タイトル

おはローラー80分

日曜は前日のおはサイ疲れが残っていたけど、早朝もしくは子供が昼寝してる間しか乗る時間はないので早起きして3本ローラーへ。
L4で12分を2回、レスト5分。254W、256W。10分流してから、20秒上げて40秒レストのインターバルを10回。400~450Wくらい。最後に短くMAXまで回転を上げて、224rpm。

高回転は実戦を意識して下ハン持ってやってみたら、意外にも回しやすい。下腹部(丹田?)に力を入れやすいからかな。230くらいはいけそう。
……だんだん何を目指しているのかわからなくなってきた。
でも疲労感の割にはしっかり乗れたので満足。

午前中は子供たち(0歳、3歳)と3人で過ごし、午後は下の子を預けて上の子と公園へ。ご飯の後で昼寝させて、夕方にまた別の公園を散策。
海辺の公園が好きなのでこんな風景に癒されます。

橋が見える公園

昼は暖かかったけど、日が傾くとまだまだ寒いなあ。寒暖の差が激しいから体調を崩さないようにしないと。
そして花粉もいよいよ攻めてきたようで、憂鬱。
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2016/02/22(月) 19:28:02|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨が降る前に6人おはサイ

おはサイ

2週間続いた仕事のピークもようやく一段落し、さあ乗るぞ! と思ったら土曜雨の予報にがっくり。日中は降られそうなので、何名か巻き込んで久々のおはサイをやろう。ようやく少し暖かくなってきたことだし。

6時にH房さん、W辺さん、KONさんと公園で待ち合わせ、スタートしてからhydekazoosさん、2周目でS石さんが合流。
特にスプリント区間とかは設けず、3周をローテーションしながら淡々と走る感じで。

だいぶ日の出が早くなってきたので6時を過ぎれば強力なライトは不要。しかしどうも今日は車が多くて走りづらい。路駐トラックも多いし。
集団内で手信号出したり声を掛け合ってやり過ごす。こういった意志疎通が自然にできるから安心して走れるんだよなあ。

ペースは大体35~37km/hくらいで、人数も少な目なのでなかなかにキツい。今回もエコノミーを意識して、集団内にいる時は極力無駄足を使わないように。車間を詰める時も一気に踏まないでじわじわと。ペースが上がったら集団内でもエアロフォームをとる。

最終周は全体的にペースが上がり、中袖往路、復路ともに44km/hくらいまで。ハイペースを短いローテーションで維持していい感じ、と思ったら何人か切れて3人になってしまう。しかしここはショートカットしやすいのでまとまるのを待って最後の直線へ。

最後の直線は暗黙の了解でフリー区間。牽制気味にゆっくり入って、S石さんが先頭に出てから一気にペースが上がる。これが後ろに付いていても離されそうになるほどのいい引き。
自分は2番手から少し緩んだところで前に出て、残り300mくらいからスプリントしようと思ったら、前方の路肩に停まっていたトラックが突然右折し始めて危険だったのでスローダウン。
うーん残念。一応練習と思って、もがくだけもがいて終了。

ラスト1分が448W、スプリントが22秒779W。やっぱり最後ちょっと気が抜けた感じ。
でも全体的にはしっかりと追い込めて良い練習になりました。チーム練に全然行けないので袖ケ浦周回を人と走れるのはありがたいです。急なお誘いに乗ってくれた方々に感謝。

皆とおしゃべりしてから解散し、踏切の一旦停止からの非常に短い区間でもう一回もがく。1200W。
ちょっとコツを掴んできたかな。

帰ってからは先日の春一番で崩壊したすだれの補修など。あの風はやっぱり異常だった……。

走行距離:63km(周回48.6km)
走行時間:2時間2分6秒(1時間23分37秒)
平均時速:31.0km(34.9km)
平均心拍:145bpm(155bpm)
平均ケイデンス:92rpm(97rpm)
消費エネルギー:1111kJ
AP/NP/IF/TSS:152W(180W)/187W/0.738/116

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2016/02/20(土) 16:25:13|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Stravaで不正データの通報を行う方法(追記あり)

Stravaをやっていると、たまにありえないタイムでぶっちぎりのKOMをさらっていく人を見かけます。ここで言う「ありえない」というのは、プロみたいにレベルが高いという意味ではなくて、文字通り人力で出せる範疇を超えている場合。60km/hで坂を登るとか、平地で100km/hとかですね。
で、そういう人のアクティビティを覗いてみると、心拍、ケイデンス、パワーのデータがなかったりする。どうやったかはご想像の通りです。

