タイトル

海辺のランチと道の駅 保田小学校

先週の日曜日はたまたま奧さんの仕事が休みで、しかも天気も良いということで、こんな日は海を眺めながらお弁当なんか食べたらさぞかし気持ちいいんではないか(そして自分はサンシェードで寝たい)と思い立ち、家族を乗っけて海へGO。
木更津から下道で1時間もかからず上総湊海水浴場というところに到着。ここはちょうど1年前にも上の子と二人で遊びに来たことがあります。まだ海開きもしていないので人はまばら。

早速見晴らしの良い場所にサンシェードを設置して(といってもワンタッチ式なので広げてペグで固定するだけ)、お腹も空いたのでいきなりお弁当タイム。

上総湊海水浴場

海風を感じながら食べるお弁当はやはり格別!おにぎりがあっという間になくなる。

お腹も満たされ、さて少し寝るかーと思ったら子供が乗っかってきたりして寝られる状態じゃない。
『ねずみのかいすいよく』のようにはいかなかったか……。もっともあれは昼寝したお父さんねずみが満ち潮で岩に取り残されてピンチに陥ってしまうのだけど。

砂浜を歩く1歳

ちなみに砂浜からは遙か彼方に東京湾観音が望めます。この付近ではちょっとマイナーな海水浴場かもしれないけど、のどかで落ち着けるのでお気に入りの場所。

こっちまで来たついでに、前から気になっていた「道の駅 保田小学校」にも足を伸ばしてみました。

道の駅 保田小学校

思ってたより混んでるなあ。駐車場はほぼ満車。館山道のICが目の前だから観光帰りに立ち寄りやすいのかも。
廃校になった小学校を改装して作られているので、教室とか黒板がそのまま残っているのがノスタルジーを感じさせる。食べ物屋さん系がいろいろあるけど、ちょっとお高めのような。

キッズルームがあったので小さい子供連れにはありがたい。

キッズルーム

2階のテラスは靴を脱いで上がる形式。ここにもちょっとした遊具やピアノなどがあって、子供が遊べます。教室を覗いてみるとベッドのようなものが並んでいて、なんと泊まることもできるのね。

テラス

確かに普通の道の駅とは違った雰囲気で、なかなか面白いところでした。
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2016/05/31(火) 12:59:55|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

土曜おはサイ&告知方法の見直し

先週から実験的に土曜おはサイの告知方法を変えてみました。これまでの前日にSNSでお誘いメッセージをバラまくというやり方を見直して、Googleカレンダーで公開することに。これなら開催予定日を誰でも確認できるし、希望者には書き込み権限を与えれば参加表明もできる。もちろん飛び入り参加も可で。
最近人数が少しずつ増えてきたこともあって、個別の連絡では限界が見えてきたので、とりあえずこのスタイルでしばらくやってみよう。

集まったのはMIKさん、S石さん、H房さん、W辺さん、taoさん、自分の6名。ううむ……今日はメンバー的に強度高そう。先週よりさらに上がるのか?
いつものように大周回3周だけど、今回はS石さんの提案で1周目もちゃんとロータリーを回ってからスタート。確かにこうするとStravaでちゃんと1周のタイムが計測できるな。

スタート前に「1周目は抑えめで」と伝えておいたので、37~38km/h巡航くらい。やはりMIKさんの引きが長くて強い。均等にローテーションして2周目突入。

1周目: 27'16 / 190W / 152bpm / 98rpm / 37.3km/h

2周目でややペースUP。まだまだ大丈夫だ……と自分に言い聞かせる程度に危うい状態。

2周目: 26'31 / 191W / 161bpm / 99rpm / 38.8km/h

最終周、感覚的にはちょっとペースが緩んだように感じたけど、データを見ると一番速かった。
中袖往路でMIKさんの鬼引き。47km/hまで上がるが何とか耐える。

1回先頭が回ってきてから、最後のフリー区間。少し様子を見ていたらW辺さんが仕掛けたので着いていく。2本目の橋でW辺さんが下がり、そこからちょっと長いけどスパート。しかし、振り向くとS石さんがベタ着きていて今にもまくり殺されそう。怖い。

ほとんど脚が残ってない中で、最後の力を振り絞ってラスト100mでもう一度踏み直してみるも、ゴール前で失速。S石さんからは何とか逃げ切ったけど、MIKさんが迫ってきていて横並びくらいだったか。

3周目: 21'55 / 204W / 164bpm / 99rpm / 39.5km/h

おお、もう少しで40km/h届きそう。おはサイ史上最速かも?

ラストは、踏み始めてからの32秒が620W、53.4km/h。この距離をもがき切れればいいんだけど、途中で疲れて腰を下ろして、またよっこらしょと腰を上げて、といった具合で全然持続できてない。練習でできなきゃ本番でもできない訳で、何度もやってみるしかないなあ。

それにしてもこんないいメンバーで練習させてもらえるのはありがたい。
初期からのおはサイメンバーがものすごくレベルアップしていて、加えてチームからもいろんな人が来てくれるので、本当に良い刺激をもらえてます。

そして、たまたま同じ時間帯に同じ場所を単独で走っていた方がいて、終わってからそれとなく勧誘。いろいろ聞いてみるとカヤギサイクルにニューバイクを注文しているらしく、それなら話が早い(何が)。
次回から早速来てくれるみたいで、楽しみです。

走行距離:63.9km(周回48.9km)
走行時間:1時間54分35秒(1時間16分36秒)
平均時速:33.5km/h(38.4km/h)
平均心拍:149bpm(159bpm)
平均ケイデンス:92rpm(98rpm)
消費エネルギー:1113kJ
AP/NP/IF/TSS:162W/195W/0.769/118

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2016/05/30(月) 18:30:03|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初のニャンニャン落車

日曜は子守DAYのため、6時頃の出発でおはサイへ。登りを入れたいので定期的に通っている公園周回にしよう。登りといっても短いけど。

で、出発して10分も経たないところで、こんな状況に。

・ 緩やかで見通しの良い右カーブを30km/hくらいで走る(すがすがしい朝だ……)
・ 道路の反対側にネコが見える(お、ネコか)
・ 特に気に留めず、そのまま進む(フンフーン~♪)
・ ネコがちょっとこっちに寄ってくる(ん?)
・ ネコが突然目の前を横切るように走ってくる(え?え?)
・ ネコが右から前輪に突っ込んだ(うわ~~!!)
・ ハンドルを取られ、フルブレーキで蛇行しながら左の草むらへ(また落車かよ)
・ 草むらまでコースアウトするが、スピードも落ちてきてギリギリ持ちこたえられそうな雰囲気(お、いけるか!)
・ すると目の前になぜか巨大な石が現れ、それを避けようとして左にバタンと倒れる(あ~やっぱり……)

この間、数秒の出来事。
幸い倒れたのが草むらだったのでケガも自転車のダメージもなし。
そしてネコは、いなくなってました。ということは大丈夫だったのか。良かった。

できるだけ忠実にニャンニャン落車を再現したのが以下の図になります。ご査収ください。

ニャンニャン落車

つーか、今年何回落車してるんだ。去年まで5年か6年か、ずっとなかったのになあ。しかし回数をこなして転び方が上手くなってきたのか、大けがはしていないのが不幸中の幸いではある。
それにしても、あれは自分のスキルではどうやったって避けられません。サガンならバニーホップで飛び越えるのかもしれない。

ダメージがないことを確認して、気を取り直しておはサイ再開。
周回コース入口の坂は結構頑張って、54秒538W。その後の周回コースもなるべくペースを落とさないよう意識しながら3周。
公園のベンチで缶コーヒー飲んでまったりしてから、帰路も高めの強度を保って帰宅。

NPは200Wを超えていたし、短時間でも集中して乗れたので良かったかな。
そう、ニャンニャン落車以外は……。

走行距離:34.1km
走行時間:1時間9分18秒
平均時速:30.1km/h
平均心拍:145bpm
平均ケイデンス:93rpm
消費エネルギー:759kJ
AP/NP/IF/TSS:182W/212W/0.837/91

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2016/05/23(月) 19:23:41|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

新メンバーを迎えて9人おはサイ

9人おはサイ

土曜おはサイに参加してきました。先週は鴨川クリテで行けなかったので2週間ぶり。そして、この日はS石さんの紹介で新しい方が来られるということなので非常に楽しみ。
集まったのは、KONさん、S石さん、hidekazoosさん、H房さん、I田さん、W辺さん、K池さん、新加入のY本さん、自分の9名。あと一人で大台に!いいぞいいぞー。

Y本さんに初めましてのご挨拶をして、いつものように大周回3周でスタート。時間の関係でI田さんとS石さんが途中離脱するとのことで、じゃ思う存分引いて! と伝える(笑)

一周目は少し抑え目で、37~38km/hくらいで。しかし、途中離脱組が先頭に出るとガツンとペースUP。まあこれは仕方ないか。
他の人の走りを見ていると、ローテもスムーズに回っているし、危なそうなところは互いに声を掛け合って意思疎通もバッチリ。なので安心して集団に身を任せられる。
それにしてもY本さん、脚の筋肉がすごいな……。絶対タダ者じゃない。

I田さんが離脱し、2周目からは大体40km/h前後のペース。先頭に出るとそれなりにキツいけど、8人もいればしっかり休める。
2周目のAveが38.2km/h。集団内ではKONさん、K池さんの引きが強く、余裕ありそう。

海岸線に出ると、今さっきまで通れていた道が野外フェスか何かのイベントで封鎖されており、仕方なくコース短縮でUターン。
KONさんから「周回数を増やそうか?」と提案がありましたが、それだと自分の帰宅時間に間に合うか微妙なところだったので、予定通り次の周回でラストにさせてもらう。(すいません完全に自分都合で)

3周目は距離が短くなった分、強度上げて集中していこう、というのを伝える意味でややペースを上げて引いてみる。
中袖を回って最後の直線。フリー区間なので誰か仕掛けるかな? と少し様子を見て、誰もいかなそうなので1本目の橋の手前あたりからアタック。

全開ではなく、最後にもがく力をギリギリ残す感じで。KONさん、K池さん、Y本さんが追ってきて、先頭を替わったらKONさんの凄まじい引き。KONさん→Y本さん→自分→K池さん、の並びだったか。1回か2回ローテして、K池さんとY本さんと自分の3人に。
ラスト400mくらいから踏み直してK池さんと横並びの勝負になる。しかし強い!粘ったけど差しきれず。

あ~キツかった……。
このラスト1分49秒で400W、182bpm、112rpm、48.1km/h。
これ、なにげにCP更新してるんじゃないか?と思ったらしてなかったけど、CPグラフに限りなく接近してて、体感的にも出し切った感は十分。

朝っぱらからこんな濃い練習ができて、しかも7時半にはもう終わってるというのが素晴らしい。Y本さんが入って、たぶんそれによって他の人も刺激を受けて、おはサイのレベルがまた一段上がった気がする。
皆さんお疲れ様でした。

人数も増えてきたことだし、そろそろおはサイの開催告知方法も見直さないといけないな。

走行距離:56.6km(周回45.1km)
走行時間:1時間57分33秒(1時間12分27秒)
平均時速:33.1km/h(37.4km/h)
平均心拍:151bpm(158bpm)
平均ケイデンス:92rpm(97rpm)
消費エネルギー:941kJ
AP/NP/IF/TSS:152W/185W/0.729/96

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2016/05/22(日) 17:22:34|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

『Genki一杯』がアツい(追記あり)

ジロ・デ・イタリアが開催中ですが、ここ最近は生活リズムの変化や子供たちの寝かしつけ等によりリアルタイムで見ることが難しくなったため、ネットライブは追っていません。余裕ができてきたらまた再開したいとは思っていますが……。

その代わり、山本元喜選手のブログ『Genki一杯』は欠かさず読んでます。

Genki一杯

相変わらず面白い。何がすごいって、どんなメディアでも伝えられない「プロトンの中で起こっていること」が手に取るようにわかるから。
もうこれだけで満足してしまうというか、もはや総合争いとかステージ優勝が誰だったかとかは興味が薄れてきて、「ゲンキ選手が逃げを決められるか?」「キツいステージを乗り切れるか?」といったことが最大の関心事になってしまってます。

臨場感あふれる文章を読んでいると、まるで自分がプロトンの中にいるかのようにも思えてくる。監督と選手との無線でのやりとりは、そこまで書いちゃっていいのかと心配になるくらい生々しくてオープンなのだけど、なるほど選手はこうやって素早く情報交換しながら、監督やエースの指示を受けて動いているんだなというのがわかる。もちろん狙い通りにいかない事もあるけれど。

内容もさることながら、レースが終わって時間も少ない中で、これだけの分量のレースレポートを「毎日」アップしているのがまず驚き。

広告やアフィリエイトを張っていない為、1銭にもなっていないこのブログですが、このブログを見てロードレースをより好きになってくれるファンの方や新しくファンになってくれる方、またテレビに映らない部分での頑張りや光景を楽しんでもらえる方がいてくれるのであれば値千金だと思っています。

いやー、プロだわ。
残るステージ、厳しい山岳もありますが、ジロ完走レポートを楽しみにしつつ応援したいと思います。

【2016.6.1追記】
その後、18ステージではついに逃げに乗り、途中で脱落はしたものの大集団からは逃げ切って23位でゴール。
そして最終ステージまで見事完走しました。いやー本当に嬉しい!
ブログを頑張って書きすぎて寝不足で調子を崩してリタイヤ、なんてなりはしないかと割と本気で心配だったので(笑)

こんなエントリーもアップされていたのでリンクしておきます。
「ジロ・デ・イタリア お礼」(Genki一杯)

それにしても、かつてリアルタイムにこれだけのボリュームで情報発信する選手っていなかったんじゃなかろうか。
今回のジロで彼のブログの知名度が一気に上がり、と同時にハードルも上がってしまったので、これからのレースではますます注目されそうです。続けていくのは大変と思いますが、でもきっとそれをモチベーションに変えていけるのでしょうね。

【関連記事】
山本元喜選手のツール・ド・サンルイス参戦記が面白い
山本元喜選手のアムステルゴールドレースレポート
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2016/05/20(金) 19:12:30|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
| ホーム |
次のページ