タイトル

忙しいよ~乗れないよ~で物欲開放。KEO2MAX CARBON

先週くらいから唐突に仕事が忙しくなり、フラフラで帰宅。さらに土曜は休日出勤、日・月は実家に戻って母の入院・手術に付き添い(と言っても3日くらいで退院ですが)となかなか目まぐるしく、自転車もブログもサボり気味。
こんな時は物欲開放だ!一応ボーナスも出た事だし・・・という訳で、お店に注文したのがこちら。

KEO2MAX CARBON(化粧箱)

KEO2MAX CARBON(開封)

KEO2MAX CARBON(斜めから)

KEO2MAX CARBON(アップ)

KEO2MAX CARBON(重量)

LOOKのKEO2MAX CARBON。2009ツールでコンタドールが使っていたという宣伝文句のやつです。
ちなみに今使っているのはKEO SPRINTというモデルですが、このところペダリング中のガタが気になっていました。最初クリートの摩耗のせいかと思ってクリートを交換しても直らず。
どうもペダル自体の摩耗が原因のような気がして、まあ3年も使ったしそろそろいいかなという事で注文しました。

重量を計ってみたら左右で248g。使い古したKEO SPRINTは257g。軽量化と呼べるほど軽くなった訳ではありませんが、旧KEOに比べて踏み面がワイドになり、一部金属プレート化されていながらこの重量は健闘しているんではないかと思います。
早速取り付けて固定ローラーへ。クリートキャッチのしやすさは特に変わった印象はありません。今までと同じ感覚。ただ、はめる時にやたらいい音がする(笑)。カーボンだから?

踏んでみると、今までとの違いは歴然。単純にガタがなくなったというのもありますが、踏み面がワイドになった事による安定感は確かに感じます。足の内側、外側にわざと力をかけて踏んでもフラットに力をかけられる印象。ソールがガチガチではない靴なので余計にそう感じるのかもしれませんが。
形状的にはシマノに近くなったのかな。というかほとんどシマノそのもの?(笑)

今度はぜひ実走で感触を確かめてみたいところですが・・・いつになるかなあ。
【お買い物】カテゴリーの記事

  1. 2010/06/28(月) 19:34:05|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

強風&ムシムシ・・・のチーム練

天気予報では日曜の午前中は雨、と出ていましたが、朝起きて外を見てみるとなんか大丈夫そう。という事で今週もチーム練へレッツらGO~。
でもお店に着いたら会長しかいない・・・。
その後来た姫さんが開口一番、「少なっ!」(笑)
結局5~6人で暁星国際周回コースに行きましたが、予想通り現地集合組がたくさん待ってました。

今日はH詰さん親子の姿も。ジョー君は先週の全日本選手権個人TT、U17の部で見事2位。おめでとう。
今のうちにいっぱい写真撮っとこう(笑)

ジョー君

周回数はいつもの6周でスタート。今日も蒸し暑くて、しかも風が強い。きつくなりそうです。
最初にH中さんとジョー君(↑)が先行して少し差がつき、集団が追う形。1周目のUターン地点あたりで追いついて2周目へ。
2周目の下宮田を登り切ってから、今度はH中さん、taoさんと自分の3人が飛び出す恰好になったので、少しの間3人で回して逃げてみるものの、やはり同じ場所で集団に捕まる。
H詰さんは終始アタックを繰り返す走り。

3周目に入って長柄塾の方々が合流!いつもありがとうございます。
来てくれたのはU沢さん、Y口さん、Funrideハシケンさん。U沢さんに「今日も自走ですか?」と聞いたらやっぱり自走されてきたとの事。しかもハシケンさんは柏から自走?それって片道90kmくらいないすか・・・。
しばらく集団で進んで、4周目の下宮田の後のアップダウンでU沢さんがアタック。誰も反応できず。
下り終えてから吸収してあと2周。

5周目、先週はここの下宮田で切れてしまったけど今日はなんとか集団キープ。でもきつくなってきた。
蒸し暑いのでボトルの水もすぐ空っぽに。2本持ってくるべきだったな~。
6周目、脚が回らなくなり、限界を迎えて下宮田であえなくドロップアウト。もうちょい粘れれば・・・。
同じように遅れていたジョー君(土曜の疲れかな?)と一緒に走り、最後の坂でtaoさんと王子に追いついて4人で下って終了。
終わってからぐったり。

どうも最近スタミナ不足を感じるな~。思い当たる原因はあるので、そこは改善してみよう。過ぎたるは及ばざるが如し。
今日も後半はタレてしまったけど、先週に比べたら内容はだいぶましになってきた感じ。群馬に向けて少しずつ調子を上げていきたいところです。

猫密度の高いエリア
本文と全く関係ないですが、昨日見かけたネコ密集地帯。
【チーム練】カテゴリーの記事

  1. 2010/06/20(日) 23:15:48|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

これは便利!TACX ブレーキシューチューナー

自転車の工具は一見すると何に使うのかよくわからないものが多い気がします。
スプロケット抜きツールなんて北斗の拳の雑魚キャラが持ってそうだし(笑)

