タイトル

アンカー日産スタジアム・サイクルパークフェスティバルに行ってきた その2


コースマップ(クリックで拡大)

アンカーの招待選手を先頭に3時間の部がスタート。ローリングスタートなのでF地点まで追い越し禁止で、そこからレース開始。
F地点を過ぎた瞬間にコース左端を全開で加速し、前へ前へ。早くも集団がバラけ始めていて焦る。後ろから同じように上がりたそうな人が来たので二人で交代しながら追いかけるものの、恐れていた通り途中に大きな中切れができていて、先頭集団は50メートル先。
うーこりゃ厳しいか。
何回か先頭引いて頑張ってみたけど、結局追いつけず。がっくし。

気を取り直して、そこから先はしばらく第2集団で、ローテにも参加しつつ1時間ほど走る。
とにかくガンガンいける感じで、自分でも調子がいいと感じてました。その時は。
しかし、1時間15分経過したあたりでふくらはぎが攣りそうな嫌な兆候が。だましだまし走ってましたが、K→Lの登りでダンシングした瞬間にピキッと。あ~う~。
集団から一旦離れて脚を休ませ、仕切り直しでまたいくぞ、と思ったけどどうにも痛みが引いてくれない。

我慢して走っていたら、何回かヒヤッとする場面がありました。
1回目はスタジアム内のポイントA。コース外側を走っていた人が急にイン側に寄ってきて、相手の後輪が自分の前輪にヒット。つまり「ハスッた」。ハンドルが一瞬斜めになり、落車を覚悟しましたが、奇跡的に持ちこたえました。
2回目はEのカーブ。前走者が曲がりきれず右のバリケードに突っ込んでいき(ギリギリで止まれたようです)、自分はブレーキロックさせながら何とか回避。
怖かったけど、無事で良かった。

脚の痛みは相変わらずで、ふくらはぎが落ちついたと思ったら今度は太腿と、各部位が順番に攣っていくような死のスパイラル(笑)にはまり、ペースもガクンと落ちる。
このコース、ほとんど平坦で登りはK→Lの短い急な登りしかないのですが、これが後半ボディーブローのように効いてきます。序盤はアウターで登れていたのに途中からインナー。終盤の方はインナーローでも止まりそうなくらいのスピード。
そもそも最初からインナーで後半に備えて抑えつつ登るべきだったなあ。公式サイトにある伊丹選手のコース攻略アドバイスにもそう書いてある事に終わってから気づきました。(遅い)

残りの時間は、脚の具合と相談しながら乗れそうな小集団には乗って、千切れたらまた単独で、といった具合。
明らかに前半のペースは保てていないし、結構ソロの人にも抜かれていたので、何となく50位くらいかなあとか考えたりしてました。
残り30分くらいからは脚の合う小集団が来たので乗らせてもらい、そのままゴール。
ラスト数周の登りはキツかった~。
結果は37位。予想よりは良かったけど内容は・・・。

やはり練習不足がしっかり結果に現れた感がありますが、それでも久しぶりのレースイベントという事で十分楽しめました。
正確には前半は楽しく、後半は苦楽しく?かな。
時間が経ってみると色々反省点が見えてくるもので、これはぜひ来年もリベンジしたいところです。
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2012/09/30(日) 11:57:16|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンカー日産スタジアム・サイクルパークフェスティバルに行ってきた その1

日産スタジアム

ピナレロ・ドグマとLOOK586

今年「最初」のレース、アンカー日産スタジアム・サイクルパークフェスティバルに行ってきましたよ。

レースは昨年末のTOKYOエンデューロから約10ヶ月ぶり。子供が生まれてから初のイベント参加です。
子育てが一段落した訳では全然ないのですが、行きたい行きたいとしつこく言ってたら許可が下りました。感謝。
このイベントを選んだ理由は何と言ってもアクセスの良さ。自宅からだとアクアラインを使って1時間くらいで行けてしまいます。午前中の3時間の部を走ってすぐ帰ってくればお昼過ぎには家に着くので、丸一日家を空ける事もなし。

初参加なのでコースがどんな感じか調べてみると、日産スタジアム内とその周辺の公園をつなげたほぼ平坦の周回コース。ただ、ヘアピンコーナーや直角コーナーが多そうに見えたのと、過去のリザルトの平均速度がやや低めだった事から、高速巡航よりもコーナーからの立ち上がりを重視して、あえてディープリムではなく踏み出しの軽いWH-7850-C24-TUをチョイス。

当日は同じくURCからソロで参加のツッチーさんに家まで迎えに来ていただき(ありがとうございます)、渋滞もなくスイスイと日産スタジアムへ。現地でチーム参加のO野さんにも会えました。
レギュレーションで試走をしないとレースに参加できない事になっているので、受付を済ませてコースに出てみると、あれ?思っていたよりコース幅が広い。ほとんどのコーナーはノーブレーキでいける。
これならディープリムで全然OKだったなあ。MIKさんの忠告に従っておけば良かった・・・。


コースマップ(クリックで拡大)

注意すべきはCのヘアピンがちょっときつめなのと、KからLへの登りが割と急なので前走者との追突やフラつきが起きやすいところか。あと、基本的に遅い人は右側を走り、速い人は左から抜くというこの大会のルールが試走の段階からあまり守られていなくて、カオス状態になりがち。

アップ代わりにツッチーさんと2周して、準備してスタート地点に行くと、もう既に結構な人が・・・。しまったー。100番目くらいか?
MIKさん情報で中切れに注意せよとアドバイスされていたので極力前の方に並びたかったのですが、油断しました。

何とか先頭集団に残りたいけど・・・どうかなー。
不安に駆られつつスタートを待つ。
(引っ張るような内容でもないんだけど続く
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2012/09/30(日) 08:23:37|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

UCIロード世界選手権2012 ネットライブ

s-UCI Road World Chanpionships3

いよいよオランダ・リンブルフにてロード世界選手権 男子エリートが始まります。
レーススタートは日本時間の17:45、フィニッシュは24時頃と思われます。
日本からは福島晋一、宮澤崇史、別府史之、土井雪広、新城幸也、畑中勇介、と過去最多の6名が参戦。応援しましょう。

ネットライブはこちらから。
http://sports-livez.com/channel/ch-9.php
http://sports-livez.com/channel/ch-6.php
http://sports-livez.com/sopcast/sop-1.php
http://sports-livez.com/channel/ch-5.php
http://sports-livez.com/channel/ch-7.php
http://nos.nl/dossier/415554-wk-wielrennen-2012/tab/500/live/
http://www.sportlemon.tv/v-4/4/102/v-450232.html

スタートリスト。
http://www.uci.ch/Modules/BUILTIN/getObject.asp?MenuId=MTY1ODM&ObjTypeCode=FILE&type=FILE&id=ODExOTE&LangId=1

コースマップ&プロファイルはこちら。
全長267km。最初の106kmまではラインレースで、
http://www.limburg2012.nl/images/maps/new/01_parcours_heren_elite_ENG.jpg
そこから先は16.1kmの周回コースを10周します。
http://www.limburg2012.nl/images/maps/new/02_wegcircuit_ENG.jpg

ライブティッカー。
たぶん周回コースに入ったらここがupdateされる・・・はず。されるといいなあ。
http://static.sportresult.com/federations/uci/CR2011/

テキストライブ。(英語)
http://live.cyclingnews.com/
【ネットライブ】カテゴリーの記事

  1. 2012/09/23(日) 13:19:50|
  2. ネットライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マイ・ベスト・オブ・炭酸水はこれに決定

サッポロ「おいしい炭酸水」「おいしい炭酸水レモン」

毎回おすすめしてるのが違うじゃないか!というツッコミがありそうですが、なかった事にして、現時点での個人的ベスト炭酸水を発表します。
サッポロの「おいしい炭酸水」が優勝。

以前も書きましたが自分の好みは、

・炭酸が強いこと
・余計な添加物がないこと


の2点。
炭酸の強さで言えばMAXレベル。セブンイレブンのも強いですが、泡の密度というか、きめ細かさがサッポロの方が上という気がします。よりシャープな感じ。これと比べるとベイシアSODAは若干パンチが足りない。
そして純水と二酸化炭素のみというシンプルさもGood。
どのブランドにも共通して言えるのは、フレーバー系は総じて炭酸が弱い。これは製造工程上仕方ないのかもしれません。シンプルに炭酸の爽快さを味わいたいならプレーンが一番。

そして、「おいしい炭酸水」は何となく値段が高そうというイメージがあったのですが、たまたま近所のスーパーに行ったらさりげなく1本78円で売られていたり、Amazonで24本セットが1,830円、しかも送料無料で買えてしまったり(1本当り76.25円)と、実はセブンイレブンより安い事が判明。
ついうっかりポチッとしてしまいました。

というかですね、9/21現在、セブンイレブンの「おいしい炭酸水」シリーズがセブンプレミアムから買えなくなっています。
商品情報を開くと、『申し訳ございません、 この商品はただいまお取扱できません。』と表示される状態。
最近マスコミでも炭酸水の効果が取り上げられていたりしたので、売れすぎて品薄なのか、別の理由で販売中止になってしまったのか?
ちょっと気になります。

[追記]
また復活したようですね。現在は買える状態になっています。

【関連記事】
コストパフォーマンスの良い炭酸水を発見
セブンプレミアムの「ほんのりグレープフルーツ炭酸水」を箱買いしてみた
炭酸水の意外な効果
炭酸水まとめ買い
今年買って良かったモノ BEST5
【お買い物】カテゴリーの記事

  1. 2012/09/21(金) 07:21:07|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

気になるパワーメーター「StageONE」

三連休はなかなかまとまった時間がとれず、すきま時間でしょんぼりとローラーのみでした。
修行僧のようにひたすらメディオ。メディオだけでトータル110分。
チーム練には行けなかったけど、チーム練のきつい感じを想像しながらしっかり追い込む。
今月末のレース、どうだろうなあ。何とか最後まで着いていきたいけれど。

ところで自分はパワーメーターを持ってません。が、興味はあります。
最近になってパイオニアやROTOR POWER CRANKSの情報も出てきて、買うならやっぱりクランク型がいいなと(実走では好きなホイールを使いたい/ローラーでは専用タイヤを使いたい/主に乗るのは1台のみ、という理由から)思っていたのですが、いかんせん高い。
そこへ突然現れたのが「StageONE」。

Stages Cycling StageONE power meter – Interbike 2012(Bikeradar.com)

左クランクに最初からひずみセンサーが接着された状態で販売されるというユニークなもので、重量はわずか20g増。
シマノ、SRAM、キャノンデールのクランクに対応し、ROTORでネックとなりそうだった170mm未満のクランク長にも対応。カンパ用はなし。
ANT+、Bluetooth対応で、電池交換も自分でできる。電池はCR2032、寿命は200時間以上。

パワータップとの出力比較は、リンク先記事のグラフに見られるようにほぼ同じ値を示しています。(青い線がStageONE、赤い線がPT)
ただし、片側で計測したパワーを独自アルゴリズムによりトータルパワーに変換するため、左右のバランスを見る事はできません。また、乗り手の左右の出力バランスが均等であると仮定した値なので、偏りが大きければ誤差も大きくなりそう。

しかし何と言っても魅力的なのはその価格で、Dura-Ace 7900だと$899。左右セットなら$1,299。
Quarq CinQoとかROTORの価格を見た後だと非常にリーズナブル!に見えてしまいます。(もうこの時点でどこか感覚がおかしい)
パワーメーターもついに価格破壊か。
ちなみに左右セットと言っても両方にセンサーがつく訳ではなく、左側のみです。

2013年1月にBMXやトラック用のクランクも含めて14モデルが展開されるそう。いずれもアルミクランクのみ。
カーボンクランクがないのは、コンポジット構造に関連したヒステリシスの固有の問題のため・・・と、何を言っているのかわかりませんが、要はカーボンだと変形に対して元に戻ろうとする力が正確に測定できないという事かな。なのでカンパには対応していません。

もう少し待てばいろいろ情報が出てきそうなので、とりあえず来年まで様子見で。

【関連記事】
Stages Powerの国内販売開始
パワーメーターへの布石
パワータップ導入
パワーデータ解析ソフトをいくつか入れてみた
【気になるニュース】カテゴリーの記事

  1. 2012/09/20(木) 01:32:20|
  2. 気になるニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