タイトル

Golden Cheetah3.5でStrava同期がうまく動かなくなった時の対処法

おなじみGolden Cheetahですが、バージョン3.5からStravaとの自動同期機能が追加され、簡単にStravaのアクティビティを取り込めるようになりました。

参考:Golden Cheetah 3.5でStravaとの自動同期ができるようになった

この機能は非常に優れものなのですが、最近ひとつ問題が。
なぜか、Stravaと同期しても取り込んだデータが空っぽになってしまう。

GC3.5

StravaのURLに"/export_tcx"(TCX形式でログをダウンロード)や"/export_original"(FIT形式で以下略)をつけて一旦ログを保存し、マニュアルモードでGolden Cheetahに取り込めば普通に見られるので、どうやら同期機能の問題っぽい。

困っていたらまささんから情報をいただき、修正版がリリースされたとのことで早速ダウンロードしてみました。
修正版(v3.5-DEV1903)はここから入手できます。(画面の一番下にあるインストーラをダウンロードして実行)

起動してStrava同期を試してみると……

GC3.5dev1903

おー!ちゃんと全部のデータが取り込めてる。
よかったー。
(取り込みをやり直したい時は一旦ログを消してから再同期すればOK)

ちなみにちょっとマニアックな話になりますが、不具合の原因は、StravaのIDが「21億4748万3647」を超えたため。Golden Cheetah側では取り込み時にStravaIDをint型という整数の入れ物に入れるようプログラムされていて、その最大値を超える数が入ってきたのでエラーで処理が落ちていたのが原因でした。
21億ってみんなどんだけ走ってんねん。

最新バージョンではおそらく922京くらいまではいけるはずなので、当分は大丈夫かと思います。
【パワトレ関連】カテゴリーの記事

  1. 2019/02/28(木) 20:29:33|
  2. パワトレ関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

降る降る詐欺からのZwiftレース

先週の土曜はおはサイの予定でしたが、前日に天気予報を見たら明け方まで降水確率90%という予報。これはもう無理だろうと共有カレンダーに「中止」と書き込んで、翌朝起きてみたら……全然降ってない。やられた。

一人で走るよりZwiftでしっかり強度上げようと、イベント検索。6時頃から平坦レースがあるようなので参加してみることに。「3R Richmond Flat Race」というやつ。WBRって最近見ないけど全部3Rに変わったのかな?
距離はリッチモンドを4周する24.1km。今週は月曜にもZwiftレースをやっていて、週2回は珍しいかも。

3R Richmond Flat Race start

出走83名でスタート。スタートダッシュは最初にガツンと上がり、一瞬下がってからまたじわじわハイペースで進む。スタートからの5分が298W。
その後はやや落ち着いて、大集団のまま進行。
着いていくだけで結構きつい。

コース的にはほぼフラットなので極端な上げ下げもなく、途中何人か飛び出しては吸収されるのを何度か繰り返す。
このままいけば大集団でのスプリントになりそう。

3R Richmond Flat Race1

しかしところどころ不意にペースが上がる時があり、中切れに巻き込まれるのが怖いのでなるべく前方をキープ。ようやく残り1kmを切って集団のペースが上がる。
ちなみにリッチモンド周回は最後にトラップがあって、ゴールゲートがUターンの後にあるので、残り距離が0になろうかというところで300mくらい巻き戻ってしまう。(勝手にリッチモンドの罠と呼んでいる)

自分も以前それで痛い目を見ていたので、今回は「最初の」残り300mを切っても抑え気味に、巻き戻ってから全開スプリント。
どうやら周りの人たちは意外と知らなくて罠にかかっていたようで、Uターンでごぼう抜き。そこからゴールゲートまでさらに何人か抜いて、あと一人か二人か……というところでフィニッシュ。

3R Richmond Flat Race result

せこい作戦がうまくはまって3位。ZwiftPowerではAカテ2位と、自己最高順位をゲット。
最近は10位前後ばかりだったので嬉しい。というか、Zwiftのユーザー数増加のせいかどんどんレベルが上がってきているから、こんな順位はもう取れないだろうな。

スプリントは31秒534W。全体では31分20秒276Wと強度的にも十分過ぎて、終わってからぐったり。
こんなに追い込めるのもZwiftのおかげ。
【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2019/02/26(火) 20:09:51|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

引きずり回されるイオンおはサイ

今週の火曜はイオンおはサイへ。今回もI田さんから前日に予告があったのに、5:45に現地に行っても誰もいない。
仕方ないのでビルドアップ的に周回していたら、3周目でやっとI田さん登場。
同じくらいの時間に来ていたけど、駐車場で8の字練習していたので気づかなかったと。

よくわからないが、二人で数周は走れそうだったので、4周目からいつもの周回練ペースに。
「2周いけますか?」と聞かれて時計を見て、3周いけると思う、と答える。
ここからがきつかった……。

前半のストレート、単独で走っている時は37km/hがやっとだったのに、I田さんの後ろについてメーター見ると43km/hを超えてる。
上げすぎだろーと思ったけど、でも3周だし、と思い直して合わせるが、きつい。
一応は牽くけど基本的に引きずり回される感じ。信号待ちのスローダウンを挟んでラスト1周。

前半I田さんが牽き、中盤で2回交代して、後半のストレートはリードアウトして終わるつもりで全開で牽く。
スプリントできる距離で前に送り出して脚を緩めたら、I田さんも限界だったのか途中で失速。
最初の2周が5分21秒315W。信号待ちからのラスト1周が1分57秒379W。

