タイトル

スカイツリーとCarry-me

スカイツリーとCarry-me

今日は休日出勤でしたが、少し早めに終わったので会社からスカイツリーまでCarry-meで自走してみました。
ニュースでも400メートルを超えたと言っていたし、一度間近で見てみたかったので。
ルートは、会社のある市ヶ谷を出発して靖国通りを神保町まで。明大の前を通ってお茶の水から湯島聖堂、東へ折れて蔵前橋通りへ。隅田川を渡って川沿いを北に、あとは浅草通りをまっすぐ進めば到着です。片道7kmくらいでしょうか。

下はiPhoneのRunKeeperアプリでとったログ。スカイツリーがあるのは右上の業平橋駅のあたり。


より大きな地図で 靖国神社~スカイツリー~東京駅 を表示

今日は隅田川の花火大会らしく、川を越えたあたりから沿道に人が溢れてお祭りムード。スカイツリーと花火を同時に見られるなんていいですね。(ライトアップはしてませんが)
ちなみに途中からはこんな感じでちょっとずつ近づいてくるので気分が盛り上がります(笑)

ちょっと見えたスカイツリー

浅草通りまで行くとかなりの存在感。

東京スカイツリー

ようやく足下に辿り着くと、すでに観光名所とだけあってすごい人だかり。屋台も出ています。
スカイツリーは、正直なところあのねじれたように見えるデザインがあまり好きではなく、東京タワーの方が格好いいと思っていましたが、間近で見るとそんな印象はどこかへ吹っ飛びただただ圧倒されました。

とにかく高い。しかもあの高さでまだ3分の2もいっていないという事実。
デザインも、逆にあの複雑な造形を400メートル上空まで破綻なく再現している事に感心してしまいました。技術的にはこちらの方が難しいはず。

最上部

それにしてもここにいると首が疲れます(笑)
写真を撮っている人の多くは地べたから見上げるような苦しい体勢の人が多いのも特徴。
しばらくぼんやり眺めてから建設現場を後にしました。帰りは花火の混雑を避けて京葉道路から東京駅まで。

600メートルを超えたらまた行ってみようかな。
【Carry-me】カテゴリーの記事

  1. 2010/07/31(土) 21:45:13|
  2. Carry-me
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

山岳スペシャルコース・・・のチーム練

日曜は久しぶりのチーム練へ。ここ最近ずっと暁星国際周回でしたが久しぶりに違うコースで、大野台周回と斉藤コースをくっつけてさらにきつい坂も追加したスペシャルなコース。1周25km、高低差219m。これは効きそう。
ショップを7時出発といつもより早めでしたがもうすでに暑い。スタート地点に行くまでにも山をひとつ越えないといけないので始まる前から汗だくでした。

チーム練

集まった人は20人以上いたかな。今日も盛況です。熱中症予防に熱中飴なめながらスタート。周回数は2周(50km)。
自転車は群馬のレース以来1週間も空いてしまったので、とりあえず様子を見ながらいけるところまで着いていく感じで。

最初の大野台の坂は日陰が多くて結構快適。先頭集団にも何とか着いていって、途中からホテルの看板を右に折れて細い登りへ。ここは初めて走りましたが、後半にいくほど斜度が上がってきつい。
ピークを越えてからの下りも道が細いのでちょっと怖い感じです。

下りきると後半は斉藤コース。アップダウン区間をゴッティさんがハイペースで引きまくって着いて行くだけで精一杯。きついよ~。
登りに入って最初の方でサクッと千切れました。1周持たなかった・・・。
それからはマイペースでヨロヨロ登っていき、下りに入ってからtaoさんH矢さんと合流。2周目の平坦区間で途中参加のH中さん達が追いついてきてちょっとした集団になり、再び大野台へ。

taoさんに着いて大野台を登り、kobaさんとI橋さんに追いついて4人でしばらく走りましたが、ホテルの坂は登る気力が残ってなかったためスルーしてショートカットする事に(弱)。突き当たって左(お帰りコース)に行きたい気持ちを振り切って右(斉藤コース)へ。最後だけ頑張るか~。
同じくショートカットしたkobaさんH尾さんと信号まで走り、kobaさんはここで途中離脱。ちょっと体調悪そうだっけど大丈夫だったかな。

2回目の斉藤コースの登りもH尾さんに先に行ってもらい、再びヨロヨロと。ここは日差しを遮るものがないので本当に暑い。ボトルの水を首と頭にかけながらなんとかクリアし、やっと終わった~という事で下ってゴール。もうへとへと。
それにしてもタフなコースです・・・。でもここはかなりいい練習になりますね。

