タイトル

房総山岳ツアーで地獄を見た(笑)

4年目に突入しても相変わらず全然ゆるくない話が続く当ブログですが、今回は本当にきつかった・・・。

GW初日の木曜日、H詰さんの呼びかけにより長柄塾、AQULS、内房RC合同で恐怖の山岳ツアーが行われました。恐怖のというのは自分で勝手につけました。なぜなら予告されていたコースプロファイルがこんなんだったので。
ひたすら登って下って獲得標高3743m。もうちょっとで富士山登れる(笑)

スタート前

当日集まったのは3チーム合わせて12人。乗鞍チャンピオンクラス3位のU沢さん始め、いずれもハイレベルな人達ばかり。今日は生きて帰れるのか。
小櫃のローソンを8時に出発し、最初に向かったのは斉藤コース。
出だしから速い。長柄塾の人達を先頭にハイペースで登っていき、開始10分で集団はバラバラに。

何とか先頭グループに残って久留里から大福山へ。トンネルまでの短い登りは着いていったものの、林道に入ってからの登りであっさり千切れました。長柄塾の人達速すぎ・・・。
少し遅れていたH詰さんに追いつき、二人で大福山まで。ここで先頭グループに合流してしばらく後続を待ちます。

揃ったところで養老渓谷に下り、短い登りを一つこなして三石山方面へ。途中の平地もU沢さんが容赦なくペースを上げて休むヒマなし。
三石山は中盤までは前の方にいましたが途中で千切れ、先頭グループからやや遅れてピークへ。やばいもう脚終わりそう。

ここでkobaさんが時間切れとなり、途中離脱。最後まで先頭グループをキープしていて、やっぱ強いな~。
片倉ダムに下ってからtaoさんI橋さんも所用のため途中離脱。この時点でまだ全行程の3分の1も走ってないという事実に軽い絶望感を覚えつつ次の登りへ。

三石山

集団

鴨川有料の手前を右に折れて香木原林道。登りがやたら長く感じる・・・。
下りでアスファルトの穴ボコに突っ込んでしまい、明らかに変な音がしたのでリム打ちパンクやっちゃったか?と思ったらタイヤは平気。
その代わりハンドルが5cmくらい下がって戦闘的なポジションにさせられました。(あとで直しましたが)

君鴨トンネルからの下りも70km/h超でもがき合いして長狭街道のセブンイレブンで小休止。あ~もうほぼ脚終わったのにまだ半分行ってない。どうしよう。
ここでたまたまセブンイレブンに居合わせたロビンさんを勧誘。会ってしまったのが運の尽きという事で心中してもらいましょう。(でもその後の走りを見ているとかなり調子良さそうでした)

補給をとって10人で次の登りへ。嶺岡の激坂登って返す刀で愛宕山。脚を休めるタイミングがない・・・。
愛宕山は最後尾をヨロヨロと。待ってもらってすみません。
気持的にはとっくに限界を感じつつ向かった先は富山。もう笑いが出そう(涙)

しかし、前日の雨で路面がスリッピーだった事もあり(真の理由は登る気力が残ってなかった)、Y口さんO原さんロビンさんと途中までは登ったものの危険と判断して引き返しました。3分の1くらいの人はDNS。頂上まで行ったのはU沢さん、Y下さん、ジョー君、N村さん。キチ・・・もとい本物のクライマーな方々。
富山からの下りでブレーキレバーを握りすぎたのか指が攣る。生まれて初めての経験。焦りました。

富山

ありえない斜度

お次は津辺野山。ここは意外と調子よく、4番手くらい。
登り切ったところでY下さんがパンク。この時間を利用して地べたでストレッチ。
この辺りから脚を攣る人が増え始める(自分も含めて)。体感よりも暑いのか汗がすごい出てるので、水分補給をしっかりしなければ。
佐久間ダムを登り、いくつか小さい峠を越えてもみじロードへ。

