タイトル

『スマートミスト』で車だけでなく自転車も磨いてみた

スマートミスト

最近急に増えてきた感のある簡易コーティング剤を買ってみました。
洗車用品コーナーに行くといろんな種類があります。「ゼロウォーター」「CCウォーター」「スマートミスト」「PSコート」など。
どれも違いがよくわからないので、他と比べて安かったのとパンダのぬいぐるみがオマケでついていたスマートミストを購入。

仕組みとしては、液体に含まれる特殊ガラス成分が塗装の凹凸に入り込んで表面をなめらかにする、さらにそれを繰り返す事でより効果が高まり、水だけで汚れが落ちるようになると。
使い方は簡単で、洗車後にシュッと吹きかけて水滴と一緒にウエスで拭き取るだけ。
半信半疑でやってみたら、おお、確かにすごい簡単にツルツルピカピカになる。明らかに表面の滑りが良くなっているし、ドアに顔が映るようになってる……。

(ステマ記事っぽくなってきたのですが続けます)
どちらかというと、半乾きのボディよりも完全に乾いた状態、つまり拭き取りを一度終えた後で施工した方が効果が高い気がします。
しかしこれは楽でいいなあ。ウインドウのガラスに使えば撥水効果もあるし。

それならばと自転車のフレームも磨いてみたら、これまた良い感じに輝きを取り戻しました。
調子に乗ってあれもこれもシュッシュッシュのシュ~。
いろいろ試してみた結果、メガネやサングラスのレンズ→小キズが目立たなくなり透明感が増す、スマートフォンの画面→指の滑りが異常に良くなる、と小物系にも使えそう。お風呂場の鏡なんかにも良いかも。
スノーボードの滑走面にも……と思ったけどここはさすがにワックスとコルクでやらないとだめか。

この手のコーティング剤の価格帯は2000~3000円とちょっと高めですが、施工が楽なのとしっかり効果が実感できる事、そして自転車にも気軽に使えるのでなかなか良い買い物でした。
【お買い物】カテゴリーの記事

  1. 2014/01/30(木) 00:15:26|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

3本ローラー練 L4 20分+2分走

1/28ログ

本日のおはローラー記録。

L4: 20分 / 245W / 161bpm / 93rpm

10分アップしてからL4を20分。220Wくらいから始めて、徐々に上げて260Wくらいまで。
意識的にではなく自然に上がっていった感じ。
先週末は乗る時間がとれず2日ぶりだったので、体力的には余裕あったかな。
20分は長いけど、今年はこれを重点的にやるつもり。精神面を鍛える意味も込めて(笑)

少し休んでから1本だけ2分走、体重の6倍ワットを目標に。

2分走: 383W / 177bpm / 98rpm

6.1W/kgで何とかクリアー。
3本でも負荷を最大にすれば十分高い強度を作れるという事がわかりました。うるさいけど。
自分の場合、20分4倍、5分5倍、2分6倍、1分9倍が何となくの目安。強い人から見れば楽勝かもしれませんが……。
コンスタントにこなせるように地道にやっていこう。

ちなみに、いつからかわかりませんが携帯ポンプがどっかいっちゃったので実走できません(笑)
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2014/01/28(火) 23:56:43|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岩原スキー場でのびのび滑る

岩原スキー場

アルペンボード

土曜は会社のスキー部活動。部員5名、家族友人合わせて9名参加という珍しく大所帯での活動でした。
前回のスノボ記事を見返してみると、去年はノルン水上の1回のみ。2008年頃はシーズンに5回、6回と行っていたのが、いつの間にやら年1~2回ペースになってしまってます。
子供がもう少し大きくなったら連れていきたいな。

当日は3:50出発、都内で3人ピックアップして関越に乗り、湯沢ICまで。渋滞もほとんどなく順調でした。
久しぶりの岩原スキー場は、ゴンドラがなくなってしまって若干魅力が薄れてしまったものの、広い緩斜面でのびのび滑れる爽快感はここならでは。初心者ボーダーの練習にもうってつけです。

午前中は雪がフカフカすぎて止まってしまいそうな感じでしたが、午後からは適度に踏み固められてちょうど良くなり、気持ち良く滑れました。
今回もアルペンボードで、カービングをメインに練習。ターンの時にしっかり加重し、両足で均等に踏む事を意識するように。苦手のフロントサイドは前よりもましになってきたかな。

