タイトル

Zwiftのグループライドで時間との戦い

GGCC Glasgow Green CC Tuesday Training ride (E)

最近、平日はZwiftしかしてません。
月・火と残業のダメージで起きられず、水曜やっと起きてZwift。イベントスケジュールも見ずに行き当たりばったりで、ログインしたらちょうどGGCCのグループライドをやっていたので飛び入り参加。幸いまだスタートしてすぐだったみたい。

陽気なライドリーダーのSmith率いる100人超えの大集団に埋もれながら3倍前後で走る。Greater Londonを3周するので40kmほどと結構長い。
というか、残り距離を考えると、ローラーを終わらせて子供の登校の支度に取りかからなければいけない時間に間に合うかどうかかなり微妙。
でも最後にミニレースやるって言ってるし、それに出ないで終わるのはつまんないなあ。
ギリギリまで粘ってみるか。

毎周のスプリントポイントではライドリーダーが煽ってくるけど、最後にミニレースがあるためかみんなやる気なく、腰すら上げない。
ラストの3周目に入って自分の残り時間は10分。んー、これはちょっとオーバーしちゃうけど最後までいってしまおう。
1秒でも早く終わらせたいので積極的に先頭に出て、それとなくペース上げて牽いてたらRide Onをたくさんもらう(笑)

残り3.5kmで全員ライドリーダーの後ろに着いてから、「GO GO GO」の合図。踏んだら先頭に出てしまい、意外と皆おとなしいのかなと思ったらそうでもなく、後からどんどん追いついてきてキツいペースに。ライドリーダーも先頭集団にいる。

距離が短いだけにほとんど緩むところもなく残り1km。先頭に出てしまうが、この時点でもう子供を起こす時間を結構過ぎていたので後先考えず牽き続ける。
残り400mを切ってからスプリント。と言っても3本ローラーなのでシッティングのままギアだけ上げて全開で回す。やっぱりというか、まず一人かなりの速度差で抜かされ、ゴール直前でタレてきたところをさらに二人に抜かれて4位でゴール。

このほんの数分のレースで出し切った感……。即自転車を降り、這うように階段登ってゼーハーゼーハーしながら起こしにいったら不審者が来たと思ったらしい。
後でデータを見てみたらラスト5分が357W。これは、まさかのCP更新?4~6分もゴソッと更新してないか。

Zwiftじゃなかったらローラーでこんな数字は絶対出せないはず。Zwiftさまさまだなあ。
ガチレースに出る気力がまだ足りない自分には、途中までゆるくて最後だけ頑張るこのフォーマットがちょうどいいです。

さて今週末のおはサイ復帰に向けて、まずは起きる練習から始めなければ……。
【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2018/12/06(木) 20:09:41|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Zwiftの支払いをドル建てから円建てに変更

order history

以前からやろうやろうと思いつつ放置していた、Zwiftの円建て円払いへの切り替え。
それまでずっとドル建て円払いで、先月くらいにお値段据え置き期間も終わってしまったので$10.00から$14.99にアップ。そして、$14.99は本日の時点で1,694円と、円建て料金(1,500円)より200円近く高い。これはさっさとやってしまわねば。

と思っていたらのぶさんからタイムリーな情報をいただき、先人のブログを参考に無事に切り替えできました。
大まかな流れとしては、

1. MANAGE MEMBERSHIP画面にアクセス
2. MEMBERSHIPのキャンセル
3. 改めてMONTHLY MEMBERSHIPにアップグレード
4. 円建て円払いになっていることを確認


という感じで、手順自体は特に難しくはないです。
が、一番最初の「MANAGE MEMBERSHIP」画面に辿り着く方法がなかなかわかりにくかったのでそこだけ自分用メモ。

1. Zwiftのサイトにアクセスし、ログイン
2. 右上の自分のアイコンにカーソルを持っていって「MY PROFILE」を選択
3. 左上の「SETTINGS」をクリック
4. 画面中央上部にある「BILLING」をクリック
5. 左上のメニューにある「MEMBERSHIP」をクリック


この画面に辿り着いたら、(色が薄くて見つけづらいけど)下の方にある「CANCEL MEMBERSHIP」をクリックすれば月額会員の解除ができるので、再度「MANAGE MEMBERSHIP」画面にアクセスして「MONTHLY MEMBERSHIP」にアップグレードすればOK。

その結果、こうだったのが、

member $14.99

こうなりました。

member

ちなみに月額会員を解除して、また新たに契約し直しても、それまで上げたレベルや獲得したアイテム、作成したワークアウトなどはちゃんと引き継がれます。

Zwiftは確かに毎月費用がかかるけど、退屈なローラー時間を楽しく上質なものに変えてくれるので、当分は続けるつもり。
今日は短時間のワークアウトに集中したいとか、ゆるいグループライドをしたいとか、レースで追い込みたいといったように、その時々の調子や気分に応じていろんな選択肢から選べるところが良いです。(しかし最近はゆるいグループライドしかやってない気が……)
【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2018/12/05(水) 19:10:38|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

