タイトル

簡易宅配ボックスを設置したら最高に便利だった件

もう使っている人には今さらな話かもしれませんが。
我が家は共働きなので平日の日中は基本不在で、週末も家にいないことが多いです。そうすると問題になるのが宅配便の受け取り。

大抵、帰宅してから不在通知に気づいて、別の日で再配達を依頼するのですが、いろいろ不測の事態もあったりして指定した時間に在宅できないこともあり、何度も来てもらうのは宅配業者さんに申し訳ない。
それで最近はコンビニに取り置いてもらう方法もよく使っていましたが、これはこれで寄り道しないといけないし、レジでのやり取りも時間がかかるし、取り置き期間がやけに短かいのも不便だったりする。

そんな訳で宅配ボックス置きたいなあと常々思ってはいたものの、自分の中では巨大な金庫みたいなイメージで、存在感ありすぎるしそもそもかなり高価なものだろうという先入観があったのでした。
ところが、試しに調べてみると軽い素材で作られた簡易的な宅配ボックスもあって、使わない時は折りたたんで保管できるし、普通に宅配ボックスの機能を備えているのに非常に安価。3,000円台とかからある。

で、買いました。

ソフト宅配ボックス

山善の「P-BOX」というやつ。Amazonで3,500円くらい。
軽量・折りたたみ可能で、印鑑用ポケットとワイヤー、2種類の南京錠付き。
サイズは幅51cm×奥行42cm×高さ33cmで、容量70L。

中を開けるとこんな感じ。

ソフト宅配ボックス(中)

このポケットに南京錠と印鑑を入れて使います。

ソフト宅配ボックス(印鑑とカギ)

ついでに、こんなステッカーも売ってたので貼りました。

不在時は宅配ボックスをお使いください

使い方は、まず開放状態の南京錠と印鑑をポケットに入れておく。
宅配業者さんの来訪時に家族が不在であればこの中に荷物を入れてもらい、中に入っている印鑑で伝票に押印してもらってから南京錠でロックしてもらう。
家族が帰ってきたら手持ちのカギでロックを解除して荷物を取り出す、という流れ。

ちなみに南京錠のセットは2つあり、それぞれに互換性はないです。片方はワイヤーを通して柱などに固定するのに使います。
合鍵は南京錠ひとつにつき3個も付いてくるので、家族それぞれがカギを持つことが可能。

あと、置きっぱなしにするのか、ピンポイントで使う(不在通知をもらった時、旅行に行く時など)のかという選択については、うちは面倒なので置きっぱなしです(笑)

で、実際これを使って何度か荷物を受け取りましたが、結論としては、

便利すぎる!

こんなに安価に導入できるならもっと早く買っておけば良かった。
宅配業者さんも何度も来なくて済むし、受け取る方は最短時間で必ず受け取れるし、Win-Win(古い)じゃないですか。
これはほんと、生活スタイルが一変すると言っても過言ではない。自由な時間を縛られるという不便さから解放されますから。

ちなみに70Lという大きさですが、見た目より意外と大きくて、大抵のモノは入ります。
長いモノとかは無理ですが、それはまあどんな宅配ボックスでも無理なので仕方ない。
大きさとしてはこれで十分ではないかなと思います。

気になった点としては、ひとつは軽すぎるが故に風が強いとあっちこっち動いてしまうところ。これは中に石のブロックを置いて重りにしました。
もうひとつは、やはり屋外に置くのでどうしても汚れてくる。定期的に掃除はしていますが、グレーとかブラウンとか汚れが目立ちにくい色もあったので、そっちにしとけば良かったなあと。
それくらいで他は特に不満なく使っています。

通販をよく使う人、日中不在にすることが多い人にはかなりおすすめです。
【お買い物】カテゴリーの記事

  1. 2019/03/30(土) 17:39:09|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6人で土曜おはサイ

土曜おはサイ

これまた何週間ぶりかの土曜おはサイ。一旦暖かくなったのに昨日からまた急に寒くなって、また冬に逆戻りな感じ。
出発前に、昨日パンク修理していた前輪にしっかり空気を入れておこうとフロアポンプをかませると、なぜかプシューっと全部抜けてしまう……。
どうやら交換したチューブのバルブ長がリムの高さに対しギリギリで、例のポンプではエアを入れられたのに、フロアポンプのバルブヘッドだと固定できず抜けてしまうらしい。
例のポンプ、どこまで優秀なんだ。

