タイトル

やらかしてしまった暁星チーム練

一週間ほど前からまたBBの異音が出始めてしまい、土曜おはサイでも相変わらず出ていたので、練習後に再度お店に持ち込んで会長に見てもらう。
前回は2ヶ月前で、BBをばらしてグリスアップをしてもらったら消えたのだけど、今回はまたちょっと違う音のような?
いろいろ見てもらった結果、パイオニアの取り付けに必要だったある部品を替えてもらって様子を見てみることに。

翌日のチーム練に向かう途中、恐る恐る回してみると音がしない。これは……消えた?
やった!\(^o^)/
微妙に気になる程度の音だったのでかなり嬉しい。と言ってもまだ油断はできないのだけど。
しかしこんなの絶対自分では対処できないなー。毎回お世話になってます。

5分前に集合場所の矢那川ダムに行くと今日も盛況。
あっ、もてぎのチャンピオンジャージの人が!(笑)

もてぎのチャンピオンジャージ

そんなこんなでスタート。前回と同じくAは6周。9人くらいだったか?
1周目の下宮田はF谷君先頭で5.5倍ほど。いきなりキツい。
登り初めてすぐネモッティが下がったので「どうした?」と聞いたら前日のハード練で疲れたみたい。まーあんだけ乗ってれば……。

1周目を終えて6人に。そこからは基本F谷君とS籐君が長く牽いてペースを作ってくれる。
自分は情けないが生き残るのが目標。
登りはなんとか耐えられるペースだけど、それにも増して下宮田の前の平地がやたら速い。F谷君がどんどん前に被せて牽きまくる。
加えて暑さもしんどくて、若干集中力が落ち気味。

5周目の下宮田でI田さんがチェーンを落として遅れてしまい、5人(S籐君、F谷君、ヒデさん、H矢さん、自分)で6周目へ。
最初のダム坂は先頭で入ってしまい、ここでアタックされたら即死もありうると思ったのでギリギリアタックがかからない程度までペースを上げる。
アタックはかからずそのまま下って下宮田へ。

前回同様、S籐君、F谷君、ヒデさんのペースアップに着いていけずサクッと千切れる。
途中でH矢さんに交わされたものの頂上で追いつき、そこから二人でローテ。
しかし、チビ坂に向かう途中のゆるい登りで集中の糸がプツリと切れてしまい、H矢さんの後輪にハスッてしまう。あっと思った時には遅く、右側にバターンと倒れて落車。
やっちまった。

幸い登りでスピードはあまり出てなかったので骨は大丈夫そう。自転車は、プーリーが内側に入ってスポークに当たっていたけどH矢さんが応急処置で戻してくれて、自走できる状態に(ありがとうございます)。

転び方としては、右足太ももの外側80%、右手のひら20%くらいで衝撃を受け止めてフレームを守った(笑)ような感じ。右手はグローブをしていたのでまったくの無傷。右足はウェアは破れなかったけど広めの擦過傷、あと打ち身の痛み。

とりあえず走り出してみたら変速も問題なかったのでそのままゴールまで走る。しかし腰の痛みがあったので2部練はパスさせてもらって帰宅。

チーム練(暁星周回×6): 1時間30分37秒 / 639mUP / ave210W / NP253W / 164(181)bpm / 91rpm / L48.9% - R51.1% / 33.8km/h

バイクのダメージは、リアディレイラーが少し削れたのと、

ディレイラー

バーテープが破けたくらい。

バーエンド

ホイールの振れもなし。
機材のダメージはこの程度で済んだので良かった。

それにしても一番やってはいけないミスをやってしまったなー。今日は途中でも前走者に近づきすぎてしまうことがあって、暑さで集中力が落ちてるのかなという意識はあったので、もっと気をつけるべきだった。猛省しなければ。
ひとまず誰も巻き込まなかったのが不幸中の幸い。

擦過傷の方は、見てみたら意外と範囲が広かったので、「必殺・パイロール塗ってラップぐるぐる巻き作戦」で。経過は順調。
打ち身の痛みも1日経ったらだいぶ良くなってきた感じ。

あとやはり今回思ったのはグローブ大事。してなかったらひどいことになっていたと思う。ヘルメットもそうだけどこういうことがあると絶対に「なし」では乗れなくなるな。
【チーム練】カテゴリーの記事

  1. 2018/04/30(月) 12:45:32|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土曜、9人でおはサイ(とNewハンドルバーの感想)

土曜おはサイ

GWは谷間の平日に普通に仕事が入ってしまい、暦通りの出社なのでいまいち自分の中では盛り上がりに欠けますが、それでも連休は嬉しい。お天気もいいし。
暑すぎず、花粉もない今の季節が一番走りやすいな。

連休初日の土曜おはサイは、あんまり集まらないかもという予想に反して9人。そのうち一人はI田さんが誘ってくれた初参加のS田さんという方で、ALPHAWKというチームに所属されていて年間3万キロ乗るクライマーらしい。正直なところ怖い(笑)
さらに珍しいことにcyclowiredのI部君も登場。久しぶりだなー。確か、数人で5:30スタートでやっていた頃のおはサイ黎明期に一度来てくれて以来。

1周目はいつものように35km/h指定でスタート。S田さん、ケイデンスがかなり高くてペダリングも綺麗。自分はあれだけ回し続けるのは無理だな。感心して思わずずーっと見てしまう。
集団は人数も多いので楽。というか、全体的に余裕ありそう。

2周目は37km/h指定で。1周目もほとんどこれくらい出ていたのであまり変わらず。I部君は元気あり余ってる感じ。
自分は交換したハンドルの感触を確かめながら走る。やはり、ドロップを持った時の上体の角度が全然違うから巡航は明らかに楽に(正確には以前より低いワットで同じスピードを保てるように)なった気がする。
ほんとにこれはもっと早く変えるべきだったなー。

というか、吊しの状態からスペーサーを全部抜いて、ヘッドキャップも極薄のやつに、ステムも下向きのものに変えてもらって、さらにハンドルもドロップの深いものに変えてようやく以前と同じポジションが出たということから言えるのは、トレックの完成車って相当コンフォート寄りのポジションなんだなと。プロジェクト1ならH1フィットでもっとレーシーなジオメトリを選べるけど、そもそもエモンダSL6にはプロジェクト1の設定がないし。
完成車はコストパフォーマンスは確かに良いけど、レース寄りのポジションを出すのには向かないということか。

2周目を終えて、まだ集団は余裕のある人が多そうだったので、一気に上げて40km/h指定に。
チーム練のAのペース。でも人数を生かしてどんどん交代していけばいけるはず。
順調に指定ペース通りに、むしろそれより少し上くらいで進んで、中袖往路でS田さんとI部君に「最後の海に向かう直線はフリーで、3本目の橋がゴール」と伝える。

最後の直線は、アタックはなかったもののじわじわと集団のペースが上がっていき、二つ目の橋の手前で自分の番が来たので同じようにじわっと上げていく。
それで3人になり、Y本さん、I田さんの後ろに。Y本さんの牽きからI田さんがスプリントするのに反応して、途中でまくってなんとか先着。先頭に出てからゴールまでが1分7秒438W。
やっぱりこのハンドルいいな。もがいてる時の頭の高さが全然違うし、力も入れやすい。出力自体はいつもと変わらないのだけど。

おはサイ(袖ケ浦周回×3): 1時間19分39秒 / ave195W / NP226W / 155(187)bpm / 87rpm / L46.5% - R53.5% / 37.1km/h

ちなみにこれが以前のぶさんの車載カメラで撮ってもらった映像から自分のスプリント部分を切り出したもの。

後方からの画像

車載カメラの位置からでも背中が見えるくらい上体が起きてしまっている。
これだと絶対空気抵抗受けまくりのはず。
変えて正解だったな。

終わってから皆でおしゃべりして、S田さんも楽しかったと言ってくれたので、機会があればぜひまた来てくださいとお願いする。
やっぱり他のチームの方に来てもらうと刺激を受けられるし、走り方とか見て勉強にもなるので。

あと、I部君のバイクがド派手だった(笑)

I部君のバイク

スペシャのアレースプリント、RED HOOK限定カラーだとか。
すごく固いと言っていたけど、見た目のインパクトは大。いいねー。

帰ってから今度はこっちのメンバーと昼サイへ。

昼サイ
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2018/04/30(月) 07:54:31|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Zwiftのワークアウトで視界がぼやける演出はオフにできる

昨日、Zwiftのカスタムワークアウトをいじっている時に気づいたのですが、設定画面からワークアウト中の視界がぼやける演出(Workout Distortion Effect)を切ることができるようになったみたいですね。

Workout Distortion Effectはこんなやつです。

AC Intervals(2+2min)*4 noise

やり方は、Zwiftのメニュー → 設定 → "Workout Distorion effect"を「オフ」にすればOK。

Workout Distorion effect

これは好みが分かれると思いますが、自分はこの演出があった方が「追い込んでる感」が出るので残しています。
ゲートをくぐるとパッと視界がクリアになるのも気持ちいいし(笑)
ですが、人によってはあの効果が目障りになるかもしれないので、その場合はオフにしてしまいましょう。

もう一つ気になったのが、「ラップトップ電池セーバー」という項目。これ、前からあったっけ?

ラップトップ電池セーバー

デフォルトで「電池セーバー 中」になっていたのですが、自分はZwiftやる時は常に給電しながらやっているので(以前痛い目を見て以来)、消費電力を気にしない「最高速度」にしました。
これで多少動きが滑らかになるかな?
【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2018/04/26(木) 19:05:04|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日曜、Zwiftレース。「WBR 3 Laps Hilly Race Reverse」

先週の土曜は授業参観のためおはサイは不参加。まだ入って2週間なのにいきなりやるのか、と思ったけど雰囲気がわかって良かった。
その後もいろいろ用事をこなして結局ノーライド。一週間の疲れが出たのか、時間があったとしても乗る元気はなかったな。

日曜はレース参加の人が多く、有志による自主練の呼びかけもなさそうだったのでZwiftレースをやることに。
7:15からの「WBR 3 Laps Hilly Race Reverse」にAカテでエントリー。
距離は27.5kmで、ワトピアHillyを逆回りで3周。

コースプロフィールはこんな感じ。(左から右に進む)

WBR 3 Laps Hilly Race Reverse コースプロフィール

WBR 3 Laps Hilly Race Reverse start

30名以下と少なめでスタート。
スタートダッシュで10人ほどに絞られてから最初のアップダウンへ。かなりキツいが何とか耐える。

その後、メインの坂で石像の車輪をくぐる右カーブからガツンとペースアップ。
7倍でギリギリ着いていく。一旦落ち着いたと見せかけて2発目も。
メチャクチャきつい。
メインの坂を登り切るまでの9分1秒が289W。

これで7人になり、下って2周目。
前半のアップダウンをこなし、メインの登り。1周目とまったく同じ、石像の車輪をくぐるあたりから強烈なペースアップ。
ここで自分を含む3人ほどが千切れる。だめだ、着いていける気がしない。

ペースを落として息を整えていたら、後ろから同じように千切れたモヒカンのオージーが来たので後ろに着かせてもらう。
7位の人が追ってくる気配はなく、以降ゴールまでずっとこのオージーと二人で。

さっきの登りでかなりダメージを受けていたので前半は着き位置にさせてもらい、3周目でようやく復活してきたのでちょいちょい先頭交代。
オージーが登りでペースを上げるので、「追いつかれる心配はないからイーブンでいこうよ~」と思ったけど頑張って着いていく。
すると前を走る4人が視界に。おっ、もしかして追いつこうとしてたのか。
しかし二人で頑張ってみたけどもう一歩届かず。悔しい。

オージーには前半さんざん牽いてもらったので最後の下りは長めに牽いて、5位争いのゴールスプリントは譲ってゴール。

WBR 3 Laps Hilly Race Reverse result

WBR 3 Laps Hilly Race Reverse: 41分2秒 / ave262W / NP271W / 168(178)bpm / 91rpm

Zwift Powerでは心拍計なしの人がいたせいか、繰り上がりでAカテ3位。
なんか、毎回やる度にキツすぎて放心状態になって、「もう二度とやるか」と思うんだけど、やはり一人でレース強度に順応させるにはこれが一番なんだよなあ。

あと、「どんなにボロボロでもDNFしない」というのを自分に課していて、これは一度やっちゃうとクセになるしリアルレースにも悪影響を与えるから。不可抗力の中断が入らない限りビリでも最後まで走る。
やめたくなってからどんだけ頑張れるか、なんて練習なかなかできないからむしろありがたい。

Zwift終わってから、前からやりたかったサドルポジション変更。
2mm下げて、3mm引いてみる。高め・前乗りから昔のポジションに近い感じに。
これでちょっと様子を見てみよう。

海

午前中は子供たちを連れて公園サイクリング。
ストライダーって意外とスピード出るのね。Carry-meと併走できてしまう。
午後は病院行ってから鯉のぼり立てたところで体力が尽きてダウン(笑)
【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2018/04/23(月) 12:57:35|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自転車乗り的「IFTTT」の活用事例

IFTTT

最近、IFTTT(イフトと読む)というサービスをいろいろいじっていて、これは意外と自転車にも使えるんじゃないかと思ったのでメモ。

ご存じない方のためにIFTTTについて補足すると、一言で言えば二つの異なるサービスをつないでくれるというものです。例えば、「特定の人からGMailが来たらLINEに通知する」「Facebookにタグ付けされたらその写真をDropboxに保存する」「体重計に乗った結果をGoogleスプレッドシートに記録する」といった具合。
この「○○があったら△△せよ」というコマンドは「アプレット」と呼ばれていて、アプレットはIFTTTのサイトから無料で簡単に作成することができます。

IFTTTの登録方法やアプレットの作り方の詳細はたくさん情報が転がっているので割愛して、ここでは思いつくままに自転車乗り的に役立つかもしれないアプレットをいくつか作ってみました。(狙い通りに動いていないものもありますが)

IFTTTの設定画面はこんな感じ。「this」にきっかけとなるイベント、「that」に実行したいアクションを指定するだけでアプレットが作れます。
見ての通りIFTTTは「If this then that」の頭文字からとられています。

If This Then That

GMailトリガー設定画面


■ Stravaにアクティビティを保存したらEvernoteに練習日誌を追加する

this → Strava: "New activity by you"
that → Evernote: "Create a note"


Stravaに新しく保存したアクティビティのサマリー情報を自動的にEvernoteに追加してくれます。
実行するとこんな感じ。

Evernoteに追加されたノート

転記されるデータは日時、ルートマップ、距離、運動時間、Stravaアクティビティ画面へのリンクのみですが、それ以外はリンク先を見ればいいので十分とも言えます。
あとは、調子の良し悪しだとか所感を書き足せばいいだけなので、テンプレートとして使えそうです。
普段、Evernoteに練習日誌をつけている人には便利なのではないでしょうか。

また、「this」側の設定で、バイクとランのいずれか、または両方を対象にすることもできます。
唯一不可解なのは、距離がなぜかメートル単位であること。これは謎。


■ Stravaにアクティビティを保存したらGoogleカレンダーに追加する

this → Strava: "New activity by you"
that → Google Calendar: "Quick add event"


上のと似ていますが、カレンダーに記録を残したい人向け。
Stravaにアクティビティを保存すると、自動的にその開始・終了時間でGoogleカレンダーに運動の記録を残してくれる……はずでしたが、なぜかうまく動いてくれません。

原因がよくわからないのですが、当日ではなく翌日走ったことになってしまいます(笑)
ユーザーのセッティングでタイムゾーンも「Tokyo」にしてるんだけどな~。
Strava側もずれてはいないし……。

他にGoogleカレンダーのアクションとしては、"Create a detailed event"という、メモ欄も使えるタイプも用意されているのですが、こちらは開始・終了時間をあらかじめ指定しないといけないので、Stravaと連携させる用途には向きません。

……という状況でして、どなたかやり方ご存じの方いたら教えてください(笑)


■ Stravaにアクティビティを保存したらGoogleスプレッドシートに追加する

this → Strava: "New activity by you"
that → Google Sheets: "Add row to spreadsheet"


これも似たパターン。実行すると自分のGoogleドライブに「IFTTT」というフォルダが、その下に「Strava」というフォルダが作られます。さらにその中に「Strava Ride log」というスプレッドシートが作られて、ライド情報のサマリーが行追加されていきます。
これはあんまり需要ないかも。


■ 特定の場所を通過したらTwitterでつぶやく

this → Location: "You enter an area"
that → Twitter: "Post a tweet"


エリア指定

IFTTTではスマートフォンの位置情報をイベントとして設定できるので、例えば定期的に行っているスポットを設定しておけば、そのエリアに入った/エリアから出た(または両方)時に勝手にTwitterにポストするといったことができます。
つぶやくテキストも自由に編集可能。「例:鹿野山なう #IFTTT」
ただしやりすぎるとウザがられる系のものではあります(笑)

あるいは、自転車通勤なら通勤経路上のどこかをエリアとして設定しておいて、アクションをGoogleカレンダーにしておけば、いつ自転車通勤したかを記録として残せます。(Googleカレンダーの日付ずれ問題は置いといて)
渡す先がなんであれチェックイン機能として使えるのは便利そうです。


■ 明日の天気を好きな時間にLINEで通知する

this → Weather underground: "Tomorrow's weather report"
that → LINE: "Send message"


これまたいくらでもありそうなサービスではありますが、IFTTTだと細かなカスタマイズが可能。
通知タイミングは分単位で設定可能で、メッセージの内容もいじれます。
ただし、最高/最低気温はデフォルトでは華氏(F)になっているので、「Add ingredient」ボタンを押して摂氏(C)に変更しておきましょう。

さっそくテスト。

天気予報通知

つーかなんだこのやる気のないお天気マークは……。(不要なら出さないようにもできる)

ちなみに、お天気を調べる地域は自動的に現在地周辺に設定されるようですが、これを変更するのはなぜかスマホのIFTTTアプリからでないとできませんでした。(Weather undergroundのsettings > edit connection)


(番外編)GoogleホームとLINEを連携させて簡易伝言ツールを作る

this → Google Assistant: "Say a phrase with a text ingredient"
that → LINE: "Send message"


ここから自転車とまったく無関係ですが、興味本位でGoogleホームとLINEを連携させてみました。
Googleホームの裏側ではGoogle Assistantが動いているので、連携先はGoogle Assistantに設定。

ここで、「What do you want to say?」の項目に「お父さん $」、「What do you want the Assistant to say in response?」の項目に「お父さんに $ と送りました」と入力し、言語をJapanに設定。
これだけで、Googleホームに「OK Google、お父さん、○○…」と言うと即座にLINEに通知が来ます。

さっそく子供にテストさせてみたら大体予想通りの結果に……。

簡易メッセージングツール

なんだ跳ね橋って。

とりあえずこんな感じで簡易メッセージングツールが作れます。一方通行ではあるけど、端末操作ができない子供でもメッセージが送れるのは便利。
ラズベリーパイ(シングルボードコンピュータ)などを使えばGoogleホームにしゃべらせることもできるようですが、ちょっと敷居が高い。標準機能でできればなー。

少し使ってみた印象としては、IoT機器と組み合わせれば見守りシステムなんか簡単に構築できそうだし、アイデア次第でいろいろできそうです。
こういったものが出てくると個々のサービスが独自に通知機能や連携機能を持たなくても済むので開発が楽になりそう。IFTTTに依存しすぎてしまうのも問題ですが……。

個人的には、StravaからTCXファイルを自動ダウンロードしてDropboxに置いたり、Stravaのギア管理でチェーンなどの消耗品系の使用距離がしきい値を超えたら通知、とかできるようになってほしいです。
指定したセグメントで特定の友人に負かされたら通知、というのは既にあったりするのですが、そこまで張り合いたいって相当のライバルだな(笑)

【関連記事】
Evernoteで「後から活用しやすい練習日誌」を作る
Google Home miniとChromecastを組み合わせたらテレビが子供用動画再生機になった
【携帯・インターネット】カテゴリーの記事

  1. 2018/04/20(金) 12:55:19|
  2. 携帯・インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