タイトル

第12回Zwiftミートアップおはサイ、とZwiftのゲーム的要素について

土曜日、外に走りに出ようと思ったら前日の雨が乾いておらず、路面が微妙な感じ。しょうがない、Zwiftにしよう。
起動時にアップデートがあり、ログインすると、あれ? なんか日本語が文字化けしてる。

Zwiftの文字化け

調べてみると他にも同じ症状の人がいるみたいで、どうやらアップデートに伴うバグっぽい。
しかしこれ誰もチェックしなかったのか……。
とりあえず適当にグループライドを選んで途中参加したら、めちゃくちゃキツいやつ(当社比)で1時間も耐えられず離脱。アベレージが4倍近かったような。

その日の午後、翌日の予報が雨ということで姫さんからミートアップの招集指令がかかる。
出先だったけどその場でスマホから招集。過去のミートアップをひな形にできるのでセッティングはとても楽。
コースはワトピアのFigure 8 Reverse。

6/28ミートアップ_1

文字化けはその後のアップデートですぐに修正されたみたい。
雨のためか15人ほど集まり、いつものようにDiscordでおしゃべりしながら走る。
今回も「まとめる」機能をオンにしていたのだけど、どうも一部の人が効いていないような。もしかしてまだ修正されていない?
この機能がミートアップのキモなので、ぜひとも直ってほしいところ。
今回もご参加ありがとうございました。

そういえば、Zwiftがβテスター向けにブースト機能(一定時間のチャージで体重ハンデを負う代わりに短時間の出力ブーストができる)を公開しているようだけど、以前どこかの記事でCEOが言っていたようにやはりZwiftはeスポーツを目指しているのかな。

何となくだけど、シミュレーターのような、純粋な出力勝負をしたい競技志向ユーザーとZwiftの目指す方向性との間にずれがあるように感じる。
とはいえ完全に条件を揃えるのは難しいので、それならゲームとして割り切ることで広くユーザーを取り込みたいという狙いなのかも。

でもZwift環境を揃えるくらいのユーザーって、きっとライトユーザーじゃないよなあ……。(周りを見渡して)
【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2020/06/29(月) 20:00:01|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

第11回Zwiftミートアップおはサイ(最後の定例)

ここ最近、千葉県南部は新たな感染者もなく落ち着いていて、ぼちぼち実走再開する人も増えてきた印象。
ということで今回で定例ミートアップは最後にして、今後は状況を見つつ不定期開催ということに。
コースは今まで使ったことのなかったNYの「Lady Liberty」(自由の女神)。来週からは自由に走ってください、という意味を含ませた訳ではなく、単に適度な長さで登りのある周回コースを探したらこれになった。

6/20 ミートアップ_3

参加者10名が集まり、さあスタート……のはずが、自分のアバターが微動だにしない。
まさかの開幕通信落車か? と思ったら10秒くらいしてようやく走り出す。良かったー。
「まとめる」機能は無事に各プラットフォームでリリースされたらしく、ちゃんと効いている模様。

一人スタートに間に合わなかった人がいて、再ログインで知り合いにジョインするやり方で合流してもらおうとしたら、今回のNYがデイリーで選べる3コースにないので合流できないと。なるほど……。
そこで誰か適当な人(自分になった)を招待して同じコースで一人ミートアップを開催してもらい、すぐにミートアップを終了してUターン(ミートアップ中はUターンできないので)してもらったら無事に合流できた。
ミートアップの途中合流はいろいろややこしい。

今回のメニューは、1周12kmの中で約1kmの登り区間があるので、そこだけ合図を出して頑張ってもらう。
「まとめる」機能も効いているので今回は積極的に前に出るようにしてみた。
1本目はスタート地点を間違えたため他より長め。

#1 5分2秒/305W
#2 3分33秒/346W
#3 3分36秒/319W
#4 2分55秒/390W


なんと、4本目でまさかのCP更新。2分40秒~3分8秒までゴソッと。
やはり人と走ると刺激を受けられるな。
いいタイミングで最後に出し切ったところで90分となり終了。お疲れさまでした。
【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2020/06/21(日) 19:39:08|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第9回と10回Zwiftミートアップおはサイ、と「まとめる」機能の不具合について

今週もしつこくミートアップ。
関東もついに梅雨入りしてしまい、土曜は雨予報のためか12人が集まる。
翌日には日韓米のZwift交流戦が控えていて、主催者選抜でURCからはF谷君が参加予定。せっかくなら同じコースを走ってみたら当日の(やばい)選手たちのパワーウエイトレシオ、登りのタイムの凄さが体感できるかなと思って、コースは交流戦と同じ「Watopia Hilly Route」にしてみた。

6/13 meetup

コース序盤のKOM(900m/5%)だけワット指定ありにして、3.5~5W/kg目標で。それ以外はイージー。スプリントはなし。
お、F谷君も来てくれた。
いつものようにDiscordでおしゃべりしながら走る。

前々回あたりから、どうもミートアップの「まとめる」機能がうまく動いてない気がしていたけど、調べたらバグだったみたい。

“Keep Together” broken in Meetups(Zwift forums)

