タイトル

ZwiftのアクティビティログがStravaに連携されない時の対処法

今朝久々にZwiftをやったら、アクティビティを完了してもStravaになかなかログが反映されず、数時間待っても出てこないので仕方なく手動でアップしました。
手動アップは久しぶりで、やり方を思い出すのに少々手間取ってしまったので自分用メモ。

■ Zwiftのアクティビティログを手動でStravaへアップする手順

my.zwift.comにログイン

②目的のアクティビティを探して、「↓ダウンロード」を押す(日付の入ったfitファイルがダウンロードされる)

Stravaにログイン

④画面右上の「+」ボタンを押し、「↑Upload activity」を選択

⑤画面左側の「File」を押す

⑥先ほどダウンロードしたfitファイルを選んでアップする

⑦アクティビティ名をZwiftっぽいやつに変更して「Save & View」ボタンを押す

ちなみに、ZwiftとStravaの連携が有効になっているかを確認するには以下のようにします。

■ Zwift→Stravaの自動連携設定を確認する手順

my.zwift.comにログイン

②画面上部の「SETTINGS」を押す

③画面左側の「CONNECTIONS」を押す

④STRAVAの項目を見て、リンクが「切断」または「DISCONNECT」となっていたら連携は有効化されている

Stravaへの連携が遅い理由はわかりませんが、最近Zwiftのユーザーが急増しているという話もあるのでそのせいかも?
ただ、つい先週くらいまではアクティビティ完了から数秒でアップされていたので、何か別の問題かもしれません。

不便なので、早く直ってくれるといいのですが。
【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2019/03/06(水) 21:50:58|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4日ぶりのローラー「GGCC Glasgow Green CC Tuesday Training ride」

先週末は家族で湯沢にスキー旅行に行っていたのでノーライド。休日もそうだけど、この時期は平日も1年で最も忙しくて余裕がなく、どんどん弱体化していってる気がする。
それに加えて湯沢では初日に転倒して左足首を捻挫するというおまけつき(笑)
(二日目も無理矢理滑ってましたが)
やはり寝不足は良くない。

帰ってきてからも足が痛いのでしばらく様子を見ていたけど、何もしないと一瞬でデブ化するし、ちょっとお試しで乗ってみようかと水曜に4日ぶりのZwift。
軽くペダリングしてみると、歩く動作に比べれば痛くない。ハードじゃないやつならいけそうなので、5:45からのグループライドに途中参加。「GGCC Glasgow Green CC Tuesday Training ride」という、過去に何度か出たことのあるやつで、参加者180名ほど。

GGCC Glasgow Green CC Tuesday Training ride

まてまて、よく考えたらこれ最後にミニレースあるよな……。
まあ痛かったら無理せず流そう。
途中スプリントがあって、周りの人につられてアウターで踏んでみたら、普通に痛い。あーこりゃ無理だ。
しかし2回目のスプリントで少し慣れる。

ライドリーダーから、「残り3.5kmでミニレースをやるから後ろに着いて」との指示。
残りの距離から判断して今日は最後までいけそう。(このイベントは毎回コースが違うので日によっては途中離脱を余儀なくされる)

ライドリーダーの「GO GO GO」の合図でミニレーススタート。結局参加してしまう。
序盤から非常にきつく、しかし距離も短いので常に全開。6~7名の小集団で残り1kmを通過。残り400mからスプリントを開始し、日本人の方に並びかけたけど競り負けて5位。
めちゃめちゃきつい。

4分41秒で366W。Golden Cheetahで見ると恐ろしいことに4分から6分までゴソッとCP更新してる。
そして思い出したように足が、いってー。

結論:Zwiftは身体に悪い(笑)
【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2019/03/06(水) 20:23:38|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
前のページ