袖ケ浦チーム練とスプリントの気付き

今週も仕事が忙しく残業の日々。寝るのが遅ければ早起きなどできないのは当たり前で、おはサイもまったく行けず、2回ほど短くローラーをやったのみ。
外に出てないから寒さ耐性が落ちてきてる。

土曜のおはサイも到底起きられそうになかったので「自主練」とだけ書き込んで寝てしまったのだけど、後で見てみたらMIKさんが代理で仕切ってくれて、かなり濃いメンバーが集まっていた模様。ありがとうございます。来週は行きたいなあ。

日曜のチーム練は8時スタートで、場所も袖ケ浦で近かったので先週に引き続き参加。今週も大勢集まる。初めてお目にかかる方もいるようないないような?自分自身がレアキャラ化していることもあり記憶があいまいで、一度会ったかどうか自信なし。

メニューは先週と同じで8の字コースを5周、中袖復路で毎周スプリント。
先週は5本目で脚を攣ってスプリントに絡むどころかビリで、しかもしっかり動画も撮られていたので(笑)今週は頑張りたいところ。といってもメンバー的に猛者揃いで、絡めるかどうかはほぼ「運」のような気もする。

1本目。入りのペースはおとなしい。自分の前がkobaさんで、残り400mの目印にしている黄色い看板(Googleマップでちゃんと測ったら380mだった)の手前で先頭に出る。一定ペースで牽いていると右からF谷君が勢いよく上がっていって、これは決まる動きだと判断して後ろに着き、残り100mくらいからまくって1着。ラスト34秒が638W。
F谷君が「ゴール位置間違えました~」と言ってたけどそれでも最後までいっちゃいそうなところが恐い。

#1: 2'50 / 303W / 45.1km/h

2本目。また同じような場所でkobaさんの後に先頭が回ってくる。先頭を牽いて後ろを見ると少し空いていて、後はシッティングでなぜかそのまま最後まで、と何から何まで先週の2本目とまったく同じパターン。つまりローテのタイミングに恵まれた。ラスト41秒が554W。

#2: 2'35 / 329W / 49.5km/h

3本目。何度もいいタイミングで回ってくるほど甘くはない。今度は中盤でしっかりペースを作って、その後は集団後方でできるだけ粘るように。しかし着いていく力も残っておらず、最後は流してしまう。中盤で牽いた区間が43秒477W。
先頭は遙か彼方で見えず(笑)

#3: 2'44 / 321W / 46.8km/h

4本目。ほぼ集団最後尾近くで勝負区間に。数人の小集団を乗り換えながら先頭を目指すが、かかった状態のF谷君には追いつくはずもなく2位。こういう時はどうしたらいいんだろう。もっと早い段階で脚を使ってでも先頭付近まで上がっておくか、そもそも後ろに下がりすぎない、くらいしか思いつかない。その位置にいる時点で失敗。
レースでもありがちかもしれない。

#4: 2'38 / 318W / 48.5km/h

5本目。かなり早い段階からO野さん(この時点ではお名前存じ上げず、「赤い人」という認識)がアタック。そのままいってしまいそうな勢い。追走が数名行って、その後ろの集団で迷っていたら、背後から「追って追って!踏め~」という激励の言葉(誰かはすぐわかる)をかけてもらったので腰上げて追走。

しかし中途半端すぎて先頭まで届かず。こりゃダメだと思ったけどその後先頭も失速して集団がまとまり、最後の力でスプリント。いけたかな、と思ったらMIKさんにまくられて2着。見事にやられる。
ラスト1分9秒が438W、スプリントは13秒605Wで、やはり中盤の追走で脚を削られた感。

#5: 2'41 / 365W / 47.6km/h

それにしてもこの練習はいろんなパターンのスプリント練ができて勉強になる。

一時期、中袖おはサイでもほぼ同じフォーマットでやっていたけど、3~5人と10人以上では展開もまったく変わってくる。特に今日の5本目のような、脚を溜めて最後まで行きたい人たちの思惑を外すような動きは、協調する人がいれば非常に効果的だし、それも大人数だからこそ生まれる訳で。

「マッチ」が少ない自分のようなタイプは、アタックへの反応で限りあるマッチを減らさないためにも、ある程度速めのペースを作ってアタックが起きにくいように牽制したり(勿論そこで脚も使ってしまうが)、超他力本願だけど誰かの反応を待って着いていくしかない。使い切ったら終わりだから。

そういうセコい技とか駆け引きとかも含めて、いろんなパターンを試したり経験できる場としてこの練習はとても貴重だと思う。
来週も行けたら行きたい。

そういえばチーム練の途中でF谷君に「瞬間で最高何ワット出ます?」と聞かれて、1200Wと答えたけど、よく考えたらそんな数字最近見てない気が……。
試しに帰り道でゼロスタートスプリントやったら、何とかギリギリ達成できた模様。

スプリント練

これって展開の中ではまず出ないし一発芸みたいなもの。なんだけど、「アイツは盛ってる」と思われると困るので一応(笑)
【チーム練】カテゴリーの記事

  1. 2018/12/03(月) 18:58:16|
  2. チーム練
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
前のページ