そのエネルギーを何か他のことに向けられないもんかなーと思う一方で、誰かが必死で獲得したKOMを原付バイク等にあっさり持っていかれるのは腹立たしいし、他の人もやる気が削がれます。
コメント欄で抗議したところで、そもそもそれで削除に応じるような殊勝な人物なら最初からこんなことはしないでしょうから、効果は期待できないでしょう。

そんな訳で、こういった時の通報制度みたいなものがないのかなと思って探してみたら、ありました。

How to Report Cheating on Strava
How to flag

「フラグ」というものを立てる機能があります。
以下、実際に通報してみた手順をメモ。

1. 該当するセグメントのリーダーボードを開く。
2. 不正行為の疑いがある記録の日付リンクをクリック。
3. 誰かのアクティビティ画面が開くので、画面左上の「Overview」「Analysis」の下にあるレンチのアイコンをクリックし、「Flag」を選択。

Flagメニュー

4. 報告画面が出るので、エンジン付の疑いがあれば「Activity was in a vehicle」にチェックし、「Reason」に詳細を記入。ここは何か書かないと送信できません。日本語でもいいので不正と思われる具体的理由を書いて「Flag」ボタンを押す。

Activity Flagging

すると以下のように該当アクティビティにフラグが立ちます。この時点で、このアクティビティによるすべての記録がランキングから一旦除外されます。(ランキングが元に戻る)

フラグが立った状態

マニュアルを読むと、この後フラグを立てられた当人に対し意義申し立てのチャンスが与えられるそうですが、その回答プラス実際のデータを見てStrava側が最終判断するのかなと。この辺は想像ですが。

ポイントは、「どんなに不自然なデータがアップされてもStravaが自動的に除外することはない」という点と、「フラグを立てればそのアクティビティによる記録は一旦すべてランキングから外れる」という点です。
不正行為に嫌な思いをしている方、泣き寝入りせずフラグを立てましょう。

[追記]
故意ではなく、ライド後に車に乗ったりして気づかないままアップロードされてしまうケースもあるとのご指摘がありました。また、これは自分も経験がありますが、ある区間だけGPSのログが乱れてしまって突然ワープしたようになることも。(結果的にありえないタイムが出る)
こうしたケースもあるので、フラグを立てられた側には「潔白を主張する」と「ログを削除する」以外にも、「ログの一部切り出しを行う」や「プライベートモードにする」という選択もできるようになっています。つまり通報のための機能というよりは、ログに何らかの異常が見られる時に第三者がチェックを促すことができる機能なのですね。
【携帯・インターネット】カテゴリーの記事

  1. 2016/02/18(木) 12:37:11|
  2. 携帯・インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

大福山~高滝湖 もち豚丼ライド

土曜昼サイはいつものように家の用事を済ませてから10:30と遅いスタート。久々に大福山を登ってみよう。
どうやら外は暖かいらしく、風も強い。ウェアは迷った末に冬用インナー+春秋用の長袖ジャージ+冬用グローブ。
こいつらが全部失敗でした(笑)。暑い! 半袖ジャージ+アームウォーマー+指抜きグローブで、背中ポケットにウインドブレーカーがベストの選択だったなあ。シューズカバーもいらなかった。途中で脱ぎ捨てたくなったけどガマンして走る。

とにかく南風が強いので、大福山までは風を避けられる林道をつないで南下して、帰りは普通の道で追い風を受けて帰ろうという作戦。
馬来田から高滝に向かう道を途中で右に折れ、そこから大福山まで全部林道で。狙い通り、林道は風が来なくてとても走りやすい。

万田野林道

大福山は全開アタックをしようと決めていて、ペース配分を考えつつ8割くらいで登り始める。アップダウンのある登坂なので下りの勢いを次の登りにうまくつなげられるように。
心拍は途中からずっと180くらい。キツいんだけど脚は動く。
最後の15%の坂だけダンシングでクリアして、死にそうになりながら展望台まで。13分19秒で、なんとかKOMゲット。

大福山ログ

大福山山頂

もう今日は頑張らなくていいや……。あとはサイクリングにしよう。
それにしても相変わらず暑くて、「厚着しすぎると逆に汗で冷える」というダメパターンになりそう。
養老渓谷側に下って、清澄養老ラインへ。ここは狙い通り強烈な追い風を受けて40km/hで楽々巡航。
あっという間に高滝湖へ。

