タイトル

ミラノ-サンレモ2014 ネットライブ

ミラノ-サンレモ2014

完全に出遅れましたが今から見始めます。
ネットライブはこの辺からどうぞ。

http://www.sportlemon.tv/20140323/vv532e52581131d1.16530829-778868.html
http://www.hahabar.com/20140323/v-haha_sport_9_name-778868-532e525828a5d9.70408940.html
http://www.bestsportgo.tv/20140323/vv-778868-cycling-532e5258352922.39690837.html
http://www.hahabar.com/20131025/vv526a8578432068.37986178-670321.html
http://www.bestsportgo.tv/20131025/vv526a85784444d0.68664830-670321.html ※高画質

思いっきり雨だなあ。

[追記]
最後は集団スプリントを制したカチューシャのクリストフが優勝!
しかし、ゴールシーンでより印象的だったのは全身で悔しがるカンチェ(写真中央)でした。2位、2位、3位と来て、また2位。なかなか勝てない。

ミラノ-サンレモ2014 ゴール
【ネットライブ】カテゴリーの記事

  1. 2014/03/23(日) 23:54:12|
  2. ネットライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルトラライトエコタイヤチューブ

ウルトラライトエコタイヤチューブ

このチューブがちょっと気になる。

DOPPELGANGER ウルトラライトエコタイヤチューブ(ビーズ株式会社)
ロードバイクにも使える! ゴム製より30%軽くパンクに強い自転車用チューブ(マイナビニュース)

加えて、ゴムに比べ復元能力が高く柔軟であるため、パンク時すぐに空気が抜けることを防ぎ、パンクやバーストが引き起こす危険を回避できる。パンクした穴は、融着力の高い素材を使用した専用修理パッチ(別売)を貼り付けることで簡単に修理でき、再利用することが可能となる。

ざっと調べてわかったこと。

・ 「熱可塑性エラストマー」という、ゴムとプラスチックの中間的な素材で作られている
・ 復元能力が高く、穴が空いてもバーストしたり一気に空気が抜ける事がない
・ 補修用のパッチは専用品以外使えない(パッチ6個で600円)
・ リムテープも専用品以外使えない(ただしチューブに付属してくる)
・ 700×23~25c用だと重量は95g
・ 価格はチューブとリムテープで2,000円


正直、「ウルトラライト」を謳うほどの軽さではないかなと思いますが(50g台のチューブもあるので)、バーストしたり空気が一気に抜けたりしないというのは安全性という点で良さそうな気がします。
あとは耐久性がどれくらいのかが気になる。ゴムよりも劣化しにくく、長く使えるのならありかも。
【気になるニュース】カテゴリーの記事

  1. 2014/03/22(土) 06:19:55|
  2. 気になるニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

強風の袖ヶ浦単独練

袖ヶ浦周回

久々の袖ヶ浦周回。予定では5時台に出発するはずが、起きたら6時。あちゃー。でも乗れるタイミングは朝しかないのでサクッと準備して出発。
今日も風が強いです。花粉もいっぱい飛んでるような気がするな~。

いつもの周回コースに着いて、まずは強度高めで1周。

5.2km / 8分48秒 / 279W / 172bpm / 95rpm

うわ、風強すぎて全然進まない。向かい風区間はアベ30km/h、追い風区間は42km/hくらい。
でも、同じワットを維持するのなら向かい風の方が断然楽です。追い風でワットを維持するには、スピードが乗り切ってもさらにどんどんギアを上げて自分から負荷を作り出さないといけないので、しんどい。
でもそうしないとすぐ200Wくらいに落ちてしまう。

少し流してから、強度を落として2周。

9.5km / 212W / 17分50秒 / 158bpm / 90rpm

向かい風区間はもうヒルクライムだと思う事にして、あえて風を受けるよう上ハン持ってじわじわ踏む。
そう考えると一箇所でいろんな走り方の練習ができて良いのかも。
帰りがけにスプリント2本、10秒943Wと884W。いつも通りというかなんというか、気合いが足りないな。

そして帰宅後、花粉症が爆発しました(笑)
やっぱり大量に吸い込んでいたみたい。ほとんど風邪に近い症状になって、薬も効かず。
夜になってさらに悪化。あーあ、やっぱりこの時期は外はダメかあ。
明日はローラーにしよう……。

LOOK 586

走行距離:33.7km
走行時間:1時間6分52秒
平均時速:30.3km/h
平均心拍:153bpm
消費エネルギー:778kJ
AP/NP/IF/TSS:194W/212W/0.851/86

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2014/03/21(金) 22:37:02|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3本ローラーの騒音対策

3本ローラー

3本ローラーを使っていて気になるのはやはりその振動音です。
買う前は漠然と「固定式よりも音が大きいんだろう」くらいに思っていたのですが、使ってみたらローラー自体から発する空気音は大差なく、それよりも振動が床に伝わって起きる固体音の方が遙かに家に響く事がわかりました。
つまりローラーからの振動をやわらげるようにしてやればかなり改善できるという事。

ローラー専用マットは各社から出ていますが、大体6000円~1万円くらい。この相場ってどうなんでしょう。材質が同じようなものならホームセンターで5分の1程度の値段で買えます。
自分が使っているのは、PVC発泡マットを2枚重ねて、その上にコルクのパズルマットを重ねたもの。

PVC発泡マット×2+コルクマット

PVC発泡マットはサイズ90cm×180cmで1枚2,000円。本来は作業現場の通路用として売られているものです。PVCとはポリ塩化ビニルの事で、弾力性があり柔らかい。ちなみにサイクル○プスのトレーニングマットも同じ素材。

コルクマットは45cm×45cmが9枚入りで確か800円くらい。コルクといっても実際は表面に薄く張られているだけで、下はほとんどウレタンです。
しかしコルクのいいところは、水に強いので汗が落ちても掃除しやすい事。あと、敷きっぱなしにしておけば夏は涼しく冬は暖かい。

どちらもカインズホーム(PVCマットは資材館)で購入しました。全部合わせても5000円未満。これでかなり振動による騒音を軽減できています。
本当は間にもっと固い素材を挟むとさらに有効なのかもしれませんが、今のところはこれで十分です。何も敷かないのに比べたら遙かにマシ。

3枚重ねた厚さは2cm少々といったところでしょうか。

PVC発泡マット×2+コルクマット(真横から)

マット以外で騒音を抑えるためにやれる事としたら、一番効果があるのは「負荷付きのローラー台にする」。特に3本は40km/h以上出したらもうどんなマット敷いてもダメだと思います。固定式と併用するのならともかく、3本だけでメニューをこなしたいなら負荷付きでないと厳しい。

二番目は、「質の良いタイヤ、新しいタイヤを使う」。使ってみるまで知りませんでしたが、タイヤで騒音がかなり変わります。でこぼこしたタイヤだとゴンゴンゴン……という振動が起きますが、新品タイヤで乗ってみたら驚くほど静かでスムーズ。
あまりに振動がひどい場合、タイヤを疑ってみると良いかもしれません。

【関連記事】
3本ローラー「ARION AL13」のファーストインプレッション
負荷付き3本ローラー「ARION AL13」でパワトレしてみた
ELITE ARION AL13に滑り止め加工をしてみた
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2014/03/13(木) 23:29:42|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2ヶ月ぶりの実走で久留里の『たいこくどう』へ

本当に久しぶりの実走です。数えてみたらお正月にシクロクロスに乗って以来、64日ぶり。
確かに忙しかったというのもありますが、これだけ乗らないでいられたのはある意味3本ローラーのおかげというのもあります。固定よりも飽きにくいし、負荷もかけられるし、寒さも、花粉も、PM2.5の影響も受けず、準備が楽で、何かあればすぐ止められる。ちょっとした空き時間を使って乗るならローラーが最強。

とはいっても、やはり実走の気持ち良さにはかないません。
今日は日中に自由時間ができたので、久しぶりに冬ジャージに袖を通して出発。本当は袖ヶ浦のチーム練に参加したかったのですが、時間的には終わりかけだったので、単独で高滝湖方面へ。

乗り始めて思ったのは、3本から実走って違和感がない。以前は固定ローラーにしばらく乗ってから実走するとかなり違和感があったのですが。
あと、しばらく外を走っていなかったので寒さ耐性が落ちていて、10℃くらいでもかなり寒く感じる……。

今日のテーマはとにかく回す。パワー、スピードは見ない。巡航中はケイデンス100以上。登りも100以上キープで、100を割ったらギアを落とす。下りも脚を止めずに回す。
これを意識してやっていると、シフトダウンは早め早めにやるようになり、逆にシフトアップには慎重になります。その場の勢いとかノリで長続きしない重いギアを踏んでしまう事がなくなる。ペダリングスキルだけでなく、脚を残す走り方を身につける練習にもなる、かな?

高滝湖から飯給駅に向かって、万田野方面へのちょっと長い登り。この辺りでトイレに行きたくなって、ちょうど飯給駅の隣に「世界一大きなトイレ」があったのですが、確か庭園の中に素通しの個室トイレがぽつんとあるというような代物だった気がしたので、スルー。
登りは2.3km、6分293W。ふぅー。

坂を登り切って、万田野林道から大福山を目指そうと思ったら、

万田野林道通行止め

通行止めでした。がけ崩れなのか詳細は不明。
そっちのルートは諦めて、ダイレクトに久留里に向かう事に。
実は久留里に以前から行ってみたかったお店があったのです。

途中に広い道があったので、1回だけスプリント。

スプリント:1173W(1s) / 1067W(5s)

お、意外と、というか思ったよりまともな値が出てびっくり。
ローラーばっかりだったから全然ダメかと思ったら。
でもこういうのって狙うと今度はさっぱり出なかったりして、難しいです。

タイ料理の『たいこくどう』。
ネットで探す時、いつもうろ覚えで『たいめいけん』と打ってしまいます。じゃなくて『たいこくどう』。よし覚えた。

久留里『たいこくどう』

お店の場所は久留里駅のほとんど目の前にあります。内装はアジアンテイストで雰囲気もなかなか。テーブル6台くらいだったかな。
ランチは基本のセットが870円で、曜日によって選べるメニューが変わるみたい。激辛は苦手なので、辛さレベル「2」の「パネーンカレー」をチョイス。

最初にスナックが来て、その後前菜。タイ風バーニャカウダかな。
ソースがピリ辛の……ん?これはカニ味噌?かなりいける。

前菜

メインのカレー。チキンがごろごろ入ってます。
バターチキンカレーにトマトを加えた感じで、かなり自分好みの味。細長いタイ米に濃厚なルーが良く合う!

パネーンカレー

十分満足して帰ろうとしたら、「デザートあります」と。えっまだ出てくんの?
デザートはカボチャの入ったタピオカココナッツミルク。これまた絶品であります。
どんぶりでください(笑)

デザート

また食べログみたいな記事になってしまったのですが、ここはかなり気に入ったのでいずれリピートしたいと思います。
タイ風ラーメンなども気になる。
ただ、道路に面しているので自転車を複数台止めるのはちょっと難しいかも。

走行距離:67.7km
走行時間:2時間29分50秒
平均時速:27.1km/h
平均心拍:150bpm
平均ケイデンス:96rpm
消費エネルギー:1306kJ
獲得標高:777m
AP/NP/IF/TSS:145W/182W/0.731/146



より大きな地図で 20140309 を表示
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2014/03/09(日) 16:15:50|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
| ホーム |
次のページ