タイトル

山本元喜選手のツール・ド・サンルイス参戦記が面白い

ツール・ド・サンルイスに唯一の日本人として出場していた山本元喜選手(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・デローザ)のレースレポートがかなり面白く、読み応えのあるものだったのでリンクを貼っておきます。

ツール・ド・サンルイス
ツール・ド・サンルイス 2日目
ツール・ド・サンルイス 3日目
ツール・ド・サンルイス 4日目
ツール・ド・サンルイス 5日目
ツール・ド・サンルイス 6日目
ツール・ド・サンルイス 7日目
ツール・ド・サンルイス まとめ

以下、自分的にグッときたところをいくつか抜粋。

位置取りの途中でポッツォの後ろをキープするため、一度無理矢理クイックステップの選手の前に入った。入る際に邪魔だという意味でお尻を横から叩かれ無視したが、抜き返された際にヘルメットの顎紐を引っ張られた。
抜かれ様に結構睨まれた怖かったので、目を合わせると危険と思い真っ直ぐ前を見続けていると後ろでグロースが笑っていた。笑

余談
1,レース終了後にベルラートから、レース中に自分のヘルメットの顎紐を引っ張った相手がカベンディッシュだったと教えられて戦慄した。笑

後ろに取り残されペースアップに耐えきれず千切れてしまうと、邪魔だとばかりに「ニッポ!ニッポ!」と言われながら抜かれていく。
「済みませんニッポです。」と思いながらもなんとか付き直す。

そこからラスト7.3kmの180度コーナーに入り、どうしようかと思っていると後ろから
「イク!イク!」と聞こえる。後ろを見ずともポッツォと分かる。笑

ラスト3km。
後ろからポッツォが「イク!イク!ガンバッテ!」と檄を飛ばしてくれるが、位置取りでかなり足を消耗していたのでスピードを維持しきれない。

ランプレからすれば邪魔なだけなのでかなり圧をかけられて街路樹に当たったり、膝蹴りでぐらついたりする。

途中でユックリ登っている選手から抜きざまに「集団でユックリ登るぞ」と言われるが目的が違うので無視する。

余談
途中で話した Ag2rの選手レース後にマリーニからリナルド・ノチェンティーニだと教えてもらった。
Wikipediaで調べたら凄かった。
もしかしたら、もしかしたらだが、自分は選手のことを知らなさすぎるのかもしれない。

余談
プロツアーチームが右から上がっているときにカベンディッシュが背中にボトルを詰めまくって亀みたいになりながら上がっていました。
エーススプリンターでもボトル運びするのだと感動しました。

いきなり縁石が現れた。
「あぁ、だから空いたのか…」と一瞬で思うが、回避不可能。
「これは終わったな…アーメン」と思いながら突っ込む。
凄い衝撃で上に跳ね上がる。

更にペースが上がり前が空くが速すぎて上がれず。
「これがプロツアーレベルの本気のスプリント前か」とビビりながらそのままゴールへ流れ込む。

余談
レース後にマリーニからゴールスプリントが85km/hだったと聞いて半端ない速さのゴールスプリントだったのだと改めてビックリしました。
その中でトップをとったカベンディッシュ…
やはり半端ないです。

ワールドツアーチームのそうそうたる面子を相手に臆することなく、しっかりアシストとしての仕事もこなしている様子がうかがえて、これからが楽しみな感じです。
それにしてもカベンディッシュに顎紐を引っ張られても無視とは大物(笑)
NIPPO・ヴィーニファンティーニ・デローザがワイルドカード枠でジロに招待されたというニュースもあったので、ジロ出場に期待したいです。
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2015/01/29(木) 07:46:01|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

疲労回復のタイミング

1/28 ログ

先週末から疲労なのか風邪なのか、ずっと体調が優れず、休み中はほとんど家で寝て過ごしてました。
月曜の朝はローラーに乗ってみたものの、まったく力が入らなくて軽ーく30分くらい流して終わり。火曜はノーライドにして、夜は2XUのコンプレッションタイツを履いて寝る。

水曜、5時半に起きてみるとようやく少し乗る元気が戻ってきたので、久々におはサイの準備。自転車を外に出し、さてどこに行くか、と思ったら雨……。なんだよー。
仕方なくローラーへ。

3本ローラーの負荷レベル0で10分アップ後、レベル2にしてからL3で3分、L4で2分を4回繰り返すメニューをやり、また負荷レベル0に戻して30分エンデュランス走。トータル1時間やって終了。
しっかり休んだせいか体調も戻ってきました。

個人差はあると思いますが、自分の場合いわゆる「積極的な疲労回復」を狙ってもあまり効果がなくて、例えば回復走であったり温冷交代浴、マッサージなどを試してみても、目に見えて疲れが取れたという実感が湧きません。
それよりもただゴロゴロして何もしない方が早く回復する気がする。確か栗村さんの本にも似たような話が書いてあったような。
唯一、コンプレッションタイツは効果を感じるかな。

やはり疲労が残った状態でダラダラやるより、しっかり回復してから質の高い練習をしたい。
そのためには身体が発するサインに耳を傾けつつ、適切なタイミングでしっかり休みを入れるのが大事なんだろうな。それが休日の昼間であっても。
GoldenCheetahのストレスバランスも最近あまり見ていなかったけど、今度からちゃんと見るようにしよう。
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2015/01/29(木) 00:03:30|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エリート ARION/ARION MAGが自主回収へ

