タイトル

フットペダルをやめてしまったV270-3

自分も愛用しているミノウラV270シリーズの最新版、V270-3が出たようですが・・・ちょっと気になる点が。

ロード向けトレーニングに適した,Vシリーズのベストバランスモデル(ミノウラ)

ローラー加圧調整機構は、初代V270から2代目V270-2までのフットペダル式から、ユニークな二重構造のノブ式に変更されています。
内側のめっきのダイヤルを回すことで負荷装置の前後位置調整を行ない、赤いノブを回すことでローラーをタイヤに押し当てていく仕組みになっています。
普段の使用においては操作するのは赤いノブだけで、めっきダイヤルは異なったサイズのホイールを装着するときだけ操作します。


V270-3

あれれ、使い勝手の良かったフットペダルをやめてしまったのか。
フットペダルのメリットについては、上のページからのリンクで丁寧に解説までされているのに。

タイヤドライブ式トレーナーではローラーを後輪タイヤに押し当てて負荷を得る構造になっていますが,その方法には一般的なノブボルト式とクイックペダル式とがあります。
 
ノブボルト式はその名の通り,ノブボルトをねじ込むことで徐々にローラーをタイヤに接近させていく方式で,安いコストで作れますが毎回毎回ローラー加圧を微調整しなければなりません。
 
フットペダル式は,いったん正しく調整さえしておけば,ワンタッチでペダルを押し下げるだけで何度でも瞬時にローラーが適切な量でタイヤに押し当てられる構造となっています。

まさにこのメリットがあるからフットペダルの仕様は変わらないものと思っていましたが・・・。
単に楽に設定できるという以上に、ローラーでメニューを決めてトレーニングするのであれば、毎回必ず同じ負荷(もちろんタイヤの空気圧調整も必要)にセッティングできるというメリットは大きいです。
それとも新しいノブは何か仕掛けがあるのかな。

ちなみに以下はV270-2のフットペダル。

V270-2 フットペダル

ワンタッチで上げ下げできるので使い勝手は最高。
うーんやっぱりこれは残してほしいなあ。

【関連記事】
ミノウラV270/V130 ワット換算表(改訂版)
100円で効果抜群。ローラー台の汗対策
ローラー台選びの参考になるサイト
ローラー台を新調
【気になるニュース】カテゴリーの記事

  1. 2012/05/29(火) 02:21:38|
  2. 気になるニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

快適!ジロ・デ・イタリアのスマホアプリでライブ観戦

遅まきながら今頃知ったのですが、ジロ・デ・イタリアのスマホ用公式アプリが出ていたんですね。
試しに落としてみたら、これが想像以上に良かったので思わずエントリー。

ジロ・デ・イタリア iPhoneアプリ

ダウンロードはこちらから。無料です。
iPhone用
Android用

ステージマップや暫定順位や選手のデータが見られるといったあたりは割愛。
何がいいかってライブ映像がストレスなく見られること。これに尽きます。

以下、自分の環境だけかも知れませんが、どうも今回のジロはどこのストリーミングサイトもつながりが悪くて、頻繁にコマ落ちするのでストレスを感じていました。
速度は20MB以上は出ているのにカクカク。アクセスが集中して重くなっているのかなあ、と半ばあきらめ気味だったのですが、スマホアプリで見たらまったくコマ落ちしませんでした。YES!!

しかも驚くべき事に、「追っかけ再生機能」までついてます。
あっ今のシーン見逃した、というような時、上の画面の「30」ボタンをタップすると、30秒前から追っかけ再生してくれます。右端のボタンをタップすればリアルタイムに戻ります。
高機能すぎる・・・。

そしてスマホだったらPCの前にいる必要もないので、布団の中でとかジップロックに入れてお風呂で観戦とか、場所を選ばずジロ見放題の毎日にする事が可能です。(ああ、なんかダメな生活)
J-SPORTS契約している人でも役に立つのでは。

注意点としては、日本語対応はしていません。右上の国旗をタップするとイタリア語/英語の切り替え、ライブ映像の実況は全てイタリア語です。
あと、中継開始時間にならないとライブ映像へのリンクが出ません。左上の「LIVE」アイコンが赤くなったかどうかで判別できます。

リンクが出たら、下の黄色い枠の部分をタップすればライブ映像に切り替わります。

ライブへのリンク

ツールもライブ映像が見られる公式アプリを出してほしいなあ。

【関連記事】
ジロ・デ・イタリア2012 ネットライブ
【ネットライブ】カテゴリーの記事

  1. 2012/05/20(日) 13:03:45|
  2. ネットライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

