タイトル

なぜかゴーストタウンのZwift

水曜、5:20起床。昨日のおはサイはS石さんと二人で結構きつく、しっかりダメージが残っている感じだったので、今日は軽めにZwiftにしよう。

PCと3本ローラーをセッティングして、ANT+ドングルとパワー推測メーター(参考記事)をUSBポートに挿す。
軽めのワークアウトを探して、Cadence Crusherというのが良さそうだったのでこれをやることに。
いざ、RIDE ON!

……あれ?なんか様子が変だな。
他のサイクリストが誰もいないぞ。
今までこんなことはなかったのだが……。

とりあえず走り出したけど、無人のロンドンを一人っきりで走るのはひたすら孤独というか不気味というか、修行をただリアルに再現しただけのような感じ(笑)
しかもスマホアプリの調子もおかしくて、スクリーンショットを撮ろうと左右にスワイプすると、落ちる。
とりあえずスマホは再起動。

ただ、アップが終わってメニューが始まると、そっちに意識をとられて無人なのは気にならなくなる。
途中まで調子良くこなしていったのだけど……。

あらら~。突然画面がカクカクになってしまった。
Windowsキー+Dで一旦デスクトップに戻り、タスクマネージャを見たけどZwift以外にメモリを食ってるタスクもなく、原因よくわからず。
しばらく待っても直る気配がないので、ワークアウトの途中だけど諦めて終了……。

抜ける前に記念の(?)スクリーンショット。画面右端のリストを見ると自分しかいない。

Zwift(無人)

一旦PCの方も再起動して、仕切り直し。集中が切れてしまったので次は適当に流すだけでいいや。
再度ログインしてみると……おお!今度は人がたくさんいる!(←普通)
やっぱり人がいるといないとではモチベーションが違うな。おはサイもそうだけど。

Zwift(通常)

3.2W/kgくらいをキープして走っていると、前方で走っていたアメリカ人とオーストラリア人の二人にじわじわ追いく。全員が同じくらいのペースだったのでしばらくそのパックで。(ウロチョロして邪魔だな~と思われていたかも)
そしてボックスヒルの登りが始まると、他の二人が踏み始めていきなり4.3倍ペースに(笑)

自分も負けじと着いていって、途中から先頭引こうと前に出たら二人が離れてしまう。が、後ろからまた別の二人が来て抜かれる。一人はKOMジャージでもう一人は黒いピナレロジャージの人(国籍は失念)。
このピナレロジャージの人と脚が合ったので、頂上までほぼ横並びで行って、KOMゲート前でちょい差し(笑)。ジャパニーズisセコいと思われてしまったか。
ここで時間切れとなり終了。

登り区間のパワーは、パワー推測メーターによると8分265Wとなっていて、体感的にもまったく違和感がない。やはりこの装置優秀だな。普通にパワーメーターとして使えております。

で、結局最初のゴーストタウン&カクカク現象はなんだったのかというと、よくわかりません(笑)
ただ、Stravaのアクティビティ画面を見るとFlyByには何人かいた(=本当は無人ではなかった)ので、PC側の画像処理に問題があったのかも。
いずれにしても次回からはゴーストタウンだったら一旦PC再起動が良さそう。

走行距離:11.0km / 11.9km
走行時間:22分11秒 / 22分38秒
平均時速:29.8km/h / 31.6km/h
平均心拍:130bpm / 154bpm
平均ケイデンス:78rpm / 83rpm
消費エネルギー:224kJ / 287kJ
AP,NP,IF,TSS:168W/211W,191W/227W,0.748/0.891,21/30

【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2017/05/31(水) 12:15:09|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ABS2ヘッドとヒラメ横カムの厚さ比較

前回の続きで。
「ABS2ヘッドの厚みはヒラメ横カムと比べてどうか?」という質問をいただいたので、比較してみました。

その結果がこちら。

ヒラメ横カムとABS2ヘッドの厚さ比較

薄さ勝負ではヒラメの圧勝。ディスクホイールみたいにバルブクリアランスが狭いホイールだったら、定番のシリカかヒラメなのかな。
ただ、逆にそういうことを気にしなくていいホイールなら、厚みがそこそこあった方が付け外しがしやすいというメリットがあるかもしれない。

あと一つ書き忘れていたことがあったのでついでに。ABS2はヘッドに小さいボタンがついてます。

ABS2ヘッドの小さいボタン

これはエアブリードシステムといって、エアを入れ終わってヘッドを抜く前にこのボタンを押すと、ポンプ内に溜まっていた高圧のエアを排出してくれるというもの(チューブからは抜けない)。
つまりホース側の空気圧を下げてやることで、力を入れなくてもスッとヘッドを抜くことができるというわけです。

