タイトル

岩原スキー場で黙々とアルペンボード練習

岩原スキー場

先週の日曜は会社のスキー部活動で岩原

スキー場へ。
ここは自分のホームゲレンデみたいなところで、ほぼ毎年行ってます。広々していて気持ち良く滑れるのと、スキー場がICのすぐ近くなので山道を走らなくていいところが好き。

本当は家族で行く予定でしたが、前日のイベントで皆疲れてる様子だったので単独参加に。

当日は東京マラソンが開催される日で、交通規制で変な渋滞にはまったら嫌だなと思って早めに家を出る。確か3:40くらい。
ノンストップで走って麓の駐車場に7時前に到着。さすがに早すぎたか。少し仮眠してからゲレンデへ。

今回の参加者は自分以外に2家族と少なめ。うち1家族は二日前から泊まっていて親子で練習、もう1家族もずっとキッズパークなので、自分は独りでひたすら滑りまくれる。(集まってる意味がないような気もするが……)
お正月の軽井沢では2本しか滑れなかったから、今日は足が限界になるまで滑り倒すぞー。

という訳で足慣らしなしで特訓場所であるウエストコースへ。
前日に雪が降ったらしくゲレンデの状態は良好。人も少ないし、雪も柔らかくて気持ちよく滑れる。
で、ひたすら黙々と10本くらい往復。
この斜度と広さ、カービング練習にもってこいなんだよなー。

意識したのはターンを一つ一つ丁寧に仕上げることと、フロントサイドで内倒しないように。
うん、今日は調子いいかも?大きくバランスを崩すこともないし、ターン中の姿勢が安定してきた。
あとはリフトから上手い人の滑りを見てイメージトレーニング。

10時を回ってリフトも混んできたので、そろそろ休憩するかとメインバーンを気持ち良く下っている時にトラブルが。
突然後ろ足(右足)のビンディングが外れて尻もちをついてしまう。
L字クリップの位置を決める金具が緩んでいる?

恐る恐るレストハウス前まで下って、持参してきたプラスドライバーで位置を直すことに。しかし、前後に二つずつネジがあるのだけど、どっちも片方のネジが異常に固くて回らない。無理に回すとネジ穴をなめそう。
参ったなー。

確か去年も同じように緩んだことがあって、調整してからねじの緩み止めを差した記憶があるけど、そのせいか?
これでテンションも下がってしまい、早めにレストラン「コボルト」に入って休憩。

↓写真撮り忘れたので去年の(笑)

レストラン コボルト

それにしても驚いたのは下のリフトの混み具合。今まで何度も岩原に来たけど、ここまで混んでるのは見たことないくらい。
平昌オリンピック効果か、外国人観光客が増えたのか?

後から合流してきたメンバー達とお昼を一緒にいただく。午後はとりあえず1本滑ってみて、ビンディングの具合が厳しそうなら撤収しよう。
と思ったけど滑ってみたら案外大丈夫。でも雪が重くなってきたのでやっぱり数本滑ったら切り上げるかな。
山頂から1本、ウエストコースを1本滑って、後は麓まで一気に。

せっかくの湯沢だけど、単独だったのと渋滞を避けたかったので温泉も中野屋もスルーし、帰りもノンストップで17時には帰着。これじゃレジャーというより部活だな(笑)
機材の不調はあったけど目いっぱい滑れたので満足。

問題のビンディングは、帰ってからうーんと力を込めてドライバーを回したけど、やっぱり回らない。輪ゴムを挟んでもダメ。
インパクトドライバーを試してみて、それでもダメなら……
けかしやくまやめやふやへよわわんかさははははははなわわやや(わややややゆややや)やややーややややややかかやたみまさまままままま


ららララ等RARA等らら
いっそボード買い替え?
いやいやビンディング取り替えるだけじゃん。冷静に冷静に……。
(と思ったけどやっぱり新しいボードが欲しい)
【スノーボード】カテゴリーの記事

  1. 2018/02/27(火) 19:03:38|
  2. スノーボード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出かける前のZwiftグループワークアウト 「High Intensity 5min」

High Intensity 5min

先週の土曜は朝から保育園の発表会のためおはサイはお休み。
でも7時くらいまでなら乗れそうだったので、Zwiftのイベント表を見てみると、ちょうど6時過ぎから50分のグループワークアウトがある。
「High Intensity 5min」というやつ。ちょくちょく見かけるけど出たことはなかったので、これにしよう。

メニューは、ウォームアップ後に1分かけてL4までランプアップ(Zwiftのバグなのか画面上は「ランプダウン」になっちゃってるけど)、その後L4を4分、L5上限を1分30秒。これがメインセット①。

5分のレストを挟んで、今度はL6上限を20秒、L4を40秒のインターバルを5セットで計5分。これがメインセット②。
この①→②のセットを2回繰り返すというもの。

タイトルにもなっている②の5分インターバルは、FTP強度を維持しながら高強度を入れるのがポイントだそうで。
やってみるとメチャクチャキツい。
レストが全然レストになってないという(笑)
自作のインターバルだとレストでL2、下手したらL1まで落としちゃうけど、こういう上の領域での上げ下げの方が実戦的なんだろうな。キツいけど。

あと①も、じわじわ脚を削ってからの最後の1分30秒がやっぱりキツくて、正直最初の①が終わった時点で最後までできるのか不安になったくらい。
でも周りにはレベルに関係なく苦しみを共有している(であろう)世界中のオッサン達(女性もいるけど)がいるので頑張れる。

何とかやり切りました。

High Intensity 5min report

最近の傾向として、「レースはキツいからグループワークアウトにしよう」と逃げ腰で選んだつもりがレースと同じくらいキツかったりする(笑)
あの手この手で限界を引き出そうとしてくるZwiftは絶対ドSである。

明日は会社のスキー部活動なので今週のライドはこれでおしまい。
3月もいろいろ予定が入ってしまい、あんまり週末乗れないかもな……。
【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2018/02/26(月) 18:55:13|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第1回 真舟おはサイ

0223おはサイ

金曜おはサイは、以前から何度か偵察に行っていた真舟周回で開催してみることに。
ここはアップダウンがあるので平地練とはまた違った練習ができるはず。
イオンモール周回も走りやすいのだけど、同じコースばかりだと飽きちゃうから変化をつける意味でもいいかなと。

5:40出発で外に出てみると、何か白いものが降っている。まさかの雪?
ま、大したことなさそうだしとりあえず行ってみよう。
それにしても、あのコースに行く時ってなぜかいつも寒い印象。今日も0℃。

6時少し前にトンネル入口に着いて、トンネルの登りはタイムアタックのつもりで踏む。5%で500mの登り。意外と長いんだよなー。
ゼイゼイ言いながら登り切って1分2秒483W。いかん、いきなり脚使いすぎた……。
ちょうどトンネル出口でW辺さんが待っていてくれたので二人で周回開始。

このコース、全長は1.44kmと短く、トンネル出口を起点として平坦→下り→上り→ちょっと下ったら1周。
信号は一つもないのでどっち方向にも走りやすいけど、時計回りよりも反時計回りの方が登りがまとまっているのでこっちがメインかな。

登りは4%で400mほど。下りの勢いだけでは押し切れないくらいの長さはある。(押し切れちゃう人もいるだろうけど)
ここでは登りの練習に重点を置きたいので、平坦と下りは無理に上げず回復に充てて、登りは5~6倍あたりをキープするヒルインターバル的なメニューにしよう。

そんな感じでW辺さんと1周ずつ先頭を交代しながら周回。
初めてこのコースで人と走ってみたけど、予想通りいい練習になるな。
回数をこなすにつれどんどんキツくなるし、二人だとサボれないから頑張れる。

8周目あたりで、最後の左コーナーを曲がった時にちょうどトンネルから軽トラが右折してきて、一瞬ヒヤッとする場面が。
うーむ、ここカーブミラーもないし見通しも悪いから、徐行しないと危ない。
反省点として次回に生かすということで。

最終的には10周+1周流して終了。
登り区間だけ見てみると、259W、318W、282W、341W、290W、349W、288W、365W、304W、420W、146W。
最後の方はかなり効いたー。ありがとうございました。

