タイトル

ツール・ド・フランス2013 ネットライブ [追記あり]

Tour de France2013 ネットライブ

ツール・ド・フランスのネットライブ情報です。100回記念大会となる今年は全日本選手権を独走で制したユーロップカーの新城幸也選手が4回目の出場。エースのピエール・ロランをアシストしつつも、日本人初のステージ優勝も狙っていってほしい!
しかし日本ナショナルチャンピオンジャージが……ちょっと、若干アレかな?日の丸がでかすぎるかな。いや、見つけやすくていいじゃないか。

ネットライブはこの辺からどうぞ。
http://www.sportlemon.tv/20130627/vv51cc61931f6807.22400970-599163.html
http://www.hahabar.com/20130627/v-cycling-599163-51cc618d5d4c18.08839903.html
http://www.bestsportgo.tv/20130627/vv-599163-cycling-51cc618daf3b72.84811937.html
http://www.bestsportgo.tv/20130627/vv-598971-cycling-51cb6fcd7aad59.15332532.html
http://www.hahabar.com/20130627/v-cycling-598971-51cb6fd0a28882.12577614.html
http://www.sportlemon.tv/20130627/vv51cb6fd857cce6.46027618-598971.html
http://www.bestsportgo.tv/20130627/vv-599163-cycling-51cc618daf3b72.84811937.html
http://www.sportlemon.tv/20130629/vv51cec6c2acde64.07810763-599844.html
http://www.hahabar.com/20130629/v-cycling-599844-51cec6c227d548.21072369.html
http://www.bestsportgo.tv/20130629/vv-599844-cycling-51cec6c24c49a8.96932618.html
http://www.sportlemon.tv/20130627/vv51cc64f1b24478.64101114-599172.html
http://www.hahabar.com/20130627/v-cycling-599172-51cc64ec31d838.99710910.html
http://www.footstream.tv/stream/ch4.php
http://www.bestsportgo.tv/20130627/vv-599159-cycling-51cc60c2733f48.82548454.html

他にもあるのですが、広告の消し方が非常にわかりにくい(というかわからない)ページがいくつかあったので外しました。
随時更新していきます。

中継時間は、Jスポの放送予定とたぶん一緒(手抜き)。
http://www.jsports.co.jp/search/sys/kensaku.cgi?Genre2=120401

スタートリストはこちら。
http://www.cyclingnews.com/tour-de-france/start-list

公式ライブティッカー。とても見やすい。
逃げグループの画像をクリックするとメンバーと持ちタイムがわかります。
http://www.letour.fr/le-tour/2013/us/live/aso/

テキストライブ。(英語)
http://live.cyclingnews.com/

各ステージ毎に、何人かの選手のパワーデータを含む詳細な走行ログを参照できそうな雰囲気。(TrainingPeaks)
http://home.trainingpeaks.com/TDF?utm_source=tp&utm_medium=email&utm_campaign=NCAjune13

NHK BS1の『まいにち ツール・ド・フランス!』。前日のレースを25分のダイジェストで振り返る。
http://www4.nhk.or.jp/tourdefrance/

[追記]
初日からグリーンエッジのバスがゴールゲートに突っ込む波乱の幕開け!(波乱っていうのか?)

グリーンエッジのバス

[追記2]
第5ステージ、新城選手が逃げに乗る!しかもバーチャルリーダー。(暫定での総合成績1位)

逃げるユキヤ
【ネットライブ】カテゴリーの記事

  1. 2013/06/29(土) 22:59:02|
  2. ネットライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

袖ヶ浦 中袖TT&スプリント練

今日は午前中に2時間ほどとれそうだったので、久しぶりの実走へ。
本当は鹿野山に行きたかったけど、2時間じゃ帰って来られないのでいつもの袖ヶ浦周回。
しかしよくよく考えてみれば、こんな道も広くて信号もまったくなく、延々ぐるぐる回っていられるようなコースが家から15分程度のところにあるというのは恵まれているとしか言えないな。どんどん活用せねば。

走り出してまず気になったのがサドルの高さ。この間2.5mm上げて、ローラーではそれほど気にならなかったというかむしろ逆に回しやすくなったとすら思っていたのに、実走してみると明らかに高く感じる。
やっぱり実際に走ってみないとわからないもんだなあ。
それでも違和感という程ではなかったので、そのまま行く事に。

