タイトル

かなり久々のチーム練

しばらく間が空いてしまいました。ひと月前くらいから仕事方面でトラブルがあり、ストレスで心身共に不調に陥って自転車どころではなくなってしまいました。セオフェスも迷わずDNS。
今も事態は収束してないけど少し良い兆しも見えてきたので、リハビリも兼ねてぼちぼち再開していこうと土曜は富津公園を軽めに周回。しかし自転車の乗り方を忘れつつある……。

日曜はチーム練を袖ケ浦でやるらしく、今の状態でチーム練の強度は自殺行為にも思えたけど、久々に大勢で走ったら楽しかろう(いや苦しかろう)と行ってみることに。
20人弱?が集まってお久しぶりの方々にご挨拶。

会長からアナウンスがあり、今回は新コースで中袖周回と隣接した小周回を組み合わせた8の字コースを5周、中袖復路は毎周スプリントで、小周回はペースを落としてまとまるようにとの指示。
確か昔H詰さんと中袖練をやった時も同じコースだった気がする。あの時は小周回の西行き道路がスプリントポイントだったけど。

1周目の中袖復路。いきなり速ーい。必死で集団に着いていくと、残り400mの目印にしている黄色い看板の手前で先頭が回ってきて、リードアウトする格好。全開で先頭を引いてから横にどいたら後方からF谷君がカッ飛んでいって余裕の一着。
その後、リエゾン区間でゆっくりまとまるのかと思ったら意外と速くてビビる(笑)

#1: 2'48 / 288W / 45.7km/h

2周目。また同じようなタイミングで先頭に。今度はいけるとこまで踏んでみようとある程度頑張って、後ろを見たら少し車間が空いている。これ絶対最後に捲られるパターンだと思いつつなぜか逃げ切り。ラスト41秒583Wがこの日のベスト。

#2: 2'39 / 344W / 48.2km/h

3周目。ローテに入れるメンバーがちょっと減った感じ。自分もキツくて長くは牽けない。スプリントは展開覚えてないけど集団に埋もれて、確かネモッティが獲ったような。

#3: 2'45 / 290W / 46.5km/h

4周目。ちゃんと位置取りを意識して狙いに行く。4番手くらいで残り400を過ぎ、ネモッティがすき間を突いてスプリントしていったので後ろに着いて、さあここからと思ったけど全然差が詰まらない。さらにその横をF谷君が抜いていき、二人を見送って3着。
位置取りは良かったんだけど弱すぎた。

#4: 2'39 / 304W / 48.2km/h

5周目。もう脚が限界に近い。途中の先頭牽きだけで脚が攣りそうになり、中袖復路で先頭牽いたら完全に攣ってしまってTHE END。集団最後尾で空しくスプリントを眺めながら流していたら会長に動画撮られていた(笑)

#5: 2'49 / 278W / 45.4km/h

それにしても、皆さんいつもこんな強度で走ってるのか、今日がたまたまなのか。たまたまってことはないな。
今思えば、先日のおきなわを獲ったMIKさん含め、おきなわの歴代優勝者が140km、100km、50kmで4人もいたしなあ。
こんな環境で鍛えてもらえるのはありがたいです。

自分としてはリハビリのつもりがショック療法のような感じになってしまったけど、久しぶりの集団走行は楽しかったし、いい気分転換になりました。
やはり乗れてないと体力不足を実感する。少しずつでも戻して、まずはチーム練で最後まで走り切るのを目標に。
来週からまたストレスの多い生活に戻るけどたまには乗れるといいなあ。

走行距離:66.7km
走行時間:2時間17分11秒
平均時速:29.2km/h
平均心拍:135bpm
平均ケイデンス:78rpm
消費エネルギー:1147kJ
AP/NP/IF/TSS:124W/207W/0.77/150

【チーム練】カテゴリーの記事

  1. 2018/11/25(日) 19:13:22|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

野獣さんと走るイオンおはサイ

火曜はイオンおはサイへ。一時期寒かったけど最近はまた暖かく、半袖ジャージ+アームウォーマー+タイツ+ウインドブレーカーの格好に戻る。
あと去年買った薄手の長指グローブがこの時期は大活躍。指抜きでは寒いし、冬用じゃ暑すぎるからこれがちょうどいい。

真っ暗闇の中をライトをHighモードにして走り、イオンモールへ。ここでサイコンのスタートボタン押し忘れに気づく。
コースに入るとさっそくテールライトが見えたので合流したらananさん。
数周回って信号待ちしてたら後方から一人来て、I田さんと合流。以降、しばらくこの3人で周回。

前日のミニレースの疲労感もあり、自分の先頭牽きは40km/hくらいが精一杯だったのだけど、野獣・I田氏が今日は車で来ていたらしく、パワーがあり余っている様子。牽きも長いしバックストレートで47km/hとか出てるし。集団の中なのに全然楽じゃない。
1回立て直して、そこからほぼイーブンペースでいくが、イーブンでもキツい。ノンストップでいける2kmの区間はほぼ毎周ave40km/h超え。ひたすら耐える。

残り2周でtaoさん合流。フレッシュな人きたー。なるべく脚を使ってもらうように前に入ってもらう。
ラスト1周は、前半taoさんが牽いてくれて、2コーナーの先で先頭が回ってきたのでペースアップ。野獣さんが着いてきたので残り300くらいで交代、というか横並びで声かけながらスプリント。最後まで先行されてゴール。強い。

イオンおはサイ(9周): 28分48秒 / ave240W / NP317W / 153(177)bpm / 89rpm / 414kJ / 37km/h

イオンおはサイログ

ラスト2分3秒が401W、スプリントは34秒636W。
ほとんど野獣さんに引きずり回されて終わった感じ。
サラ脚だと勝ち目がないなー。野獣なのに文明の利器に頼るとは……。(しかし自走だと相当な距離があるのもわかる)

ありがとうございました。
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2018/11/08(木) 19:52:30|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月曜、TFC Group 2.2-2.3 W/Kg Group Ride

週明けはZwift。土曜のおはサイ以降、一週間の疲れがどっと出た感じで日曜も乗れず、動いたのと言えば子供たちを連れてお見舞いに行ったくらい。それすら結構しんどい。
6時頃にログインすると、ちょうどゆるそうなグループライドをやっていたので途中参加。「TFC Group 2.2-2.3 W/Kg Group Ride (D)」というやつ。人数は100名くらい?
そしてコースはワトピアだったのに、グループライドはなぜかリッチモンドにワープ。こんなことあるんだ。

TFC Group 2.2-2.3 W/Kg Group Ride (D)

予想に反してゆるゆる詐欺ではなかった。表記に偽りなく2.3W/kg前後、いっても2.5W/kgくらいまでで、大集団で楽しく走る。(でもコースは楽しくない)
と思ったら、ライドリーダーが「ラスト1周の5kmはミニレースをやるよ」と。最近このパターン多いな。
のんびり走るつもりだったけど、5kmだけなら参加してみるか。

全員がライドリーダーの後ろに下がり、残り5kmあたりから「GOGOGO」の合図でスタート。
いきなり速い。
そして大体においてこの手のイベントはライドリーダーがかなり強いことが多く、先頭集団の数名にしっかり入ってる。
キツいけど、短いのですぐに残り1km。残り400mあたりからアタックして、逃げ切ったと思ったらその前に一人逃げていたみたいで2位。途中参加なので着順はつかなかったけど。

5kmミニレース: 6分33秒 / ave324W / 168bpm / 96rpm / 47.0km/h

グループライドが終わるとまたワトピアに戻され、しばらくダウン。
と思ったけど後半は何となくアメリカ人と一緒にペースが上がってしまってL4域に。
なんかZwiftって流すつもりでも上げよう上げようとしてくるような……。

そういえばZwiftのお値段すえ置き期間が今月で終わるらしく、来月からいよいよ1500円になってしまう。
まあZwiftのおかげで退屈なローラーも楽しく続けてこられたのだし、特にこれからのシーズンはローラーの頻度が上がってくるだろうから今後も継続するつもりなのだけど、やっぱり値上げは痛い。
その前にいい加減ドル建て払いを円建て払いに変えないと。一旦解約しなくても変えられるんだろうか。
【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2018/11/08(木) 19:09:49|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沖縄前の土曜おはサイ

おはサイ

土曜は久々の袖ケ浦周回練。先週も先々週も朝だけの通り雨にやられて中止だったので、3週間ぶり。
前日の真舟練がかなり寒くて最後までウインドブレーカーを脱げなかったので、この日はしっかり冬用ジャージを着込んでいく。しかし周回コースに近づくにつれ気温も上がっていき微妙に失敗。この時期の服装は難しいな。

集まったのはMIKさん、みえさん、taoさん、ゆりさん、ananさん、S木サトシさん、自分の7名。来週いよいよ沖縄という人も。(自分は行きませんが)
沖縄組の練習になるように最後までまとまっていきたいところ。と言っても千切れる心配はないのでいつも通りでいいか。

この日は公園で何やらイベントをやるらしく、海岸線区間がコーンで1車線に規制されている。しかしtaoさんが聞いてくれたところによると路駐をさせないための措置で自転車は中を走っても構わないと言ってくれたらしく、コース変更はなし。1車線だと後ろから大型車が来た時に逃げ場がなく、道を塞いで迷惑をかけてしまうので中袖10周にしようかと思っていたけど、良かった。
ペース指定はいつもと同じ、36→38→40km/hでスタート。

前日の真舟のダメージがまだ残っている感じで、脚が重い。1周目は集団の中で脚をほぐすようにリラックスして走る。久々の集団走行は楽しい。
風向きは北から強めで、中袖往路は集団内にいても結構脚を使う。本当は海岸線が一番キツいのだけど、今回はコーンの内側で安全のため速度を落としていたので助けられた感じ。ただ、出口がテープで塞がれてしまっていたのでそこはちょっとこじ開けて進む(最後に戻しておきました)。

3周目に入ってペースも上がり、だんだんキツくなる。コーンを戻す時にローテーションを1回飛ばしてしまったので、中袖では気持ち長めに牽く。3分20秒313W。
ここまでいつも通りのペースだったけど、最後のフリー区間まで一人も脱落者なし。女性も二人いるのにすごい。(というかこの二人が別格すぎる)

右折から最後のフリー区間へ。1回なら上げられそうだ。集団の中でタイミングを計り、1本目の橋の手前からじわーっと前に出る。一気に飛び出すと放置プレイの末泳がされて自滅コースだけど、徐々に加速する感じなら数人引き連れて最後までローテを使えるはず。

狙い通り数人着いてきたのでシッティングで限界まで上げてひたすら我慢。それでも50km/hがやっと。最後のひともがき分の脚を残して交代するとMIKさんが牽いてくれて、その後ろは何人か続いていたけどスペースが空いていたので番手に入る。
MIKさんの長い牽きで、後続から誰か来るかと見ていたけど来なそうだったのでスプリント。ここは一気に引き離すようにいきたかったけどもう脚が終わっていて、まったくキレがない。これ間違いなく最後に差されて終わるやつだ、と怯えながらゴール。奇跡的に逃げ切ったみたい。

おはサイ(大周回×3): 1時間23分18秒 / ave195W / NP244W / 146(183)bpm / 86rpm / 978kJ / 35.4km/h

ラスト2分30秒が385W。Golden Cheetahを見ると、どういう訳か1分30秒から2分30秒までのCPをごっそり更新しているように見えるけど、ほんとか?
デブ化効果なのかなあ。
単発の短時間なら少しはいけるけど、エンデュランス能力が落ちまくっているのは明白。なんせ直近半年の100km超えがTマートライド1回ですから……。

終わってからいつものように楽しく談笑。聞くところではこの日公園で行われるイベントは「同時に袖まくりのギネス記録に挑戦」らしく。袖ケ浦だけに。
スタッフの人数を見ても結構規模が大きい感じ。ここは子供ともよく遊びに来るので、個人的にはフード系のイベントもやってほしいな。

ギネスに挑戦

[追記]
その後調べてみたら、無事に683人でギネス記録達成した模様。おめでとうございます。

走行距離:63.7km
走行時間:2時間4分16秒
平均時速:30.8km/h
平均心拍:129(186)bpm
平均ケイデンス:80rpm
消費エネルギー:1214kJ
AP/NP/IF/TSS:147W/212W/0.78/140

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2018/11/05(月) 19:15:28|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1分だけ頑張る真舟おはサイ

金曜は真舟おはサイ。先週末からの疲れが出てきそうではあるけど、ひとつやらなければいけないことがあったので無理矢理起きる。
やらなければいけないというのは、真舟トンネルのKOMを先週奪われたので奪還しようと。
こうやって文章にするとどーでもいい感がすごい(笑)。しかしその朝は一応それなりに本気でいくつもりで出発。

自分でセグメント作っておきながらスタート地点がいまいちよくわからず、保険をかけて登りの少し手前から踏み始める。
突っ込みすぎたかなあと思いつつ一旦腰を下ろして、出口が見えてからまたダンシングでT字路まで。
1分586Wで9倍ほど。一応KOMは取り返せたみたい。踏んでいたのはもう少し長く、1分30秒506Wもおそらく自己ベスト。
これでまた取られたらもう諦めよう。

その後はさすがにまったく力が入らず、ここでF谷君と二人とかになったら死ぬだろうなーと思いながらフラフラ走っていたら、後方からF谷君がさっそうと登場。\(^O^)/
しかも沖縄用にいけてるホイールも装備してる。
どうすんだこれ。
とりあえず後ろに着いて走り始めるも、登りでナチュラルに千切れそうになったので「ごめん、1周回ってきて!」とお願いしてリカバリー。

あっという前に戻ってきて、そこから辛い時間がスタート。
I田さん直伝の2in1システム(2周牽いてもらう)でお願いするも、自分が牽く周は明らかに遅い。登りも30km/h出てないし。これで40秒400Wくらい。
沖縄前にこれじゃ練習台にもならなくて申し訳ないな~と思いつつ耐える。
6周して、ラストは登りであっさり置いていかれて終了。
キツかったけどよく耐えた。<自分

F谷君のホイールを見て思ったのは、やっぱり50mmハイトくらいのホイールがもう1本欲しいなと。
今履いてる完成車付属35mmも悪くないんだけど、オールラウンドに使える一方で尖ったところがないというか、無難すぎるというか。
そんな贅沢を言う前にこのポンコツエンジンを何とかしなければいけない。
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2018/11/04(日) 18:08:54|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |