タイトル

事故、その後

4/4の事故から丸2週間が経ったので近況などを。

自転車……ないです(笑)。事故車の査定は終わっていますが保険会社から見積りが出てきていません。また、家にあるフレームに生きているパーツだけでも移植して、とりあえずの代車として組んでもらおうと思っていたのに、まだ事故車をバラさないでと言われているためそれもできず。

とにかく進みが遅くてもどかしい。相手の保険会社からも事故翌日以降全然連絡がないので、こちらから何度か電話をして状況確認しているのですが、普通こんなもんなの?
自分は保険会社にとっては「お客様」ではないけど、まったく連絡がないと被害者としては不安になる。今後もこの調子なら本社のお客様センターに電話しよう。
ついでに言うと相手のドライバーからのお詫びの電話、訪問も一切なし。

過失割合もまだ出ていなくて、というか調査会社のヒアリングもまだこれから。これもどうなるのか気になる。過去の判例だと止まっている自転車への追突か、自転車を追い抜いてからの左折巻き込みしか10:0にならないという話もあり。

ただ、今回は15~20km/h程度で流しているところに一旦停止無視&ノーブレーキでぶつかってこられたので、どう注意しても避けることは困難だったとして10:0を主張する予定。
ちなみに自分は自転車保険に二つ入っていて、仮に9:1になったとしてもそちらで相手の物損はカバーできます。が、まずは10:0で主張。

今回ラッキーだったのは、加入している自「動」車保険のオプションで弁護士費用特約が使えたこと。調べてみると10:0を主張するには自分の契約している保険会社は窓口になれないそうで、自分自身が相手の保険会社と交渉するか、弁護士さんにやってもらう形になる。ド素人の自分に海千山千のプロが相手では分が悪く、いいように言いくるめられそうなので(あと向こうの言い分が妥当かどうかの判断ができない)、弁護士さんの協力を得られるのは大変ありがたい。

弁護士費用特約も、自動車のみと日常生活までカバーするものとあって、自分がつけていたのは前者。相手は車でも、自分が乗っていたのが自転車だからたぶんダメだろうと思っていたのだけど、ダメもとで問い合わせて事情を話したらなんとOKですよと。
これで、過失割合や賠償金額に納得がいかなければ相談ができるし、交渉の窓口にもなってもらえる。いやー、これは心強いな。加入している自動車保険の弁護士費用特約でカバーできる範囲はぜひ確認しておいた方が良いです。事故のケースによって適用できる/できないがあるようですが。

物損については、相手の保険会社曰く「購入時期と購入金額から減価償却した額をお支払いします」と。減価償却って法人が固定資産を経費として計上する時の税務上の手続きで、個人が私的に所有するモノには当てはまらないのでは?
と思ったけどその辺はもう少し調べてみよう。

今後、購入金額の10分の1とかガッカリするような金額が出てくるかもしれないので、中古市場での流通価格など時価額を立証できる資料をせっせと集める。
また、「乗れなくて辛い」とかの心情的な部分は一切考慮されないというつもりで、これ以外にも定量的に損失を証明できる資料をとにかくかき集める。この辺は大体完了。

ケガの方は、数日経って右ヒザに張りを感じたので整形外科で診てもらったら、骨には異常なく時間が経てば引くでしょうと。湿布を貼って様子を見ていたら、だいぶましになってきました。
なので今週から軽めのジョギングを開始。何もしてないとあっと言う間に太るので(笑)

無理は禁物だけど、ジョギングできるだけで嬉しい。
走っている時は嫌な事を忘れられるなー。

こんな感じで、代車のそのまた先の新車に乗れるのはいつになるやら……という状況です。その前に金銭面での折り合いが付くのかも非常に不安。
それでも、できるだけのことはやるしかない。

その道に詳しい方、経験者の方のアドバイスをいただけたら幸いです。<(_ _)>

【関連記事】
一旦停止無視の車にはねられました
事故、ようやく解決
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2017/04/19(水) 12:58:30|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