後でもう少し追ってみると、最新バージョンではバグが修正されたとのこと。
修正済みのバージョンかどうかを確認するには、Zwift起動時の以下の画面を見ればOK。

Zwiftバージョン

拡大すると、

Zwiftバージョン(拡大)

このように「1.0.51959」以上となっていれば修正済みバージョンです。
Windows版とMAC版は起動時に自動的にアップデートされるけど、iOS/Apple TV版はアップルのリリース待ち。Android版も近日公開らしい。
人によって「まとめる」が効いている人と効いていない人がいたのはこのせいだったのか。(ミートアップ主催者がなんか操作してるんじゃないの? といわれなき疑いをかけられてましたが……)
iOS/Android/Apple TV版も数日中にはリリース予定とのことで、来週にはおそらく直っているでしょう。

Hilly Routeの登り区間の出力はこんな感じ。
#1 2'29/270W
#2  2'01/363W
#3 1'56/350W
#4 1'51/381W
#5 2'07/383W
#6 1'59/381W


この短いようでなかなか終わらない登りはほんときつい。
ご参加ありがとうございました。

その日の夜、会長から「明日もミートアップを開催してください」という指令が。
明日も雨だからかな。
「まとめる」機能が効いていないことを踏まえ、コースはロンドンのフラットルート(Greater London Flat)に。

6/14 meetup_1

集まったのがほぼ全員トロンバイク(笑)
少人数だけどペースは速く、しかも「まとめる」機能が効かない人もいるので気を抜けない。
5周のうち後半の3周はスプリントありにして、自分も全開でもがく。

最後のスプリントをしていたら、一瞬の気の緩みで後輪が3本ローラーのフレームとローラーの間に挟まってしまい、あっと思ったらそのまま深く刺さって落車。その衝撃でローラーの片側が本体から外れ、一気に焦げ臭い匂いが……。チェーンも外れてるし。
うーん、3本ローラーで落車したのいつぶりだろう。
とりあえずローラーは手ではめ直し、タイヤとホイールも目立ったダメージはなさそう。
教訓:へたくそは3本でもがいてはいけない。今度から気をつけねば。

終わってからチームメンバーとDiscordで雑談しつつZwift日韓米交流戦の応援。
ローリング終わって2周目のKOMで、1分27秒??
同じ人間なのだろうか……。
F谷君も最後まで先頭集団に残って、いい動きをしてました。
皆であーだこーだ言いながらのレース観戦は楽しいですね。
【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2020/06/14(日) 17:27:36|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第8回Zwiftミートアップおはサイ

先週末もミートアップを開催。
土・日とバーチャル富士ヒルクライムが開催されるので、もしかすると参加する人も多いかなと思いフラットコースで1時間と短めに。
11人で「Greater London Flat」を走る。途中に1箇所あるスプリント以外は特に上げ下げもなく、おしゃべりがメイン(笑)

ミートアップ

どうも最近、Discordで話し込んでいると気がついたら集団から千切れそうになっていることが多くて、油断できない。
慌てて踏み直す場面が何回か。
最後は3回目のスプリントを終えたところでちょうど時間になり、解散。
ご参加ありがとうございました。

----

緊急事態宣言は解除されたものの、都内の感染者数は微妙な増減が続いていて、まだ収束には遠い感じ。
自分は原則テレワークで必要に応じて出社だけど、来週からは週に何度か都内に行くことになりそう。
久々の通勤は神経使って疲れそうだな……。
【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2020/06/08(月) 17:19:11|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

粉飴ジェルを買ってみた

実走用の補給食としては、以前からHIGH5のエナジージェル(アップル味)を使っていましたが、最近よく見てみたら思いっきり賞味期限を過ぎていたので入れ替える事にしました。(十何本か残っていてもったいないけど)
ちょっと飽きてきたこともあり、今度はジェル系で違う製品を試してみよう。
HIGH5のエナジージェルは袋が縦長でジャージのポケットに何本も入れられるのと、口で千切って片手で開封しやすいのが気に入っていて、できれば同じような使い勝手で一袋あたり100kcal程度摂れるものが良い。

いろいろ探してみた結果、買ったのがこれ。

粉飴ジェル 外袋

粉飴ジェル 小袋

「持久系アスリート専用粉飴ジェル」、20本入り。
袋の大きさとカロリーはほぼHIGH5と同じ。粉飴は粉末の方はよく使ってますがジェルもあったとは知りませんでした。

試しにローラー中に一つ食べてみた第一印象は、まずかなり粘度が高い。HIGH5がサラサラで飲みやすいので余計にそう感じるのかも。
まあこれは慣れれば慣れるか。
味については、粉飴の粉末がほぼ無味無臭なのとは対照的に濃いめの味付けで、酸味も強め。個人的には嫌いではないです。

成分表はこんな感じ。

粉飴ジェル 成分

なかなか使い勝手が良さそうなのでしばらく使ってみよう。(と言ってもまだしばらくローラーメインの生活だけど)

【関連記事】
粉飴、いいかも。
HIGH5のエナジージェルを買ってみた
【お買い物】カテゴリーの記事

  1. 2020/06/07(日) 19:18:28|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