タイトル

「第3回 弱虫ペダルカップ~春ノ体育祭2015」に行ってきた

千葉競輪場

LOOK586 + EASTON EC90AERO

競輪選手

模擬レース

3本ローラーに乗るハコガクの人

久々の、というか今年初めてのレース参加ですが、千葉競輪場で行われた「第3回 弱虫ペダルCUP」に行ってきました。
場所も家からそう遠くないし、タイムトライアルやエリミネーションなど複数の種目にエントリーできて面白そうだなと思ったので。
ちなみに弱虫ペダルは読んだことありません(汗)。かろうじて一人、二人のキャラがわかるくらい。果たして参加資格があるのかわかりませんがこれから勉強しますということで許してください。

エントリーしたのはロードのタイムトライアルとエリミネーション。タイムトライアルはかなり短くて、フライング250mです。フライングとは助走ありのこと。バンクの傾斜を使って勢いをつけながら駆け下り、そのまま500mバンクを半周もがく、というもの。
ちなみにトラック競技でよく聞く「ハロン」は200mなのでそれよりちょっと長い。

で、まずそのタイムトライアルに向けてどうやってギアを決めたかをメモとして書きます。
過去の大会に参加した人のブログを見ると優勝タイムは16秒33でした。なのでまずはそのタイムを目標に設定。アベレージは55.1km/hになります。
55km/hを出すためにはどれくらいのギア比が必要かというと、これは以下のサイトで簡単に調べることができます。

自転車ギア比 速度-ケイデンス計算ツール(dirtjapan.com)

袖ヶ浦で52-13から52-16までギアを変えながらのスプリントを何回かやってみてわかったのは、感覚的には14かそれより重いと一瞬トップスピードは出るけど続かない。15はギリギリ回せるかどうか微妙。16は軽すぎる気がするけど持続性がある。ただ、52-16(ギア比3.25)は130rpm回しても53.13km/hまでしか出ない。

ピストに比べてクランクの長いロードでは回転数を上げにくいので(というか自分のスキル的にも)、ある程度トルクをかける走り方がいいのかもしれない。
最後まで回せなくてタレる可能性もあるけど、バンクの傾斜を使って初期加速もできる訳だし、52-15(3.47)で勝負してみよう。130rpm回せば56.68km/h。ただし最後まで回し切れたらの話。

当日、千葉競輪場へ行ってみるとMIKさん、kobaさん、Y口さんといった顔見知りの方々がいたのでご挨拶。MIKさんはピストでの参加でした。いいなーピスト。
そして驚いたのがコスプレ率の高さ。ひとつのイベントで完全に二つのクラスタ(おっさんとコスプレさん)に分離していて、弱虫ペダルの各高校のジャージが圧倒的に多い。そして女子率が非常に高い。

そのコスプレもジャージはもちろんのこと、メイクから髪の毛から、あと説明が難しいがジャージを下まではだけて筋肉が覗いているところまでを模したコスプレなど。それを来ているのも女子。
かつてこれほど女子率の高い自転車イベントがあっただろうか、と改めて弱虫ペダル人気の高さを実感しました。

タイムトライアルの方はというと、ロードの部1組目でスタート。スタート台から出て半周と少し助走区間があります。事前の練習走行でのリハーサル通り、第1コーナーからバンクの一番上に上がり、傾斜が緩くなり始めるあたりに赤い線があるのでそこからダンシングで加速しながら一気に駆け下り、計測線と黄色いラインが交差するあたりを通過してスタート。

250mフライングTT
↑MIKさん写真ありがとうございました。

最後までダンシングでいくつもりでしたがコーナーの中間くらいで腰を下ろしてしまい、あとはひたすらクランクを速く回すことだけ考えてゴールまで。でも明らかにケイデンスが落ちて失速しているのがわかる。
うーん、やっぱり自分の脚力では52-16にすべきだったのかなあ。
しかし結果を見てビックリ。15秒660でした。あら、全然悪くないじゃん。でもそれ以上にビックリしたのはそれで9位だったこと。

なんか周りのレベルが急に上がってないですか?14秒台の人が3人もいるし……。
競輪選手のデモンストレーションでも14秒台だったんですが……。そんなの勝てる訳ねー。
最終的に、Y口さん、自分、kobaさんが仲良く並んで8、9、10位でした。上位タイム6位までなら速度競争に出られたのになー。悔しい。
ただ、上位のメンバーが速度競争で脚を使ってくれればエリミネーションで勝機があるかも、とセコイ考えが頭をよぎる。
MIKさんはピストの部で危なげなく上位6名に入り、速度競争でも3位。さすがです。

待ち時間にボーっとしていたらいきなり巨人が来た!

進撃の競輪選手

進撃の競輪選手。中の人はたぶん加賀山淳選手(千葉、95期)。1メートル91センチあるそうで、本当にでかい。会場でも大人気でした。

進撃の競輪選手

16時になりようやくエリミネーションがスタート。出走は1組目。大会特別ルールで、最初の2周は競輪選手が先導、その後1周ごとに最後尾から二人ずつ抜けていきます。最後二人か三人になったらその周で決着。

自分の組はDNSが一人いて6人出走でした。メンバーをチェックするとロードのタイムトライアルで6位だった人がいたので、マークすることに。スタートしたらいきなり結構速く、バックストレッチで前の方に上がって位置をキープ。
生き残って2周目、一人抜けだし気味で自分が前を引いて追う形。吸収してちょっと牽制が入る。コーナーでラインが交錯して怖い。ホームに戻ってきてほぼ全開で踏んで1位通過。
ラスト1周、6位だった人が差されて脱落してしまった模様。そして差した人がタレているのか、近くにいない感じ。なのでスピードを上げて独走状態でゴール。
とりあえず勝てて良かった。

その後は知り合いの組を観戦していましたが、この競技は結構盛り上がりますね。強そうだと思った人が後半はタレて足切りされたり、ギリギリ生き残っているように見えたのに最後まで勝ち残ったり。どのレースも見ていて面白かったです。
仲間内では、Y口さんもkobaさんも余裕で一着。さすが。
MCの方が「決勝進出です」と言っていて、スケジュールにはないけどアドリブでやるのかな?と。やるとすれば身内ばっかりですね、なんて話をしていたら、やっぱりナシでした。

一着だとこんな判定写真ももらえます。これは記念になるな。

表彰状+判定写真

結局一日中競輪場にいたのですが、イベントに出てみて感じたのは、弱虫ペダルクラスタの人たちが楽しめるように工夫されていたこと。例えば広い試乗コーナーであったり競輪選手がサポートしての3本ローラー体験であったり(普段乗らなそうな女の子がすぐアラゴに乗れていたので驚いた)、最後は競輪選手が3高校に別れてのガチレース、ジャンケン大会でサイン入りジャージのプレゼントと、ファンサービスも十分。

あと競輪選手の脚を好きに触っていいです、と言われてワーッと女子が群がったのは凄かった(笑)
すごいと言えば表彰式の女子率の高さも。今まで出たレースの中でもダントツ。というか皆さんちゃんと最後まで残ってるのが偉いと思います。

弱虫ペダル、ちょっと読んでみたくなったなあ。
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2015/05/30(土) 23:15:58|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日曜、ローラー 5分5倍+高ケイデンス練

日曜は完全子守Day。午前中は上の子と二人で市営プールへ。アームヘルパーつけさせて、まずは水に慣れさせる。
最初は怖がって離れなかったけど、子供プールで歩かせたりしてるうちにだんだん慣れてきた感じ。
当然ながら子供を置いて一人でコースを泳いだりはできないけど、一緒に遊びながらでもそれなりに身体を動かせるのでプールは結構いいかも。

午後は、いつもならお昼寝タイムとなるはずが、全然寝ないので、海の近くの公園へ行ってストライダーで遊ばせる。
もはや徒歩ではまったく追いつかない。
そろそろ自転車も乗れるのかもなあ。しかしそれこそ好き勝手に動いちゃいそうで怖い感じもする。

その帰りの車でようやく寝たので、ローラータイム。
短時間集中でパッと終わらせるために、5分5倍走を。

5/24 ローラーログ

5分走: 323W / 165bpm / 102rpm

ひーやっぱキツイわ。
でも何とか5倍は達成。これを2本はできるようにしたい。

少し流してから高ケイデンス練。最高は167rpmだったかな。一応3本ローラー上での記録は更新したかも。
150台くらいまでいくと結構前後に揺れちゃうんだけど、そこから勇気を出してさらに上げて160台を超えると不思議なことに少し安定する。
もっとその先には何があるのか?落車か?(笑)

ついでに、会長からいただいたBC-ANT-USBの動作確認を兼ねてAndroidアプリのIpBikeを動かしてみました。

こんな風にちゃんとANT+センサーからの数値を拾ってくれます。

IpBike

面白いのはホイールの回転数とかペダル回転数、累積心拍数(!)まで出してくれるところ。

IpBike

それ以外にもかなり多機能なようですが、設定が多くて追い切れていません。
ワークアウトメニューを組んだりもできるらしい。
Garminがなくてもスマホだけで十分なデータを集められそう。Garminが故障した時とかに使えるかもしれないので、覚えておこう。

走行距離:18.9km(ローラー)
走行時間:40分3秒
平均時速:28.4km
平均心拍:130bpm
平均ケイデンス:90rpm
消費エネルギー:255kJ
AP/NP/IF/TSS:106W/185W/0.728/38

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2015/05/26(火) 23:52:44|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土曜、おはサイ+カレーライド

先週の土曜はやや疲労感があったので「流し」にしようと決めて、おはサイへ。
いつもと違うルートで、軽いギアをくるくる回して海沿いを走る。

アクアラインを真下から眺めたり。

アクアライン

そのまま袖ヶ浦周回を流して中袖まで行くと、偶然TTバイクのMIKさんと遭遇。
練習の邪魔にならないように少し距離をおいて流していたら、あっという間に見えなくなる。
中袖を1周すると、MIKさんが止まってサイコンにメニューを入れていたので、ちょっとおしゃべりしていたら、嬉しいことにRecon jetを見せてくれました。

Recon jet。デジカメのレンズが曇りまくってますが。

Recon jet

かけてみると、あれ?何も映っていない。と思ったら、目線を下に移動させると……おお!視界の右下の方にスピードとか心拍の表示がくっきり見える。
なるほどー、まっすぐ前を見ている時は視界に入らないけど、少し目線を下げると見えるのか。

まだパワーは表示できないものの、将来的にファームアップデートで対応するみたい。そうしたらTTやヒルクライムのペーシングには最高だろうな~。
貴重なものを見せていただいてありがとうございました。
これからアイウェアはサイコンと統合されていくのかもしれないな。

その後、大周回をまったり流していたら、S石さんとhydekazoosさんに見つかってしまい、そこから強制的に高強度周回練がスタート(笑)
ただ、それまでの流しが良いアップになったのか、割と調子良く踏めました。
1周してそのまま流れ解散。

お昼頃また時間がとれたので、ランチを食べに軽いライドへ。
浜奈食堂の餃子が食べたくて行ってみたら準備中。確か前も同じことがあったな。
仕方なく山麓でカレーでも、と思って行ったらここも準備中。いよいよランチ難民ぽくなりつつ、キッチンアイドルはどうだと突撃してみたらここは大丈夫でした。

URCジャージでお店に入るとマスターに「あれ、今日は軍団じゃないの?」と聞かれる(笑)
うちのチームはそんなにいつも軍団で来ているのか。

看板のアイドルカレーではなく、あえてチキンカレー。辛すぎないルーが自分好み。お肉が柔らかくて美味しいなー。

IDOLのチキンカレー

帰りにショップに寄ったら、これまた嬉しいことに会長からBC-ANT-USBをタダでいただきました。
お客さんからいくつかもらったものだそうで。
これを使って遊ぶ方法を探してみよう。まずは、やっぱりZwiftかな?

走行距離:49.3km + 23.2km
走行時間:1時間44分56秒 + 56分57秒
平均時速:28.2km/h + 24.5km/h
平均心拍:135bpm + 135bpm
平均ケイデンス:92rpm + 84rpm
消費エネルギー:839kJ + 390kJ
AP/NP/IF/TSS:133W + 113W/166W + 139W/0.655 + 0.546/90 + 40

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2015/05/26(火) 23:09:46|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イオンモールおはサイ 先週とのグラフ比較

前回と同じですが、金曜恒例イオンモールおはサイ。
5:55に周回コースに着いたのも前回と同じ。まずは単独で1周流してから、次の1周を強めに。

2周目: 2分12秒 / 367W / 172bpm / 40.0km/h

今日は南風なので、スタートしてから最初のコーナーまでがキツイ。前半で力を使ってしまって後半タレた感じ。
そういえば先週も単独走をやっていたので、久々にGolden Cheetahのグラフ比較機能を使って重ねてみました。
すっかりやり方を忘れていたので自分で書いた記事を参考に(笑)

まずパワー。ピンクが今週、水色が先週。今日は前半で向かい風が強かったのでスタート直後のパワーが500W以上と高い。そのせいか後半は先週よりタレている。

出力

心拍数はほとんど同じように見えるけど、今週の方がおおむね高く、アベレージは先週が167bpm、今週は171bpmと2分程度でも結構差がある。

心拍数

速度は、前半パワーが高かった割に先週より低い。これは向かい風の影響と思われる。その代わり後半は先週よりやや高い。アベレージは先週が41.0km/h、今週が40.2km/h。

速度

ケイデンスは全体を通して今週の方が高く、特に前半は10回転以上の差がある。パワーが上がるにつれ回転も高くなる傾向?
一瞬くぼんでいるのは直角コーナーで脚を止めたから。

ケイデンス

最後はW'balance。ゴールした時点で先週は7502、今週は4773なので、強度は今週の方が高かったみたい。自分の感覚ではどの時間単位でも4000台まで追い込めれば十分かなという感じ。1万切るのだって結構大変です。

W'balance

まとめると、「先週よりも風の影響があり前半の出力は高かったが、その割に速度は出ていない。前半で力を使ってしまったため後半の出力が低く、速度を乗せ切れなかった。」というような分析ができます。

うん、やっぱりこういうのは登りのコースでやらないと面白くないな(笑)

2周ほど流してからtaoさんと合流。
1周強く、1周流して、1周強く、1周流して、2周強く。
最初に頑張ってしまったせいか二人で走ってる時のキツイこと。あと、回復走の区間も完全な流しではなく、それなりのペース。

5周目: 2分21秒 / 271W / 165bpm / 39.5km/h
7周目: 2分18秒 / 309W / 170bpm / 40.4km/h
9周目: 2分22秒 / 280W / 165bpm / 39.2km/h
10周目: 2分19秒 / 298W / 178bpm / 40.1km/h


9周目にかなり辛くて引く時間も短くなり、要はサボっていたのですが、ちゃんとデータに現れているのでパワーメーターは正確かつ冷酷だと思いましたマル。
それにしても今日のは今までで一番効いたな~。
あと一人来てほしいところ。

走行距離:36.17km
走行時間:1時間18分11秒
平均時速:27.8km/h(MAX54.5km/h)
平均心拍:142bpm(MAX184bpm)
平均ケイデンス:89rpm
消費エネルギー:661kJ
AP/NP/IF/TSS:140W/195W/0.767/83

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2015/05/22(金) 08:28:15|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イオンモールおはサイ taoさん練

taoさん

今朝は、子供を起こさないようにそーっと布団を抜け出してイオンモールおはサイへGO!
格好は半袖ジャージにアームウォーマー、ビブニッカー。5時台でもこれで十分。
さて今日は誰がいるかな。

6時前に周回コースに着いて、とりあえず単独で1周流してから、1周強めに。8割くらいの強度を意識して。

#2周目(単独):2分7秒 / 348W / 166bpm / 40.7km/h

前半が軽い向かい風、後半は無風に近い感じ。8割くらいといいつつ結構頑張ってしまい、最後は心拍178まで。
3周目も流して、最後の方で少し止まって待ってみるも、誰も現れる気配なし。
今日は一人かな、と走り出したらちょうど前方を横切るtaoさん発見。良かったー。一人でこれ延々やるのは精神力がないときついので。

聞いてみると先週までH尾さんが来てくれていたみたい。おお、じわじわとおはサイメンバーが増えている?
4周目もしゃべりながら一緒に流して、5周目はハードに。

#5周目(二人):2分11秒 / 321W / 163bpm / 38.9km/h

二人でもあまり楽にはならないんだけど、断然一人より楽しい。そしてtaoさんやはり強い。
6周目を流して、最後は2周連続でいきましょうという事で、気合いを入れ直す。

#7周目(二人):2分11秒 / 322W / 162bpm / 39.7km/h
#8周目(二人):2分7秒 / 321W / 175bpm / 41.0km/h


いやー、最後キツかった。最大心拍183。朝から頑張りすぎか?
でも、時間がない中で効率を求めるのなら、こういうメリハリをつけた練習がベストとかと。ただ、よほどの才能か根性がなければ一人でやるにはキツくて続かない。一緒に走ってくれる仲間がいるかどうかがとても重要。
練習環境の良し悪しって、やっぱりコースとかよりも「人」で決まると思います。

走行距離:34.1km
走行時間:1時間11分39秒
平均時速:28.6k/h(MAX46.3km/h)
平均心拍:143bpm(MAX183bpm)
平均ケイデンス:87rpm(MAX120rpm)
消費エネルギー:607kJ
AP/NP/IF/TSS:141W/188W/0.740/70

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2015/05/15(金) 08:28:24|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