと思ったら最後の10メートルでH詰さんに刺される・・・。思わず「あ~!」と叫んで2位。悔しい。
集団は絞られて8人くらいに。(でもショートカットでどんどん復帰できる。そういうコースです)

3周目は折り返し地点あたりでU沢さんがアタックし、一人逃げ。集団で回して追ってるのに追いつかないどころか逆に離される・・・。速すぎます。
結局そのままU沢さんがトップ通過、H詰さんFUNAさんが追ってその後ろで4位。
その後H詰さんU沢さんの二人が逃げる態勢になったので、単独で踏み倒して追いかける。でも単独だと思ったら後ろにジョー君がしっかり着いてきてました。ジョー君と交代で追ってどうにか前の二人をキャッチ。うーきつい。
一時はU沢さんと二人逃げの状態になったものの、最終周に入るところで集団が合流してきて振り出しに戻る。

で、ここまででかなり脚を使ってしまい、後はほとんど着いて行くだけで精一杯・・・。
すると折り返し地点からまたもやU沢さんのアタック!だめだ~もう無理。脚が言うことを聞かない。追走集団にも着いていけずTHE END。
最後で千切れてちゃ意味ないよなあ・・・。がっくし。
でも平地で千切れるほど追い込めたのだから、いい練習になったという事で。
しかし来週はあの人と一緒のクラスで走るのか・・・という現実に改めて恐怖を感じています(汗)。まあ他にも強い人がたくさん来るんですが。

終わってからはいつものように公園で楽しく歓談。しかし今日は真冬並に寒くて参りました。昨日も寒かったし、もうすぐ4月だというのになんでだろう?早く暖かくなってほしいですね。

走行距離:94km
【チーム練】カテゴリーの記事

  1. 2010/03/29(月) 02:51:09|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

3チーム合同自主練

久留里周回練

今日はH詰さんの呼びかけで長柄塾・AQULS・URCの3チーム合同自主練に参加してきました。
本当は会社のスキー部で滑りに行く予定でしたが年度末で忙しいためか人が集まらず、気持ち的にはこっちの練習会に行きたかったので独断で中止に。ミスターやる気のない部長。

朝の気温は思ったより低くなく、陽も出ているしこれから暖かくなるだろうと思って半袖上下にアームウォーマーとニーウォーマー+ウインドブレーカーで出撃。そしたらこれが大失敗。寒い!
しかも指切りグローブで来てしまった。集合場所に着いたら手足を露出させてる人は自分しかいませんでした。

アカデミアパーク近くのコンビニに集まったのは、長柄塾2名、AQULS3名、URC6名、中学生3名。長柄塾のU沢さんは数々のヒルクライムレースを制し沖縄でも200kmで上位に入るようなすごい方。今日は千葉から自走(!)で来られました。50km以上あるんでは・・・。
それにしてもこんな素晴らしい機会を作ってくれたH詰さんに感謝です。

全員揃ったところでH詰さんのブリーフィング。その後ジョー君を先頭に集団で久留里方面へ。
今日は人数が多いため、予定していた1周10kmの山岳コースではなくて1周5kmのアップダウンコースに変更しますとの事。正直ほっとしました(笑)
30分ほど走って練習コースに到着。場所は久留里駅から少し東に行ったところで、地図で言えば久留里城のすぐ北あたり。信号もなく、道も広くてとても走りやすい。登りは2箇所ありますがそれほど急な坂はありません。

トータル6周、最初の1周はゆっくり、残りの5周はハイスピードで、という指示でスタート。
1周目を終えて、2周目に入ってからの登りでU沢さんが先頭に出て一気にスピードアップ(ひ~)。何とか着いていってローテーションに加わる。やっぱ速いな~。
3周目くらいでメンバーはU沢さん、H詰さん、MIKさん、ジョー君、自分の5人に。今日は珍しく登りが調子よい。それほど斜度もきつくないので自分向きなのかも。

途中で何回か飛び出しがあったものの決まらず。自分も4周目くらいでへなちょこアタックしてみましたがアタックと認識されないまま集団に吸収。ま、こんなもんです・・・。
U沢さんは50km自走のハンデにも関わらず余裕が感じられます。むしろ待ってもらってるような感じ。この間の袖ヶ浦で実業団の人と走った時も思いましたが、やはり強い人に共通しているのはフォームが絶対崩れない。下も向かない。あとローテーションのタイミングとかもすごい参考になりました。

ラスト1周、最初の登りを越えてからU沢さんが先行して4人が追う展開。アップダウン区間でMIKさんが超強力な一本引きしてくれたので登りの入口でキャッチできました。(着き位置ですいません・・)
最後の登りはU沢さんとH詰さん親子から10メートルくらい遅れて着いていきましたが、ピーク手前でちょっと前のスピードが鈍ったみたいで追いついたので、先頭でトンネルをくぐって下りへ。
最後のゴールの目印は何だったっけなと思いつつ、わからないので早めにスプリント開始。そういえば黄色い標識だったと思い出したらまだだいぶ先で、力尽きてH詰さんにパスされ2着でゴール。
ぐはーきつかった~。

んー今日は思ってたより走れた気が。コースが自分に合っていたんじゃないかと思います。やっぱり長い坂、きつい坂は苦手だ~。(ジョー君は大好物みたいですが)
でも苦手とばかり言ってもいられないので自分なりに攻略法を探っていきたいです。あ、でもその前にエンジンの軽量化か。
あとやっぱり他のチームとの交流は楽しい。練習でも刺激を受けられるし。また次の機会が楽しみです。

走行距離:93km
【チーム練】カテゴリーの記事

  1. 2010/03/27(土) 21:52:08|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

チーバくん百変化

チーバくん

今年開催される千葉国体のマスコットキャラクターといえばチーバくん。

千葉県に住む不思議ないきもの。
好奇心旺盛でいろいろなことに挑戦するのが大好き。
未知のものに立ち向かうときほど勇気と情熱がわき、からだが赤く輝く。
食いしん坊でいたずら好きな面も。

というプロフィールをもち、横から見ると千葉県の形をしています。

このチーバくんですが、非常にかわいらしい。
個人的にはかなりお気に入りです。Twitterもフォローしてます(笑)
一度だけ"生チーバくん"にも遭遇した事がありますが、子供達に囲まれて大人気でした。

で、たまたま千葉国体のページを見ていたら、なんとチーバくんがいろんなスポーツに挑戦しているデザイン集を発見。
どうしても紹介したくなったのでいくつか載せちゃいます。これでチーバくんのファンが増えるかな。

陸上競技

シンクロナイズドスイミング

体操

新体操

セーリング

ウエイトリフティング

自転車

相撲

馬術

弓道

ライフル射撃

リード・ボルダリング

なぎなた

ボウリング

インディアカ

3B体操

武術太極拳

キンボール

案内所

トイレ

こちらです(右)

こちらです(左)

プレス1

交通輸送(トラック)

宿泊2

手洗い

調理

お弁当

歌って踊る

みんな一緒

【関連記事】
チーバくんのヘルメットが本気仕様になった
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2010/03/24(水) 22:30:09|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JCRC第2戦 日本CSC

日曜日は今年初のレース、修善寺のJCRC第2戦に参加してきました。

日本サイクルスポーツセンター

前日からものすごい強風が吹き荒れてアクアラインが通行止め。翌日も朝まで大荒れという予報だったのでカーボンホイールはあきらめてアルミホイール用のシューに付け替え。この天候では仕方ないかなー。(でも結果的には回復して大丈夫そうでした)
それにしても風の音がすごくて全然眠れーん。近くの区域では電話線も切れたらしいです。

当日はチームカーに家の近くまで迎えにきていただいて4:30出発。でもまだアクアラインが止まっているので丘回りで。突風で車体が振られ、豪雨がフロントガラスを打ち、おまけに西の空には稲光が・・・(笑)
これほんとにレースやるの?という感じで修善寺に向かいましたが、到着する頃には雨も上がってやや落ち着いてました。それでも強風は収まらず。

同行したのはFUNAさん(行き帰りの運転ありがとうございました)、姫さん、KONさん、H尾さん。別の車ではH詰さん親子と、少し遅れてtaoさん。同じCクラスにはAQULSのkobaさんも。
Dクラスに出走するスーパー中学生ジョー君はかなり自信ありそうな雰囲気。最近速くて着いていけないもんなー。
そして姫さんは前日140km走ったとの事(汗)。それは・・・アップでしょうか?

とりあえず受付を済ませ、1周だけ試走。今回は左回りなのでスタートしてすぐ下り、1号橋からだらだら登って長い下りを終えると2号橋からまた緩めの長い登りがあり、秀峰亭を過ぎると少し下って最後にややきつい登り、後はホームストレートまで一気に下るというレイアウト。
つーかどっち回りだろうが登りと下りという言葉しか登場しない、そんなコースです。
試走後は観戦席にローラー台を置いて、Bクラス出走のFUNAさんを応援しつつ30分ほどくるくる。風は収まるどころかますます強くなっている感じ。大丈夫かなー。

10時を回っていよいよCクラスの招集。一緒に出るのはKONさん、taoさん、そしてAQULSのkobaさん。
最初は集まった人数が少なくて、Aクラスみたいに10人くらいしかいないのかも?と思ったら後からぞくぞく集まりました。そりゃCクラスが少ない訳ないよなあ。
それでも53人エントリーで41人出走なのでいつもよりDNSが多い。やっぱりこの天気のせいか。

そうこうしてるうちに4周/20kmのレースがスタート。
ほぼ最前列から出て、2番手くらいで最初の下りへ。予想通り下から突風が吹き付けてきてハンドルをとられそうになる。こわ!
そのまま最初の登りへ。一人がナチュラルに先行して、集団が続く。背の高い外人さんが何やら喋りながら軽そうに登ってます。ダンゴ状態でピークを越えて長い下り。2号橋からの登りも結構いいペース。
んーなんか速いぞ。大丈夫か?とちょっと心配になりつつ2周目へ。

2周目の登りも相変わらず速く感じるけどまだ着いていける。外人さんも相変わらずよく喋る。「On your line!」(走行ラインを外すな)と言ってるのかな?全然違うかも。
kobaさんは常に先頭付近をキープして、シッティングでガシガシ登ってます。強いな~。
そして自分は2号橋からの登りで結構きつくなってきました・・・。自分がきつい時は周りもきつい、と言い聞かせて周りを見たらなんか余裕そうだし(汗)。やばいぞ。
とりあえず根性で集団キープ。

3周目。いつもなら脚を休められるホームストレートですが今日は別。超・向かい風で全然進まないし車体も左右に振られる。前走者に近づきすぎないように注意しつつ下って最初の登りへ。
いつの間にか集団の人数は半分くらいになっていて、全然気付かなかったけど徐々に切れていったみたい。そして自分も最後尾で今にも切れそうに・・・。
ここは踏ん張りどころだ、と思って力を振り絞ったけれど、1m、2m・・・と集団との間がゆっくり開いていって、ピークまであと少しというところで切れてしまいました。くっそ~。

その後はずっと一人旅。2号橋からの登りはペースを落として回復させ、気持ちを切り替えてゴールまで集中していこうと言い聞かせ、一人淡々と。
3周目の最後の登りで後ろから来たDクラスのトップ二人にパスされた・・・と思ったらジョー君だ!すげ~優勝争いしとるよ。
二人の数十メートル後ろから見ていると最後のスプリント合戦、見事ジョー君がまくって決めてました。やったな~おめでとう!
おじさんはあと1周だ!(泣)

4周目はなぜか3周目よりも楽に感じました。登りも脚がよく回る感じ。でも遅いんですけどね。
2号橋からの登りで他クラスの人を何人かパスしつつ、秀峰亭をクリア。後ろからCクラスが迫っている気配はなく、せっかくなのでこのまま抜かれないように頑張ろうと最後の力を振り絞ってピークを越え、ちょっともがいてゴール。22位。
きつかった・・・。

反省点。
単に登りが弱いというのもあるけど、それ以前にレースの強度で練習してないとダメだなと改めて思いました。
でもそれ毎週やってたら身体もたない気が・・・。身体というか、精神か。
でも今回は自分にしては珍しく、千切れた後も気持ちを切らさず最後まで走れたので、すこーし進歩したかなと慰めてます。
なんにしてもCの壁は厚い。精進あるのみ。

ちなみに前日140km走った姫さんは見事5位入賞。タフです。おめでとうございます!
kobaさんは7位。惜しい!次はBでしょう。
KONさんは不運にもシフトワイヤー切れ。アウターに入らないとあの下りでは厳しいですね。それでもインナーで追いかけたというのだからすごい。

ゴールスプリント

それにしてもジョー君はどこまでいっちゃうんだろう。ほんとに楽しみ。あわよくば着いていきたいけど、そううまくはいきませんねえ。



ところで本文と全く関係ないですが、Twitter始めました。
http://twitter.com/puyan77
まだ使い方よくわかってないです。でも修善寺に向かう途中で姫さんが開催についてJCRCに問い合わせた結果を自分がツイートしたら、即座にJCRCのつぶやきで返信が来たので驚きました。この距離感の近さはすごい。
面白そうなのでちょくちょくつぶやいてみたいと思います。
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2010/03/22(月) 16:06:00|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
| ホーム |
次のページ