一旦停止無視の車にはねられました

診断書

タイトルの通りです。以下、今後のためのメモとして。
大筋は事実の通りですが細部は変えています。

火曜日のことですが、練習を終えて流している時に左から来た一旦停止無視の車(ミニバン)に突っ込まれました。
自分が走っていたのは片側2車線の道路で、車が来たのは交差する片側1車線の道路から。信号はなし。片側1車線の方には一旦停止の標識があります。

路側帯を15~20km/h程度で流していて、十字路を通過し終わるかどうかという時、視界の左隅に白い車がみるみる迫ってくるのが見え、あっと思った次の瞬間には強い衝撃があり跳ね飛ばされていました。

状況はこんな感じ。どちらも片側1車線に見えますが自分の方は2車線とも同じ方向です。(久しぶりにこの手の絵を描いたな……)

事故の状況

とりあえず身体は動く。特に痛みが強い箇所もない。起き上がって倒れた自転車をどかし、ドライバーも逃げるそぶりもなさそうなのでまずは110番。救急車の手配もお願いする。
相手のドライバーと話すと、「ボーッとしていた」と。

救急車、パトカーが来て実況見分。幸いなことに今回はすぐ後ろに目撃者もいたので聞き取りもスムーズでした。
しかし、自転車を見てみると……

ディレイラーハンガーが折れて自走不可。

破断したディレイラーハンガー

シートステーも破断している?

破断したシートステー

あーあ。これは全損か……。

ケガより自転車の方を心配してしまうのはどうしようもない性(さが)みたいなものですが、やはりショックです。
すごい気に入っていたのに……。orz
というか、来週エントリーしてたレースも、その次もお金振り込んじゃってるし、乗れるのこの1台しかないし、どーすんだ。

ケガの方は、その場では強い痛みはなかったので病院直行はしませんでしたが、念のため半休を取って近所の病院へ検査に。見てもらったら右手と左下肢の打撲、左肘の擦過傷くらいで、レントゲンの結果骨には異常なしでした。

それにしても車のエンブレムが飛ぶほどの衝撃で、手や足の骨折、あるいはもっと深刻なケガをしていてもおかしくなかったのに、これだけで済んだのはただ幸運と言うしかないです。自転車が身代わりになってくれたのかなと。

うう、書いてて悲しくなってきた。。

過失割合とか自転車の補償とかはまだこれからの話で、何も進んでません。
動いてる物同士だと10:0にはならないそうですが、あの状況で突っ込んでこられたらどんなに注意していてもどうしようもない、というのが正直な感想。一旦停まった車が動き出した後の出会い頭ではなく、一度も減速せずに突っ込んで来たので。

そんな訳で、これからという時なのに、当面自転車活動はできそうにありません。
何とか早く乗れるようにしたい。

【関連記事】
事故、その後
事故、ようやく解決
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2017/04/06(木) 12:50:30|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

暁星チーム練

土曜は予報通りの雨だったのでしっかり休み、日曜はチーム練という修行へ。
向かう途中でゴッティさんと遭遇したのでお話しながら。
集合場所に着くと、えーと、何人いるんでしょう(*_*)。大盛況。

会長からは、A、Bに分かれて4+4周で、Aは1セット目は下宮田4倍、ダムとチビ坂5倍、4周目はフリーという指示。
しばらく来ていないうちに出力体重比でメニューが組まれるようになったのか……。
Aは13名ほどでスタート。

下宮田はだらだら長いけど4倍なので比較的余裕ある。たまに先頭が上げすぎると集団から抗議の声が(笑)
チビ坂、ダムの坂もおおむね指示通りで。
若干人数を減らしつつ3周目。下りで先頭になったのでつい長く引きすぎてしまい、最後の周はフリーだった……と思い出して後悔。

4周目、やっぱりダムの坂でゴッティさん、K保さん達がアタックし、必死の追走。1分9秒404W。うへー。
これで5人くらいになり、下宮田へ。ここもF谷さんが異次元っぽい速度差でアタックしていき、K保さん、kobaさん、sodefdさんが追う。自分は最初から諦めモード(笑)
MIKさんと一緒に坂を越えて、下りでsodefdさんを吸収して3人でゴール。

2セット目は、1セット目の規定をクリアできた人だけAで、今度は下宮田5倍、チビ坂・ダム坂6倍という指示。えーっ(ノД`)
4.5倍とかないんですか?
クリアはしてるけど正直Bに行きたい。でも修行だと思ってAに。

1周目がキツく感じたけど、そこから先は意外と着いていける。
登りの指定が厳しくなった分、平地のペースがだいぶ落ちたかな?
下宮田はちゃんとパワー見ながら5倍を維持。ただ、ダムの坂は全体的に規定をクリアできていなかった感じ。(自分にとっては幸いだったが)

徐々に人数を減らしつつ4周目へ。またまたダムの坂でアタックがかかり、今度は耐えきれず千切れる。
その後は一人旅でたらたら走ってゴール。
前回は2セット目の3周で千切れていたから、ほんのわずかに前進したぞ。(プラス思考)

最近、CTLの上がり方が明らかに変わってきてる。今まで強度重視であれこれやっても横ばいか下降するだけだったのに。やはりチーム練とかセンチュリーランのようなボリュームある練習を組み込んでいかないと上がっていかないんだな。
とはいえ、CTLを一気に上げすぎるのはオーバー・トレーニングになる。先週からの増加量は「6TSS」なので、やや上げすぎ。意識してしっかり休養を入れていくようにしよう。

----

午後は上の子と自転車(ママチャリ)で、地元で開催されている「桜まつり」へ。
でも全然桜なかった(笑)
来週あたりから咲き始めるかな?

川沿いの道

自転車と空

走行距離:96.2km
走行時間:3時間21分4秒
平均時速:28.8km/h
平均心拍:155bpm
平均ケイデンス:85rpm
消費エネルギー:1891kJ
AP/NP/IF/TSS:157W/199W/0.782/241

【チーム練】カテゴリーの記事

  1. 2017/04/03(月) 19:08:28|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

過去最大規模(当社比)のイオンモールおはサイ

だいぶ時間経っちゃいましたが金曜おはサイの記録。
事前に何人か参加表明があったので、これは久々に「3人以上の壁」(←ハードル低っ)を越えられるのか……?と期待しつつ、5:50頃現地へ。
天気予報を見ると土曜は明らかに雨っぽいので、この日はしっかり強度を上げておきたい。

いつものように適当に流して待とうと思ったら、後方からF谷さん登場。その直後に中学生M君、I田さん、W辺さんの3人組が追いついてきて5人に。その後、ゆりさん、taoさん、姫さんと加わって、あれよあれよという間に8人に。
おおお、イオンモールに8人も集まるとは。
目標の10人も現実味を帯びてきたぞ。(←目標が「人数」というのもどうなのか……)

スタートして、メニューはいつものようにペース走で。
I田さんがコース上に落ちてた壊れたカサをどかすため一旦離脱。こういうのサッとできる人素晴らしい。見習わなければ。
大人数だから楽かと思いきや、最初から結構ペースが速め。あとカート場を曲がってからの向かい風が凶悪で先頭引きはキツい。

アベレージ37~8km/hくらいで進行し、40分ほど走って11周目をラストに。これも、いつもなら9周くらいなんだけどこの日はスタートが早かったので周回数も多め。
ラスト1周は全員出し切って終われるようにしたかったので、先頭でペースをじわじわ上げてから交代。

カート場を曲がってM君、I田さん、F谷さん、自分の4人に。F谷さんの長い引きの後ろでI田さんが飛び出すタイミングを計っている感じだったので、我慢できず(笑)早めにスプリント。
後ろで「ああ~」と誰かの声が聞こえたので踏みやめたかな?と思って脚を緩めたら、最後にI田さんにブチ抜かれる。しまった~。
最終周は2分6秒で368W。

朝っぱらからこのメンバー・強度で練習できるなんて恵まれてるんだけど、果たしてこのあと仕事になるのか?(いや、ならない)
普通に業務に支障が出そう。さすがにもう少し落とした方がいいのかな。
来週考えよう。

走行距離:42.4km
走行時間:1時間29分49秒
平均時速:28.4km/h
平均心拍:141bpm
平均ケイデンス:82rpm
消費エネルギー:771kJ
AP/NP/IF/TSS:143W/190W/0.745/99

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2017/04/03(月) 18:53:24|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |