タイトル

AED講習を受けて思ったこと

先週の日曜日、近所の小学校で防災イベントがあり、お祭り的な感じで面白そうだったので子供たちを連れて行ってきました。(大雨だからてっきり中止だと思ったら体育館でやっていた)
その中で「希望者はAEDの講習を受けられます」というアナウンスがあり、これは以前から受けておきたいと思っていたのですぐに講習場所へ。

といっても180分とかの公式な講習会ではなく、15分程度の簡易的なもの。しかし使い方をまったく知らないのと、ちょっとでも知っているとの差は大きい。
AEDって電気ショックを流すというイメージがあるから、何となく扱い方を間違えると怖い感じがするし。

消防士さんの説明を聞きながら一通りの救命処置の流れを聞いて、その後は交代でダミー人形に胸骨圧迫をやってみる。これも「1分回に100回」と聞いてもピンと来ないけど(ケイデンスなら見なくても回せるのだが……)、実際にやっているのを見たら大体のリズムはわかりました。

最前列で聞いていた小学生たちの目も真剣。

AED講習

やはり短時間ではわからないことも多くて、講師役の消防士さんに質問したり、後でネットで調べて補完したりして、大体の手順は理解したつもり。

感想としては、仮に呼吸停止状態の人が目の前にいたとして、胸骨圧迫しながら119番したりAEDを調達したり準備するのは一人では不可能なので、いかに早く協力者を見つけて連携して動けるか、というところがキーになるのかなと。
ためらわず大声で助けを呼べるか、みたいなところが案外重要かもしれない。

あと、AEDのバッグの中に衣服を切るためのハサミが入っていることや、AEDから「電気ショックは不要」という指示が出ても反応がなければ胸骨圧迫は続けるべきということ、1分ごとに10%(だったか?)ずつ成功率が下がっていく(だからとにかく早く処置を始めなければいけない)ことなど、知らないことだらけで非常に勉強になりました。

自転車に乗っていると事故の現場に出くわす、または一緒に走っている人が事故に巻き込まれる場面もあるかもしれないので、こういう知識は絶対持っておいた方が良いはず。役立つ機会はないことを祈りたいですが。
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2016/10/11(火) 12:28:58|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

久々の土曜おはサイ

おはサイ

雨続きでしばらく開催していなかった土曜おはサイ。今週もやっぱり雨予報だったものの、なんとか朝のうちはもってくれそうということで久々に開催できました。
前の晩に握っておいたおにぎり1個食べて出発。もうこの時期は前後ライトないと走れないな。
6名ほど集まり、スタート直後に1名、3周目で2名が合流。

オーダーはいつもと同じく、大周回を3周で、36km/h→38km/h→40km/hが目安のペース。
最初は人数が少なめだったのでちょい長めに引く。

#1: 28分10秒 / 163W / 142bpm / 91rpm / 35.5km/h

2周目は少しペースアップ。
先頭を引いて下がっていくと、MIKさんが「撮影しているので前に入ってください」と。あ、撮影されてたんですね。自分の動いてるフォームってなかなか見る機会がないからありがたい。

#2: 27分51秒 / 195W / 154bpm / 93rpm / 37.1km/h

いよいよ3周目。ここでゴッティさんとS石さんが合流。強力なメンバーが加わってペースも上がる。
ゴッティさんが中袖往路で先頭になり、自分が番手。ぐんぐん上がって、45km/h。これは……後ろは崩壊してるかもなーと思いつつ、とにかく食らいつくのみ。
復路の折り返しで確認するとMIKさん、taoさん、S石さん、自分の4人に。(あれゴッティさんは??)

MIKさんが50km/h近くまで上げて、また必死に着いていく。その後ショートカットしたグループを追い越して、最後の直線。
自分が先頭に出たタイミングで少しペースを上げてみる。MIKさんだけが反応して、あとは二人で45km/hペースでローテを回す。キツい。
最後はMIKさんのスプリントに着けず、シッティングのままゴール。

#3: 21分28秒 / 215W / 164bpm / 95rpm / 40.9km/h
ラスト10分:266W / 173bpm / 96rpm / 41.9km/h
ラスト2分41秒: 320W / 178bpm / 99rpm / 43.2km/h


ラスト10分の出力、平地の集団走行でこのパワーは自分比ではかなり高めな気がする。十分に追い込めたので満足。

全体を通していいなと思ったのは、2周目あたりで千切れそうになった人が早めに着き位置に入ってくれたこと。最後の力を振り絞って先頭引いてからそのまま消えてしまうくらいなら、付き位置固定で1秒でも長く集団に留まれるようにしてくれた方が全員にとって良いです。ローテは何回飛ばしたってOK。そこで少し充電できたらまたローテに加わって、疲れたら後ろで休んで、というようにコントロールできると対応の幅が広がります。
自分も限界スレスレの時は迷わず生き残ることを最優先にしているので。

終わってから公園でライディング談義が始まったのだけど、家の事情で早めに失礼させてもらう。
最後まで聞きたかったな~。

走行距離:62.9km
走行時間:1時間50分51秒
平均時速:34.1km/h
平均心拍:147bpm
平均ケイデンス:90rpm
消費エネルギー:1111kJ
AP/NP/IF/TSS:167W/196W/0.770/115

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2016/10/08(土) 16:43:12|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Baron Biosystems創業者の方からのメール(Xertの正しい読み方が判明)

Xert onlineについての記事を書いてから2日後、Baron Biosystemsドメインからメールが来ていて、たぶんユーザー向けのお知らせだろうなと読まずに放置していたのですが、後日よくよく見たら同社の創業者であるArmando Mastracci氏から自分への個人宛てメールでした(@o@;
しまったー、4日も放置しちゃった……。

メールの内容をかいつまむと、

・ Xertについてブログにポストしてくれたことへのお礼(Google翻訳で読んでくれたようです)
・ 貴方のアカウントを「アンバサダー会員」にアップグレードし、以降費用は発生しないということ(おお!使い放題?)
・ 今後さらに多くの機能を追加する予定であり、引き続き日本のユーザーに新機能の紹介をしてほしいということ(善処します……)
・ 間もなく、我々は改善されたTSSとNPをベースにした○○○をリリースする予定(公開前の情報なので一応伏せ字に)
・ 我々には非常に多くの日本人ユーザーがいるので日本語対応を進めたい(これはぜひ!)


という訳で、月額$9.99のサービスをなぜかタダで使っていいことになりました。
アカウント情報を確認してみると、確かに「Ambassador」になっている。

今度から名刺に「Xertアンバサダー」って書こう(笑)

冗談はともかく、せっかくの良い機会なのでお礼のついでにMastracci氏に二つ質問を投げてみました。

1. レーダーチャートの中で、自分のCPよりも高い数値が表示されているように見えますが、これはなぜでしょうか。
2. "Xert"は何と発音すれば良いですか?:-)


すぐに返答が来まして、まず1については「Power Duration calculator」というページで時間ごとの最大パワーの見直しが可能とのこと。このページです。
メイン画面の左のメニューにある、「Signature Calculator」からもいけます。

ここで3つのサンプルを登録するとパワーカーブを再計算できるらしい。マニュアルによると、おすすめは①1秒の最大パワー、②20分などのFTPテストに近い時間の最大パワー、③日常的にオールアウトにトライしている時間の最大パワー、だそう。

ただ、自分の場合は実際のCP値との乖離が大きかったところを選んで、10秒、2分、10分を登録してみました。
保存してリロードすると……おお、かなり実際の数値に近いチャートになった!
Threshold Power(FTP)の推測値も、今自分が使っている値と1Wの違いしかない。これは良さそうです。

なるほど、つまりStravaなどの過去のアクティビティデータをベースにしつつ、より精度を上げるために3つのサンプル値を登録するという合わせ技なのだな。

もう一つの質問のXertの発音については、「"exert"という英単語と同じです」という回答。これは努力するとか、全力を尽くすという意味の単語から取ったのだそう。日本語で書くなら「エグザート」ですかね。
創業者の方が書いていたのでこれは間違いない情報です(笑)

そんな感じで、お忙しいだろうにとても丁寧に回答をくださって嬉しくなりました。お言葉に甘えてしばらく使ってみようかな。

ちなみに、一度Stravaのデータを取り込んだ後は、「My Fitness」画面の名前の右にある「Sync my recent activities」ボタン(矢印がぐるぐる回ってるアイコン)を押すと、自動的に最近のアクティビティを読み込んでくれるようです。いちいちデータを選んだりする必要がなく、何も考えずにボタンを押せば最新のアクティビティまで同期されるのでとても楽。

【関連記事】
Xert OnlineにStravaのデータを取り込んでパワープロフィールを作成してみた
Xertの新機能
【パワトレ関連】カテゴリーの記事

  1. 2016/10/05(水) 12:42:38|
  2. パワトレ関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
前のページ