タイトル

久しぶりに尾瀬岩鞍へ

閉鎖した西山のレストラン『ホルン』

土曜は今シーズン2回目のスキー部活動でした。今回は少人数で3名のみ。自分以外はどちらもベテランスキーヤー。
当日、三軒茶屋と新座で一人ずつ拾って5:30頃関越に乗ると、まず軽いジャブ的な事故渋滞があり、その後しばらくは順調。
しかし、駒寄あたりから再びノロノロ渋滞。ラジオの情報によれば、赤城に先週の大雪が残っていて、その影響で詰まっているとの事。
これがもう絶望的なまでに進みません(笑)。ぜんぶ雪のせいだ。

ゲレンデに着くのはいつになるやら、と話をしつつ、1時間以上かけてようやく赤城山までいったら原因がわかりました。
雪の量が多すぎて、除雪しても捨てる場所がなく路肩にはみ出てしまい、長井坂トンネル(赤城高原SA手前のトンネル)の前後が一車線規制となっていたためでした。これは仕方ないか……。
ちなみに上り線も同じ場所で一車線規制。予想通り帰りも赤城から沼田までつながる恐ろしい渋滞ができていたようです。早めに上がったのでそれほど待たずに通過できましたが。

その後は順調に進んで沼田ICを下りる。今回の目的地である尾瀬岩鞍まで行くには、そこからまた1時間かけて下道を走る訳ですが、なんと新しく「椎坂トンネル」なるものができて峠道をショートカットできるようになっていました。
これで15分の短縮。運転も気を使わずに済むし非常に楽です。お金払ってもいいと思うくらい。
スキー場手前の急な登り坂もしっかり除雪してあり、ほぼ賞味期限切れのスタッドレスでも問題なく登れました。(もちろんチェーンは携行してます)

あと、沼田ICからスキー場に向かう道すがらで驚いたのは雪の量。あの大雪から一週間経ってますが市街地でも1メートル以上は残っています。ガレージが「くの字」に折れていたり、中古車屋は車が完全に雪に埋もれていたり……。雪に慣れているはずのこの地域ですら対応しきれないほどの大雪は、やはり異常だったのだなと思いました。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍

11時にようやくスキー場に着き、さっさと準備してゲレンデへ。まずはゴンドラで上まで。岩鞍久しぶりだな~。
まず足慣らしにミルキーウェイを3本。広々していて気持いい!
ソチ五輪の開催中という事もあってか人はそれなりに多いですが、アルペンボーダーはいません。これは平常通り。

今回は苦手のフロントサイドを重点的に練習。まず前屈みにならないように、しっかり板に圧力をかけつつ腰を内側に寄せて突っ張るようなイメージで。自分では顔の下に雪面があるくらい倒せている気がしていても、実際は45度くらい?それでも前回よりさらに倒せるようになってきたので、手応えはあり。
もっともっと練習したいけど、脚がついてこない(笑)

お昼は岩鞍食堂。

岩鞍食堂

この食堂は緩斜面の途中にあって、ゲレンデマップにも載ってないので意外と穴場です。ブーツを脱げるようにスリッパがあったりしてリラックスできる。
でも本当は西山の『ホルン』にまた行きたかったな(冒頭の写真)。ここ、残念な事に数年前から営業していないそうです。山に囲まれた雰囲気の良いレストランで好きだったのですが。

午後は一人で西山の方を回り、最後は緩斜面で気持ち良く滑っておしまい。
アルペンボード、やればやるほど楽しくなる。今年はあと1回は行きたいな。
【スノーボード】カテゴリーの記事

  1. 2014/02/24(月) 00:08:25|
  2. スノーボード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

BikeScoreとDaniels Pointsの違いについて調べてみた

Golden Cheetahでトレーニング量を測る指標として、「BikeScore」と「Daniels Points」というものがあります。どちらもパワーデータを基に身体的ストレスを数値化したものである割には、ポイントのつき方に差があるのが気になっていました。Daniels Pointsってどういう基準でついているんだろうと。
ちなみにBikeScoreはTSS(Training Stress Score)と同義です。厳密には違うのかもしれませんが、わかりやすくするために同じとしてしまいます。

参考にしたのはこの辺。
https://groups.google.com/forum/#!msg/golden-cheetah-users/SpL_zfkLvPc/LI5I8EMrrVMJ

そもそもBikeScore(TSS)とは、トレーニングによるストレスをFTPを基準に算出したもので、100ポイントが1時間TTをやった時と同じスコアとされています。
一方、Daniels Pointsは1時間TTの運動負荷が33ポイントで表されます。
ここがちょっとわかりにくくしている原因なのですが、まず両者の基準となるポイントは異なるという点を覚えておく必要があります。

BikeScore(以下BS)とDaniels Points(以下DP)との違いは大きく二つ。
一つは、BSが滑走時間(ペダリングせず惰性で走っている状態)でもポイントを加算するのに対し、DPは何もしないという事。
これはGolden Cheetahに取り込んだ走行ログをCSVでエクスポートし、数分間の0Wデータを末尾に追加して再取り込みしてやると確認できます。実際にやってみたら、BSはポイントが増えていたのに対しDPは変わらずでした。

もう一つは、DPの方が高い強度をより高く評価するという事。
自分の過去のログデータから抜き出してみると、例えばこんな感じです。
(比較しやすいようにそれぞれ100と33で割ったパーセンテージで記載しています)

1. ローラー30分: L1流し
BikeScore 4%
Daniels   0

2. ローラー80分: L3 20分*2
BikeScore 70%
Daniels  109%

3. ローラー90分: L4 20分*1/L6 1分*10
BikeScore 107%
Daniels   218%

4. 実走76km: 単独流し 獲得標高503m
BikeScore 117%
Daniels   118%

5. 実走74km: 平地チーム練
BikeScore 147%
Daniels   263%

6. 実走116km: 単独 強度高め 獲得標高1917m
BikeScore 274%
Daniels   412%


強度が低い、あるいは一定ペースで流した1や4ではほとんど差が見られません。(ていうか30分も乗ったのにゼロって……)
しかし、強度が上がるにつれDPの方が倍近く高いポイントをつけています。

これはつまり、淡々と長距離を乗っただけでもBS(TSS)は稼げるけれども、強度を上げない限りDPは上げられない、逆に言えば短時間でもしっかり強度を上げればDPは高くなるという事か。
だとすると、「時間より強度」を重視する人にとっては結構有用な指標になるのかも。

自分の場合ローラーで短時間の練習がメインなのですが、Golden Cheetahのパフォーマンスマネージャーで見ると、BSベースでは上がったり下がったりの繰り返し。
しかしDPベースだとそれよりも若干上昇傾向にあります。

週末にロングに行けないとなかなかCTL/LTS(長期ストレス)って上がりません。平日まめにローラーで頑張っても、実走ロング一発には勝てない。
でも、DPベースのスコアが着実に積み上がっていっているのであれば、少なくとも強度は足りてると言えるのではないかと。一番重要なのは時間より強度、と偉い人が言っていた気がするし。
何だか自分を慰めるための解釈みたいでアレですが……。

まとめると、たまにはロングに行きたいです(あれ?)
【パワトレ関連】カテゴリーの記事

  1. 2014/02/17(月) 06:10:18|
  2. パワトレ関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サントリー『南アルプスの天然水Sparkling』を箱買いしてみた

南アルプスの天然水Sparkling

今までずっとサッポロの『おいしい炭酸水』をリピートしまくってきたのですが、たまには違うものを、と思って『南アルプス天然水Sparkling』を2箱注文してみました。
単品では買った事がありますが箱買いするのは初めてです。

原材料には、「水(鉱水)、炭酸」という記載のみで、余計な添加物が入ってないのが自分的には高ポイント。
飲んでみると、『おいしい炭酸水』よりも炭酸のパンチ力はやや弱い。『おいしい~』を10とすると、8くらい。
なので炭酸のキレを求めるならば『おいしい炭酸水』に軍配が上がります。

一方、『南アルプス』の方はお馴染みのミネラルを含んだ天然水を使っているため、後味が柔らかく飲みやすい。
機械的に濾過した水だとどうしても無機質な苦さを感じてしまいますが(ただそれが口内をリフレッシュするのに効果的な時もある)、こちらは炭酸が抜けてきても普通にミネラルウォーターとして美味しく飲めます。

喉の渇きをドライな強炭酸で一気に吹き飛ばしたいなら『おいしい炭酸水』、食事中などで後味の良さ・飲みやすさを重視するなら『南アルプス』でしょうか。
自分としては前者の目的(とにかくスカッとすればいい)がメインなので、次はまた『おいしい炭酸水』に戻りそうです。

それにしても炭酸水飲み始めてから甘いジュースをまったく買わなくなったなあ。
しかしビールの代わりには……なっていません(笑)

【関連記事】
炭酸水の意外な効果
マイ・ベスト・オブ・炭酸水はこれに決定
【お買い物】カテゴリーの記事

  1. 2014/02/17(月) 00:16:54|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

200回のポンピングで6.8気圧入れられる「ポケットロケットDXII マスターブラスター」は優秀

ポケットロケットDXⅡ マスターブラスター

今まで使っていた携帯ポンプ(エヴァディオ ハンディーポンプテレスコープI)がいつの間にかどこかに消えてしまったので、5年ぶりに新調しました。

携帯ポンプは多くのメーカーからいろんな種類が出ているのでどれにするか迷います。
自分なりの基準としては、適度にコンパクトで軽量であること、しかしコンパクトさを追求するあまり実用性・信頼性が低いものでないこと、フレームにマウントした時に目立ちすぎないこと。

そもそも、パンクの頻度が2年に1回とかそれ以下なので、使用頻度から考えても最低限の邪魔にならない大きさが望ましいです。でも実際パンクしたらできるだけ迅速に修理したい。(そういう意味では「ハンディーポンプテレスコープI」は軽量に寄りすぎていました)
この相反する要求を満たすのは、たぶん100g前後でフットスタンドもホースも付かないオーソドックスな形のものだろう。

……という感じで絞り込んでいって、最終的にTOPEAKの「ポケットロケットマスタブラスター」が候補に挙がりました。
さらに調べてみると、その上位機種として「ポケットロケットDXⅡ マスターブラスター」というものがあり、こちらの方がハンドルが太くて持ちやすそうだったのと、色味が気に入ったのでこれに決定。

それが届きました。梱包はこんな感じ。

ポケットロケットDXⅡ マスターブラスター 台紙に付いた状態

取り外したところ。色は少し赤みがかったポリッシュで高級感があります。自分の自転車のフレームカラーが赤なので全体のトーンが崩れないのが良さそう。

ポケットロケットDXⅡ マスターブラスター 全体像

重量は115g。なんとカタログ重量と1gの誤差もなし。

ポケットロケットDXⅡ マスターブラスター 重量115g

長さは22.1cm。これまたカタログ重量と1mm単位まで同じ。

ポケットロケットDXⅡ マスターブラスター 長さ22.1cm

アルミシリンダーを最も伸ばした状態。

ポケットロケットDXⅡ マスターブラスター アルミシリンダーを伸ばした状態

サムロックもアルミ製でしっかりしてる。閉じると「パチン!」といい音がします。

ポケットロケットDXⅡ マスターブラスター アルミ製サムロック

付属品はフレーム装着用のクランプ。ボトルケージと干渉しないようオフセットして取り付けられます。

ポケットロケットDXⅡ マスターブラスター 付属品のフレーム装着用クランプ

ハンドルを上から見ると3角形。手の中でしっかりグリップされ、また底面がフラットなのでポンピングしても手のひらが痛くなりにくそう。

ポケットロケットDXⅡ マスターブラスター 3角柱型のハンドル

早速エア注入テストを開始。

ポケットロケットDXⅡ マスターブラスター エア注入テスト

100回ポンピングした時点での空気圧は、3.0気圧。
100回を超えたくらいから徐々にポンピングが重くなり、しっかりエアが入っている手応えを感じます。

ポケットロケットDXⅡ マスターブラスター 100ポンピング後の空気圧

そして200回ポンピングすると、6.8気圧。いや~200回でこれだけ入れば上出来でしょう。
ちなみにテスト開始からの時間も計っていましたが、ここまでたったの1分10秒。

ポケットロケットDXⅡ マスターブラスター 200ポンピング後の空気圧

さらに300回までやってみました。200回を超えるとさすがにかなり重く、筋トレっぽくなります。
気になる結果は、7.1気圧。頑張った割には少なめ?ここまでの時間は2分16秒。

ポケットロケットDXⅡ マスターブラスター 300ポンピング後の空気圧

自分としては7気圧も入ってくれれば十分だし、しかも2分程度で終わるならば実用性も文句なし。
こんなに簡単に入っていいのか逆に不安になり、もしかしてチューブラータイヤだからかと思って念のためクリンチャーでも試してみましたが、やはり200回でしっかり6.8気圧入りました。
携帯ポンプは年々進化しているのかな。このサイズでこの性能は素晴らしい。

付属のクランプを使ってフレームにマウントしたところ。

ポケットロケットDXⅡ マスターブラスター ダウンチューブにマウント

本当はシートチューブにつけたかったのですが、クランクにつけたマグネットと干渉しそうだったのでダウンチューブへ。(自分の自転車は訳あってマグネットを二つ重ねているので特殊だと思います)

さあ~これで外に走りに行けるぞ!

と思ったら、大雪……。orz
【お買い物】カテゴリーの記事

  1. 2014/02/08(土) 16:52:20|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

一息ついて3本ローラー練

2/6の走行ログ

昨年5月からずっとやっている仕事が一番大きなヤマを越えました。
まだもう少し続きますが、とりあえずはホッと一息。心配していたトラブルもなく良かった。

昨日のローラー練は、10分アップしてからL4を20分、あとは流し。

L4: 20分 / 263W / 169bpm / 89rpm

少しずつではあるけど、調子が上がってきてる感じ。
Golden Cheetahの統計情報を過去3ヶ月スパンで見ると、有酸素出力では10~30分間の最大出力ベスト5が直近1ヶ月くらいに集中しているので、良い傾向。
その代わり無酸素出力の方はまったく外を走っていないので超・低空飛行です。
スプリントは弱ってるんだろうな。

ちなみに上のグラフで前半の速度(緑の線)よりも後半の速度の方が高いのに、パワーがガクッと落ちているのは、3本ローラーの負荷装置をレベル2からレベル0に落としているから。
何となくARION AL13の負荷強度の差を可視化したような図になっているかも。

最後はお遊びモードでダンシングの練習。3本ローラーでのダンシングもだいぶ慣れてきました。ケイデンスを上げたり、下ハンダンシングを試したり。バランスをとるのが結構楽しい。
あと3本での片足ペダルも良い練習になりそう。乗りながらペダルはめるのがちょっと怖いですが。
これをマスターすれば支えなしで3本に乗れるようになるかも?
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2014/02/07(金) 07:53:23|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |