タイトル

おはサイからの木更津トライアスロン観戦

日曜は子守Dayで朝しか時間がないためいつものようにおはサイへ。基本休みの日でもおはサイしかやってません。(たまに土曜の日中に乗れる場合もあり)
一定強度を維持する練習をしたかったので、5:30出発で袖ケ浦周回へ。

最近は涼しいのが定着してしまってすっかり秋の気配。出発時はウインドブレーカーなんて着てる。8月なのに。
過ごしやすいのはいいけど雨が多いんだよなー。
コースに入り、ウインドブレーカーを背中ポケットに突っ込んで周回開始。

ワットもスピードも見ずに感覚重視で。でもたまにスピードを見ると予想より2~3km/h高いことが多く、調子は悪くないのかなと。
単独でも集中力を切らさないように。
1周17km弱を3周して、207W、156bpm、100rpm、35.2km/h。
いつもは3周目くらいで脚が重くなってくるんだけど今日は最後までしっかり踏めた感じ。あと前日にサドル位置を2mm前に出したせいか下ハン持った時のフォームに無理がなくなったな。なかなか良い感じ。
帰りは雨に降られつつ帰宅。

朝ご飯を食べてから上の子と木更津トライアスロンの応援へ。会長の娘さんがトライアスロン初挑戦ということで、それはぜひ行かねばと。
会場は史上初という、陸上自衛隊の駐屯地内。入場時は航空祭の時と同じように金属探知機などで厳重なボディーチェックがあります。

中に入ると広い空き地に各種ブースや仮設トイレが建てられ、参加者のテントも立ち並んでにぎやかな雰囲気。

木更津トライアスロン ブースコーナー

海に向かって歩いて行くと既にスタートした選手たちが大勢泳いでいるのが見え、一方では海に浮かんだままスタート合図を待つ後続選手たちも。
トライアスロンでまともにスイムパートを見るのは初めてだったのでかなりテンション上がりました。こんな過酷な競技をやる人がこれだけいるのか、という驚きと、海を泳ぐ集団の迫力に目を奪われる。

木更津トライアスロン スイムパート

(既に息子は完全に飽きていましたが)しばらくスイムを見てからバイクパートへ。
ここでは自衛隊の滑走路を使って周回コースがとられている模様。広すぎて遙か彼方はどういうコースになっているのかよくわからない。
バイクはノーマルが大半でTTバイクは少なかった気がします。たまたまかもしれませんが。

木更津トライアスロン バイクパート

トランジットエリアの自転車の密集度がすごい。

木更津トライアスロン トランジット

たくさんのギャラリー。

木更津トライアスロン ギャラリー

次第に雨足が強まってきて、ぼちぼち撤収しようかな、と思っていたらメカニックとして参加している会長に遭遇。
もうすぐ娘さんがスイムから上がってくるはず、ということで待っていると、なんと女子3位(!)で上がって来ました。マジか。
しかもオリンピックディスタンスだから1.5km。凄い。自分だったらスタート前に沈んでます(笑)
頑張れ!と声援を送り、トランジットへ走るのを見送って撤収しました。(その後順位を落としてしまったようですが3時間切りで完走を果たしたとのこと)

見に行って良かったです。来年もやるかな?
あとバイクパートを見ていて思ったけど滑走路のコースでクリテリウムとかできないものか……。ちょっと道幅狭いか。
大磯クリテみたいなコンセプトのレースが増えると嬉しいのだけど。

走行距離:63.4km
走行時間:2時間17分31秒
平均時速:33.9km/h
平均心拍:149bpm
平均ケイデンス:98rpm
消費エネルギー:1309kJ
AP/NP/IF/TSS:194W/202W/0.795/124

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2015/08/31(月) 07:42:16|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Golden Cheetah 3.2正式版の新機能

Golden Cheetah 3.2

フリーのパワーデータ解析ソフト、「Golden Cheetah」のバージョン3.2正式版がリリースされたので、早速アップグレードしてみました。

ダウンロードはこちらからできます。
GoldenCheetah Version 3.2 (Release) Download

主な新機能はこんな感じ。(他にもありますが追い切れず)

・ラン、スイムのデータ取り込みに対応
・ラン、スイム専用の指標(GOVSS、SwimScore等)を追加
・MOXY(パルスオキシメーター)対応
・Garmin Vector対応
・Tacx Vortexと連携してリアルタイムなデータ表示
・登り区間やパワーの維持時間に応じてインターバル区間を自動検出
・W' bal用のゾーンを追加
・斜度、ギアレシオのグラフ表示追加
・地図上にインターバル区間を直接指定可能に


■導入時の注意点

今回のバージョンから、ライドデータをネイティブJSONフォーマットに変換して保管する仕様になっています。要はこれまでと保存形式が変わり、過去のライドデータも自動的にすべて変換されるので、念のためということでインストール時にユーザーデータのバックアップを勧められます。
インストール時、「Accept conditions and proceed with Upgrade」というボタンを押す前に、その上に表示されたディレクトリ以下をバックアップしておきましょう。

また、アップグレード中に「-> Error moving file : C:/Users/...」というエラーが出ることがあります。
これはJSON形式に変換できなかったファイルが残っているためで、このエラーが出ても起動はできますが、放っておくと起動のたびに同じエラーが出ます。
解消するには、エラーしているファイルをユーザーディレクトリの直下から別の場所に退避すればOKです。
「Proceed to Athlete」というボタンを押すとメイン画面が起動します。

念のため旧バージョンを残すのであれば、インストール先のディレクトリ名を変えておくと良いです。(「GoldenCheetah」→「GoldenCheetah3.2」など)

■新機能について

新しいデバイスへの対応は(持ってないので)後にして、個人的にいいなと思ったところからいきます。

・Slope(斜度)とギアレシオがグラフ表示できるようになった

slope_gearratio

[Activities] > [Ride]でグラフを表示させると、デフォルトで「Slope」と「Gear Ratio」が追加されているはずです。もしなければ、グラフ画面左上の[More] > [All Chart Settings] > [Curves]から「Slope」と「Gear Ratio」にチェックを入れると出てきます。

Slopeは斜度(%)を表し、標高グラフからでは読み取れない微妙な斜度の変化がわかります。
ギアレシオは、More Powerではお馴染みですがスピードとケイデンスから逆算して走行中のギア比を推測する機能。ただし歯数の設定まではできません。推測値なのでそれなりに誤差もありますが、どの辺りでギアを上げ下げしたかは大体わかります。
これはいろいろ活用できそう。
ギア比から歯数を調べたい時はこちらのサイトが便利です。(自転車探検!ギア比表)

・インターバル区間を自動抽出してくれる

インターバル

[Activities]を選ぶと画面の左側にある「インターバル」のところに「EFFORTS」という項目が追加されています。
ここに、「L7 SPRINT」とか「L6 MATCH」といったように、アクティビティログから抽出されたインターバルが自動的に追加されます。また、グラフの最下部にも抽出された区間に色がついて目立つようになっています。

「インターバル」という名前ですが別に繰り返しの箇所を見ている訳ではなく、要は「高強度の(パワー)ゾーンを一定時間以上維持した区間を自動で切り出してくれる」というもの。
いわゆる「マッチ」をどこで何回燃やしたかを見るのに近いのではないでしょうか。

オプション_インターバル

インターバルが抽出される条件はいくつか選べて、[ツール] > [オプション] > [インターバル]から設定可能。パワーの持続時間を条件とするのであれば「Sustained efforts and matches using power」にチェック、1秒、5秒、30秒など決められた時間単位のMAX値を知りたいのであれば「Peak powers for cycling 1s thru 1hr」を選びましょう。
「Ascents for hills and mountains」にチェックを入れれば登り区間だけを自動抽出するといったこともできます。ただし斜度の変化によっては途中で切られてしまったりする場合もあるので、厳密にスタート/ゴールを切りたいのであれば自分で範囲選択するのが確実。

・サマリー画面にCTL/ATL/TSBの表示が追加された

CTL_ATL_TSB

[Activities] > [Summary]で表示される項目に、ワークアウト後のCTL(長期ストレス)、ATL(短期ストレス)、TSB(ストレスバランス)が追加されました。
これらは[Trends] > [PMC]でも確認できますが、サマリー画面で見られるのは便利。
BikeScoreはTriScoreに名称変更されたようです。
RRって何だっけ……?

・TSS、NPが確認できるようになった(前からできたかも)

DIARY_TSS

細かいんですがTriScore(BikeScore)とTSS、xPowerとNPは似ているようで異なり、計算式が違うため微妙に値がずれます。
どうしてもTSSとNPが見たいんだ!という場合、[Diary] > [Activity Log]から過去のログを見るとTSSとNPが確認できます。

・W'balのゾーンが追加された

W'bal Zones

これは割とどうでもいい話かもしれませんが、[Activities] > [Summary]の各ゾーン滞留時間のところにW'bal(自分のCPに対する達成度)のゾーンがさりげなく追加されていました。
割と適当な感じで5000ごとに区切って4段階。ただ、5000以下から最大負荷レベルというのは感覚的に馴染む気がします。5000以下まで追い込むのは本当に辛いです。マイナスになったらCPを更新したということ。