もみじロードでもU沢さんがガンガン引きまくる。登りだけじゃなく平地も下りも容赦なしです。
しかし、勢いが良すぎて左に曲がるところをU沢さんだけ直進。大声で呼んでも届かず、どのみち追っても追いつけないので次の休憩ポイントで落ち合える事を期待して(言い換えるなら放置)残った人達は志駒の激坂へ。しかしその後ちゃんと復帰してきました。
そして自分はもう完全に脚が終了。ここでも待ってもらってヨロヨロフラフラ。あの世が見える(笑)

最後の休憩地点である天羽のセブンイレブンで補給後、鹿野山へ。もはや定位置の最後尾を蚊が止まる速さで登っていくと、前方に珍しくタレているジョー君。ハンガーノック?と聞くと「売り切れました」との事。
ジョー君と二人で登っていくとH詰さんが様子を見に降りてきてくれました。
どうにかこうにか登り切ってから、これ以上は待ってもらうのも申し訳ないのでリタイヤさせてもらう事に。(この後馬登からもう一度鹿野山に登ると聞いてリタイヤを決断)
君津方面へ下って集団とお別れし、同じく途中離脱するN村さん、ロビンさんと共に帰路に就きました。

という訳で、完走してません・・・。
今回はコースもきつく、メンバーも強かったですが、それ以上に自分の力不足を痛感しました。
とにかくそれがよくわかったというのが収穫。ちゃんと登りの練習頑張らないと。
次は最後まで着いていけるようになりたいです。でも今はただ休みたい(笑)

その他、気付いたことを思い出した順に。
・ H詰さんがJAPANナショナルジャージを着ていた。さらにオーラが増している。
・ 長柄塾の人達は手信号も出すが声での連絡・注意喚起をしっかりやっていた。真似しよう。
・ 同じく、先頭交代で下がって来た人に最後尾の人が「最後です」と伝えていた。何気ない事だけど実はすごい助かる。これも真似しよう。
・ もはやどこだったか覚えていないが、崖崩れの跡
・ 消費カロリー4400kcal。
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2010/04/30(金) 23:46:52|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

3周年

今日4月26日は、ちょっとした記念の日です。
といっても大した話ではないのですが、ブログを開設して今日で丸3年経ちました。
飽きっぽい自分がこんな続けられるとは正直驚きです。

最初はmixiをやっていたのですが、写真が3枚までしかアップできないとか(今はどうなんだろ)、デザインが変えられないといった制約が気になってきて、もっと好き勝手にやりたいと思いブログを立ち上げたのがきっかけです。
今にして思えばタイトルをもっと考えてつければ良かったと悔やんでます。内房RCに入ってからというもの全然ゆるくないし(爆)

ブログをやって良かった事の一つは、やっぱり趣味を通じていろんな人と知り合えたり意見交換、情報交換ができること。
もう一つは、自分の行動範囲を広げ、モチベーションを高めてくれること。言い換えれば「ネタ」になるなら多少面倒でも新しい事にトライしてみようという気になります。これはなにげにすごい効果あり。
あとはアウトプットの練習として。ま、これはあまり上達してませんが・・・。

アクセス数はいつの間にやら11万を数えるくらいになりました。コメントも沢山の方からいただいて本当に感謝!です。ありがとうございます。

これからもマイペースで続けていきますのでよろしくお願いします。<(_ _)>
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2010/04/26(月) 20:23:38|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

新コースその2・・・のチーム練とペッパーズパントリー

先週からなんとなく身体がだるく、軽い吐き気とかもあって内科にかかっていたのですが、今週に入ってもあまり改善されず・・・。熱がある訳でもなく咳や喉の痛みとかもないし、なんだろう。
さらに追い打ちをかけるように土曜に疲労のピークが襲ってきて、まったく動けず。今週は大してローラーも乗れてなかったのに脚がものすごーくだるい。天気は良かったので走りたかったけど完全休養とする事に。
そのおかげか一晩寝たらだいぶ調子が戻ってきました。

今日のチーム練は15名くらいが参加。
コースは、前回の延長コースが信号につかまる事が多かったので、第二の案として下宮田の先で左折→右折する所を右折しないで直進、突き当たりの信号の手前でUターンして戻って左折するというコースに。これだと信号もないし、下宮田で遅れてもショートカットですぐに集団復帰できます。
これはなかなかうまく機能していたように見えました。でもUターン後のゼロ発進からの登坂はなにげにきつい・・・。
[ルートラボ:暁星国際周回新コース2]

1周目は新コースの確認と、初めての方も何人かいたので全員揃ってゆっくりペースで。
2周目、K名さん登場。今日も全身イエロー。下宮田でH尾さんがアタックするが、下りで吸収。
3周目、I籐さんだったかH尾さんだったか、下宮田でアタックしてK名さんが反応。アンカーの人(すいませんお名前失念)が追っていって、ピークで追いついたので「一緒に行きましょう」と声をかけて前の二人を追う。でも流していたのですぐ追いついた。

4周目、K名さんがほとんど先頭固定。さすがに申し訳ないのでちょっと引く。I籐さんが積極的に前に出て調子よさそう。
5周目(ラスト)、下宮田でK名さんペースアップ。必死で着いていったら後ろが開いて二人に。下りで前に出て頑張って踏む。延長コースでK名さんに「この周ラストです」と伝え、二人で回して最後まで、と思ったら単独でFUNAさんが追いついてきた。さすが。その後ショートカットでまた集団一つになり、下りは流して終了。最後にもがく元気はなし・・・。

アゲアゲな人達が実業団レースに行っていたのでいつもより少しだけ平和な感じでした。先々週に比べると、ってだけできついはきついんですが。

終わった後は会長以下数名で「ペッパーズパントリー」というパン屋さんへ。ここ、前から行ってみたかったんです。

ペッパーズパントリー

パン

店内はそれほど広くはないですがパンがぎっしり。食べ応えのありそうな総菜パンからスイーツ系まで種類が豊富でどれもおいしそう。
手当たり次第に5個くらい買ってしまいました。カレーパンとエビカツサンドとカスタードをサンドしたやつとキノコのずっしりしたやつ、あと細長いクリーム系のパン。
お昼ご飯でいただいたら、どれも最高!全種類制覇目指してみるか・・・。
【チーム練】カテゴリーの記事

  1. 2010/04/26(月) 01:18:38|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツール・ド・草津 当日編

当日は6時起床。ぐっすり眠れました。
10時のスタートまではだいぶ時間に余裕あります。朝食後はKONさんI橋さんと部屋でくつろぎながら入念にストレッチ。
下山荷物をトラックに預けに行ってから、ローラー台をお借りして宿の前で30分ほどアップ。心拍160まで上げて、あとは流しで。

天気はいいですが気温は低く、白根山は氷点下という情報もあったので半袖+レーパンにアームウォーマー、レッグウォーマーという格好。去年はウォーマーなしでいけたんだけどなあ。
しかも間違って冬用グローブを下山荷物に預けてしまった・・・。仕方ない指切りグローブでいくか・・・と覚悟を決めていたら、I藤さんが毛糸のインナーグローブを貸してくださいました。ありがとうございます!(これがなかったら本当にキツイ事になってました)

ちなみに今年から温泉街を練り走る(?)パレードランはなし。ちょっと寂しいですが、事故とか渋滞も起きていたので仕方ないですね。
9時半頃に選手待機会場へ。今年は天狗山レストハウスの向かいの駐車場に場所が変わってました。10時になり、チャンピオンクラスに参加のゴッティさんのスタートを見送って、その後から来た第1グループに合流しつつスタート。

今日の作戦は、作戦と言えるようなものではないですが、
・ 殺生まではセーブする(昨年は序盤に無理しすぎた)
・ 力を使い切ってゴールする(昨年は後半休みすぎてゴールスプリントできるくらいの力を残してしまった)
・ 速い人に無理に着いていかない(昨年は・・略)
という感じ。
目標は去年から3分短縮で40分切り。