帰宅してからは爆睡のあとちょっとお仕事。しかし家だと全然集中できず。気がつくとマンガとか読んでる(笑)
今日は奥さんは仕事で自分が食事当番なので、庭で採れたナス、タマネギ、ジャガイモ、ニンジンを使って自家製野菜100%カレーを作製。枝豆とキュウリも採れました。全部無農薬なり。

自家製野菜
【チーム練】カテゴリーの記事

  1. 2010/07/26(月) 00:05:43|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

LOOK帰還、でもノーライドな一日

先週の3連休は仕事→群馬CSC→仕事という感じでレースの日以外は休みなし。今週も相変わらず目が回る忙しさでしたが、今日は久しぶりにのんびり過ごせました。

午前中は修理に出していたフレームを受け取りにショップへ。落車のせいでエンドが曲がっていたので交換してもらい、あとヘッドが少し緩んでいたのでそちらの調整も。LOOKのエンドはちと弱いという話で、見てみると確かに薄くて弱そう。でもエンドがショックを吸収してフレームを守る構造なのかも?いずれにしてもフレームにダメージがなくてほんと良かった。(と、前向きに笑)

帰ってきたLOOK586

1週間ぶりだし軽く乗ろうかな、とも思いましたが、外は殺人的な暑さなのですぐ断念。この暑さはもう危険でしょ・・・。
家でゆっくり寝て疲れを取って、その後ホイールとシューを交換。TACXのブレーキシューチューナーはやっぱり便利だなあ。あっという間に終わります。

ちなみにポテチになったリアホイールはシマノのサポートで交換修理してもらう予定でしたが、なんとリムの在庫がなく納期が3ヶ月との事・・・。それだとおきなわに間に合うかも微妙だし、それより前にもレースはあるしで、ちょっとどうしようか考えているところです。
ディープリムという悪魔のささやきが・・・。来月は残業代も入るし・・・。
いやいや落ち着け!(汗)
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2010/07/24(土) 19:15:46|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

日焼けするグローブ

これ、かなりユニークなグローブですね~。

日焼けするグローブ Zienerキャプロス(cyclowired.jp)

Ziener キャプロス

UVカットを謳う製品は数多くあれど、太陽光をバンバン通す(笑)というコンセプトの製品って今までなかったのでは。
わざと透過させる理由は日焼け対策。これ、自分も今まさにその状態ですが、グローブをつけて自転車に乗っているとどうしても手首から先だけやけに白い(でも指は黒い)という変な日焼け跡になってしまいます。
人から見ると結構目立つみたいで、「ゴルフですか?」と聞かれる事もしばしば。
それが嫌で、本当はベタベタするのでつけたくない日焼け止めを手首から上だけ塗ったりしてました。

しかしこのグローブならまんべんなく日焼けするので目立たなくなるはず(たぶん)・・・ですが、買うかどうかと聞かれると微妙(笑)
メッシュ状に日焼けして更におかしいことになってしまうような気も・・・。
でもこういう製品が出てくるという事は、海外でも自転車乗りの悩みのタネなんでしょうね。

#UVアームカバーで全て解決なんですが、あんまり好きじゃないんだよなあ。。
【気になるニュース】カテゴリーの記事

  1. 2010/07/21(水) 21:25:06|
  2. 気になるニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

JCRC第6戦 in 群馬CSC 落車でリタイア

三連休の中日は久しぶりのレースで群馬CSCへ行ってきました。
春の群馬は大雪で中止になり、その代替戦も富士ヒルクライムと重なってしまい行けなかったため、今年初めての群馬参戦です。
去年はこのレースで入賞してCクラスに昇級できたのですが、今年は・・・ひじょーに痛い結果に(涙)

Newチームカー
Newチームカー

Sクラスの集団
Sクラスの集団

B・Cクラスのスタートは午後2時前とかなり遅いため、6時台の出発。土曜は仕事だったのでこの時間は助かりました。
チームの後発隊としてFUNAさんカーに乗せていただき(いつもすみません)、6人で2台に分かれて群馬CSCへ。
下の駐車場から自走で会場に上がって先発隊にご挨拶、と思ったら誰もいないよ(笑)。皆さんSクラスのレースを観戦中でした。(ちなみにSクラスは西薗良太選手がぶっちぎりで優勝)
それにしても非常に暑い。しかも風がほとんどなく、立ってるだけで汗が吹き出ます。

前日チームカーに預けておいたローラー台で40分ほどアップ。試走時間もありましたが、今回はあまりの暑さで体力消耗しそうだったのでパス。
アップ中も持参した熱中飴をなめたりこまめにスポーツドリンクを飲んだりして熱中症には特に注意しました。こんな日は油断するとすぐにかかりそうだったので。
アップ後は着替えてから日陰でストレッチ。

そうこうしてるうちに招集がかかってスタート地点へ。
Cクラスは人数が多いためC1、C2と40人ずつくらいに分けられ、自分はC2クラス。C1クラスにはkobaさん、ジョー君、C2クラスはtaoさん、KONさん、自分という割り振り。
このスタートを待ってる時間は何回経験しても緊張します・・・。

最初にB、その後C1がスタートしていき、1分半後にC2がスタート。周回数は7周(42km)。
クリートは珍しく一発ではまり、そのまま集団中程へ。最初の下りはバイク先導でゆっくり、下り切ったらいつものように先導が外れるのかなと思ったらなかなか外れない。結局リアルスタートがいつなのかよくわからないまま始まってました。
1年ぶりの心臓破りの坂は思っていたほど勾配がきつくなく、長さもあまりないという印象。いつもチーム練で走っている下宮田の坂のおかげかな。
そのまま集団で2周目へ。

2周目はややスローペース。楽に着いていけます。
ただ、下りコーナーでコースの中央に石灰みたいな太いラインが引いてあるのが滑りそうで怖い。あれは何だったんだろう。
アップダウン区間も心臓破りもくるくる回してクリア。思ったより脚も回るし、もっと全然ダメかと思ったけど最後まで行けるかも?
と淡い期待を抱きつつ3周目へ。

3周目は最初の下りでじわじわポジションを上げて、10番手くらい。アップダウン区間ではtaoさんと併走。taoさん調子良さそう。
心臓破りでタレてきた人を交わしつつ、6~7番手くらいまで上がってヘアピンを曲がり、あと数メートルほどでピークを越えるというところで、それは起きました。

自分のすぐ前を走っていた選手が前の選手とハスったか何かで突然落車。登りで直線という事もあり全く警戒していなかったため、避ける事ができず自分も続けてパタンと転倒。スピードは20km/hも出ていなかったと思うのでそこまでなら大した事はなかったのですが・・・。

さらにその後ろから来た選手も巻き込まれ、自分の自転車の後輪の上に思いっきり倒れてきました。グシャッというような嫌な音。慌てて自転車を引き上げてみると・・・後輪がポテチに・・・。・゚・(つД`)・゚・
手で回そうとしてもビクともしないので、走行不能でリタイア。スタート地点までフレームを担いでとぼとぼ歩いて戻りました。

ポテチになったWH-7850-C24-TU
ポテチになったWH-7850-C24-TU

H詰さんが心配して様子を見に来てくれて(ありがとうございます)、とりあえず怪我はないので大丈夫ですと伝え、その後皆がいるところへ戻って会長に自転車を見てもらったところ、ハブは生きてるのでリム交換で組み直しできそうとの事。あとフレームはエンドが割れていたのでそちらも交換する事に。

ある程度の出費は覚悟しないといけなそうですが、とても気に入っているホイールなので直せるなら直して使いたいと思っています。
実際、今日のレースも(2周半しか走ってないとはいえ)登りの軽さ、コーナーの立ち上がりでの加速の良さは充分に感じられましたし。
特にこういうアップダウンのあるコースには合っていると思いました。

という感じで自分の群馬はあっという間に終わってしまい、大事な機材も失ってしまったのですが、落車について思う事を少し。
正直、「なんであんな所で・・・」という気持ちもなくはないです。でもそれを避けられなかったのは自分の技術不足・集中力不足なのは明らか。人の後ろで文句を言うなら前に出ればいいだけのこと。
それにこういうリスクを承知で皆出ているわけで。
まあこれも一つの経験という事で、今後に生かしたいと思います。1回で充分ですが(笑)

レースの話に戻すと、C1ではkobaさん、ジョー君が見事入賞を果たしてBへ昇格。(おめでとう!)
いつもチーム練では最も強い二人なので上がるだろうなとは思ってましたが、それでも激戦区のCで入賞するのはやっぱり大変なこと。さすがです。
taoさんは9位で惜しかったけど、もう入賞は見えて来た感じですね。自分も最後まで走りたかったー。(先頭集団に残れたかどうかは?)
あとは王子がFで入賞したのも嬉しい。これから自信つけてどんどん上がって来そう。

そんな感じで、しばらくは仕事もいっぱいいっぱいなので8月はレースを入れてませんが、また練習して次のレースに向けて身体を作っていきたいと思います。
あ、あとお小遣いも貯めなければ・・・。うーん。
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2010/07/19(月) 23:53:11|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
| ホーム |
次のページ