タイトル

ウインターサイクルマラソン in そでがうら2016

ウインターサイクルマラソン in そでがうら2016

チームテント

バイクラック

日曜は今年最後のレース、「ウインターサイクルマラソン in そでがうら」に行ってきました。チームの忘年会も同じ日とあってチームからも大勢参加。
カテゴリーは悩んだ末に42.195kmのサイクルフルマラソンに。午前中で終わるから午後は子供を見られるし、距離的にもちょうど良いかなと。
同じクラスには師匠、yohei君、T橋さんとチームメイトが何人も参加しているので心強い。

スタートは10時だけど、7時過ぎに会場入りしてテント設営を手伝おうと思っていたらとっくに終わってました。あらら、全然遅かったか。
今回はピット近くの駐車場に駐められたので、セオフェスの時に断念したやつを早速試す。アウトドア用のキャリーカートに3本ローラーと折りたたみ椅子、バッグを乗せてゴロゴロとテントへ。キャリーカートは路面さえ良ければかなり強力だな。子供も運べるし(笑)

路面は完全ドライなのと、つい3週間前のセオフェスでも散々走ったので試走はせず、3本ローラーでアップ。レース用ホイールでパワーがわからないので心拍を見つつ、160拍前後まで2回ほど上げて終了。
それにしても風もほとんどないし気持ち良く晴れてくれて良かったな。最高のレース日和!

今回は、ハーフ(21km)、フル(42km)、センチュリー(100km)、ウルトラ(150km)の各種目が、一部スタート位置こそ違うけれど一斉に走り出すので、セオフェスとは比較にならないほどごちゃごちゃになるだろうと予想してました。
当然落車も気をつけないといけないけど、序盤の混乱している間に先頭集団を見失うのが一番怖い。他のクラスに乗っかって行っちゃってもわからないだろうし。
なので極力先頭は視界に入る位置にいようと気を引き締める。
フルマラソンは出走108名で、距離の調整のため8コーナーの辺りからスタート。

袖ケ浦フォレストレースウェイ

が、スタートでクリートキャッチをミスしていきなり出遅れる(笑)。40~50番手くらいか。やっちまったなと思ったけど切り替えて上がるチャンスをうかがう。
師匠が先頭付近のいい位置をキープしていて、さすが。自分もちょこちょこと地味にポジションを上げようとするが序盤なのでなかなか上がれない。

そうこうしているうち、師匠が先頭からスーッと飛び出すのが遠目に見えて、そのまま行っちゃうのかなと思っていたら、前方にいたさらにデカイ集団に追いついて、結局フルマラソンの先頭集団もそこに飲み込まれる。
この集団はマトリックス数名がコントロールしていて、どうやら3~4周目にして早くも全クラスが一つになってしまったみたい。これ何人いるんだ。300人以上?

この中にH矢さんとゴッティさんもいたので、またじわじわと位置を上げて10~15番手くらいをキープしつつ、なるべくチームでまとまって走るようにする。クラスは違えど、同じジャージで隊列を作っていれば割り込んで来る人がいないし、いつも一緒に走ってるから安心感がある。あと強そうに見える、かもしれない(笑)
やがて師匠が先頭付近から下りてきて、「ずっといい位置にいましたね」と声をかけたら、しみじみとした感じで「なんか殺伐としててなあ……」と言ったので思わず笑ってしまう。

edge520のオートラップは1周目で押し忘れていて、2周目から押したので、表示されているラップ数+1が本当のラップ。これが8の時、つまり9周目でマトリックスの先頭が変わり、少しペースが上がる。
17周したらゴールだからあと半分くらいか。だんだん集団も安定してきて、前の方は変な動きをする人も少ないので走りやすい。

一つ気がかりなのは、身体につけるゼッケンが1枚でしかもわき腹なので、同じクラスなんだろうけど後ろからゼッケンが見えなくてどっかに紛れたらわからない、という人がいること。(自分もそうだったかもしれない)
先頭を見失ったらアウトだな。

残り4周くらい、なんとなくマトリックスの人の後ろを走っていると、その横を焦ったように追い抜いていく同じクラスの人が。なんだろ?と思って見てみると、なんといつの間にかマトリックスの前が10メートルくらい空いてる……。
えーっ。招待選手の後ろなら安心と思っていたのに、中切れって。仕事を終えて流していたのかもしれないけど……。まったく気づかなかった。
慌てて踏んでどうにか先頭集団に合流。ここ、今日一番危なかったところ(笑)

残り2周、先頭集団からフルマラソン組が抜け出し始めたので流れに乗って、4番手くらい。しかし、この辺から盛大に両脚を攣ってしまう。ギリギリ回せるけどかなり厳しい状態。これはスプリントは無理かも。

ラスト1周。登り返しの後で先頭から一人がアタック。自分は3番手にいたけど、脚が攣って限界状態なので見送り。そのままホームになだれ込んで、右からスプリント。先頭はもうゴールしていて、左に二人。微妙だが、差せるか?
最後ハンドル投げたけど、うーん、ダメかな。
左にいた人と「最後まくられましたかね?」「全然わかんないっす」みたいな話をして、1周フラフラ状態で回ってピットへ。

結果は4位。最後のもう一踏ん張りが足りなかったなあ。でも脚攣ってたしあれが限界。
全然気づかなかったけど後ろに師匠もいたらしく、5位でした。そして年代別ではぶっちぎりの優勝!おめでとうございます。
自分も入賞はできたけど、あと少しで表彰台に乗れなかったのが悔しい。ま、でも来年また頑張ろう。

4位の副賞は、L~E~D~ライト~(ドラえもんの声で)

LEDライト

レース後は姫さんの作ってくれた豚汁をいただく。美味しくて感動。

豚汁

それからこれも。
MIKさんにお願いして、前から気になっていたミノウラのアップローラーを試乗させていただく。

ミノウラ アップローラー

見た目は「狭っ!」と思うんだけど、乗ってしまえば案外普通に乗れる。これ、やっぱりいいな。5kgしかないから携帯性抜群。
でも、今日みたいに普通の3本ならチーム内でシェアしやすいという利点もある。キャリーカートもあるからちょっとくらい離れてても運べるし(山道はキツいが)。
しばらくこれで頑張ってみるか。

お約束(?)のチーバくんとガウラくん。

チーバくんとガウラくん

夜はいよいよチームの忘年会。
今年こそビンゴで豪華賞品ゲットだ。

あっ……よっしゃあ!BINGO!

賞品はなんと、

L~E~D~ライト~(ドラえもんの声で)

LEDライト

さすがに皆に突っ込まれました。
が、副賞でもらった方はフロント用の白、ビンゴの方はリア用の赤なのでちゃんと前後組み合わせて使うことができるのです。同じじゃないんです。

そして一緒に行ったヒデさんはビンゴ1位でTREKのクロスバイクをゲット。いいなあ。
ハンデとして来年のおはサイはそれで来てくださいね……。

ジョー君とか、久しぶりの人ともいろいろ話ができて楽しい会でした。
飲み会ってもう年に数回しか行かなく(行けなく)なったけど、やっぱりこのチームの飲み会が一番面白い。
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2016/12/19(月) 12:14:25|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

土曜、強風のおはサイ

木曜のダメージが大きかったので金曜はノーライド。
土曜はいつもの袖ケ浦おはサイへ。前日からの強風は、止むかと思ったけど止まず、集合場所に行くだけでへとへとに。
集まったのはお久しぶりの姫さん、H房さん、K安さん、W辺さん、MIKさん、と自分の6名。真っ暗だから近くまで寄らないと誰かわからない。

走り出すと、昨日休んだおかげか、ようやく先週の金・土・日の3連戦の疲れが抜けた感じ。
が、1周目から集団のペースが速く、姫さんが千切れてしまう。しまった。「もうちょっとゆっくりで!」と声をかけたけど、そもそもメーター見えないからペースメイクが難しい。

Garminでバックライトを時刻連動させて最小の明るさでオンにするという技が確かあった気がするんだよな。520の標準機能ではできないかもしれないけど、今度Connect IQを漁ってみよう……。

#1: 28'08 / 181W / 151bpm / 91rpm / 33.4km/h


風が強いのでペースは上がらないけど、少人数のせいかワットは高め。あと海沿いの向かい風区間が強烈すぎて面白いくらい進まない。20km/hとか。
2周目に入ったところでK安さんがお仕事のため離脱。この人数で人が減ると厳しいな~。
後半、遅れた人をちょっと待って吸収したりしつつ3周目。

#2: 28'15 / 193W / 159bpm / 92rpm / 34.6km/h

いつものように終始一番長く引いているのはMIKさん。本当に強い。
自分はというと、先週のチーム練に比べればずっと調子が良く、思い通りに脚が動く感触がある。(それでも大して引けないのだけど)
ちゃんと疲れを抜くのは大事だな。

最後の直線は4人で、MIKさんが長ーく引いてから先頭が来たので、ペースアップ。MIKさんと二人になり、1回ローテを回してじわじわ上げる感じでゴール。
ラストの1分30秒が390W。

#3: 28'09 / 221W / 167bpm / 91rpm / 35.2km/h

↑やはりペースの割にワットは高め。
というか最後に上げる余裕があるなら中盤もっと引くべきだった。練習なんだから。
どうも先週のチーム練の悪いイメージがちらついてしまい、ためらってしまった感じ。

ちなみに先週のチーム練(4周)とこの日のおはサイ(3周)のW'balanceを比較してみた結果がこちら。(水色がチーム練、ピンクがおはサイ)

W'bal比較1204_1210

うーん、やっぱりチーム練は強度高かったんだな。疲れのせいで辛いのかと思っていたけど。
しかも2周目のスプリントで頑張りすぎて明らかに自滅している感が……。
そのあと1周は粘ってるけど4周目で完全に屍になってる(笑)

単体のデータよりも、他の日と比較した方がいろいろ見えてくる気がするな。
特にW'balanceは体調とか関係なく純粋に出したパワーとCPとの比率だから、外から見た強度を比べるのにはいいかもしれない。

走行距離:62.9km
走行時間:2時間2分23秒
平均時速:30.8km/h
平均心拍:152bpm
平均ケイデンス:87rpm
消費エネルギー:1285kJ
AP/NP/IF/TSS:175W/208W/0.777/137

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2016/12/12(月) 12:13:07|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Golden Cheetahのフィルタ機能

Golden Cheetahのフィルタ

3.4からの新機能という訳ではないですが、意外と便利かもしれないと思ったのでメモ。
Golden Cheetahの画面の右上にある検索ボックスは以下の操作でフィルタボックスになります。

この虫メガネアイコンをクリックすると、

サーチ状態

このようにファンネル(漏斗)アイコンに。再度押すと検索ボックスに戻ります。

フィルタ状態

この状態で様々なフィルタ条件を指定すると、今までの全アクティビティの中から条件に該当するものだけを抽出できます。
条件に該当した場合、カレンダー上ではこのように日付の色が変わるのでわかりやすい。

カレンダー

以下、いくつかサンプルを。数値は適宜変えてください。
注意点としては大文字・小文字もサンプル通りに指定しないとうまく動きません。

・走行距離が150km以上のライドを探す

Distance > 150

・平均スピードが30km/h以上のライドを探す

Average_Speed > 30

・獲得標高2000メートル以上のライドを探す

Elevation_Gain > 2000

・最高ケイデンス200回転以上のライドを探す

Max_Cadence > 200

・最高速度60km/h以上のライドを探す

Max_Speed > 60.0
※数値によってはプリセットされているパラメタに勝手に補完されてしまうため、このように小数点以下まで指定しないといけない場合がある

・TSSが150以上のライドを探す

TSS > 150

・IFが0.9以上のライドを探す

IF > 0.900

・走行時間(休憩含む)が1時間以上のライドを探す

Duration > 3600
※単位は秒

・1時間あたりのベストNPが200W以上だったライドを探す

best(np,3600) > 200

・パワーゾーン4を10分以上キープしたライドを探す

tiz(power,4) > 600
※単位は秒

・心拍ゾーン4を10分以上キープしたライドを探す

tiz(hr,4) > 600

・平均パワーが出力体重比3倍以上だったライドを探す

Watts_Per_Kilogram > 3.0
※Golden Cheetahに体重を登録している場合のみ有効

・TSSが100以上、かつIFが0.9以上だったライドを探す

TSS > 100 && IF > 0.900

・走行距離が100km以上、または獲得標高が1000メートル以上だったライドを探す

Distance > 100 || Elevation_Gain > 1000

他にも沢山ありますが、興味のある方はこちらをどうぞ。
【パワトレ関連】カテゴリーの記事

  1. 2016/12/11(日) 16:26:56|
  2. パワトレ関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木曜、氷点下おはサイ

前々日、I田さんから「木曜おはサイ行きます」の連絡が。二人だとなんか辛いことになりそうだというカンが働いて、速やかに他のメンバーに応援要請(笑)
当日、外に出てみるとかなり寒い。サイコンの温度計を見たら-1℃。ついに氷点下かあ。でもさいわい風はないので我慢できないほどではない。

中袖周回に着いて、先に来ていたH房さんと合流。アップがてら、先週陥没していた箇所をライトで照らしながら確認してみると、なんともう補修されてる!毎度のことながら袖ケ浦市役所の仕事、早すぎです。ありがとうございます。

その後I田さんも合流してきたので、3人で練習開始。メニューは中袖ペース走&毎周ラストのもがきあり。普段はこんなキツいメニューやらないのだけど、I田さんが週末のチーム練に向けて追い込みたそうだったので……。
というかそもそもそれに自分が耐えられるのか不安になる。

1周目、真っ暗でメーター見えないのでなんとなくのペースで。後でログ見たら36~37km/hくらい。フリー区間に入ってI田さんがもがき出すのを見て後ろに着くと、げげ、メッチャ速い。新車効果?
最後、差すつもりで横に並んだけどあと30cmくらいで差しきれず。

ログを見ると17秒810W。後ろにいたのにこれじゃあ、もう無理だろう。自己ベストの900Wくらいを出せば30cmが埋まるか?それを出せるかどうかが問題なんだけど。
この1本目で今日は勝てないなと悟る。

2本目でhydekazoosさんが合流。フリー区間の手前で先頭になってしまったので、そのまま徐々に上げつつ引っ張って、最後は玉砕覚悟でスプリント。予想通りI田さんにスパーンと気持ち良くまくられて終了。これはいい発射台でしたね(棒)。
先頭に出てから1分5秒で412W、ラスト25秒は601W。

もういい加減疲れてきた3本目。師匠とS石さんが合流。おお、SOS要請のおかげで久しぶりに平日おはサイメンバーが全員揃った。
ラストはもうもがく脚もないのでギリギリまで粘って短時間で爆発させようと狙っていたけど、やっぱりI田さんに追いつけず踏むのをやめてしまう。
6秒842W(←あきらめるの早すぎ)。

最後の4本目。普通に先頭引くのすら辛く、フラフラ状態。復路はペースが上がって43km/hくらい。
S石さんがかなりいいペースで引いてから下がり、ちょうどフリー区間に入ったところで自分が先頭に出たので、シッティングのままじわじわ上げて50km/hあたりを維持。キツい。またあの人が後ろから飛んで来るんだろうなーと様子をうかがっていたけど意外にも誰も現れず、1着ゲット。
ラストの25秒で527W。ワット自体はそんなに出ていないから、単に他の人達が疲れていたのだろう。
そんなこんなで朝っぱらからTSS101。

I田さん、おそらく前のフレームではたわんで力が逃げまくっていたんじゃないかと。フレーム変えてから全然スピード違うもんなあ。(ホイールの違いもあるかもしれないが)
本人も「力を受け止めてくれる感じがする」と言ってたし。

反応のいいフレームかあ……。

はっ、いかんいかん。(ブルブル)
まずはエンジンを鍛え直してからだな!

走行距離:42.3km
走行時間:1時間31分31秒
平均時速:27.8km/h
平均心拍:138bpm
平均ケイデンス:83rpm
消費エネルギー:787kJ
AP/NP/IF/TSS:143W/207W/0.736/101

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2016/12/09(金) 11:40:45|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

千葉競輪場が屋内板張り250メートルバンクに生まれ変わる?

バンクの最上段から

yashiroさんから教えてもらった記事ですが、期待を込めてエントリー。

<千葉競輪>廃止一転、存続も 千葉市、施設整備提案受け(千葉日報オンライン)

千葉競輪場は2018年度には赤字が予想されていて、存続するためには施設の大規模な改修を行なう必要があるのですが、主催者である千葉市がそのための費用を捻出できないという理由で2018年3月をもって廃止される予定でした。

しかし、ここにきて新展開が。
競輪場の運営委託先である日本写真判定から、同社負担で屋内板張り250メートルバンクに再整備するという提案があったようです。
もしこれが実現すれば、都内からもアクセスの良い場所に本格的な板張りバンクができることに。現在の千葉競輪場のようにレースのない週末に開放してくれたら……とか、いっそオリンピックも伊豆じゃなくてこっちで……とかいろいろ妄想が膨らみます。

ただ、おそらく一番問題になるのは競輪(ケイリンではなく)のルールかと。現在は333メートル、400メートル、500メートルという3種類のバンクのいずれかで行われていて、250メートルというのはないです。競輪で使うことを考えた場合、先行有利で逃げ切りばかりになり、捲りがほとんどなくなってしまったりすると興行的に厳しいという判断になるかも。

しかし考えようによっては、今までにないバンクでのレースは新しい駆け引きが生まれて新鮮かもしれないし、観る方は選手と近くて迫力も感じられるし、逆に今より人を呼び込めるようになるかもしれません。

バンクの規格を見直すのか、ルール改正になるのか、どういう落としどころになるかわかりませんが、存続の可能性が見えてきたことは個人的には嬉しいです。
たまにバンクを走らせてもらうとすごく楽しいし、身近でそういう場所がなくなってしまうのは寂しいので。

【関連記事】
バンク初体験 in 千葉競輪場(前編)
バンク初体験 in 千葉競輪場(後編)
2回目の千葉競輪場練習会
「第3回 弱虫ペダルカップ~春ノ体育祭2015」に行ってきた
【気になるニュース】カテゴリーの記事

  1. 2016/12/06(火) 12:12:00|
  2. 気になるニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
前のページ 次のページ