狙い通り楽しく追い込めたので、来週から金曜おはサイはこっちでやることにしよう。
W辺さんの案で、周回の一部としてトンネル坂の往復を入れてしまうのもいいかも。これなら車と出会い頭になるリスクも減る。
ただ、かなりキツそうだけど(笑)

走行距離:29.5km
走行時間:1時間13分9秒
平均時速:24.3km/h
平均心拍:123(165)bpm
平均ケイデンス:86rpm
獲得標高:202m
消費エネルギー:623kJ
AP/NP/IF/TSS:144W/229W/0.85/86

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2018/02/23(金) 12:50:47|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水曜、Zwiftレースで悶絶

今週は月曜レスト、火曜はイオンモールで単独ビルドアップ走。
少しずつ暖かくなってきたかも?(それでも2℃だけど)
一時期の-4℃とかに比べればはるかに快適。でも復路の風が強くて参った……。

水曜はZwift。どのイベントに出るかは決めずに、ログイン後のタイミングと気分で決める作戦。
見てみると3分後にスタートするレースがある。
少し悩んでから滑り込みエントリー。

BikeRadar Mission Raceというやつで、コースはボルケーノサーキットを5周する25km、出走78名。

BikeRadar Mission Race start

正確にはボルケーノまでの5kmがウォームアップで、そこからの5周20kmがレース。
なのですが、どのレースもウォームアップ区間はスタートダッシュ&千切り合いと化していて、ちゃんとウォームアップしてるレースは今まで見たことないです(笑)

序盤のスタートダッシュは、相変わらず速いんだけど何とか着いていけるくらい。
スタートからの6分31秒で295W。
ここでようやくペースが落ち着いて、先頭集団は10数人に。
ふ~助かった。

BikeRadar Mission Race

ところどころある短い登りではペースアップがかかる。たまに1~2人飛び出すがすぐ吸収されるのを繰り返す感じ。
自分にとっては極端な上げ下げがない分走りやすい。
同じ集団の日本人はsukekawaさんという、よく一緒のレースになる強い方。

登りの度に微妙に人数を減らしつつ距離を消化していき、最終的には8人くらいだったか。
ラスト2周は全体的に疲れたのかスローペース。
ラスト1周も牽制気味に進み、これは集団スプリントかなあと脚を溜めておく。

最後のボルケーノ前の登りでガツンとペースアップ。二人ほど飛び出す。
は・や・い~。
だめだ、着いていけん。

追走集団で登り切り、登ったところがもうゴールまで残り400mくらいなので休む間もなくスプリント体制に。この登り切ってからのスプリントってキツすぎるんですが……。
集団中ほどでスプリントし、メチャクチャ頑張って一人抜いてゴール。
キツすぎ。

BikeRadar Mission Race:34分3秒 / ave271W / NP285W / 167(183)bpm / 96rpm / TSS62.7 / IF1.05

BikeRadar Mission Race result

ラスト1分4秒が436W。
総合では6位で、Zwift power上ではAカテ3位。出力体重比でBから昇格した人が意外と少なかったのと、パワー計なしの人もいたからかな。
棚ぼたとはいえ、猛者だらけのAカテでトロフィーを初めてもらえたのは嬉しい。
それにしても疲れた……。

今週末は保育園のイベントやらスノボやらでまったく乗れなそうなので、平日なるべく頑張って乗っておこう。
【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2018/02/22(木) 12:53:59|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「例のポンプ」は何がすごいのか

例のポンプ

ここ最近ネットで話題をさらっている「例のポンプ」がどうしても気になってしまい、ついカッとなって買いました。
詳細はこちらを。というか必要な情報はほぼ全部ここにあります。

Oture 携帯ポンプ(サイクルベース名無し)

以下は、自分で実際に使ってみた感想などを書いてみます。
最初に言ってしまうと、「このポンプはすごい!」です。

そもそもなんで「例のポンプ」などというフワッとした名称で呼ばれているのかというと、姉妹製品がいくつかあり、「Oture」だったり「PRO STAR」だったり「BLACK BIRD」だったりと、モノはほぼ同じなのに製品名がバラバラなためかと。
自分はAmazonで買いました。紹介写真は「PRO STAR」だったのに届いたのは「BLACK BIRD」でした。この辺はよくわからず。

