タイトル

新しい命

D&T

2/23に第2子が生まれました。
陣痛が始まって病院に駆け付けてから2時間半。二人目は早いと聞いていたけどこんなに早いとは。一人目は27時間だったので……。
ともあれ母子共に順調という事で、ほっとしています。

それにしても出産は本当に大変そう。
例えるのも変な話ですが、高強度インターバルを何時間もぶっ続けでやっているかのような……。自分のしょぼいローラーメニューなんか霞んで見えます。
それだけに何日もかけて回復させないといけないんだな。
本当に奥さんの頑張りに感謝です。

出産後数日は上の子の世話や市役所への届出などでバタバタしていて自転車は全然乗れず。でもちょうど良いタイミングというか、2年ほど前に交換したシフトワイヤーが切れていたのでショップで交換してもらいました。
ついでに(今は生産中止の)デュラエースの10速チェーンも交換。お店に在庫があって良かった。
自転車はしばらく無理そうだけど、無理して乗る必要もないのでまずは家族のサポートに専念しよう。

さぁこれから大変だ~(夜泣きが…)
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2015/02/27(金) 07:21:36|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

久々のMAPテスト

MAPテスト

ここ数日は雨続きでおはサイできず。明け方は止んでいても、路面が濡れていると凍結が怖いし……。
こんな時はやはりローラーかな。今日は久々にMAPテストをやってみよう。
やり方を忘れていたのでじてトレを開いて手順をチェック。150Wから始めて、1分ごとに25Wずつ上げていって、それを限界まで続ける。ラスト1分の平均出力がMAPになると。ふむふむ。

朝っぱらから限界まで追い込むのもどうなのかと思ったけど、朝しか乗れないし仕方ない。
じっくり15分ほどアップしてから開始。250Wくらいまではまあまあ余裕、でも徐々にきつくなってくる。300Wを超えてからはひたすらガマン。350W、375Wあたりまで来ると呼吸も荒く、限界が見えてくる。というかこのレベルだとラップパワーを規定値に収めるのにも一苦労だし、酸欠で思考力も低下してくる。
どうにか375Wをクリアして、400W。しかしもうワットを維持できず、数秒で果てました。

Golden Cheetahで1分ベストを調べてみると、MAPは381W。前回は364Wだったので、そこそこ上がったみたい。
ただ、これに0.75掛けでFTPを推定というのは、自分の場合だと体感とのずれが大きいのでやってません。
ここの係数は個人差が大きいようで……。
その代わりというか、このテスト自体はプロセスが厳密に決められているためか再現性が高いらしく、短時間で割と手軽にできる効果測定としては有効なんじゃないかと思っています。

でもやっぱり朝一でやるのはオススメできないかな。今日は一日眠くて眠くて……色々と支障が出ました(笑)
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2015/02/19(木) 00:44:54|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

袖ヶ浦合同おはサイ

合同おはサイ

金曜のイオンモールおはサイの後、taoさんとW辺さんに「明日袖ヶ浦走りますか?」と聞いてみたら二人ともOKの返事で、袖ヶ浦おはサイメンバーにも声をかけて今日は4名での合同おはサイになりました。S石さんは残念ながら体調不良により来られず。
6時に海浜公園に集合して大周回を3周、という事でスタート。待ってる時の気温は0℃近くで昨日より寒い!でも日の出はだいぶ早くなってきた感じ。

1周目から結構ペースが速くて、hydekazoosさんがちょっと辛そうにしていたので二人に少し落としてもらう。その後は大体35~37km/hペース。
イオン組の二人は前に出ても上げすぎずに引きの長さで強度を調節してくれる。
自分はというと、先頭に出た時にいまいち脚が回り切らなくて、狙ったところよりも低いケイデンスで無駄な力を使ってしまった感が。

そんなこんなで2周終えて、ラスト。風が強くなってきて向かい風区間はさすがにペースが落ちる。
最後の直線で先頭が回ってきたので、シッティング縛りでスプリントポイントまで一気に上げていく。taoさんだけ着いてきていて、そのままライン通過して終了。ラスト1分は412W。

袖ヶ浦大周回(3周): 48.5km / 1時間24分21秒 / 192W / 155bpm / 34.6km/h

なんだかおはサイというよりチーム練の強度に近かったかも。一定ペースでじっくり負荷をかけられていい練習になりました。
それにしても今日はやけに路駐トラックが多かったな~。トラックの集会でもあったんだろうか……。

走行距離:65.2km
走行時間:2時間8分34秒
平均時速:30.5km/h(MAX48.6km/h)
平均心拍:146bpm(MAX185bpm)
平均ケイデンス:95rpm
消費エネルギー:1214kJ
AP/NP/IF/TSS:157W/188W/0.740/127

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2015/02/14(土) 21:49:18|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

『最新!トッププロが教えるロードバイクトレーニング2015』

『最新!トッププロが教えるロードバイクトレーニング2015』

たまたま本屋で見かけて、何かのヒントになるかなと思って買ってみました。
ブリッツェンのメンバー(鈴木真理選手、鈴木謙選手、増田成幸選手、阿部嵩之選手、大久保陣選手)と元ブリッツェン監督の栗村修さんによる座談会形式で、栗村さんがメンバーに質問を振りつつ話を進めていく、というスタイル。

個人的になるほど、と思ったところをいくつか挙げてみます。カッコ内は自分の補足と感想。

・トレーニングレベルについて
練習相手はどれくらいのレベルが適切か。「自分よりやや強い」が多数だが、「やや弱い」が良いという意見も。それは強度を上げすぎないため。
(この後も何度か「トレーニングで追い込みすぎない事が大事」という発言が出てくる)

いずれにしてもトレーニングする集団の力は均一が望ましい。千切れて単独でダラダラ走っても練習にならない。
また、パワーメーターは「追い込みすぎない」ために使う。
(「追い込むため」ではなく「追い込みすぎないため」。こういう使い方は実践したい。チーム練では見る余裕ないけど……)

・パワーメーターの活用方法
一部のプロは個人でパワーメーターに詳しいトレーナーをつけている。トレーナーにデータを送って、一週間とかのスパンでメニューを送ってもらう。チームとしての活用は、例えばシマノだとTSSでのストレス管理くらい。
FTPの簡易計測法はどの選手も知らなかった。20分走の結果は20分走の強さであって、FTPとは領域が異なる、という意見。
(全体的に、FTPやLTの数値よりも「何分で何ワット出せるか」を重視している印象。一方で、パワーメーターをあえて使わず感覚を重視している人もいる)

・パワーゾーンの考え方
アマチュアは7段階に分ける、という話に全員ビックリ(笑)。「3~4段階で十分では」と。イージー、メディオ、ソリア、スプリント。
しかしレース中はワットを見ない、心拍計はつけないという人が多い。理由は調子がわかっちゃうから。でもTTではコントロールのために見る。
(パワーゾーンによる強度管理やデータ解析については、トレーナーを雇わず自分でやっているアマチュアの方がずっと厳密で詳しいのかもしれない)

・どの領域を強化すべきか
スプリントの話で、キッテルは70kgで1600W出せると。しかし重要なのはレースの最後にどれだけ出せるか。
ヨーロッパでのスプリントメニューは53-18か19でゼロ発進10秒もがき。高速域からの練習はなかった。
日本のレースで勝つためにはFTPよりも1~3分で出せる出力と、その繰り返し能力が重要。ヨーロッパでも一瞬のひと踏みがないと遅れる。
10分走だとLT領域も短時間も強化できる。
(ゼロ発進はこれから取り入れてみようと思った。1~3分の話は自分も同意見。といってそればかりやっててもダメだが……)

上記以外にも食事の話などもありますが、やはり自分としてはパワートレーニングに関するところが興味深く読めました。
あと、別ページで栗村さんによる「剛性」についての解説がとてもわかりやすい。これからフレームを選ぶ人で、自分の乗り方がわかっているなら参考になると思います。

残念だったのは「回復」についての話が聞きたかったなあ、という事。
回復はトレーニングと同じくらい大事なので、その辺のノウハウが聞けたら良かったのだけど……。(秘中の秘?)

全体的には、重要そうなところにマーカーが引いてあったりして読みやすいし、章の最後に簡潔なまとめがあるのでそこを読むだけでも参考になります。
特に栗村さんの質問が、「そうそうそれを聞きたかったんだよな~」というものばかりで的を射ており、さすがだなと思いました。
【お買い物】カテゴリーの記事

  1. 2015/02/13(金) 08:16:14|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シクロクロス東京2015を観戦してきた

シクロクロス東京2015

今日はチームメンバーがシクロクロス東京のエンデューロに参加しているので、子供を連れて応援に行ってきました。
奥さんに差し入れ用のホットココアを作ってもらい、ポット2本に入れて車でお台場へ。木更津からだと30分くらいで着いてしまいます。
確か去年は大雪で中止だった気がするので、前回行ったのは2年前かな。第1回のやつ。

会場に着いてビックリしたのは、2年前と比較にならないギャラリーの数。まだエリートのレースじゃないのにこれですよ。

ギャラリー

フライオーバー。これは前回あったっけな?

フライオーバー

砂浜コースは長くなってさらにキツそう。そして、ファットバイクがここでは強い。

ファットバイク

内房RCシクロクロス部も奮闘。

sodefdさん

誰もが「キツイ、キツイ」と言いながら帰ってきますが、なぜか楽しそう。

内房RCシクロクロス部

レース終了と同時に雨が降り出したので、ご挨拶して早めに撤収しました。でもレース中は何とか天気がもってくれて良かった。エリートレースも観てみたかったけど、また次回のお楽しみかな。
参加された皆さんはお疲れ様でした。

【関連記事】
シクロクロス東京2013を観戦してきた
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2015/02/08(日) 22:40:44|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