スタートラインを切ってからはコース右端からどんどん前へ。頑張りすぎず、抑えすぎずでしばらく走っていると、後ろからいいペースの人が。重めのギアをぐいぐい踏んでいくタイプ。しばらく後ろに着かせてもらいましたが、辛くなってきたので無理せず早めに離脱。
その後も速い人達に何回かパスされるものの、ペースを守って我慢。それでもあまり余裕はなし。。

殺生の手前でMIKさんが見えてきて、3分くらいかけてようやく追いついたので声をかける。けど、こちらもだいぶへばってて、「フヒーフヒー○○さーん!ヒーヒーフー」みたいな感じ(ラマーズ法?)
MIKさんが後ろに着いたのを確認し、ゴールまで一緒に行くつもりで殺生を通過。

殺生から先は、Beachカバニョーロの人がいいペースで来たのでちょっと後ろに着かせてもらい、でも長くは持たずに離脱。その後ろからリクイガスジャージの人が来たので着かせてもらって、またナチュラルに千切れる。
そんな事をやっていたら、気がつくと単独になっていました。

そして後半は強烈な吹き下ろしとの戦い。
滅茶苦茶冷たくて強い風が真正面から来るので全然進まない&心が折れそうに。ドラクエの呪文で言うなら「マヒャド」とか「ヒャダルコ」とか、そんな感じ。
ただひたすら頭を低くして耐える。10メートルくらい前に7~8人の集団がいたので、あれに追いつけば楽になるはずと踏んでみるものの、この10メートルがなかなか埋まらず・・・。
景色を見る余裕もなく、ひたすら喘ぎながら登ってました。

ラスト1km、限界まで追い込んですごい顔をしてるのが自分でもわかる(笑)
応援の人やオールスポーツのカメラマンの前では殊更辛そうな顔をしてアピール(何を?)
でもこれくらい追い込むとちょっと楽しいです。(変態?)
最後は予定通りというか腰を上げる気力も残っておらずそのままゴール。
しかし、サイコンの時計を見たら、「46」(分)。
えー全然遅いじゃん・・・。去年より3分以上遅い。あのヒャダルコのせいか。。

ゴール後はとにかく寒いのですぐに下山装備に着替え、他の人達と合流。やはり皆さんタイム出なかったと聞いて、自分だけじゃなかったんだとちょっと安心しました。
下山前にMIKさんと記念写真。寒いけど景色は最高!

白根山山頂

白根山にてMIKさんと

下山は(今年から導入された?)ペースメーカーの人に着いて、安全なペースで。後から登ってくる人達、人口密度がすごいな。
下山装備は、上はネックウォーマー、長袖シャツ、半袖・長袖ジャージ、ウインドブレーカー。下はトレッキングパンツにシューズカバー。それでもかなり寒かったですが、2006年の富士HC(大雨)の下りに比べれば余裕でした。

今回の記録。
男子B 出走665人/53位
タイム 0:46:56.72
トップとの差 +0:07:12.37
時速 16.6km/h
白根山総合 出走1977人/141位

昨年は年代別57位だったのでほとんど同じ。タイムはともかく順位が大して変わってないのは残念。
でも今回は限界まで追い込んで走れたのでそこは良かったかな。ペース配分はまた失敗したっぽいけど・・・。
来年は30位以内を目指してまた出直してきます。

そしてチームでは姫さんが怒濤の3連覇。強い。おめでとうございます!
今年もシャンパンファイト。この大会の表彰式はいつも盛大ですね。

表彰式

お疲れ様でした!
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2010/04/21(水) 20:19:35|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