ARION/ARIONマグ 対策済み製品

【重要なお知らせ】 エリート 3本ローラー 「ARION(アリオン)」「ARION MAG(アリオンマグ)」自主回収・無償交換のお知らせ(カワシマサイクルサプライ)

というアナウンスを見て、自分もARION AL13を使っているのでドキッとしましたが、幸いAL13は対象外のようでした。

ELITE 社「ARION(アリオン)」、「ARION MAG(アリオンマグ)」ローラーにおいて、特定の時期に生産された製品で製造工程に問題があり、回転するローラー部品に亀裂が発生、破損する恐れがある事が判明いたしました。

との事。
ただし全てのモデルが対象という訳ではなく、2013 年1月以降に購入したモデルで「製造ロット番号」が「05/13」 ~「41/13」 に合致するもの、またはローラーに対策済みのリブがないものが対象だそうです。
どれくらいの数になるんだろう。

何はなくとも早めに良品と交換してもらうのが良いでしょう。
【気になるニュース】カテゴリーの記事

  1. 2015/01/22(木) 23:47:06|
  2. 気になるニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミノウラの固定ローラー、V270-2を売却

ミノウラ V270-2

エリートの負荷付き3本ローラー「ARION AL-13」を買ってから、めっきり使わなくなってしまったV270-2を売却しました。

・ 3本ローラーに慣れてしまったため、固定ローラーを使う機会がなくなった
・ レースのアップも3本でやるようになった
・ 使わないのに玄関に置きっ放しだと場所を取る
・ 子供が成長したら練習用に……それって何年先?ていうか乗るの?
・ やはり使わないで放置はもったいないので誰かに使ってもらいたい


というような事を考えていたら、ちょうどおはサイ仲間のhydekazoosさんが固定ローラーを欲しがっているとの情報をキャッチして、あとはトントン拍子で翌日には受け渡し完了。
もちろん前輪を乗せる高さ調整用の台と専用クイックも付けて。
結構いい値段で引き取ってもらって逆に申し訳ないような……。しっかり磨いておきましたんで(笑)

このモデルは何と言ってもフットペダルでタイヤへの押しつけ具合を常に一定にできるのが良いところ。確か後継モデル(V270-3)では特許の関係でダイヤル式に戻ったんじゃなかったかな。
パワーメーターを使わず負荷ダイヤルとギア、速度、ケイデンスなどで強度管理するのなら、フットペダル式が誤差が出にくいのでベストです。あとはタイヤの空気圧も一定に。
心拍ベースでやるならこの辺はあまり関係ないかもしれませんが、どちらにしても自転車のセットは短時間で楽にできます。

ちょうどいいタイミングでもらい手が見つかって良かった。使い倒してください!

【関連記事】
フットペダルをやめてしまったV270-3
固定ローラー台でGP4000Sを半年間使った後の減り具合
ミノウラV270/V130 ワット換算表(改訂版)
ローラー台を新調
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2015/01/20(火) 07:57:22|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

強風の袖ヶ浦おはサイ

子守デーの土曜もおはサイへGO!
前日、おはサイメンバーに声をかけたらS石さんがご一緒してくれるというので、6:30に袖ヶ浦海浜公園へ。
公園の駐車場で座ってボーッと待っていたら、なぜか自転車乗りがあちこちから集まってきて、「おはようございます」と挨拶される。え、何?もしかして皆おはサイに来てくれたの?知らない人ばっかりなんだけど。
と思ったら千葉ブルベ200kmのスタート地点だったようです……。

S石さんが来たので、大周回(18km)を2周しましょうという事でスタート。
今日のコンセプトは二人でローテしつつ回転重視・一定負荷でじっくり乗り込む事。
風向きは西からの強風。海沿いは突風に煽られて怖い。往路は追い風で40km/h超でも200W以下なのに、復路は27km/hで280W超。全然一定負荷じゃないな。

向かい風区間でもS石さんが結構いいペースで引いてくれるので、自分も前に出たらペースを落とさないように頑張る。
ケイデンスは105~110くらい。無風・追い風区間だと維持できるけど、強烈な向かい風だとどうしても落ちてしまう。
途中からヒルクライムだと思うことにして、上ハン持ってトルクかけて漕ぐ。
なんかもうコンセプト崩壊してるな(笑)

2周終えて、S石さんはそのまま富津方面へ走りに行くとの事だったので、途中までご一緒して金田のミニストップでコーヒー休憩。イートインスペースがあって寒さをしのげるのでありがたい。
少し雑談してからバス通りまで道案内して、自分は自宅近くでお別れしました。

風が強くて参ったけど強度は十分でいい練習になったな~。
ありがとうございました。

帰宅後、注文していた子供用のヘルメットが到着。

ブリヂストン メリーメット

最近ストライダーのスピードが上がってきて転んだら危なそうなので。さすがブリヂストン製だけあって造りはしっかりしてます。46~52cmと調整幅が広いので長く使えそう。

走行距離:45.2km
走行時間:1時間35分24秒
平均時速:28.5km/h(MAX44.6km/h)
平均心拍:137bpm(MAX167bpm)
消費エネルギー:887kJ
AP/NP/IF/TSS:155W/176W/0.691/84

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2015/01/17(土) 22:22:00|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