タイトル

初めてのVR体験

VR ZONE

前から気になっていた、バンダイナムコの「VR ZONE Project i Can in お台場ダイバーシティ」に行ってきました。

これは何かというと、様々な種類のバーチャル・リアリティ体験ができるという、期間限定のアミューズメント施設のようなもの。利用するには時間枠ごとの予約が必要で、上限人数も決まっているので、何日も前に予約を入れておかないとなかなか取れません。
今回は会社の人たち2名と、19:30~21:00という回に行きました。

料金ですが、一つのVR体験につき700円~1000円とそこそこのお値段。さらに決済用のカードの購入に300円かかります。このカードに現金でチャージをして、それぞれのVR体験での決済はカードをかざして行うという形。

チャージ額が余っても払い戻しができないので、終盤はどのVRをやるか、いくらかかるかを見極めて慎重にチャージする必要あり。
ちなみに100円単位でチャージをする時は機械に1枚ずつしか入れられないのでかなり面倒です(笑)

1回の時間枠は90分で、この間に好きなVRを選んで遊んでいきます。人数が制限されているせいか、並ぶとしてもせいぜい一組待ち。どれも大体10分以内で終わるのと、人気のところは後回しにして先に並んでないVRに行くという選択ができるので、それほど待たされる印象はありませんでした。

以下、VR初体験の印象が薄れないうちに感想を。これから行く予定の人はネタバレもありますのでご注意ください。

・『ガンダムVR ダイバ強襲』

VR ZONE ガンダム

最初にやったのはこれ。予備知識なしで、何となくガンダムを操縦できるのかなと思ったら、そうではなくガンダムの手のひらに乗せられてガンダムとザクがバチバチやり合うのをメッチャ近くで見てる、という設定。
最初は立った状態からのスタートですが、VRゴーグルとヘッドフォンをつけるともう360度どこを向いても別の世界。すげえ。でも実際には係の人が腰紐をしっかり持って、あらぬ方向に行かないよう(犬のリードみたいに)支持してます。

手のひらに座ってからフワッと持ち上げられる時は思わず胃が縮む。あとザクが凶暴すぎ(笑)。やーめーろー。

いやー、こりゃすごいわ。

・『スキーロデオ』

VR ZONE スキー

スキーの滑降競技のようなVR。両手にストック、足はエッジを立てるような動きでターンができます。
開始前に、「非常に酔いやすいので『もうダメだ』と思ったらしゃがんでください」と言われビビる。
でもこれが個人的に一番没入できました。迫力、スピード感ともに申し分なく、本当に無人のゲレンデを滑っているかのよう。しかし、コースを間違えて崖から落ちる(笑)
この奈落に落ちる時が本当に怖い。思わず声が……。

終わったらこの数分で腕が筋肉痛に。すごい力を入れてたみたい。
あと一緒に行ったスキーヤーによると、細かな動きが違うので結構違和感があったとのこと。自分はボードしか滑れないのですんなり入れましたが。

・『高所恐怖SHOW』

VR ZONE 高所歩き

VRのお約束コンテンツ的なやつ。200メートル上空のビルの屋上からうっすい板が張り出していて、一番先っちょにいるネコを助けて戻ってこなければならない。(高いところ苦手なのになんでこれやったんだ)
最初にエレベーターに乗って屋上まで上がるのだけど、この時点でもう怖い。
屋上に出て下を覗くと、……あーもう無理。足がすくむ。

頭の片隅には「実際は踏み外しても大丈夫」という冷静な自分がいるにはいるのだけど、それでも視覚から入ってくる情報のパワーはすさまじく、やっぱり見ちゃうと怖くて踏み出せない。ヤケクソに頑張って歩きましたが。

怖いけどまたやってみたいような、みたくないような。

・『脱出病棟Ω』

VR ZONE ホラー

これだけは絶対イヤだと言い続けていたんですが……。(だってやってる人達が全員絶叫してるから)
二人がやるというので超イヤイヤやることに。「怖いものが苦手な方、心臓が弱い方は……」みたいな説明がかなり念入りに書いてある。完全に苦手なんですけどねー。

4人まで同時プレイができて、最初は仲間たちと一緒に動き出す。良かった、仲間と一緒ならまだ安心、と思ったら勝手に別々のルートへ……。あれー。

うわー!

