タイトル

パワータップと負荷付き3本ローラーでZwiftをやってみた

Zwift

家のノートPCが壊れてしまったので新しいものに買い替えたら、今まで動かなかったZwiftが動いた!という訳で数日間遊んでみました。「50kmまたは14日間」の無料お試し版です。
Zwift自体の設定方法や遊び方は既にたくさん情報があると思うので割愛して、3本ローラーでやってみた印象とか気になったところなどを中心に書いてみます。

ちなみに普段ローラー乗る時はTVもイヤホンも一切なし、ひたすらメーターとにらめっこしながら出力ベースのメニューを淡々とやるという全然面白そうじゃないスタイル。

■ 使用機材
パワーメーターPowerTap ELITE+
ケイデンスセンサーGarmin Speed and Cadence Sensor
心拍センサーMio Link
ローラー台ELITE ARION AL13
PCCPU:Core i3-5005U
メモリ:4GB
OS:Windows 10 Home 64bit
グラフィックス:インテルR HD グラフィックス 5500
USBドングルBC-ANT-USB

機材ですが、まずUSBドングルは以前会長に分けていただいたBC-ANT-USBを使用(Y代さんありがとうございます)。これ、今だとAmazonでは在庫切れになっているみたい。Zwift特需?
ノートPCは、見ての通りグラフィックもオンボードというごくありふれたモデル。このスペックで処理落ちなどもなく普通に動かせています。

センサー類はいつも使っているもの。もちろんGarminもMIO LINKもANT+対応です。ただしMIO LINKについてはちょっとした問題があり、これは後述します。

■ セッティング

まずは、ノートPCを置く場所を作らないといけない。どうせなら臨場感が出るように身体の正面で、できれば目線の高さに置きたい。
いろいろ考えた末、最終的に子供のおもちゃ箱を2段重ねてその上にノートPCを置くという形に落ちつきました。まだちょっと高さが足りないけど。

そうすると扇風機が正面に置けなくなるので、これは斜め前にずらす。マウスは、ローラーの右側にちょうど右手を乗せられるくらいの高さの棚があるのでここで。あとスマホアプリがリモコンとして使えるみたいなのでこれもインストールして置いておく。

最終的なフォーメーションは、ローラーの正面におもちゃ箱×2とノートPC、右斜め前に扇風機、右側の棚の上にワイヤレスマウスとスマホと扇風機のリモコン、となりました。
ここまで準備するのに既に数十分が経過してるぞ……。

早速PCにUSBドングルを挿してZwiftを起動。ペアリング画面になり、試しにローラーに乗って軽く漕いでみると、すぐにパワー、ケイデンス、心拍を認識してくれてペアリング完了。
ここは、3本に乗りながら目線はPC、右手はマウスでデバイスを選択して……と多少アクロバティックなことをする。

あとはよくわからないけどとりあえず「RIDE ON」!

■ フリーライド

Zwift2

コースは定番(?)のワトピアで。漕ぎ出すと、おお、これは確かにバーチャルサイクリング。自分のアバターのケイデンスもちゃんとセンサーの数値と同期してくれるからリアルだ。
そして、始めたばかりでジャージが2種類しか選べず、周りはカッコいいジャージの人が大勢走っているのでアウェー感いっぱい(笑)
(上の写真はたまたま人が少ない時に山岳賞を獲れた時のもの)

道路が分岐するところは事前にどちらへ行くか選択できるようになっていて、マウスでポチッとやると曲がる方向を選べる。が、T字路みたいなところを曲がる時に自然に身体が傾いて落車しそうに(笑)。危ね~!
何回かやっていれば慣れるけど、3本ローラーの場合はカーブを曲がる時は視線を外すのが安全かも。

前走者に近づくとドラフティング効果もあり。これは結構大きくて、すぐ後ろに着いた時に意識して踏む力をかなり緩めても追い越してしまったりする。
登り坂では、同じパワーでもガクッとスピードが落ちてついつい力が入るし、気がつくとフォームも登り用になっていたりして、視覚効果ってすごいんだなと。
これVR専用ゴーグルに対応したらさらに没入感あるのかもなー。(3本だと間違いなく落車するし汗の問題もあるけど)

ちなみにローラーの負荷は、何度か試した結果、3段階あるうちの最大に落ちつきました。負荷なしの方が気持ちいいし平地を流している感覚に近いのだけど、やはりどこかでパワーを出そうとすると厳しい。手元で負荷を変えられないから一旦降りなければならず、悩ましいところ。
ここは手元で調整できる固定ローラーとかスマートトレーナーの方が場面によって変えられるので有利かと。(スマートトレーナーだと悪路のガタガタまで再現してくれるらしい……そこまでやるのか)

■ ワークアウト

「L4 20分」とかのワークアウトをZwiftのコース上で行うというもの。コース上なので他のサイクリストも普通に走ってます。
あらかじめ登録されたワークアウトメニュー(ものすごいたくさんある)から選んでもいいのだけど、トータル1時間くらいのものが多い。もうちょっと短いのはないかなと探していたら、カスタムができるようなので試してみました。

ワークアウト作成画面

このカスタム画面が秀逸で、ゾーン毎に用意されたパーツを右からドラッグ&ドロップして並べていくだけでメニューを作れる。時間・強度の変更も思いのまま。ワット指定もできるしFTP比でも指定できる。
ウォームアップ用/ダウン用のパーツ(徐々に強度が上がる/下がる)も用意されていたり、インターバルメニューも最初からあったりと至れり尽くせり。

早速、お試しで適当なメニューを作ってRIDE ON!(←言いたいだけ)

お試しワークアウト:
アップ7分
L4 5分(95%)
L1 5分
L6 1分(125%)
L1 2分
L6 1分(125%)
L1 2分
L5 3分(110%)
ダウン10分


アップを終えて、いよいよメニュー開始、と。ん?

ここであることに気づく。3秒平均っぽいパワーは出るけど、ラップ平均パワーが出ていない。これだと目標ワット近くを維持できたのかどうかがわからない。
パワーが低すぎたり高すぎたりしたら警告が出るけど、それは20~30W以上のずれが起きたような場合。狙ったワットを正確に維持するためにはラップ平均を見たいんだよなあ。
もちろんサイコンでラップを切ればわかるけどそれだとZwiftをやってる意味が……。

Stravaから落としたZwiftのパワーデータを見てもラップは切られていない。となると手作業で各セットの平均ワットを調べることになり、かなり面倒。(※注:コメント欄でご指摘いただき、Zwiftから直接fitファイルを落とすとちゃんとラップが切られていました)
たぶん、Zwiftの思想が「そんなに大きく外れてなければOK」なのでしょう。でも3秒パワーって変動が激しいから、それを見ながら一定ワットを維持するのって結構疲れます。「あっ、高すぎた、今度は低すぎた」みたいな。

ここは自分にとってはマイナス点。今後実装されるのかもしれないけど。

■ 心拍センサーの問題

心拍グラフ

これはZwiftというよりMIO LINKとBC-ANT-USBの相性の問題かもしれませんが、ペアリングできてもほとんどまともに心拍データがとれません。(上の図のようにガタガタになってしまう)
相性というか、MIO LINKの信号が弱いのか。延長ケーブルなどを使えば解消するのかも。
(追記:その後、解決方法がわかりました→こちらの記事を参照)

■ 感想

何日間かやってみて、確かにこれはハマるのがわかる気がします。単純に景色を眺めながら流しているだけでも楽しいし、ワークアウトも充実している。経験値を溜めてアイテムをゲットするなどのやりこみ要素もある。

ローラー台はスマートトレーナーがあればベストですが、片手操作ができれば3本でも楽しめます。ただ、強度を上げるのなら負荷装置は必要かと。

あとは、定期的に開催されているグループライドが気になる。レースのようなものからお気軽なものまであって楽しそう。
家にいながらにしてレース強度の練習ができたら最高なのですが。
でも、なぜか自分がよく乗る時間帯(朝6時くらい)だと全然イベントがないんだよなー。これから増えてくるかもしれないけど。