・地図上に直接インターバル区間を設定できる

すいません、これやってみたのですが全然使い方わかりません(笑)
確かにマップ上をクリックするとインターバルの「USER」エリアにセグメントが追加されるのですが、そこから先がよくわからず。指定された2点間の記録を切り出せるのかなーと思いきや、そういう感じでもなく。

・その他、新デバイス対応など

chart settings

えー、ここから先は持ってないのでよくわからないのですが、一つはマルチスポーツ対応ということでラン/スイムのデータを取り込めるようになったと。ForeAthleteとかあの辺ですかね。それに合わせてラン/スイム向けの指標がいくつか追加されています。
ランの項目にある「ケイデンス」ってつまり「ピッチ」のことなのかな。

それから、MOXYのサポート。これは酸素飽和度測定器、いわゆるパルスオキシメーターの製品名ですが、デバイスから直接データを取り込む事で筋肉中のヘモグロビンの酸素飽和度が何%だったかをグラフで確認できるらしい。
こちらも同様にSmO2やO2Hbといった新しい指標が追加されています。

あとはGarmin Vector対応。これも左右バランスやトルク、スムーズネスなどをグラフ表示可能。

という感じ。
毎度のことながら新機能が多くて把握しきれない(笑)
また気づいたことがあれば追記したいと思います。

[追記]
細かいところですが、もう一つ便利機能と便利じゃなくなった機能(笑)を見つけたので追記します。

・インターバル区間をダブルクリックで拡大表示ができる

左側のメニューで、自動的に抽出されたインターバル区間や自分で切り出した区間をダブルクリックすると、自動的にその区間のグラフが拡大表示されます。グラフ最下部のマーカーをダブルクリックでもできます。

インターバル区間(グラフ)

これまでは右クリックメニューの「インターバルの拡大」を選択する必要があったので操作が楽になりました。
ただしズームアウトは今まで通り右クリックメニューから選ぶ必要があります。(または、カレンダーで別の日を選んでまた当日を選び直す。こっちの方がラク)

・インターバル区間をまとめて削除できなくなった

まとめて削除

これまではインターバル区間を複数選択→右クリックメニューから「インターバルを削除」でまとめて削除ができたのですが、なぜか1件ずつの削除しかできなくなってしまいました。
なんで?

【関連記事】
Golden Cheetah3.1正式版の新機能
【パワトレ関連】カテゴリーの記事

  1. 2015/08/27(木) 08:38:03|
  2. パワトレ関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アルコールが太りやすい理由

自分が参考にしているダイエット情報サイトにこんな記事があり、なるほどーと思ったのでエントリー。

ダイエットとアルコールについて(^^)
(ツイッターフォロワー数フイットネスクラブ業界NO1!!超ベテラン現役インストラクターのダイエットの授業!)

サイト名の盛り過ぎ感が若干大丈夫かな?(笑) と不安になりますが、わかりやすく解説されていて役立つ記事が多いです。

本題で、ビールとコーラは同じくらいのカロリーなのにビールの方が太る。それはなぜか?

「肝臓を工場だと思って下さい。普段は、24時間営業で、ひたすら脂肪をエネルギーに代えているのですが、アルコールが入ってくると、工場長が「なんか、ヤバいのが入ってきた、全員作業やめ!! 全員であいつをやっつけるぞ」といって脂肪の燃焼を後回しにして、全力でアルコールを解毒しようとするんです。

なるほどなー。
これまで何となく、「お酒はカロリーが高いから」「つまみを食べるから」太る、と思ってましたが、じっとしている時にも脂肪を燃やしてくれる肝臓の働きがアルコールによって中断(という言い方が正しいかわからないけど)されてしまうのが原因だったと。

しかも自分の場合、お酒が強い方ではないので、飲むとなかなかアルコールが抜けない。てことはそれだけ脂肪が燃えにくくなってるのか……。
解決策は早く酔いを冷ますことだそうで、効果的なのはお酒を飲んだ後にスポーツ飲料を大量に飲むとか、「ウコンの力」などが良いそうです。

そもそも家で毎日飲むほどではないのだけど、今度飲み会があったら「ウコンの力」を試してみよう(笑)
【ダイエット】カテゴリーの記事

  1. 2015/08/25(火) 08:14:18|
  2. ダイエット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

建設中の観覧車を見に行くライド

建設中の観覧車

土曜のおはサイは、ちょっと疲れ気味なこともあって軽めに回すだけにしとこうと、ポタリング的な感じで。
ちょうど金田に観覧車を立てているという情報があったので見物に行ってみました。