と、感心してる場合じゃなく、もうあと数分以内には出発しないといけない。チューブ交換してるヒマはないので迷わず「例のポンプ」でポンピング(笑)
朝からバタバタ。

集合場所に向かう途中でK谷君と一緒になり、現地に着くとH房さん、W辺さん、サトシさんが。
とりあえず1周目はゆっくりいきましょうと出発したら、前方から緑色のバイクが来て、見た瞬間F谷君とわかる。6℃なのにレーパンかー。漢だ。
これで6人。
ペースは36→37→38で、牽ける人が長く。

昨日大して走ってないのに先頭牽くとすぐ息切れしそうになるのは単に弱いせい。
あと風が結構強くて、中袖往路と海岸線では集団内でもきつい。
F谷君が長く牽いてくれるのでその後ろでひたすらエアロフォームを意識して着いていく。

2周目の終わり、海岸線の凶悪向い風区間で何人か遅れてしまったので、中袖往路は36km/hに抑えてもらうようF谷君に伝え、その通りに走ってもらったのだけどF谷君、K谷君、自分の3人に。
そこからまた集団を作りつつ最後のフリー区間。
先頭が回ってきたので少し長めに牽いていたらF谷君が抜いていったので後ろに着く。この時点でほぼ限界。
残り200くらいでF谷君がスプリントし、少し着いていったけど差が縮まらなくて、そのうち脚も回らなくなってTHE END。

おはサイ(大周回×3): 1時間23分23秒 / 49.7km / ave212W / NP234W / 154(184)bpm / 87rpm / 35.6km/h

フリー区間で前に出てからゴールまでが2分12秒360W。スプリントは8秒811W。
F谷君は20秒くらいもがいてたな。情けないが、今はこれが限界。でも左足首の捻挫がスプリントできるくらいまで回復してきたのは良かった。
いい練習させてもらえてありがたいです。

終わってからいつものように皆で談笑していたけど、とにかく寒い。
F谷君の生足見てるだけで寒い(笑)
もう寒いのはいいでしょ……。
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2019/03/30(土) 16:18:26|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年初の真舟おはサイ(と例のポンプ実戦デビュー)

ひと息ついたと思ったらまた仕事が忙しくなってきたり週末スノボやらであんまり乗れてません。
最低でも週2~3回は確保したいけど、帰りが遅いと全然起きられず。4月末頃までは細々とやろう。

金曜は頑張って起きて今年初の真舟周回へ。
このコースは新しい分譲地のため、家が建ち始めたら歩行者や車が増えて使えなくなりそうだけど、3ヶ月ほど行ってなかったのでとりあえず今どんな様子か見に行ってみることに。

5:30過ぎに出発。で、走り出して10分ほどすると前輪がとられる感触があり、しばらくしてぺっちゃんこに。
今年初のパンク、というかエモンダに乗り換えてから初。
朝からこれは萎えるー。止まると寒いし。

パンク

チューブを外してタイヤの裏側を調べてみても特に異物は残っていない。なんか踏んだか?
替えのチューブを入れて、早速「例のポンプ」をセット。
そういえば例のポンプを実戦(?)で使うのは初めてだな。

パンク

以前テストした時のように、押しても引いてもエアが入るので空気圧がすぐ上がっていくのと、ある程度まで入れてもポンピングが重くならないのに感心する。
ものの3~4分程度で十分な空気圧までリカバリーできたので、再出発。とは言っても大して時間はないから、2~3周して終わりか。
それにしても例のポンプ、優秀。

周回コース入口のトンネルの登りはちょっと頑張って、1分16秒402W。
コースには誰もいなかったので、単独で3周だけ流す。
ざっと見た感じ、家もそんなに増えてないし、この時間帯ならまだ十分使えそう。またしばらく金曜おはサイはここかな。

真舟周回

そういえばここ数日はシクロスフィアの解析に半日くらいかかって困ってましたが、解消に向かっているようで、この日は数分かからずStravaまで同期されました。
SGX-CA500から生データを落としてStravaに上げられないかと思ったけど、生データはSQLiteというデータベース形式なのでそのままでは上げられず、どうしたもんかと悩んでいたところだったので解消して良かった。

走行距離:18.7km
走行時間:1時間10分16秒
平均時速:22.5km/h
平均心拍:115bpm
平均ケイデンス:77rpm
消費エネルギー:375kJ
AP/NP/IF/TSS:104W/188W/0.7/48

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2019/03/30(土) 12:29:28|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月曜、Zwiftレース。3R Greater London Flat Race

仕事の方もやっと一息つけて少し余裕が出てきたので、月曜は6:05からのZwiftレースに参加。「3R Greater London Flat Race」というやつで、距離は28.5km。
出走は143人もいる。リアルレースでもバーチャルレースでもスタート待ちは緊張するけど、Zwift始めてからリアルでは以前ほど緊張しなくなった気がするな。
これも何かのリハーサルになっているのかもしれない。