で、結局毎月$10払って契約するのか?というと、たぶんしません(笑)
やはりセッティングと後片付けに要する時間、ワークアウトモードがもう一歩なところ、グループライドが自分の時間と合わない、といった理由で。
でも、これから日本時間6時スタートで30分~1時間程度のレースイベントが出てきたら申し込もうかと。それくらいグループライドは気になってます。日本の方、だれか開催しませんか?(笑)

最後に余談ですが、ワトピアの走行ログを見ていたら、これ実在する島なんですね。ソロモン諸島にある「ナウノンガ島」という島の隣の「Te Anu」という小さい島。もちろん道路も何もありません。
バーチャルライドでありながら、実在する島にGPSログを仮想マッピングしているのはちょっと面白いなと思いました。

ナウノンガ島 航空写真

【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2016/07/27(水) 12:35:12|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

日曜、超久しぶりのチーム練(※コースは昨日と同じ)

チーム練

久しぶりのチーム練に参加してきました。でもなぜか新鮮味がないのは気のせい。
どちらかというと8時集合の方が新鮮で、自分の生活スタイルだと走り終わって家でくつろいでる時間。しかし朝はいつもの習慣で5時台に目が覚めてしまうので、やたらと時間を持て余してしまう(笑)

集まったメンバーを見ると、覚悟はしていたけど濃い。さらにH林プロも登場。今日は生き残ることが目標だな。
そしてなかなかお会いできなかったY代さんブラザーズともようやくご挨拶できました。Stravaでは以前からフォローさせてもらっていて、お二人とも強いのは十分承知してましたが、見た目も強そうでビビる。

会長から「大周回3周、35→38→40km/hで」というオーダーでスタート。あれ、4周じゃないのね。暑いからかな。そうすると昨日とまったく同じだな。
Aチームは10人くらいでスタート。
1周目はオーダーを守ってとても平和に。人数も多いから楽。

1周目: 27:07 / 151W / 150bpm / 90rpm/ 36.6km/h

2周目でちょっとペース上がる。見慣れない黒いジャージの人が合流してきたと思ったらkobaさんだ。
集団はH林さんの引きが長く、ペースコントロールも絶妙。
自分はというと、向かい風区間で先頭が回ってこなかったこともあり、まだ余力を残せている感じ。

2周目: 27:08 / 154W / 154bpm / 90rpm/ 38.3km/h

いよいよ3周目、ここからが本番。
予想通りぐっとペースが上がる。しかし、このペースだとH林さんがアタックするとかでない限りアタックは起きないだろう、と逆に少し安心。
中袖復路の入りで先頭が回ってきたので、追い風に乗ってペースを上げてみる。50km/hくらいだったか。下がって様子を見ていると、MIKさんの猛烈な引き。後ろに着いてても300Wとか。
ローテ一巡したら4人になってる……。

こういう時は集団最後尾に着けるかどうかが生死を分かつので、集団の切れ目を絶対見逃さないようによーく見ながら下がる。踏み直して何とか後ろに着くことに成功。残ったのはH林さん、MIKさん、kobaさん、自分。キツい。
ショートカットの人を何人か吸収しつつ、短めのローテを回して最後のフリー区間へ。

1本目の橋の手前辺りでkobaさんの後ろからアタック。7秒799Wで50km/hくらいまで。後ろを見ると普通にH林さんが着いてきていて(そりゃそうだ)、しばらく引いてから交代を促す。
一瞬H林さんと二人になったか、と思ったらkobaさんも追いついてきて、たぶんすぐ後ろにMIKさんも。

短めのローテを回しつつタイミングを計り、2本目の橋を越えてから最後の力でスプリント。
しかし、あれ?H林さんが反応してこない。最後にドカン、か?
と思ったらそのまま誰も現れずゴール。後で聞いたらH林さんはゴールの位置を知らなかったそうで……。てっきり知っているものだと。
まあ知っていたらどう料理されていたかは簡単に想像できますが(笑)

3周目: 20:44 / 227W / 168bpm / 96rpm / 42.3km/h


Golden Cheetahでログを見てみたら、中袖復路からゴールまでの8分51秒で283W。最後のスプリントは17秒669W。
感覚通り、3周目は速かったな。特にあの中袖が。2.1km区間のアベレージが50km/hだったし。
やはり強いメンバーと走るのは刺激を受けられます。というか受けすぎ。
ただ、最近おはサイのレベルも上がってきていて、そのおかげで着いていけたというのもあるかも。

まずはしっかり休もう……。

走行距離:62.8km
走行時間:1時間52分6秒
平均時速:33.8km/h
平均心拍:149bpm
平均ケイデンス:87rpm
消費エネルギー:1007kJ
AP/NP/IF/TSS:150W/185W/0.727/106

【チーム練】カテゴリーの記事

  1. 2016/07/25(月) 08:34:28|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

土曜、530おはサイ

金曜は御茶ノ水で部署の飲み会があり、明太子をたくさん食べる。とにかく明太子尽くしなお店。どれも美味しくてついつい食べ過ぎ&飲み過ぎ。
翌日は5:30でおはサイを告知していて、正直自分が起きられるか怪しいと思っていたけど、言い出しっぺの責任感を発揮して無事に起きて出発。
最近暑さが和らいで涼しいくらい。ずっとこの調子でいって欲しいな~。

5:30なので人の集まりは悪いかなと(逆に少ないくらいがいいかと)思っていたら、意外に多くて7人。ヒデさん、hydekazoosさん、H房さん、S籐さん、I田さん。1周目でY本さんも合流。
あ、でもGoogleカレンダーにやる気ある感じの参加表明してたS石さんがいないぞ。hydekazoosさんによれば「二日酔いでしょう」と(笑)
とはいえ自分もまだ若干アルコールが残っているような状態で、今日はあまり上げられないかもしれない。

いつものように3周で、ということでスタート。
1周目は平和に。やっぱりちょっと脚が重い。というかこの重さは飲み会のせいもあるかもしれないけど、たぶん金曜朝のローラーのせい。

最近Zwiftの無料お試し期間で遊んでいて、金曜も適当に流すつもりだったのに、「もうすぐ坂ですよ~、KOMの人はこのタイムですよ~……はいスタートッ!」みたいなメッセージが出るからつい頑張ってしまう。
1分くらいの区間でKOMジャージを獲って、すぐ誰かに奪われて、また獲り返して……とかやってたらものすごい疲労感が(笑)

1周目の途中でH房さんがお仕事のため離脱。

1周目: 30:39 / 157W / 139bpm / 89rpm / 35.3km/h

2周目、ぐっとペースが上がる。が、まだなんとか大丈夫。Y本さん、S籐さんの引きが強い。
S籐さんはUCCサイクリングに行くため2周目で離脱。(まさかあのペースでサイクリングじゃないよな……)
これで5人に。

2周目: 26:42 / 170W / 149bpm / 89rpm / 38.0km/h

3周目でさらにペースアップ。少人数なのでなかなかキツい。ペースを落とさないように早めのローテで。
Y本さん、ヒデさん、I田さん、自分の4人で最後のフリー区間。ここでヒデさんが一気にペースを上げて引きまくる。なかなか交代しないな、すごい献身的な引きだなと思っていたらゴール地点を一つ前の橋だと勘違いしてたみたい。

その後3人になり、自分はまだもう1本先に橋があると思っていて、二人に「どんどん回していこう!」と声をかける。I田さんが「えーここで回すの?」みたいな反応だったのでおかしいなと思っていたら、いきなりゴール地点が目の間に現れてそのままもがくこともなく終了。
おかしいのは自分でしたすみません。<(_ _)>

3周目: 22:18 / 205W / 158bpm / 92rpm / 39.4km/h

最後はちょっとした勘違いが交錯して盛り上がらないまま終わった感じでしたが、思ったより普通に走れたので良かったかな。
その後、公園でしばし歓談。これでもまだ7時半とかだから素晴らしい。

周回練でスプリントできなかったので(←100%自分のせいだが)、帰り道でゼロスタートのスプリント練を1本。

ゼロスタートスプリント:1秒1206W / 10秒1011W

これで何となく気分もスッキリして帰宅。
すると、翌日奧さんの仕事が休みで、(年に数回あるかないかという)チーム練に行けるチャンスが訪れたことがわかる。よっしゃあ!
場所はどこだろう。えーと会長からのメールを調べて……と。

「袖ケ浦大周回」か。なるほど。

さっき走ったな(笑)

走行距離:64km(49.7km)
走行時間:1時間57分6秒(1時間19分56秒)
平均時速:32.8km/h(37.4km/h)
平均心拍:139bpm(148bpm)
平均ケイデンス:84rpm(90rpm)
消費エネルギー:1053kJ
AP/NP/IF/TSS:150W/179W/0.703/101

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2016/07/25(月) 08:24:26|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

途中離脱のおはサイと夏祭り

おはサイ

今週は月~水ノーライド、木曜はおはサイでいきなり強度高く、金曜のイオンモール練も4人集まってもがき合い。なんかこう、もうちょっとゆるめな感じで再開したかったんだけど、人と走ると頑張ってしまう。でも一人ではだら~っと走って終わりになりがちなのでこれがいいんでしょう。

土曜はGoogleカレンダーで久々におはサイの告知をしたら、なんと10人が参加。初参加でS浦さん、N川さんが来てくれました。
しかしこの日は子供の保育園の夏祭りがあり、ちょっと早めに登園しなければいけない。なので6時スタートだと2周したら帰る感じか。2日連続のおはサイと金曜のセミナーの疲れもあるのでちょうどいいかな。

いつものように1周目は抑えていきましょうとだけ伝えてスタート。37km/hくらいで平和に進行する。
ヒデさんから、「人数が多いので早めのローテにしよう」とナイス提案。一人15~20秒程度でテンポ良く回す。集団のペース変動が少なくていい感じ。

2周目でペースが上がり、40km/h前後に。
自分はこの周で終わりかと思うと、やっぱりちょっと物足りない。なので中袖で少し長めに引いてみたり。
それでも木曜からのおはサイと仕事の疲れは確かに感じていて、今日はこれくらいでちょうどいいか、と思い直す。気持ち的には最後まで行きたかったけれど。
2回目のロータリーを回ってから、3周目に突入する皆さんにご挨拶して撤収。

夏祭りは、例年子供たちのお神輿が近所の施設を回りながら練り歩くというもの。陽が出てないので今年は涼しいかなと思ったらメッチャ暑い!
大人でもキツいのに子供たちは大丈夫かな、と思ったら、最後の方はお神輿かつぐ子が(うちも含め)だんだん脱落していって、親に抱っこされてるというサバイバルお神輿でした。お疲れさま。

夏祭り
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2016/07/17(日) 08:01:23|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツール・ド・フランス2016 ネットライブ

ツール・ド・フランス2016 ネットライブ

もう開幕してだいぶ経っているので今さら感がありますが、久しぶりにネットライブを漁っていたら良いところを見つけたのでエントリー。

イタリア放送協会(RAI)のWebストリーミングです。
http://wikitv.eu/rai-sport-1/

画面が大きくて画質も鮮明。(画質は回線速度によりますが)
毎日ここで見られるかどうか、というところはちょっとわからないので、引き続きチェックしてみよう。

[追記]
ここで見られそうですね。
公式ティッカーも貼っておきます。

http://racecenter.letour.fr/#/stageprofile

○のサイズで集団の大きさがわかるのがちょっと新しい。○をクリックするとメンバーを確認できます。

ticker
【ネットライブ】カテゴリーの記事

  1. 2016/07/14(木) 12:44:03|
  2. ネットライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