タイトル

だるさMAX・・・のチーム練

日曜は久しぶりにチーム練へ。
7:30集合で、練習コースまでは片道1時間弱かかるので6:30に出発。しかしどうにも身体全体がだるい・・・。疲れのピーク?かなんなのかわかりません。
途中でJ城さんと遭遇したのでおしゃべりしながらいつもの商店へ。今日も大野台・斉藤コースで人数は10人くらい。

ふと姫さんのジャージが目に留まり、お店のロゴが入っているのに見慣れないデザインだったので聞いてみたら、なんとレースの賞品としてカスタムジャージを作ってくれるのがあるんだとか。
チャンピオンジャージにも憧れますが、こういう実用性のある賞品は素敵。

チーム練はいつものように2周回(50km)でスタート。最近チーム内ではレース中や自主練中の落車が続いていて(あ、自分もか)、怪我がまだ完全に癒えていない方々も。今日も安全運転でいきましょー。
大野台の坂を集団で登り、香坂へ。taoさんに続いて2番手でクリア。でも早くもキツイ。。
アップダウン区間は少し頑張ったけど斉藤コース2段目で沈。はぁ。

その後はいつにも増して脚が重くヨロヨロと。あー全然だめだ~。
平地区間ですら辛く、2回目の大野台で完全にタレてしまいショートカットに逃げて終了。
父ちゃん情けなくて涙出てくらあ、と、ネタが古いっすね(笑)
次はもう少しはっちゃけられるように頑張ろう。

でも練習後に食べたガリガリ君はうまかった!梨味というのを試してみたかったけどソーダ味しかなかったのが残念。
【チーム練】カテゴリーの記事

  1. 2010/09/14(火) 21:08:09|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

EC90AERO

そういえば秩父宮杯はこんなホイールで走ってました。

WH-7850-C24-TU+EC90AERO

フロントはシマノWH-7850-C24-TU、リアはEASTON EC90AERO。
結局ディープリムに手を出してしまい・・・。
しばらく前にお店には届いていたのですが、受け取ってタイヤを貼ったのはレース前日。タイヤはポテチになったシマノの後輪から移植しました。
宮杯は登りがあるのでとりあえず後輪だけディープに。この状態で7.1kg。

初めてのディープリムですが、低速でもわかるくらいよく転がります。乗り心地がいいというか、スーッとなめらかに進む感じ。あと、気合いが入る(笑)
フロントも換えたらまた変わってくるのかもしれませんが、この組み合わせも汎用的に使えそうで気に入りました。(でも本当は、空力と踏みの軽さを両立するなら前輪ディープなのかな?)
グラフィックはこのモデルが一番好みで、2011モデルで白黒カラーになってしまう前に手に入れられたのは良かったです。

ただ、やっぱりC24-TUも捨てがたい。なんと言っても登りが軽いし平地もよく進む。という事で、そちらもちゃんと直してまた使っていきたいなと。
C35はカッコいいけどちと重いかなあ。
【お買い物】カテゴリーの記事

  1. 2010/09/09(木) 23:32:37|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

第58回秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会(後編)

ハーブ橋
パレードで走ったハーブ橋

いよいよパレードランがスタート。一般男子(エリート)、高校生A、市民A、市民Bの各クラス毎にまとまり、間隔を保って走ります。
秩父駅前を出ると沿道からは秩父屋台囃子の太鼓演奏が、ハーブ橋を渡っているとドンドンドンと花火が上がり、テンション急上昇(笑)。こういう演出はいいですね~。
H詰さんとジョー君は最初は目の前にいたのですが、集団の脇をササーッと抜けてあっという間に先頭付近へ。さすが・・・。

橋を渡って右に折れるとしばらく一般道。これが結構長い。でも、一般道を封鎖して走れるというのはあまり機会がないだけにいい気分。ただ、パレードでペースが安定しないためか何回か落車を見ました。
途中で左にそれて坂を一つ越えたら本コースに到着。ここで一旦停止し、ようやくレースがスタート。