Amazonページへのリンクも貼っておきます。(アフィリエイトではないです)
注文したのが2/3、届いたのが2/15なので2週間近くかかりました。

ミニフロアポンプ  空気入れ 300PSI 米式/仏式バルブ対応(Amazon)

早速じっくり見てみることに。

パッケージの説明書きは中国語です。ちなみに発送は上海からでした。

例のポンプ 説明書き1

ブレちゃいましたが裏はこんな感じ。右上に「Dual-Chamber」(二重気室)と書いてありますが、この構造がこのポンプ最大のポイント。

例のポンプ 説明書き2

ボトルケージマウントとボール用アタッチメントが付属しています。

例のポンプ 付属品

「BLACK BIRD」のロゴ。

例のポンプ ロゴ

実測重量は105gで、カタログ重量の110gよりもわずかに軽い。

例のポンプ 重量

ヘッド部分はこんな感じ。普通の携帯ポンプと変わりません。

例のポンプ ヘッド

ポンプの底部には吸気口が。

例のポンプ 外筒底部

このポンプは米式・仏式に対応していますが、初期状態では米式にセッティングされているので、ロードで使う場合は仏式に変更する必要があります。
やり方は、口金を外して中に入っている黒いアダプターをひっくり返し、以下のように並び替えればOK。

例のポンプ アダプター

ここからがすごいのですが、こんな感じでヘッドの空気穴に指を置いてポンピングしてみると……。
なぜか、押しても引いても空気が出てきます。
すげえ。

例のポンプ ヘッドを押さえる

これは前述の「Dual-Chamber」という構造がミソで、詳細はリンク先に詳しく書かれているので割愛しますが、ポンプを引く動作の時にも空気が充填される仕掛けになっているため。

で、早速どれくらい入るのかテストしてみました。
テスト機材はホイールがWH-7900-C24、チューブがコンチネンタルのブチルチューブ、タイヤがコンチネンタルGP4000SII(23C)。
ポンピングしてみると、引ききった時にポコン、ポコンと吸気口からかわいい音がします。ポンプを持つ時にこの吸気口をふさいでしまわないように注意が必要。

200回ポンピングした時点で4気圧。これは特に優れているという訳でもなく、一般的なレベルだと思うのですが、ここからがすごかった。
普通ならこの辺からポンピングがかなり重くなってくるはずが、サクサク入れられる。
もちろん最初の方に比べたら少し重くはなってきているのですが、う~んと力を入れて押し込むほどではない。

そして、400回ポンピングした時点で空気圧を見てみると、

例のポンプ 7.5気圧

あっさり7.5気圧。
0気圧からここまでの所要時間はわずか3分11秒。途中で小休止も挟んでいます。

例のポンプ 400回ポンピングにかかる時間

いやー、びっくり。
普通の携帯ポンプでここまで入れるには相当頑張らないと無理です。ポンピング回数は同じでも重さが段違いなので。
自分の場合、そこまで入れるのは疲れるので原状回復を諦めて、「とりあえず走れる」レベルの5~6気圧入ればいいやと妥協していたのですが、これなら8気圧も余裕です。
こんな高性能なものが2,000円もしないなんて……。数多ある他の携帯ポンプを全部置き去りにしてますね。

ただ、自転車へのマウントで少し問題がありました。
付属のボトルケージマウントを取り付けてみたところ、横方向への出っ張りが大きく、しかもクランクの裏にはパイオニアのペダリングモニターも付いているので干渉してしまいました。
試しに以前使っていたマウントに戻してみたところ、例のポンプの方が太かったのですが何とか入り、クランクとも干渉せずうまく収まりました。

例のポンプ マウント

クリアランスはこんな感じ。

例のポンプ クリアランス

ヘッドは下向きだと下がってきてしまうので上向きが良いようです。

あと気になるのは耐久性と、定期的なメンテナンス(といっても簡単な注油)が必要というところですが、この辺はしばらく使ってみてまた追加レビューしてみたいと思います。(使う機会はないに越したことはないのですが)
久々にすごい製品が出てきたなと感心しました。

【関連記事】
「例のポンプ」のメンテナンス方法

【お買い物】カテゴリーの記事

  1. 2018/02/20(火) 12:55:01|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
| ホーム |
次のページ