場所は、ケーズデンキの隣にあるゴルフ用品店の東側。周りに高い建物がないので結構遠くからでも目立ちますが、近くに寄ってみると思ったより大きくはないかな、という印象。
それでも、かなり海に近いところだし眺めは良さそう。おそらく天気が良ければアクアラインの向こうにベイブリッジや富士山が望めることでしょう。
そのまま袖ヶ浦大周回を1周流して帰ろうとしたらS石さんと遭遇。お互い帰るところだったのでご挨拶だけしてお別れしました。走行距離32km。

帰宅後は上の子を車に乗せて横浜へ。会社の人と元後輩からのお誘いで、子供たちをマンションの近くのプールで遊ばせたり、家にお邪魔していろいろご馳走になったり、という会。ちょうど同年代の子がいる家族ばかりで、しかもその家はおもちゃの数が尋常でないので子供たちのテンションも高い。
至れり尽くせりで夕ご飯までいただいて帰宅。

それにしても、やはりどの家でもトミカとプラレールは鉄板なんだな。うちは一体何台トミカがあるのか……。
数えるのはやめよう。
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2015/08/23(日) 14:46:20|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リボン作戦のおはサイ

リボンとマグネット

↑草ぼうぼうで反対車線が全く見えないので目印が設置された(笑)

先週のおはサイはお盆休みで木更津に来ていたFUNAさんが火・木と参加してくれて、濃厚な感じに。水曜は単独でのぞみ野周回、金曜は雨だったのでローラー30分、土曜は袖ヶ浦大周回をペースで4周、80kmくらい。
さすがに疲れが溜まってきたので日曜はノーライドにして、補助輪付き自転車を車に積んで上の子と二人で実家へ。といっても1時間ちょっとの距離ですが。
そしていつもように圧倒的摂取カロリーオーバーで帰宅。

今朝のおはサイは師匠と二人。目印のリボンが巻いてあったのでちゃんと合流できました(笑)
しかしそこから人数は増えず、しかもインターバル区間は強烈な向かい風。あ~これは一番キツいパターンだ……。
向かい風の中、下ハン持って限界まで姿勢を低くして40km/hペースでローテ。さすがに回転だけでは進まないのでトルクをかけるしかないのだけど、前に出たら350Wは出さないとペースを維持できない。
交代して後ろに入っても向かい風のため休み切れず、かなーりキツい。

#1:3分5秒 / 319W / 108rpm / 163bpm / 41.5km/h
#2:3分10秒 / 300W / 104rpm / 165bpm / 40.4km/h
#3:3分13秒 / 296W / 107rpm / 170bpm / 39.7km/h
#4:3分15秒 / 286W / 104rpm / 170bpm / 39.3km/h


予想通りタイムの割にワットは高め。それと本数が進むにつれ、わかりやすい感じで出力が落ちていってる。
今日はこれで十分でしょう!(というかこれ以上はムリ……)
そしてこれもわかっちゃいたけど帰り道の向かい風が極悪で、ママチャリくらいの速度しか出ず。いつもより10分余計にかかりました。

最近思うのは、走り出して「おっ今日は脚が軽いぞ」とか、「なんか脚が重いな~」といった感覚があんまり当てにならないということ。
軽いと思ったのに強度を上げたとたんに踏めなくなるとか、逆にだるすぎて途中で引き返そうか迷うような時でも、1時間くらい走っていると回るようになったりする。
結局はある程度走って何回か強度を上げてみないと本当の調子はわからないですね。(自分の場合)

それよりも、ストレスバランスの数値を見た方が実際の印象と近い気がするので、最近は「当日のストレスバランス」を意識するようにしています。
これがマイナス15以下とかだったら、客観的に見ても疲れているので休むか軽めのメニューにする。マイナス5以上に回復してきたらガッツリ上げてもOK。レースが近づいてきたら徐々に戻してプラス5~10くらいにする。という感じ。

並行してCTL(長期ストレス)の推移を見て、あまり急激に上がったり下がりすぎたりしないように調整しつつ、少しずつ上げていく。ストレスバランスとCTLを見ればかなり正確に自分の調子が測れると思います。
そういう点ではパワーメーターはとにかくデータを蓄積していかないと意味がないので、メーターなしで走る気がどんどん失せていく訳です(笑)

走行距離:39.1km
走行時間:1時間26分35秒
平均時速:27.1km/h
平均心拍:137bpm
平均ケイデンス:90rpm
消費エネルギー:637kJ
AP/NP/IF/TSS:122W/184W/0.726/78
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2015/08/18(火) 07:15:19|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
| ホーム |
次のページ