やーめーろー!

「GAME  OVER」

なんかいつの間にか死んでいたらしい。
一人が死ぬと全員ゲームオーバー。でもなんで死んだのかよくわからず。

終わってぐったり。

いやー、結構楽しめました。(最後のやつ以外)
将来的にはゲームセンターもこういう方向にいくのかな。家庭用もそろそろ出るようだし。
料金は結構するのだけど、実際やってみると係の人の補助が必要だったり、VRゴーグル・ヘッドフォンだけでなくファンとかヒーターとか振動なども駆使してリアリティを演出しているので、終わってみれば納得の料金設定と思えてくる。

あと、自分はやらなかったけど、大観衆を前にステージで熱唱できるというVRもあり、カラオケボックスもこうなったら楽しそう。
いずれ自転車でツール・ド・フランスを走れる、なんてのが出てきたりして。あ、ダウンヒル競技の方がスリルあるかな?

【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2016/08/31(水) 12:06:28|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土曜、9人でおはサイ

最近の土曜おはサイは、お盆休みで人が集まらなかったり雨だったりでなかなか開催できず、昨日は3週間ぶりでした。6時に集まったのはK安さん、H房さん、Y本さん、会長、と自分。会長は明日の木更津トライアスロン(リレー)に向けた調整らしく、ディスクホイールとブルホーンバー装備。

走り出してから、2回目の参加のK山さんとW辺さんが合流し、その後I橋さんとtaoさんも。これで9人。盛況だなあ。

1周目は落ちついたペースで。
会長のTTバイクからグワングワンというあの音が聞こえる(笑)

#1: 27分34秒 / 157W / 148bpm / 98rpm / 36.2km/h

2周目、ちょっとペースUP。中袖から戻る区間と海岸線に路駐トラックが多く、走りにくい。声をかけ合ってやり過ごす。
どうも前日のイオンモール練のダメージがあるような。データ見たら結構強度高かったしなあ。でも、前日高強度をやった次の日の方が、完全休養明けよりかは「まだ」脚が動く気がする。

#2: 27分18秒 / 169W / 157bpm / 98rpm / 37.5km/h

3周目、さらにペースUP。中袖で会長がかなり強めの引き。はえー。何とか着いていって、戻りの区間で6人くらいに。最後の直線は、アタックしようかと思っていたけど全然余裕なく、45km/hでローテしつつ2本目の橋を越える。
残り200mを切ったところでスプリントすると、なぜか誰も反応なし?最後はやや流してゴール。22秒731W、MAX1038W。

#3: 22分22秒 / 188W / 164bpm / 101rpm / 40.0km/h

もがきの練習でなく周回練の流れの中で1000Wを出せたのは初めてかも。最後の区間でアタックがなかったから脚を残せたのかな。
全体的にはローテもきれいに回って走りやすかったし、強度も十分で良い練習になりました。やはり多人数で走るのは楽しい。

走行距離:60.2km
走行時間:1時間45分35秒
平均時速:34.5km/h
平均心拍:151bpm
平均ケイデンス:95rpm
消費エネルギー:958kJ
AP/NP/IF/TSS:151W/183W/0.720/95

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2016/08/28(日) 10:16:54|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

袖ケ浦周回とイオンモール周回のパワーデータ比較

ふと思い立ってGolden Cheetahで並べてみました。袖ケ浦周回はコーナーの少ない直線基調、イオンモール周回は400~600メートルごとにコーナーが現れるというレイアウト。
体感的にはイオンモールの方がコーナーの立ち上がりで脚を使うので消耗が激しいように感じるけど、実際のパワーデータはどう違うのか、またパワー以外のグラフにどんな違いがあるのか、といったところを可視化できないかなと。

サンプルは、それぞれのコースで周回練をした時のログから25分間を切り出したもの。紫色が袖ケ浦(6人)、水色がイオンモール(3人→途中から4人)。イオンモールは今朝採れたてのデータです(笑)

Golden Cheetahでのデータ比較方法についてはこの記事に書きました。
Golden Cheetahでグラフを重ね合わせて比較を行う方法

えー、では以下同じようなグラフが延々出てきますがご容赦ください。

まず出力から。区間平均は、袖ケ浦が170W、イオンモールが224W。
グラフは予想通りというか、コーナーの多いイオンモールの方が上向きのギザギザが多くなってる。クリテリウムに近い形。
一方、袖ケ浦の方は比較的安定していて、FTPを大きく超えて踏む場面は少ない。これは集団の中で一定速度で走っている場面が多いからかな。

出力比較

次は速度。区間平均は袖ケ浦が37.5km/h、イオンモールが38.2km/h。平均速度は大体同じなのだけど、イオンモールはコーナーで速度が落ちているので下向きのギザギザが多い。その分、速度を回復させるのに脚を使わされる。
大きくへこんでいるのは信号に捕まった時のもの。

速度比較

W'balは一番違いがはっきりしていて、イオンモールはどんどん下がっていってる。ということは強度が高い状態が(回復する間もなく)累積していってるということで、端的に言えばキツい(笑)
一方で袖ケ浦は集団内で脚を溜めてぬくぬく過ごしているのがよくわかる。速度変化が少なく集団の人数も多いから余裕がある。

W'bal比較

心拍数はグラフ上ではそんなに差がなく、イオンモールの方がわずかに高いくらい。

心拍数比較

ケイデンスは袖ケ浦が平均90回転、イオンモールが100回転。
イオンモールの方が足を止めている時間が長く、これはコーナーでペダリングを止めているから。袖ケ浦の方は前走者との車間調整でたまに止めるくらい。

ケイデンス比較

ギアレシオを見ると、速度変化の多いイオンモールの方が変速回数が多い。

ギアレシオ比較

ここからゾーンの比較。出力ゾーンの滞在時間ははっきり違いが出ていて、袖ケ浦はL1~L4までが長く、イオンモールはL5~L7までが長い。パッと見てイオンモールはメチャメチャキツそうに見える(笑)
実際キツいのだけど。

出力ゾーン比較

速度ゾーンはわずかにイオンモールが高め。

速度ゾーン比較

だんだん疲れてきた(笑)。心拍ゾーンはイオンモールの方が明らかにボリュームゾーンが高め。グラフよりこっちで見た方がわかりやすいな。これもダッシュの繰り返しによるもの。

心拍ゾーン比較

ケイデンスゾーンはこんな感じです(だんだん適当)。

ケイデンスゾーン比較

最後にQA(四分割分析)の比較を。イオンモールの方が右上の「高ケイデンス・高出力」エリアに多く分布していて、ダッシュの多さを示している。袖ケ浦は左下の「低ケイデンス・低出力」が圧倒的に多く、これは集団内で省エネ走行をしている時間が長いから。

QA比較.

締めの考察をするエネルギーがなくなってしまいましたが(笑)、やはりコーナーの多いコースは見た目以上に強度が高いなと。もう一つのポイントは休んで回復させる区間があるかどうか。イオンモールで3人くらいだと、ローテをサボらない限り、ない。だからどんどんW'balが下がっていきます。

結局、平均速度だけでは本当の強度は測れなくて、パワーの変動がどれだけあるか、休めるポイントがあるかによって体感強度はかなり変わる。
そこでうまくパワーメーターを使って、(ある程度単純化した上で)本番のパワー変動に似せた練習ができると良いのかな。

あと、こういうどんどん消耗するような状況の中でいかにパワーをセーブして脚を残せるか、みたいなところも意識してみると、クリテリウムに向けた実戦的な練習になるかもしれない。
【パワトレ関連】カテゴリーの記事

  1. 2016/08/26(金) 12:39:40|
  2. パワトレ関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日曜ローラーと東京湾クルーズ

土曜おはサイは雨で中止。疲れもあったので休養に充てて、買い物など。
日曜は昼からランチクルーズの予定が入っていたので(←なんかセレブみたいな書きっぷりだがスポンサー付きのお呼ばれイベント)、朝の涼しいうちにローラーを回しておこう。
と思ったけど6時を過ぎると全然涼しくないな~。

何をやろうか迷った末、L5 5分×2に決定。
強い人のブログを読むと5分走をよくやってる気がする。あと全日本を獲った小林マリノ選手も以前ブログで「おすすめのパワートレーニング」と題して5分の全開走×4本というのを挙げていたし。(←確実に死ぬ。っていうかパワー関係ないw)
もちろんこのゾーンだけ鍛えてもダメなのだけど。

10分アップして1本目。285Wくらいを目安に始めたら、自然と上がって290Wくらいで推移。そのままキープして終了。
1本目なので心拍はそれほど上がらない。

#1: 5分 / 293W / 158bpm / 91rpm

10分レストで軽く回して、2本目。今度はもう少し上を狙って、305Wあたりをキープ。いつものように1本目よりは心肺が楽。
ラスト2分で、ほんの少し余裕を感じたのでじわじわ上げていく。最後の十数秒は400W超で、出し切って終了。

#2: 5分 / 327W / 170bpm / 92rpm

最近思うのは、以前に比べるとローラーでも実走でもケイデンスが低くなってきた気がする。
この強度だと100回転前後が普通だったのだけど。低いケイデンスでもパワーを出せるようになってきたのか、単に回転力が落ちたのか。
Golden Cheetahの4分割分析で昔のログと重ねてみたら可視化できるかもしれないな。

その後はお楽しみのシンフォニークルーズ!(乗ったのは違う船だけど)

シンフォニークルーズ

個室に案内されるとこんな感じで、場違い感が……(笑)

個室

それをものともせず堂々とお誕生日席に座る息子。一応、今日の主役は別の人なんだけどね……。
料理はフレンチフルコースで、どれも最高でした。

外に出ればプライベートデッキも。

レインボーブリッジ

海からの眺めって新鮮だなー。1日乗っていたい。

東京湾

それにしても、土曜のゲリラ豪雨と月曜の台風の間で、本当に奇跡的にお天気に恵まれた感じ。おめでたい席なので良かった。
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2016/08/23(火) 12:15:57|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月曜おはサイ 公園周回×2

小湊鐵道

週末は土曜にローラーに乗っただけで、後は子供と電車で出かけたりゴロゴロしたり。やはり鹿野山からの疲れがどっと出た感じ。疲れをしっかり取るべくひたすらゴロゴロ。

週明け、だるくて起きるのが遅くなってしまい、出発は5:50。どこに行こうか迷って、迷った時はとりあえず安定の公園周回へ。
何が安定かというと、ほとんど車がいない道なので走りに集中できるから。

コース手前の短い坂は、一応KOMは持っているのだけどもう少し頑張ってみようと。
ダンシングで入って、中盤の斜度が緩むところはシッティングで少し休む。最後に斜度が上がるところはまたダンシング。

短い坂: 47秒 / 622W / 161bpm / 95rpm

自己ベストを3秒くらい更新。あと1、2秒はいけるか?
その後の周回コースは、1周目は流し気味にして、2周目は前半に設定したプライベートセグメントでTT的に頑張る。最初に10%くらいの短い坂を登ってから1.8kmほどの直線。途中軽いアップダウンあり。

プライベートセグメント: 3分20秒 / 322W / 162bpm / 98rpm

こちらも自己ベストタイ。しかしキツくて信号待ちでゼイゼイハアハア。
時間がないので2周で終わりにして帰宅。
たった1時間のライドだけど短時間では追い込めたのでヨシ、かな。

走行距離:26.7km
走行時間:1時間2秒
平均時速:27.5km/h
平均心拍:138bpm
平均ケイデンス:95rpm
消費エネルギー:517kJ
AP/NP/IF/TSS:147W/205W/0.807/65

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2016/08/16(火) 08:35:04|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