100kmソロ練 大福山~三石山~房総スカイライン

日曜日、少しまとまった時間がとれたので走りに行く事に。遅めの時間だったのでチーム練はパスして大福山方面へ。
お天気は最高!やっぱり実走は気持ちいいなー。

小櫃川

万田野林道

万田野林道からの眺め

トンネル

亀山湖

三石山観音寺

片倉ダム

ミルクハウス&峠の直売所

生乳ソフトクリーム

ルートは、馬来田~万田野林道~大福山~三石山~房総スカイライン~アカデミアパーク。
平地はだらだら走らないようなるべく集中して、登りは無理のないペースで。
やはり体重増加と練習不足がたたってさっぱり登れなくなってるなあ。最初の万田野の登りからきつい・・・。
まあちょっとずつやっていこう。

房総スカイラインを抜けた先、東粟倉の峠の直売所というところで小休止。生乳ソフトクリーム300円也。
クリーミーで美味しゅうございました。


より大きな地図で 20120513 を表示
往路 復路

走行距離:96.9km
走行時間:3時間44分49秒
平均時速:25.94km/h
平均心拍:151bpm
獲得標高:1215m
消費カロリー:2405kcal

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2012/05/16(水) 01:19:45|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

AQULS内房ジャージ



今シーズンから実業団チーム「AQULS内房レーシング」発足に伴い、チームジャージもリニューアル。
自分は実業団の方には登録していませんが、新ジャージは(チーム員なら)誰でも着てOKとのことだったので注文してみました。前のもだいぶくたびれてきていたので。
ちなみにAQULS(アクルと読む)レーシングチームは近隣の友好チームで、よく合同練習したりしてお世話になっているところです。皆さん強いです。

ジャージは一見ロゴが変わっただけに見えますが、よく見ると細かいところで結構変わってました。襟元とか。
一番変わったのは、AQULSさん御用達のマイヨジョーヌが入ったことかな。



「フランス郷土料理とワイン」かあ、行ってみたいなー。
【お買い物】カテゴリーの記事

  1. 2012/05/14(月) 01:27:45|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジロ・デ・イタリア2012 ゴール前動画集



ジロ・デ・イタリアのゴール前動画を集めてみました。
寝落ち等によりゴールシーンが見られなかった方、こちらでどうぞ。
というかほとんど自分用です。いつも子供を寝かしつけると大体終わってるし。。

それぞれ一言コメントをつけてみましたが、ネタバレしたくない人向けにボタンで表示/非表示を切り替えられるようにしました。
ただ、環境によっては押しても消えないかもしれません。その場合はすみませんが諦めてください(笑)
リンクは見つけたら随時追加していきますが、更新が遅れたり歯抜けになったりする可能性もありという事でご了承ください。


ステージ1(個人TT)
テイラー・フィニーが最速タイム。
ステージ2
集団スプリントからカヴェンディッシュ。
ステージ3
ゴール直前、前の選手の斜行によりカヴェンディッシュが落車→大クラッシュ。優勝はゴス。
ステージ4(TTT)
ガーミンが優勝。
ステージ5
落車のダメージまったく関係無しでカヴェンディッシュ。
ステージ6
ルビアーノが独走逃げ切り。
ステージ7
フミが逃げに乗る。ラストはスカルポーニとティラロンゴの一騎打ち。
ステージ8
ポッツォヴィーボのちょっと可愛いガッツポーズ。(5分30秒から)
ステージ9
ゴール直前でまたもや・・・。
ステージ10
世界遺産サンフランチェスコ大聖堂へ登るゴール。下馬評通りにホアキン・ロドリゲス。
ステージ11
ステージ3で大落車を引き起こしてしまったフェラーリが汚名返上。
ステージ12
動カザールこと山の如し。バクに油揚げをさらわれる。
ステージ13
どこからでも勝てるカヴ。1:30あたりからサクソバンクとスカイの列車同士が被せ合うシーンが熱い。
ステージ14
150km以上逃げたアマドールが1級山岳の山頂ゴールを制する。
ステージ15
ラスト300m、ラボッティーニにロドリゲスが追いついて・・・。アナウンサー絶叫。
ステージ16
逃げを容認された10人からイサギーレが飛び出す。
ステージ17
下りでも遅れないバッソ。総合を狙う本命達による少数スプリント。
ステージ18
スプリントでグアルディーニがカヴを下し、カヴはスプリント賞ジャージが危うくなってしまう。表彰式で表情の抜け落ちたカヴ
ステージ19
いよいよ最終決戦。クロイツィゲルが逃げ切り勝利。ヘジダルがマリア・ローザのロドリゲスに17秒差まで迫る。
ステージ20
ステルヴィオ峠の山頂ゴールへ伏兵デヘントがアタック。ロドリゲスは辛くもマリア・ローザを守る。
ステージ21(個人TT)
ヘジダルがロドリゲスを逆転し、カナダ人として初のジロ総合優勝を飾る。

【関連記事】
ジロ・デ・イタリア2012 ネットライブ

【携帯・インターネット】カテゴリーの記事

  1. 2012/05/12(土) 11:02:38|
  2. 携帯・インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