「ぴのきお」というカレー屋さんがあったはず、と高滝湖駅まで行ってみたら、シャッターが。がーん。閉店か?
仕方なく付近をさまよっていたら、高滝ダム記念館というところの2階にレストランがあるみたい。今まで気づかなかったな。

小さいけどサイクルラックもあります。

高滝ダム記念館

こんな張り紙もあって、サイクリストフレンドリーな感じ。

張り紙

2階のレストランは結構広くて、オートバイの方が何人かいました。
メニューはラーメン系、定食系、パスタ、カレーと一通り揃っていて、その中で気になった「もち豚丼」(800円)をチョイス。

もち豚丼

おっ、豚肉が柔らかくて美味しい。タレは甘みが強めで好きな味付け。レストラン自体が記念館のおまけ的な存在のように思えて、正直味は期待していなかったのだけど、いい意味で裏切られました。
静かで落ち着けるから、グループツーリングとかで使いやすいかもしれない。

帰りは馬来田から房総横断道路に出て、農道経由で。横風が強くてこれまた進まない。
最後に短い区間を使って一発スプリント。

スプリント:1sec/1217W、5sec/1134W

おお、初めて1200W出せた。よっしゃあああ!
だからどうしたという話ですが、何年も超えそうで超えられない、自分の中では壁みたいな数値だったので嬉しい。
筋トレの効果なのか、たまたまなのか。実走したら必ず1回はもがく練習を入れるようにしているけど、それで身体が動くようになってきたのかな。



走行距離:81.8km
走行時間:3時間18分4秒
平均時速:24.8km/h
平均心拍:142bpm
平均ケイデンス:87rpm
消費エネルギー:1569kJ
AP/NP/IF/TSS:129W/181W/0.713/186

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2016/02/14(日) 07:56:45|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Edge520のソフトウェアアップデート(V3.10)

数日前にEdge520のソフトウェアV3.10が公開されていたのでアップデートしてみました。
ダウンロードはこちらからできます。

更新された内容は以下の通り。

Edge520 v3.10
・VARIAセンサーの通信改善
 ※VARIAのソフトウェア更新Ver3.00が必要です。
・センサータイプにVARIAレーダーのセンサータイプが追加
 ※VARIAのソフトウェア更新Ver3.00が必要です。
・設定変更中にVARIAのオーバーレイの表示を削減
・VARIAライトセンサーメニューとライトモードオプションの改善と追加
・セグメントの目標リーダーボードを簡単に変更できるように改良
 セグメントに近づいたメッセージが表示されている間、右上のボタンを押すことで変更ページに移動できます。
・メニュー→設定→アクティビティプロフィール→プロフィール名→アラート内で[ワークアウト目標アラート]の設定を追加
・VIRBの静止画像撮影機能を追加
・[パワー計校正確認]機能を追加
 パワー計ペアリング時にパワー計校正表示されます。
 メニュー→設定→センサー→パワー計→センサー詳細内のパワー計校正確認で設定を変更可能です。
・自動電源オフの時間を5分に更新しました
・夜間モードのアラートページが正しく表示されない不具合の修正

目玉としてはVARIA対応なんですけど持ってないので関係なし。ひっそりとパワーメーターの校正ができるようになっていたので(というか今までこの機能なかったのか?)、ちょっと試してみました。

アップデート後、パワーメーターを認識させるとこのように校正確認をしてきます。

パワーメーター検知時の校正確認

はいを選ぶと校正開始。

校正開始

校正中はこんな画面。ペダルから足を離して、トルクが一切かからない状態にします。

校正中

校正完了。

校正完了

これで終わりですが、毎回認識する度に校正確認されるのは煩わしいという場合、設定でOFFにできます。
センサー一覧画面からパワー計を選んで確定ボタンを押し、次の画面で「センサー詳細」を選択。

パワー計の設定

このメニューの中に、「パワー計校正確認」という項目があるのでOFFにします。

パワー計校正確認設定

任意のタイミングで校正をしたい時はパワー計メニューから「校正」を選べばOK。

次のアップデートでは、ぜひバックライトのON/OFFを走行中に簡単に切り替えられるような機能追加を期待したいです。
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2016/02/07(日) 19:07:39|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
| ホーム |
次のページ