ちなみにアルペンボードはカントやリフトといって踏みやすいようにビンディングに傾きをつけるのが一般的ですが、自分のには入っていません。滑っていて思ったのは、後ろ足(右足)のかかと側を少し高く(リフト)したら、ヒザを曲げやすく、真下に加重しやすくなるんじゃないかと。今までなしでやってたのかよ、というツッコミがありそうですが。
こういうのも知り合いにアルペンボードをやってる人がいないのでなかなか知る機会がないのです。お店の人に聞いたりネットで調べたりして手探りでやってみよう。

岩原で見かけたアルペンボーダーは、一人(笑)。いよいよ絶滅寸前か?
でも自分はこの先ずっと乗り続けると思います。なんたって楽しいから。
【スノーボード】カテゴリーの記事

  1. 2014/01/19(日) 23:26:20|
  2. スノーボード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ELITE ARION AL13に滑り止め加工をしてみた

負荷付き3本ローラーのARION AL13には乗り降りの際に足を置くためのステップがありません。フレームに直に足を乗せると時々滑ってヒヤッとする事があるので、滑り止め加工をしてみました。

費用: 490円(ゴム板170円×2, 両面テープ150円)

ホームセンターで買ってきたのはこちら。ゴム板2枚と両面テープ。ゴム板は「HIKARI スジ入りゴム ブラック」というやつ。

HIKARI スジ入りゴム ブラック&両面テープ

ゴム板を3cm幅にカットします。

ゴム板を3cm幅にカット

貼り付ける前の状態。

ARION AL13に貼り付け前

両面テープで貼り付け。以上!

ARION AL13に貼り付け後

折り畳んでも邪魔になりません。

折り畳んだところ

試しに乗ってみたら、かなり具合良いです。面積は小さいけどぴたっと張り付いて安心感がある。見た目もスマートだし。
ただ、これくらいは標準でつけてくれてもいいような気もしますが……。

他のARIONシリーズにも同じようにつけられると思うので、乗り降りの際に安定感が欲しい方は試してみてはいかがでしょう。

【関連記事】
3本ローラー「ARION AL13」のファーストインプレッション
負荷付き3本ローラー「ARION AL13」でパワトレしてみた
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2014/01/17(金) 00:17:18|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連休中の3本ローラー練

1/11 Workout

1/11、子守のすき間時間でローラー60分。

L4: 10分 / 252W / 165bpm / 95rpm
L4: 10分 / 253W / 169bpm / 87rpm
TSS:69
624kJ


2回目はギアを上げて出力は同じ。一定ペースでじわじわ登るようなイメージで。
ペダリングは「踏む」のではなく、股関節から先をできるだけ脱力して、体幹と脚の重さを使って自然に「落とす」ように。
というのを最近意識してやっています。身体の「しなり」というか、重心移動によって生まれた力を末端まで行き届かせる。逆に言うと末端から力を出さないようにする。

こういう動きはやっぱり3本の方がやりやすくて、最も力を出しやすい角度に合わせて自由に車体を振れるのが何よりのメリット。
ダンシング=車体が振れる、シッティング=振れない、ではなく、シッティングも細かく車体が振れていて、パワーを出そうとするほど振れは大きくなる。そう考えるとやっぱり固定って不自然なところある気がするなあ。
後半は100W~140Wくらいで流して終了。

1/12は、あらかじめ決めていた通り一日中家でお仕事。でもなんか効率悪くて時間をムダにしてしまった……。

1/13 Workout

1/13、朝ローラー70分。

L3: 50分 / 201W / 157bpm / 93rpm
TSS:71
719kJ


L3をじっくりやるつもりで。ハンドルの下を持ったり上を持ったり、いろいろポジションを変えながら。
今日も踏まないペダリングを意識する。
40分で終わる予定だったけど、まだ余裕あったので10分延長。これなら1時間もいけるかな。
この辺りのゾーンはいかに飽きないようにするかがポイントかも。今のところDVDもBGMも不要ですが。

日中は家族で千葉のポートタワーへ。

ポートタワー展望台

なんか久しぶりに高いところ登ったな~。展望室は113メートルなんだけど構造的にほぼ真下まで見下ろせるので高さ以上の恐怖感。倒れそう。あと素通しのエレベーターも結構くる。
奥さんに「スカイツリーってこの6倍くらいでしょ?」と言われ、あまりに想像の域を超えていたので笑っちゃいました。でも、そこまで突き抜けて高いと恐怖感ってそれほど起きないのかもしれない。

ここはリアルな高さが味わえるのでオススメです(笑)
【パワトレ関連】カテゴリーの記事

  1. 2014/01/13(月) 23:04:53|
  2. パワトレ関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