と、ここまではわかったのですが、どうも自分の使い方が悪いのかうまく動かない……。
普通にボタン押すとチューブからもエアが抜けてしまう。

これ、どうやったらいいんでしょ……。(^^;)
【お買い物】カテゴリーの記事

  1. 2017/05/30(火) 08:36:13|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

レザインのABS2ポンプヘッドが意外と優秀だった件

フロアポンプが古くなったので買い替えました。というか、本当は2ヶ月近く前に注文していたのですが、届く前に事故に遭ってしまい、しばらくジョギングしかできなかったので使い始めるのがだいぶ遅くなってしまいました。

モデルはレザインの「クラシックフロアドライブ」というやつ。
外観はこんな感じです。

Lezyne Classic Floor Drive 外観

メーターはかなり大きくて、足元でも視認性が良い。

Lezyne Classic Floor Drive メーター

意外と使い勝手が良くて感心したのはこのポンプヘッド。ABS2というらしい。

Lezyne Classic Floor Drive ABS2ポンプヘッド

以下、簡単に使い方の説明を。
このヘッドですが、中心部の黒い部品と周囲の赤い部品が独立して動くようになっています。
まずバルブを緩めてヘッドを差し込みますが、この時黄色いマルで示したように赤い部分が手元側に下がった状態で差し込みます。

Lezyne Classic Floor Drive ABS2ポンプヘッド(装着前)

するとエアは一切漏れません。

Lezyne Classic Floor Drive ABS2ポンプヘッド(装着後)

この状態で、赤い部分をつまんでバルブ側にずらします。

Lezyne Classic Floor Drive ABS2ポンプヘッド(装着後)

これで取り付け完了。あとはエアを入れるだけ。
(赤い部品を回転させておくと高圧でもヘッドが外れないとマニュアルに書いてありましたが、7~8気圧程度では一度も外れたことがないので自分は差し込むだけにしています)

Lezyne Classic Floor Drive ABS2ポンプヘッド(取り外し)

規定の空気圧まで入れ終わったら、赤い部分をつまんで一気に引き抜きます。
あとはバルブを締めて完了。

慣れてくると片手で取り付け・取り外しできます。
当初、届いたらすぐにホースをちょん切って手持ちのヒラメ横カムに付け替えるつもりでいたのですが、意外にもこの赤いヘッドの使い勝手が良かったのでそのまま使うことにしました。

ヒラメ横カムが至高であることに変わりはないけど、こういう新しいアイデアの製品が出てくるのは面白い。

【関連記事】
ABS2ヘッドとヒラメ横カムの厚さ比較
【お買い物】カテゴリーの記事

  1. 2017/05/26(金) 12:50:45|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

一風変わったガジェットを使ってZwiftをやってみた(追記、というか訂正あり)

先日、まささんから珍しいモノをお借りしました。

VPU

これは何かというと、一言で説明するなら「3本ローラーのスピードからパワーを推測して表示する装置」でしょうか。
おそらくエリート社の負荷付き3本(アリオンマグ、アリオンAL13)専用かと。
市販品ではなく、ワンオフ。要はまささんの自作によるもので、以前ご自身で使われていたそう。今回、自分が事故で一時的にパワーメーターが使えなくなっていたのを見て(あと使っているローラーがたまたま同じだったこともあり)貸してくださいました。

スピードからパワーを割り出して表示するだけなら(それでも十分すごいのだけど)まだわかる。
驚いたのは、この装置自身がANT+センサーの機能を持っていて、「パワーメーターそのもの」としてZwiftとペアリングできるということ……。

↓あっさりペアリングできました。

VPUをZwiftにペアリング

しかも3段階の負荷にも対応しており、装置についている3つのボタンを押せばそれぞれの負荷に応じたパワーが表示されるという仕掛け。
そもそも、スピードの情報は自転車についているANT+センサーから受信する必要がある訳で、てことは一旦受信したデータを仮想パワー値に変換して発信、これをPCのANT+ドングルで受信するという中継器のような処理をしていると思われる。
どうやったらこんなモノを作れてしまうのだろう。

難しいことは置いといてとりあえずRide On!(笑)

いつものようにロンドンを走り出しますが、

VPUを使ってZwift

画面左上の方をよく見てみると、「パワーメーターあり」を示す稲妻マークがしっかりとついてます。

Zwift画面拡大

[追記]
すいません間違えてました。
「パワーメーターあり」を示すのはここではなくて、画面右側にある「近くのライダー」一覧の中のこれでした。

近くのライダー

左上の稲妻マークはパワーメーターの有無に関わらず表示されているようですね。ご指摘ありがとうございました。<(_ _)>
(追記おわり)

使ってみた印象は、予想以上に自然。本当のパワーメーターを使っていると錯覚しそうになる。
ただし、パワーメーターに特有の「短時間でガッと踏み込んだ時の高出力」というのはないです。挙動はあくまで滑らか。
それでも、体感的には表示ワットとの大きなずれは感じませんでした。
これならワークアウトも普通にできそう。

この装置、ニッチすぎるけど面白いです。

VPUを使ってZwift

走行距離:17.5km
走行時間:30分30秒
平均時速:34.6km/h
平均心拍:144bpm(MAX161bpm)
平均ケイデンス:85rpm(MAX122rpm)
消費エネルギー:334kJ
AP/NP/IF/TSS:182W/192W/0.754/30
←久しぶりにこの辺の数値を見た
【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2017/05/24(水) 18:19:04|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

8週間ぶりの土曜おはサイ

土曜おはサイ

先週の土曜は久々の周回練へ。カレンダーを見たら最後に開催したのが3/25で、その翌々週に事故に遭い自転車全損、その後は行けるメンバーだけでもやってもらおうと告知だけはしてましたが悪天候が続いたりしてなかなか開催できず、結局8週間ぶりとなりました。

今日の相棒も代車のフラットバーロード。この時期はレースの開催も多いから少なめかなと思っていたら、予想外に多く8人も集まる。
ただ、翌日レースの人が何名かいたのと、この後某テレビ局の階段(200段)を駆け上がるという競技(?)に参加される方が1名いらしたので、目標ペースは抑え目にして35→36→38km/hに。
(しかしこれらは表向きの理由で、本当は自分が疲れすぎていたので集団から千切れないために主催者権限で下方修正したのである(^o^)v)

そんなこんなでスタート。1周目は35km/hで平和に……のはずが微妙に速い気がする。でも5~6km/hもオーバーしない限りはいちいち言わないことにしているので(風向きにもよるし、自分もオーバーすることもあるから)、そのままで。
見ていると翌日レースの人たちは引く時間を短めにしてうまく調整しているみたい。

2周目も同じ感じで走って3周目。予定通りにペースが上がる。ただ、1~2周目が抑え気味だったのと人数が多いため脚はまだ残っていて、何とか着いていくことはできそう。
中袖往路でちょっと長めに引いて交代。復路も40km/h程度で淡々と。

最後のフリー区間は、自分が先頭で右折待ちからのゼロスタートになったので、そこからじわじわ45km/hまで上げてペースを作る。交代して下がるとカウンター気味にF谷さんの強力なアタック。思わず千切れそうになったけどW辺さんの後ろにしがみついたら追いついてくれたのでホッとする。(←他力本願)

その後しばらくW辺さんの引きで、2本目の橋を過ぎて少し緩んだところからバーエンド持ってスプリント。すぐ後ろに誰かの気配が……と思ったら最後にMIKさんにズバーンと気持ち良くまくられて終了。
ありがとうございました~。(キツい)

2ヶ月ぶりの周回練は、やっぱり楽しい。これを2ヶ月もできなかったのはもったいない限り。
あとは早くドロップハンドルで走りたい(笑)

このフラットバー自体もすごい乗りやすいのだけど、違う形のハンドルを使うと改めてドロップハンドルって良くできているなと感じる。一番パワーを出しやすい姿勢をとると自然に最も空気抵抗が少ないフォームになるし。(フラットバーでもがくにはバーエンドを持つしかないけど、そこを持つと頭が上がってエアブレーキがかかってしまう)

まあ、もう少しの辛抱かな。(←毎回書いてる気がする)

日曜は奧さんには家で休んでもらって、子供たちを連れて実家へ。両親と一緒に公園で遊ばせるが暑い!ご飯のあと二人まとめてお風呂に入れ、あと寝かせるだけの状態にして(既に寝てるが)帰宅。片道1時間半程度の運転なのだけどこの疲れが1日じゃ取れない。
自転車とは異質の疲れなんだよなあ。運転自体は好きなんだけど。

[追記]
日曜に開催された「やまなしサイクルレース」のアワーレコードチャレンジ部門でMIKさんが優勝されたとのこと。おめでとうございます!
単独走なのに前日のおはサイで8人で3周目を走ったアベレージ(39.3km/h)より速く、距離は2.5倍?すごすぎ……(*_*)

走行距離:64.1km
走行時間:1時間56分20秒
平均時速:33.1km/h(MAX50.0km/h)
平均心拍:139bpm(MAX185bpm)
平均ケイデンス:83rpm
消費エネルギー:不明
AP/NP/IF/TSS:不明/不明/不明/たぶん97

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2017/05/23(火) 12:54:59|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