いつもの川沿いルートで。

川と橋

いつもの中袖周回。

中袖周回

まずは1周5.2kmをTT。

中袖TT: 7分53秒 / 296W / 175bpm / 90rpm / 39.7km/h

あーきつかった。入りは320Wくらいで、しかしだんだん落ちてきて結局300Wに届かず。それでも1周8分切れたのでまずまずかな。
2本目は強度を落として5分走。

5分走: 262W / 168bpm / 81rpm / 37.5km/h

はー。もうなんかお腹いっぱいなんだけど、もうちょい頑張る。

1分走(1回目): 349W / 165bpm / 86rpm / 38.8km/h
1分走(2回目): 338W / 167bpm / 86rpm / 42.6km/h

風向きによってだいぶスピードが違うなー。
負荷を上げるところと流すところで強弱をはっきり、メリハリをつける感じで。

時間切れになったので、帰りがけにスプリント2本。

スプリント(1回目): 925W(10sec)/ 1007W(1sec)
スプリント(2回目): 853W(10sec)/ 934W(1sec)


1本目で何とか1000W。出力は大して出てないけど、今回フォームを意識して低くしてみたら58km/hまで出ました。風向きも追い風ではなかったはず、たぶん……。
空気抵抗は速度の2乗に比例するので、やっぱりフォームが重要なのかな。カヴェンディッシュみたいな低いフォームが理想なんだけど、難しい。(というかあそこまで低いフォームは他のプロにもいない)

30℃もあって蒸し暑かったけど、久しぶりに外を走れていい気分転換になりました。

走行距離:42.9km
走行時間:1時間32分13秒
平均時速:27.9km/h
平均心拍:145bpm
平均ケイデンス:73rpm
消費エネルギー:756kJ
AP/NP/IF/TSS:137W/199W/0.767/92

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2013/06/29(土) 13:51:24|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

固定ローラー台でGP4000Sを半年間使った後の減り具合

コンチネンタル GP4000SとミシュランA1

ストック用にタイヤとチューブを買いました。タイヤはコンチネンタルのGP4000S、チューブはミシュランのA1です。どちらも自分の中では定番の使い慣れたもの。

ちなみに今履いているGP4000Sは昨年の暮れから固定ローラー(ミノウラ V270-2)でも使っています。それまではローラーの時は専用タイヤを履かせたホイールに履き替えていたのですが、パワータップを導入してからはローラーでも実走でもデータを取りたいので、交換せずにそのまま使ってみる事にしました。

半年以上経って、後輪の減り具合はどうなったか見てみると……
こんな感じ。

GP4000S 後輪

こちらは前輪。

GP4000S 前輪

前輪と比べると中央部分がややフラットにはなっていますが、まだまだ使えそう。
半年間、2日に1回は使っていた割には思ったより減らないな、という印象。コンパウンドが固めのせいかな。
コツとしては、ローラー台にセットする時にタイヤがキュルキュルと空転しないくらいまでしっかり押しつけるようにすると減りにくい気がします。
タイヤの接点がへこんでいると見た目はすごい減っちゃいそうですが。

とりあえず問題はなさそうなので、引き続き使っていこう。
ローラーでも実走でも車輪を交換しなくて済むのはとても楽!(大抵はクイックもミノウラのをつけっぱなしで出かける)
最近実走してないけど……。

余談ですが、GP4000Sのパッケージに載ってるこの人達が若干怖いです(笑)
なんか怒られそうな雰囲気。

コンチネンタル4人衆
【お買い物】カテゴリーの記事

  1. 2013/06/29(土) 00:47:35|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Golden Cheetah 3.0正式版をインストールしてみた

Golden Cheetah ロゴ

オープンソースのパワーデータ解析ソフト、Golden Cheetahの3.0正式版がリリースされました
今年の4月頃から立て続けに「リリース候補版」がアップされていましたが、ようやく正式版のリリースに至った模様。

ちなみに自分がメインで使っているのはバージョン2.1で、3.0はややメニュー構成がわかり辛いのもあって敬遠していました。
しかし正式版となるとやっぱりちょっと気になるので、インストールしてみる事に。
ダウンロードはこちらから。Windows7 Professional 64bitで動作確認できました。ただし起動は2.1に比べかなり時間がかかります。

セットアップの途中でインストール先を聞かれますが、そのままだと2.1のプログラムを上書きしてしまいそうだったので変えました。

Golden Cheetah インストール先の選択

既にバージョン2系を使っていれば、過去のライドデータはユーザ領域から自動的に読み出してくれます。

ユーザデータの読み込み

起動するとこんな感じ。日本語化は場所によってされていたりいなかったり。

Golden Cheetah3.0 画面1

で、やっぱりメニュー構成が2.1と全然違います。2.1は比較的シンプルなメニュー構造で、トップに「ライド概要」「ライドグラフ」「クリティカルパワー」……と並んでいるのでわかりやすいのですが、3.0はまず「Home」「Diary」「Analysis」「Train」と並んでいます。
この各画面で左サイドバーの日付表示形式がバラバラなので混乱気味……。

「Home」は直近3ヶ月間といったような、ある程度まとまった期間の推移を見るためのタブで、2.1で言うところの「統計」タブに近い。
「Diary」はカレンダー上でワークアウトの実績を見られますが、とはいっても見られるのは距離、NP、TSSくらいで、正直使いどころがよくわかりません。
「Analysis」は、おそらくこれが2.1のメインメニューに最も近いと思います。ある日付を指定すると、その日のライド概要、ライドグラフ、クリティカルパワー、出力/心拍/速度/ケイデンスの分布、4分割分析などが見られます。

「Analysis」の画面で、左下にあるこのボタン(すっごい小さい)を押すと左サイドバーをカレンダー形式に変更できるので、

左ペイン切り替えボタン

このように見た目的には2.1にかなり近づける事ができます。

Golden Cheetah 左ペインをカレンダーに

でもやっぱりこのクレヨンで描き殴ったようなライドグラフに馴染めない……。

グラフ

それと、グラフ内で範囲選択した部分を拡大表示させる機能がなくなってるのも痛いところ。(これから実装?)

とはいえ2.1にない機能もいっぱいありそうなので、もう少し色々いじってみて気になるところがあれば追記していこうと思います。

【関連記事】
Golden Cheetah3.1正式版の新機能
パワーデータ解析ソフトをいくつか入れてみた
【パワトレ関連】カテゴリーの記事

  1. 2013/06/18(火) 06:55:24|
  2. パワトレ関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LOOK586のインテグラルシートポスト(E-POST)で高さ調整してみた

思うところあって少しサドルを上げたくなり、久々にインテグラルシートポスト(LOOKのE-POST)の高さ調整をしてみました。
久しぶりすぎてやり方を忘れていたのでメモ。

これが変更前の状態。

インテグラルシートポスト(スペーサー追加前)

自分が持ってるスペーサーはこんなラインナップ。
左から、1.25mm、2.5mm、5mm。

インテグラルシートポスト用のスペーサー3種

このほか、予備と今使ってるものを含めれば2.5mmがあと2枚あるので、この5枚だけでも結構な種類の高さを作れます。
小さい方から、1.25mm、3.75mm、5mm、6.25mm、7.5mm、8.75……という感じで、13.75mmまで調整可能。それでも足りなければスペーサーを買い足せば良いのですが、逆に短くしたかったらシートポストをカットするしかないです。

まずはE-POSTを外すため、このネジを緩める……んだったかな。

インテグラルシートポストの締め付けネジ

ある程度緩めてからエイヤッと引っ張ると、抜けました。

インテグラルシートポストを抜いたところ

というか、上のネジ緩める必要なかったです(汗)
LOOKのE-POSTってただ突っ込んであるだけで、特にネジとかで固定してないんだな……。それって防犯的にどうなの。
上のネジは一番下の部品と接合するようになっていて、ネジを締めれば各部品が上下からプレスされるという造り。

E-POSTはこれだけの部品で構成されています。見た通り、そこそこの重量もあり。

インテグラルシートポストの構成部品

一番上に2.5mmのスペーサーが入っているので、ここにもう1枚2.5mm(ちょっと思い切って)を入れ、各部品を締め込んでシートポストにセット。
それに加えて、ほんの少しサドルを前へ。これは高くした事で若干後退しているのを調整するため。

追加後の状態。ほとんど見た目は変わりませんが。

スペーサー追加後

早速ローラーにセットして漕いでみる。うん、悪くないかも。回しやすさを損なわない範囲で重いギアを踏み込みやすくなった気がする。
これで登りが少しでも楽になれば……と期待。まずは実走して確かめてみなければ。

最後にざっくりとインテグラルシートポストの評価を。

[Good]
・ 見た目がスマート
・ 自分のポジションに合わせてカットするので、「自分専用機」な雰囲気が出せる
・ 構造的に、いつの間にかサドルが下がっているという事がない
・ スペーサーを使うので変更前の高さに簡単に戻せる

[Bad]
・ 重い
・ 最大調整幅が狭い
・ メンテナンス性が悪い
・ 1mm単位での微調整不可(最低でも1.25mm単位)
・ 自分より3cm以上サドルの高い人に譲渡不可
・ 防犯上の問題あり?

こんなところかなあ。
ポジションがほとんど決まっている人なら大きくサドルを上げ下げする事はないと思うので、デメリットの多くはそれほど気にならないかもしれません。
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2013/06/15(土) 18:22:36|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