TACX ブレーキシューチューナー
TACX ブレーキシューチューナー

という訳でこちらも一見しただけではわかりにくい、TACXのブレーキシューチューナー。
ブレーキシューを交換する時に位置合わせと角付けを自動的にやってくれるすぐれもの。
ブレーキシューは「トーイン」と言って上から見た時にハの字になるように、つま先側を絞った形でセットするのが基本とされています。そうするとブレーキング時のキーという嫌な音鳴り防止でき、またリムに押しつけた時にシューが前方に引っ張られるので結果的に並行になり、強い制動力を得られます。

このツールには前後方向の指定があり、それぞれの方向から見てみると、

TACX ブレーキシューチューナー(前から)
前から見たところ

TACX ブレーキシューチューナー(後ろから)
後ろから見たところ

このように前は薄く、後ろは厚くなっていて、この上からシューを取り付けただけで何も考えずにトーインのセッティングができるようになっています。
実際、これを手でやろうとすると結構面倒くさい・・・。位置を決めつつ、角度もつけつつ取り付けるのはなかなか神経を使う作業です。
面倒なのでブレーキレバーを引いてリムに押しつけた状態で(つまり普通に並行な状態にして)シューを取り付けていましたが、前述の理由によりブレーキング時につま先側が浮いてしまいキーキー鳴ってしまう事がありました。

使い方は至極簡単で、以下のようにリムに挟んでねじを締めて固定し、その上からシューを取り付けるだけ。
これで位置も角度もバッチリ決まります。

シューを取り付け

トーイン

もともとシューの交換なんてほとんどする機会がなかったのであまり気にしていなかったのですが、今年からレース用にカーボンホイールを使い始めた事もあり、頻繁に交換するようになると手間が気になるようになってきました。
何人かの方に勧めてもらったので買ってみましたが、これは正解でしたね。良くできています。

難を挙げるとすれば、ちょっと高い(¥2,730)事かな。でも時間と手間を省ける事を考えれば、使っていくうちに元が取れるでしょう。
あと、フロントフォークにスピードセンサーを付けていると干渉する場合があるかもしれません。(私は干渉してしまったので、一時的に角度を変えてどかしました)

地味だけど人にオススメしたくなるアイテムですね。

[追記]
一点だけ注意事項を。ディープリムには使えません。
締め付け用のネジが干渉してしまいます。
【お買い物】カテゴリーの記事

  1. 2010/06/19(土) 12:27:54|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

バックアタック!・・・のチーム練

日曜は久しぶりのチーム練に参加。
お店に行ったら、あら、なんか少なめ?8人くらいしかいない。
「今日はサイクリングですかねー」などと話しながら8人でいつもの周回コースに行くと、自分達よりでかい集団(現地集合組)が待ってました。そんな甘くない、と。
今日も新コース6周(66km)という事でスタート。

1周目からたまさん先頭でいきなり速い。ツール・ド・宮古島では総合6位入賞、おめでとうございます。
途中からゴッティさんとK名さんも合流してさらにペースアップ。先頭集団は8~10人くらい。
もう最初から結構きつくて、先頭引く元気もあまりないので早めに交代。

2周目以降は下宮田の坂でほぼ毎回アタックがかかり、一旦はばらけるけどまた一つになるというパターンの繰り返し。きついよ~。
気温も上がってかなり暑いです。ボトル2本持ってくればよかった・・・。

4周目の後半から一気にきつくなってきて、5周目の下宮田でズルズル後退。力が入らない、完全に脚が止まった。。
集団を見送ってからも全く踏めず、ハンガーノックっぽいような気もしたけどとにかくそれ以上は走れる気がしなかったので5周でおしまい。
うーん弱い。出直してきます。

練習後はいつものようにまったり(ぐったり?)タイム。
今年に入ってからまた新しい人がたくさん入ってきて、賑やかですね。

練習後の風景

こちらは宮古島仕様?

C50 宮古島仕様
【チーム練】カテゴリーの記事

  1. 2010/06/14(月) 23:29:44|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

湖の上の小学校

今朝は6時に起きて160kmライドへ・・・行くつもりでしたがあえなく二度寝。
どうも最近土曜に起きられないなあ。
気を取り直してお昼くらいに高滝方面へ出発。なんとなく脚が重いのでLSDペースで。
富士の疲れはさすがにとれたけど、今週は割とまじめに朝練やったのでその疲れかも?

高滝湖への道
高滝湖に向かう道

馬来田から高滝へ向かういつもの道。
車も少なく走りやすいのでお気に入りの道です。10kmほどゆるやかなアップダウンが続き、信号はゼロ。
緑の匂いが気持ちよかったので深呼吸しながら走りました。

高滝湖
高滝湖

高滝小学校
高滝小

タイトルの小学校はこの高滝小。
たまたま近くを通った時に気付きましたが、これほとんど湖の中に建っていると言ってもいいのでは・・・。
こういう立地の学校というのも珍しいかもしれません。
いっそのことインドのレイクパレスみたいに完全に湖の上に作ったら・・・通学が大変ですね(笑)


大きな地図で見る

謎の看板
謎の看板

帰りに見かけた謎の看板。
これどういう意味だろう?
なんか、人が危ないような雰囲気を漂わせつつも最終的は丸く収まったような。
じゃあオッケーって事なのかな。なんなんだ。

走行距離:73km
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2010/06/12(土) 23:45:30|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
| ホーム |
次のページ