3R Greater London Flat Race start

スタートダッシュは54秒393W。さすがにこの人数なのでペースが落ち着いてからも大集団のまま。
リードイン区間を終えて広場への最初の登りからまたペースが上がり、2分4秒364W。きつい。
少し集団が小さくなる。

今回、運良くエアロブーストをゲットできたので、ゴールスプリントまで大事に持っていくことに。
Greater London Flatの2周目に入ったあたりで再びペースアップ。1分50秒330W。これで集団は15人くらいになり、以降ずっと同じメンバー。

3R Greater London Flat Race

残り8kmくらいからじわっとペースが上がっていき、何とか着いていく。
ラスト400mからエアロブースト発動。ギュイーンと加速して先頭に出るが、フィニッシュゲートが遠く、最後は数人に抜かれながらゴール。

3R Greater London Flat Race: 38分2秒 / ave270W / NP280W / 168(185)bpm / 98rpm / 47.0km/h

3R Greater London Flat Race result

きーつーいー。
ラスト10分47秒が285W。そして36分から38分までゴソッとCP更新したっぽい。
やってもやっても楽にならないどころか、逆にどんどん辛くなっていく気がする。
上位陣に他のカテゴリが混じっていたらしく、Zwift powerでは繰り上がってAカテ3位。

ちなみに最近Aの上にA+というのが導入されたようで、パワーウエイトレシオが特に高い人はZwift power上で黒いアイコンで表示されるのだけど、ただそれだけ。別々にスタートしたり、リザルトが分けられるということもないので、結局モンスター達と一緒に走らないといけない(笑)

逆立ちしても勝てる気はしないけど、レースといっても全部練習だし、強い人に鍛えてもらえると考えればいいのか……。
【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2019/03/21(木) 23:55:49|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1ヶ月半ぶりの土曜おはサイ

1月から延々やっていた仕事がようやく山を越え、少し余裕も出てきたのでぼちぼち自転車の方も再開です。
土曜おはサイを招集してみたものの、予報は90%の雨。しかし、過去に何度も降る降る詐欺にやられていたためギリギリまで粘ってみることに。
果たして、翌朝起きてみるとまったく降っておらず、雨雲レーダーを見ても大丈夫そうだったので予定通り出発。

前回の開催が2月2日で、その時に比べるともう完全に明るいし暖かい。ウインドブレーカーも不要。
集合場所の公園には反射ベストを身につけた自転車乗りが大勢いて、どうやら今日はブルベらしい。おはサイに集まったのはサトシさんと自分の2名。チームの大島合宿と重なったせいか今日はかなり少なめ。
二人ローテだと休めなくて辛いんだよなー。最近ほとんど乗れてなくて体力も落ちてるし。

サトシさんにはゆっくりめでお願いしますと予防線を張りつつスタート。いざとなれば付き位置でいこう、と最初から弱気。
そういえば2週間前にスノボで捻挫した左足はまあまあ回復してきていて、シッティングで普通に回す分には大丈夫。ダンシングだとちょっと痛い。クリート外そうとひねると激痛(笑)
ただ、集合場所に来る途中、クリート外しは外側でなく内側にひねって外すとあんまり痛くないというライフハックを発見する。

おはサイ

ペースは35~37km/hくらい。二人なので牽く時間はそれぞれ4~5分と長め。ログを見ると先頭牽きは4.3倍前後だったみたい。均等に回しながら走るが、心拍を見ても体感的にも結構きつい。
しかし1周目が終わって2周目の中盤くらいからだんだん脚が回り始めるような感覚があり、ほっとする。
中袖往路は向い風がきついのでペースを少し落として。

そんな感じで3周目をこなし、自分が前で最後のフリー区間へ。
スプリントはたぶんできないのでリードアウトするつもりでじわじわ上げていく。と思ったらサトシさんがちょっと離れてしまった?
気づくのが遅れてしまいそのままゴール。すいませんでした。

おはサイ(大周回×3): 1時間28分46秒 / 49.35km / ave204W / NP235W / 154(177)bpm / 88rpm / 33.1km/h

終わってからしばしサトシさんと雑談。会社の同僚の方で何人かロードバイクに乗られていて、レースにも出てみたいという人もいるとのこと。それならまずは集団走行に慣れてもらうのがいいでしょうと、芋づる式におはサイに呼んでもらうようお願いする(笑)
そのうち来てもらえるかな?
【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2019/03/17(日) 18:22:26|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