JCRC第3戦 群馬CSC・・・は雪のため中止

先週の土日はチームで毎年恒例の群馬・草津2連戦に行ってきました。
が、今年は何とも最悪のタイミングで季節外れの大雪が。前日の夜に三国峠のライブカメラを見たら完全に積もっていて、こりゃ厳しいかな~とは思いつつ3時に先発隊として出発。今回もFUNAさんカーに乗っけてもらいました。(いつもありがとうございます)

首都高5号線は戸田から先、外環は全線、関越道も練馬から川越まで通行止めというシーズン真っ盛りでもお目にかかれないような道路状況。こりゃひどい。
iPhoneで交通情報をチェックしながら下道で川越を目指していくと、入間のあたりで強いみぞれ。次第に路面が白くなり、周りは完全に雪景色。この時点でないだろうと思っていたら、関越に乗ってしばらくしてからJCRCのTwitterで中止のアナウンスがありました。

それでもギリギリまで開催しようと努力してくれたJCRCスタッフの方々には頭が下がります。(群馬CSC手前でチェーン巻かないと動けない状況だったとの事)
ちなみに特例措置として6/6に群馬で代替レースが開催されるそうで、今回申し込んだ人は割引料金で参加できるみたい。行きたいけどその週は富士HCだな~。残念。

ここから先は緊張の糸もプッツリ切れて(笑)草津よいとこ温泉モードへ突入~♪
中止が決まってからは嘘のようにお天気も回復し(よくある事ですね)、草津へのアクセスも問題なし。お昼前には会場に着いて受付を済ませ、ご厚意で早めに部屋を空けてくれた「ルーバン山田」にチェックイン。
せっかくなので殺生河原まで試走しようという事になり、何人かで走りに行きました。天気はいいけど結構冷えます。。

殺生河原まで試走

会長

コースはしっかり除雪されていて明日のレースは全く問題なさそう。ここでもスタッフの方々に感謝。
イーブンペースで登っていくと、いつの間にかH中さん、ゴッティさん、MIKさんと自分の4人に。空気が薄いせいかアップ不足のせいか、心拍が上がらない割にやたら息が切れる。ゼイゼイハアハア。
途中からゴッティさんがペースを上げて先に行ってしまい、後は3人まとまって殺生まで。(規制されているので行けるのはここまで)
いや~それにしてもいい景色だな。

揃って下山後、さて宿に戻って昼寝でもしようかなーと思っていたら、ゴッティさんが「もう1本いってきます」と言い残しアウターで登っていき(げげ)、他の人達も登り始めたので(あら、みんな行くの?)、つられて最後尾をトロトロ着いていきました。(流されやすい性格)
2本目は1本目に比べるとだいぶ楽だったので、やっぱりアップ不足だったのかも。なるべく疲労は残さないようにくるくる回して、殺生まで3分の2ほど行ったところでUターンして下山。
調子はいいのか悪いのかよくわからず。。

宿に戻ってからはみんなで温泉へ。「西の(賽の、ではない)河原」の巨大露天風呂で気持ちよく汗を流し、湯畑巡りをして、いつもの酒屋さんで試飲(笑)
「ツール・ド・草津」という名前の日本酒仕込みの梅酒が売ってました。甘いお酒は好きなのでこれは自分好み。お土産で買っとけば良かったな。

西の河原園地

湯畑

しかし宿に戻ると急に頭痛が襲ってきて、部屋でしばらくダウン。実は数日前から体調が優れず、変に引きずっちゃってます・・・。前日の睡眠時間が2時間ほどだった事もあり、こんな時は寝るに限ると1時間ほど横になったらだいぶすっきり。
I橋さんがバファリンを分けてくださり助かりました。ありがとうございます。

おいしい夕食をいただいた後は宴会にちょっとだけ参加、のつもりがワインが進んでしまい結局最後まで。22時半くらい?に部屋に戻ってすぐ就寝。
明日の目標は去年から3分短縮して40分切りかな。果たしてどうか。いけるのか?

ツール・ド・草津 当日編に続く)
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2010/04/20(火) 20:13:34|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
| ホーム |
次のページ