最初から最後まで辛かった。この短時間で心拍180bpm超え。
あともう一人いれば結構違うんだけどなー。I田さんと二人だと命を削られるな。
これから暖かくなれば徐々に増えていくであろう。
ともかく一人では絶対出せない領域まで追い込めたのは確か。長時間のライドがしづらい自分にとっては強度を上げていくしかないので、そういう意味ではとてもありがたい。

走行距離:27.9km
走行時間:1時間11分44秒
平均時速:25.7km/h
平均心拍:132(182)bpm
平均ケイデンス:80rpm
消費エネルギー:613kJ
AP/NP/IF/TSS:142W/225W/0.83/82.7

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2019/02/25(月) 00:13:37|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Zwiftミートアップをやってみた

ミートアップ ライド中

先週金曜の話ですが、I田さんからZwiftミートアップやってみませんかというお誘いがあったので、初めてオーガナイザーをやってみました。
大まかな流れは、オーガナイザーが時間とコースを決めてメンバーを招待→メンバーが招待を承諾→開催、という感じ。
前提として、メンバーがオーガナイザーをフォローしていないと招待を受けられません。

まずコンパニオンアプリで自分をフォローしている人のプロフィール画面を開くと、「○○さんとミートアップを作成する」というボタンがあるので、それを押します。するとミートアップ設定画面が出るので、アクティビティの種類(バイク/ラン)、開催日時、コース、フィニッシュ条件(距離/時間)、招待する参加者などを決めて送信すればOK。

今回、初めはコースにジャングルサーキットを選んだのですが、参加者の中にジャングルがアンロックされていない人がいて、そういう場合グループライドとは異なり一人だけコースに入れないという情報をもらったので後から変更しました。こんな風に招待通知を出した後でもコースを変えたり参加者を追加したりできるのは良いところ。

参加予定のミートアップはこんな風に表示されます。

ミートアップ 参加予定

あとは普通のイベントと同じで、ログインして適当に走っていると開始4~5分前にJOINボタンが出てくるので、押すとスタート地点にワープ。
面白いのは、スタートエリアではなく道端に集合してアップするところ。
今までレースなどでチームメンバーと一緒になることはあっても、これだけ一同に集まることはなかったのでテンションが上がる(笑)

ミートアップ アップ中

当然キーボードやコンパニオンアプリでチャットもできる訳ですが、ちょっと注意点があります。
どうやら日本語対応が今ひとつのようで、漢字は打ち込んでも表示されないことが多いです。また、ひらがなでも「ぱ」行とか一部出ないものもあり。カタカナは割と普通に出る印象。
必然的にやりとりはひらがな・カタカナが公用語っぽくなります。
ちなみに「お疲れ様ー」と打つと「おれ様ー」になる(笑)

自分の頭上には、ライドリーダーであることを示す憧れ(?)の黄色マーカーが。

ミートアップ ライド中

自分の発言だけは画面の中央にどーんと出るので、まさしくライドリーダー。これ一回やってみたかったんだー。
この権限を使ってくだらない発言とかしてみたくなる衝動にかられる。

ミートアップの参加者は画面右のリスト上では緑色になるので、誰が近くにいるかがとても把握しやすい。
反面、コントラストが甘いので名前やチャットが少々見づらいです。ここは今後改善してほしいところ。

とりあえず初回なのでゆるくチャットしながらまとまって走り(一人先にいっちゃったけど)、ラスト1分だけミニレース形式にして終了。

やってみた感想としては、セッティングは非常に簡単なのでお手軽に開催できるのが良いです。
これなら雨の日でもチーム練ができるし、離れていて普段一緒に走れないメンバーとも走れる。
何よりバーチャルで仲間と走るのは、リアルとはまた違った楽しさがあって新鮮。

要望を言えば、集まったメンバーでグループワークアウトができるといいなと。あとは、バラバラになってもボタン一つで全員まとまれるとか、草レースを開催できるとか。
その辺りは今後拡張されていくかもしれないので期待したいところです。
【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2019/02/17(日) 10:17:57|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ELITE ARION AL3の異音の原因

エリート アリオン AL3

異音ネタその2。
もう5年以上使っているELITE ARION AL3ですが、ついにというか、数週間前から異音が出るようになりました。
具体的には前のローラーのあたりから「ブオオオーン」とひどい音がする。ただし、それはローラーの右3分の2くらいに前輪が乗った時だけで、それ以外の場所だと鳴らない。さらに、しばらく乗っていると異音エリアが狭くなっていき、ほとんど鳴らなくなる。

とはいっても気になるので、ローラーを固定しているボルトを増し締めしたりしてみましたが、全然効果なし。
これはもうベアリング交換しかないか。
確か以前ベアリングを交換してまた戻したことがあったな、と思って昔書いた記事を漁ってみたら、ちゃんと残ってました。たまには役に立つ(笑)

自分が書いた手順を見ながら前のローラーだけ外して、以前買っておいたNTNのベアリングに交換。

エリート アリオン AL3 ベアリング交換

交換後に自転車を乗せて漕いでみたら、消えたーー!
と思ったら。
左4分の1くらいに乗るとやっぱり鳴る(笑)
結局原因はまだわからず。グリスを入れてみるかなあ。
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2019/02/06(水) 20:26:29|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