市民Aは4周/43kmですが実際はコースの途中から始まるので3周半といったところ。ただし、その「半」の中に一番きつい登りがしっかり入ってます。なので登りは4回。
スタートしてしばらくは平坦で、ペースも普通。しかし少し行って右に曲がると・・・ウゲーと言いたくなる坂が(笑)。これか~。
しかもペース速い(当社比)!必死に登っていったら、斜度がきついのは最初だけで以降は割と緩やかだったので少しほっとしましたが、だらだら長いのでやはりきつい。ルートラボによれば1kmで70mアップ、最初の200mは平均10%近くあるみたい。

これを何とか集団内でクリアして下りへ。一列で一気に下って、下りきってから登り返し。これは途中までは勢いでいけるけどそこから先は踏まないとダメ。ここでちょっと集団がばらける。
それを下ると平坦区間に入り、集団のスピードも上がって50km/h。本来のスタート/ゴール地点である大田小学校前を過ぎて2周目へ。

ここから先はところどころ細かいアップダウンはあるもののほとんど平坦なので集団キープしていれば大丈夫そう。とりあえず暑いので飲める時にガンガン水を飲む。当然ボトルは2本。
そして2回目の登り。さっきよりペースは落ち着いたけど、やっぱり最初の激坂区間がきつい。集団もちょっとばらけ気味。ギリギリの力で何とかピークを越えた時にH詰さんをパス。トラブルかなと思いつつも声をかける余裕はなく下りへ。ジョー君が先頭付近で下りながら後ろを気にしているのが見えました。

3周目。さっきの登りで思ったよりダメージが・・・。何とか集団内で耐えていたもののズルズルと後ろへ後退。3回目の登りに入る手前の直線区間がほんの少しだけ登りになっていて、ここで我慢できず千切れました。ああゆっくり集団が遠ざかっていく・・・。
単独になってからは、集中力を切らさないように淡々と登って下り、気がつくと高校生も混じった6人くらいの集団に。

最終周。小集団では一応先頭交代にも参加して、このままいけるかなと思っていたら・・・途中から脚に力が入らなくなり、またしても同じ場所で千切れる(泣)。くそー。
しかし最後の登りを必死で登っていったら二人パス、下りで一人パス。まあこの位置で頑張ってみても遅いんですが。。
最後の平坦区間は単独で走り、そのままゴール。
結局トップから5分遅れの33位(出走58人中)でした。

ゴール後はH詰さん達と合流して歓談。ジョー君は見事6位入賞、マスターズ参加のS田さんは3位と素晴らしい結果。おめでとうございます。
しかし帰りのミューズパーク駐車場までの自走がきつかった・・・。ハンガーノックなのか熱中症なのかわかりませんがとにかく力が出なくて、最後の坂は押して登ろうかと思いました。

という訳で全体的な感想など。
結果としては惨敗で展開に絡む事もできませんでしたが、イベントとしてはとても楽しめました。完全な公道レースであることに加え、運営もしっかりしていて安心して走れるし、コースもメリハリがあって面白いです。
あの暑い中沿道で誘導に立っていた地元の高校生やボランティアの方々も大変だったでしょうが、たくさんの方に頑張れと声をかけていただいたのが嬉しかったです。(特に千切れてから笑)
なかなかこういうレースらしいレースってないんじゃないでしょうか。思い切って参加してみて良かったなと思いました。

あと、ゴール後にイスと濡れタオルを貸してくれた地元のおじさん、冷たいジュースをくださったH詰さんご家族、ミューズパーク駐車場で熱中症気味でぐったりしていたら氷袋とほし梅を分けていただいたFITTEの方、本当に助かりました。ありがとうございます。(相当やばそうに見えたのかも・・・)

久しぶりのレースでとてもいい刺激になったので、次のアートスポーツ杯に向けてまた頑張るかな~。
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2010/09/07(火) 23:23:14|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

第58回秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会(前編)

秩父宮杯、行ってきました。
ヘロヘロになりながらも何とか完走。でも完走しただけ。
とにかく暑かった・・・。

今回はチームで一緒に行く予定だった人達が行けなくなってしまい、単独参加に。考えてみたらレースに一人で行くのは初めてかも。
4:30に自宅を出発してアクアライン~首都高~外環~関越と乗り継ぎ花園ICで下車。話し相手がいないといつまで経っても頭がボーッとしてて危険(笑)
そこから皆野寄居有料道路経由で秩父まで。渋滞もなく2時間半ほどで着きました。

受付場所はミューズパークという山の上の駐車場で、これが結構な坂。3km弱で160mくらい登ります。この坂に後で泣かされる事になるのですが・・・。
駐車場で隣同士になった黒トレック乗りさんとお話ししたところ、その方も初参加との事。お互い勝手がよくわからないまま、受付を済ませたら集合場所の秩父駅まで自走で行けばいいんですよね、近いから楽ですね~などと話していました。

事前リサーチ不足のため全部後で知ったことですが、この大会でパレード走行するカテゴリの人(一般男子、市民レーサーA、市民レーサーB、高校生A)は、「受付場所」「スタート地点」「ゴール地点」が全部違います。特にゴール地点がかなり離れているので注意が必要。
図にするとこんな感じ。

ミューズパーク~秩父駅~パレード~秩父宮杯コース
(クリックで拡大)

1. 受付場所(ミューズパーク展望駐車場)
2. 開会式会場&パレードスタート地点(秩父駅前)
3. リアルスタート地点
4. ゴール&閉会式会場(大田小学校)


受付後、1に車を置きっぱなしで自走で2に向かえば山を下るだけなので楽なのですが、帰りがキツイ。ゴール地点の4がかなり離れている上に、最後にミューズパークの3kmの坂を登らないといけません。自分は今回このパターン。

もう一つは1で受付を済ませたら車で4へ行って駐車する、という作戦が使えたのかも。こうすると4から2へはやはり長い距離を走りますがアップ代わりになるし、何よりゴールしてからが楽。ただし時間に余裕を持たないとダメ。
一番楽なのはパレードしないカテゴリのチームメイトや家族に車を4に持って行ってもらい、あとは自走で2に向かうパターンですかね。一人では無理ですが。

とりあえず受付を済ませてからローラーでアップ。でもあまり時間がとれず20分ほど。心拍160まで2回上げておしまい。
出走サインの時間が迫っていたので補給食だけ持って自走で秩父駅へ。携帯・デジカメは置いていきました(落車した時散乱して危ないため)。なのでレース会場の写真はなし。

秩父駅には10分足らずで到着。もう沢山の選手が揃っていました。出走サインを終えてからH詰さんとジョー君を見つけたのでご挨拶。二人とも市民Aとの事で、同じカテゴリにチームの人がいるのは心強いです。(即置いていかれそうだけど・・・)
ちなみに本当は脚力的に見て市民Bにエントリーするつもりだったのが、申し込もうとしたら既にAしか空きがなく、でもどうしても出てみたかったのでチャレンジするつもりでAにエントリー。そんな事もあっていつもより緊張していたのですが、H詰さん達と話をしていたらだいぶ気持ちがほぐれました。

9:20から開会式が始まり、副市長の挨拶やスポンサー企業、来賓の紹介、前回優勝者による杯の返還などなど。58回目を数えるだけあって格式高い感じ。でも、暑い・・・。
しかし、今年で30回連続出場(!)という方の選手宣誓、これが非常にすがすがしく堂々としていてこちらも気合いが入りました。

という訳で、10:00になりいよいよパレードランがスタート。

後編に続く)
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2010/09/06(月) 20:50:35|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夏の風景

正しい日本の風景

先週走りに出た時の1枚。
こんな風景を見ていると癒されます。

まだまだ日中は暑いですが、それでも朝は少しずつ、でも確実に過ごしやすくなってきている気が。
今年の猛暑は強烈だったなあ、と振り返れるくらいに涼しくなってほしいです(笑)

しかし週末の秩父宮杯は無情にも予想最高気温37℃。なんてこったい。
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2010/09/03(金) 21:28:49|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
前のページ