タイトル

日曜、強風の親子練

川沿いのサイクリングコース

日曜はチーム練に行けない代わりに午後から親子練。土曜もやってましたが。
かなり風が強くて、正直あまり行きたくなかったのだけど本人の意思は固く、早く準備しろと急かされて出発。
乗れるようになってきたから楽しくて仕方ないんだろうなあ。おかげで長らく放置されていたCarry-meが毎週末フル可動してる。

後ろを着いていくと、追い風区間は快調に飛ばしていたのだけど、向い風になるとさすがに進まない。
降りて押すと言うので、それなら「父さんが前で風よけになるからすぐ後ろをぴったり着いてくるべし」と、なんだか毎日同じようなことやってるなあと思いつつ、初めてのドラフティング走行を体験させる。
が、近づきすぎてハスって転んでるし。これも経験か……。

そんなことをやっている日々ですが、自転車独特の「自分の力だけで遠くまで行ける」感覚っていうのはいくつになっても楽しいもの。
数値や勝ち負けを忘れて純粋に乗る楽しさを味わえる時間というのも実は大事だったりするのかもしれないな。

船

Carry-me
【Carry-me】カテゴリーの記事

  1. 2017/01/23(月) 23:18:53|
  2. Carry-me
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Edge520の「事故検出機能」とはどのようなものか

Edge520Jのソフトウェアをアップデートし、バージョン10.00にしました。
更新内容はこちらに記載されています。

Edge 520J ソフトウェアバージョン 10.00(いいよねっと)

▼Ver.10.00で変更される内容(2017/01/19)
・事故検出の機能を追加
・ワークアウト中のデータ表示のデザインを変更
・階級の測定を改善
・ConnectIQ2.2のサポート

「事故検出」って何だろう?と思ったので、試しに動かしてみました。
(ちなみに「階級」も気になりますが、これはどうやら斜度のことらしいです)

■ 事故検出機能とは

簡単に言うと、Edge520をスマートフォンのGarmin Connectアプリと連携させることにより、万が一事故に遭った際にあらかじめ登録しておいた連絡先に位置情報とメッセージを送ってくれるという機能です。
上位機種のEdge820には既に実装されています。

■ 設定手順 その1(アプリ側の設定)

1. Garmin Connectアプリを起動します。(もし最新版でなければ最新版にアップデートしてください)

2. メニューの設定画面を開くと、以下のように「事故検出」という項目があるので選択します。

GC_設定画面

3. 事故検出設定画面になるので、住所情報と緊急時の連絡先を指定します。連絡先は端末の電話帳から選択する形式です。

当然ながら、連絡先はメールアドレスを含んでいる必要があります。また、連絡先を指定しないと事故検出設定を完了できません。

GC_事故検出設定画面

追加すると、追加された人には以下のようなメールが飛びます。

Mail_緊急連絡先通知メール

ここまででアプリ側の設定は完了。


■ 設定手順 その2(Edge520側の設定)

1. バージョン10.00に上げてからEdge520を起動し、設定画面を出すと、以下のように「事故検出」という項目が追加されています。
これをONにします。

520_事故検出設定

設定するとこんなメッセージが出るはず。(ちょっとうろ覚え)

520_事故検出設定後のメッセージ


■ 設定手順 その3(Edge520とアプリの接続を確認)

Edge520を起動した状態でアプリを立ち上げ、メニュー画面の右上にあるEdge520のアイコンをタップします。以下のようになっていればOK。

GC_Edge520接続中画面

あとは、この状態でライドの記録を開始すると機能が有効になります。


■ 動作テスト

※注意:実際にテスト行うと、異常事態を知らせるアラート音がかなりの音量で鳴り続けるため、くれぐれも職場や人が多い場所でのテストは避けてください

気になっていたのは、「何をもって『事故』と見なしているのか」ということでした。一番ありそうなのはスマホの加速度センサーかなと。それならぶんぶん振れば反応するかもしれないと思って試してみました。
事前準備として、上記1~3の設定後にGPS信号を受信できる場所に移動し、ライドの記録を開始します。
で、スマホを振る。思いっきり振ってみる。

……反応なし。
あれー、これだけやっても反応しないんじゃ、崖から落ちるくらいじゃないとダメなのか(それは違う意味でダメだが)、と期待外れ感が。
地面に落とすテストはやりたくないしなあ。

この時点では、Edge520には加速度センサーは付いていないと思っていたのでやってませんでしたが、まあダメ元ということでEdge520を力強く振ってみました。

……ホワンホワンホワン!!

うわっ鳴った!
かなり音がデカくてビックリ(音はスマホから出ます)。通行人が振り向いてる……すいません。
加速度センサー、ついてたのか。

この時、Edge520の画面はこんな感じに。

520_救助を要請

画面上部にはキャンセルボタンが表示されます。これを30秒以内に押すと以下のような画面に。

520_キャンセル

押さないでカウント終了まで待っていると、以下の画面になります。

緊急メッセージが送信されました

メールを送られる側はどうなるかというと、まず30秒以内にキャンセルすれば何も来ません。
キャンセルしなかった場合、以下のようなメールが来ます。

Mail_事故検出メール

この中にGoogleマップのURLがあり、クリックしてみたところ、かなり正確に鳴らした位置を指していました。

また、緊急メッセージを送ってしまった後でも、「私は大丈夫」ボタンが表示されていて、これを押すと以下のメールが飛ぶようになっています。

Mail_私は大丈夫メール

↑これが来ても全然安心できない気もする。

■ 感想

そもそもEdge520に加速度センサーが入っていたとは知りませんでした。
何度か試した感じでは、ちょっと振ったくらいでは反応しません。そういう意味では誤動作は少なそうですが、立てかけておいた自転車が風で倒れたらおそらく鳴るでしょう。

人気のない道を一人で走っている時、万が一のことがあって意識を失っても、誰かに緊急メッセージを送ってくれれば状況と場所は伝わります。そういう意味では保険になると思うので、自分は常にONにしておこうかと。
もちろんそれとは別に「緊急連絡カード」を携帯するのはマストですが。

あと、これを見て思ったのは盗難・いたずら防止の仕組みをConnect IQで作れないかなと。例えばアプリで「警戒モード」にすると、その間に加速度センサーが一定以上振れたら大音量アラートを鳴らして、スマホにも通知する、みたいな。
ただしBluetoothの範囲内となるのであまり離れたら検知できませんが。

……あ、でもやっぱりダメだ。メーターだけ盗まれちゃう(笑)
いいアイディアだと思ったんだけどなー。
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2017/01/23(月) 12:55:20|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土曜おはサイ 4人で早いローテーション練

今年3回目の土曜おはサイ。走り出してからサイコンの温度計を見ると1℃で、そこまで低い訳じゃないんだけど北風が強いから体感温度はより低く感じる。
向かい風に苦しみながら集合場所に行くと誰もいない。いつもは誰かしらのヘッドライトがあるんだけど。
風が当たらないよう物陰に隠れてひっそりと待つ(笑)

そのうちポツポツと集まってきて、最終的にW辺さん、K池さん、Y本さんと自分の合計4名と、今回は少なめ。
当初3周の予定だったけど、少人数だし今年初参加の人も二人いるので、2.1周(2周目の中袖を1周プラス)に変更してスタート。

1周目は35km/h前後の快適ペースで回し、中袖復路では先週に続いて早いローテの練習を。4人だとすぐに次の移動のタイミングが来るから結構難しいな。
でもうまく回ると40km/h以上でもほとんどの時間ドラフティングが使えるので楽々。

自分なりに気をつけているポイントは以下のような感じです。
先頭に出てもスピードを上げずに(維持したまま)、前の人の前輪が自分の腰のあたりまで下がってきたらゆっくり横にずれる。この時自分の後輪が後ろの人の前輪と当たってしまわないかちょっと怖いけど、後ろの人からはよく見えているし、動きも予想できるから意外と大丈夫。(もちろん急な動きは厳禁)

横にずれたら速やかに脚を緩めて次の人のためのスペースを空ける。そうしないと次の人が下りられないので。
これまた真後ろに人がいる状況で脚を緩めるのは怖いのだけど、下りるのが遅いと後ろとの間隔が空いてしまってドラフティング効果が減ってしまうだけでなく、前の人がなかなか下りられないという困った状況になるので、1~2km/h落とすくらいのイメージでさっさと下がる。
……という感じ。

1周目の最後の海沿い区間は、強烈な向かい風で先頭が回ってきたのでちょっと頑張ってみる。1分47秒363W。さっぱり進まね~。

1周目:26'11 / 171W / 149bpm / 95rpm / 34.0km/h

2周目も同じくらいのペースで。再び中袖復路でローテ練×2。だんだん4人の呼吸も合ってきてコンパクトに回せるようになった。
そもそも他の3人はみんな走力もあるしローテも上手いからお手の物なんだろうな。綺麗に回るととても気持ちいい。

その後は最後まで平和にローテして終了。

2周目:42'01 / 196W / 157bpm / 89rpm / 34.0km/h

終わってから暖かいコーヒー買ってしばらくおしゃべり。でも風が冷たくて寒ーい。早く暖かくなってほしい。
寒い中ありがとうございました。

帰り道では前後に車がいない時を狙ってスプリントを4本。(1sec/10sec)

#1:1031W/731W
#2:1070W/928W
#3:1068W/902W
#4:1131W/958W


だんだん良くなってきたけどもうちょっとかな。
これで持続時間を伸ばせるように頑張ろう。

走行距離:50.9km
走行時間:1時間38分38秒
平均時速:31.0km/h
平均心拍:146bpm
平均ケイデンス:88rpm
消費エネルギー:1033kJ
AP/NP/IF/TSS:174W/208W/0.752/105

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2017/01/23(月) 12:17:32|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HIGH5のエナジージェルを買ってみた

High5 エナジージェル(アップル味)

補給用のジェルを切らしてしまったので、昨年末にこれを買ってみました。HIGH5のエナジージェル20本入り。ネットで評判が良かったのと、たまたまかもしれないけどやたら安かったので。(1本あたり67円)

ただ、この手のやつって事前に「試食」ができないため、安いは安いけどもしすっごい不味かったら残り19本どうしようというギャンブル性はあります。
いくつかフレーバーがある中で、悩んだ末に比較的安全そうな「グリーンアップル味」を選んでポチっと。

数日後に届いたので、恐る恐る1本開けて飲んでみる。

……あっ、これならいける!

ぐいぐい飲みたくなるほど美味しいとは思えないけど、不味い訳でもない。この「不味くはない」ハードルを越えられたので合格(笑)

個人的には味よりも粘性の低さというか、比較的サラッとしているのが気に入りました。この手の商品ってハチミツかと思うくらいねっとり系なのが多くて、特に○丹のジェルは一口飲んで諦めたことがあるのですが、これなら大丈夫そう。
(○丹のはもしかしてボトルに溶かして飲むのが一般的?)

成分表を見ると100gあたり224kCalらしいので、ということは1袋40gで約90kCalか。やっぱり小さいからカロリーもそれほどではない。
その代わりというか、薄いので複数本まとめて背中ポケットに入れられるのはメリット。ウイダーinゼリーみたいな四角いパッケージだと1個入れたらもうそれでポケットが埋まってしまうけど、これなら5~6本は余裕で入りそう。

実際にライド中に使ってみて気づいたことは、一つは走りながら開封するのがちょっと難しい。両手を使って飲み口を切るか、片手で持って飲み口を歯で千切る(こちらの方がより玄人っぽい)のだけど、前者は両手放しになるので条件が限られるし、後者は千切った瞬間にドバッと中身が出たり、千切り切ってしまって(←こんな日本語あるのか?)路上にゴミを落とすリスクがある。

なので素人の自分は安全な場所に停まってゆっくり飲んでいます(笑)。今度おはサイで練習してみるか。
あと、飲み終わった袋をしまう時、どうやっても手とかポケットの中がベタベタしてしまう。なんかうまい方法ないかな。

と、いくつか気になる点もありますが、全体的には味も飲みやすいし持ち運びのしやすさも良いので満足。なくなったらまた買おうかと。
ただ、補給が必要なほどの距離を乗る機会がなさすぎて全然減らないのが目下の悩みです……。
【お買い物】カテゴリーの記事

  1. 2017/01/19(木) 12:30:11|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

寒波襲来のおはサイ

月曜は久々に公園周回へ。すごい寒波が来ているらしいけど予報は晴れだし、凍結の心配もないコースだから大丈夫だろう。たぶん。
走り出してサイコンの温度計を見ていると、面白いようにぐんぐん下がっていく。
マイナス3℃、4℃、5℃……。高台の周回コースに入るとさらに下がって、

ついに-8.5℃。

-8.5℃

ここまでくるとネタ感が出てしまうけど、身体を動かしていれば意外と平気。
ただ、耳が痛ーい。露出した状態だと感覚がなくなってきて危険な香りが。なのでネックウォーマーをずり上げてガード。

しかし口と鼻まで覆ってしまうと呼吸が苦しいので、耳だけ覆うようにする。あのモジモジ君みたいなやつがあればいいんだけど持ってないんだよな。
ストッキングを被ったら変態だし……。

周回コース手前の坂は、1分9秒/386W。久しぶりに登ったけど、く、苦しい。ベストから20秒落ちくらい。
6.5kmの周回コースは、1周ごとに少しずつ上げていく感じで3周。1周目169W→2周目195W→3周目199W。
今日はうまい具合に信号にほとんど引っかからなかったな。途中何箇所かある短い登りはダンシングも混ぜつつ、気持ち良いペースで走る。

周回の途中にある短い坂はこんな感じ。

1周目
坂A:26秒/454W
坂B:21秒/270W

2周目
坂A:26秒/482W
坂B:21秒/362W

3周目
坂A:28秒/448W
坂B:22秒/319W

最後はタレた(笑)
寒かったけど楽しく走れました。

走行距離:33.38km
走行時間:1時間12分18秒
平均時速:27.7km/h
平均心拍:142bpm
平均ケイデンス:90rpm
消費エネルギー793kJ
AP/NP/IF/TSS:183W/226W/0.773/91

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2017/01/16(月) 18:59:41|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
前のページ 次のページ