タイトル

GARMINへのランサムウェア攻撃と、Stravaデータの一括バックアップ方法

GARMINがランサムウェア攻撃を受け、長時間サービスダウンしている模様。

ランサムウェア攻撃によってGarminが世界的に停止(TechCrunch)
GARMIN システム停止(GARMIN公式FAQ)

公式FAQによればユーザーのアクティビティデータはバックアップがあり、暗号化の被害を免れているようなので、サービスが再開すれば今まで通りに使えるはず。ただし、サービスを動かすために必要なデータが暗号化されてしまい、今は被害拡大を防ぐため同社によりデータセンター内の全デバイスがすべてシャットダウンされている状態とのこと。サービス再開にはかなり時間がかかるかもしれません。
犯人グループから提示された身代金(復号化キー)は、1000万ドル。

東京オリンピック開幕に合わせて仕込まれたものではといった噂もありますが、いずれにしてもユーザー数1500万人以上を抱えるサービスなので影響は甚大です。
そもそもランサムウェア自体が非常に防ぎにくいもので、例えば取引先からのメールを偽装して送られた添付ファイル(表向きはPDFなどに見えて中身はウイルス)を社内の誰かが開いたらもうアウト。2016年にJTBから800万人の個人情報が漏洩した時もこのタイプでした。

自分の場合は以前はGARMINを使っていましたが、現在はパイオニアのシクロスフィア→Stravaとアクティビティログを連携させているので幸い今回は影響なし。
とはいえ、クラウドサービスはいつ同じような被害に遭ってもおかしくない。
万一に備えバックアップは定期的にとっておくのが安心でしょう。(自分の場合はStravaからさらにローカルアプリのGolden Cheetahにも連携させていますが、全期間ではない)

以下はStravaから過去データを一括ダウンロードする手順です。
Stravaはアクティビティ画面のURLに「/export_tcx」をつけると個別にダウンロードも可能ですが、それだと時間がかかりすぎて大変なので、以下の方法がおすすめ。

[手順]
Stravaで自分のアイコンにカーソルを合わせ、「設定(settings)」をクリック。

Strava データ一括ダウンロード_1

次の画面で左側にある「Myアカウント(My Account)」をクリック。

Strava データ一括ダウンロード_2

マイアカウント画面の下部にある「始める(Get Started)」をクリック。

Strava データ一括ダウンロード_3

次の画面では、②の「アーカイブをリクエスト(Download Request )」をクリック。
③はアカウントの削除手続きなので間違えないように注意。(押しても手順が書かれたメールが送られてくるだけで即時削除はされません)

Strava データ一括ダウンロード_4

数分待つと以下のようなメールが送られてくるので、「Download Archive」を押すとダウンロードが始まります。

Strava データ一括ダウンロード_5

ダウンロードしたファイルを解凍するとこのような感じに。Stravaにアップした写真も入っています。

Strava データ一括ダウンロード_6

GARMINの件はまだ解決していませんが、今後ユーザーデータまで暗号化されてしまうリスクを考えると、どんなサービスを使うにしても他に最低一つ以上とアクティビティログを連携させて、かつ定期的にローカルPCにもダウンロードしておいた方が良さそうです。

【関連記事】
Golden Cheetah 3.5でStravaとの自動同期ができるようになった
StravaからTCXファイルをエクスポートする方法
【携帯・インターネット】カテゴリーの記事

  1. 2020/07/26(日) 13:12:24|
  2. 携帯・インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々のZwiftレース。Virtual Tour de France - Stage 6

連休初日は久々にZwiftレースに参加。
レースに出ると体力の消耗が激しいというか、一日抜け殻のようになってしまうので(笑)しばらく出ていなかったのだけど、まあ休みだしいいかなと。
コースはシャンゼリゼの周回を6周する43km。カテゴリはBで。

Virtual Tour de France - Stage 6(1)

スタートダッシュは23秒418W、その後も割と速いペースで最初の16分が261W。
先頭集団は20人くらいだったか。平坦は落ち着いているけど、アンダーパスの登りと凱旋門手前のだらだら登りで必ずペースアップするので気が抜けない。
何周かしてわかったのは、ド平坦コースのように見えて意外とアップダウンがある。注意すべきポイントは凱旋門前の登り。アイテムも前半はアンダーパスで使っていたけど後半は全部ここで使った。

とりあえず着いていくのに精一杯で、先頭引く余裕もなく、「レース」に参加している感じではない。邪魔にならないように集団後方でひらひら走る。

Virtual Tour de France - Stage 6(2)

中盤で何人か追いついてきて集団が大きくなったけど、最終周の凱旋門前の登りでばらけ、小集団でラスト1kmゲートを通過。
よーし何とか生き残ったー。(アイテム使いまくりだが)
スプリントは集団に埋もれて順位が上がりもせず下がりもしない感じでゴール。

Virtual Tour de France - Stage 6(4)

Zwift powerではBカテ7位。当社比では頑張ったけど、コロナ禍でユーザーが増えたせいかレベルが底上げされている気がするなあ。
もうAカテとか怖くて出られない(汗)
リザルト見ても1W/kgくらい違うし。
いい練習になりました。

----

今週は水曜日に久々に出社して、積み残していた用事を済ませられたので、またしばらくは在宅勤務が続きそう。
一応GoTo除外地域ではないけど、この状況で旅行が楽しめるはずもないのでおとなしく過ごすしかないな。

カブトムシ
【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2020/07/25(土) 11:44:15|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第13回ZwiftミートアップおはサイでマイレンシュタインGET

いつまで梅雨が続くのか……。
先週末もガッツリ雨で、日曜は久々にミートアップを開催。
コースはワトピアのTour of Fire and Ice。メニューは以前にもやったAlpe de Zwiftインターバル。

奇数コーナーから先は3~4倍以上、偶数コーナーからはイージー、最終コーナーからはフリー。もちろん「まとめる」機能はオン。キツいんだけど、大勢でやれば何とかこなせるはず。
14人ほど集まってスタート。今回はベンとI田さんが初参加。

0719 meetup3

奇数コーナー区間は大体4.5倍前後を目標に走る。見てたらヒデさんも同じくらいで走っていた。
Discordの会話をただ聞いてるだけでしゃべる余裕がない程度にキツい。
一区間の長さはコーナー毎にばらつきがあって、特に7コーナーの後が長くて凶悪。

新コースのモンバントゥが話題に出ていたけど、Alpeよりさらに長いらしく、話を聞いているだけでお腹いっぱいというか、しばらく行かなくていいかな……と思ってしまった(笑)
最終コーナーを曲がってフリーになり、先頭数名にギリギリ着いていってゴール。

0719 meetup4

そして、頂上のルーレットで初めてマイレンシュタインをGET!

LightWeight Meilenstein

トロンバイクと組み合わせることはできないけど、長い登りのあるレースなら使う価値あり?(そもそもそんなの出ない可能性大だが)
リアルでもその辺に落ちてないかなー。

出力ログはこんな感じ。

0718

やはり7コーナー後が一番辛かった。
完走できたのはミートアップのおかげ。ご参加ありがとうございました。
【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2020/07/20(月) 20:17:14|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕方のZwiftグループライド、「AHDR p/b Giant」で燃え尽きる

AHDR p/b Giant

最近は早朝から夕方にZwiftの時間を持ってきています。
理由は、早起きのリズムを完全に見失った(笑)のと、朝は子供の支度と送迎があるのでリミットが決まっていて、ちょっとでも起きるのが遅いと時間を確保できないため。
どちらかというとテレワークが終わってからの方が時間を作りやすいので、お試しでやってみようと。

水曜の夕方は「AHDR p/b Giant」というイベントに途中参加。いつもの時間帯では見たことのないイベントが多くて新鮮だ。
Bカテのグループライドで200人以上いて、ペースも結構速い。いい練習になりそうだなと集団に埋もれて走っていたら、リーダーから「ラスト1周はフリーにします」とのアナウンス。
え、インスブルックの市街地コースって10km近くなかったっけ?

不安を覚えつつラスト1周を迎え、「GOGOGO」の合図でスタート。
まあいけるとこまで着いていこう。
スタートダッシュからかなりきつく、ややペースが落ち着いてからも30人以上の集団。
そのまま1分坂に入り、一気にペースが上がる。8~9倍出しても先頭はどんどん離れていき、頂上あたりでどうにか第2集団くらいまで追いついて息を整える。ここの坂が1分438W。

下ってから数人追いついてきて10人ほどの集団に。前の集団は見えてるけどゴールまで数kmでペースも落ち着いたので追いつかなそう。
残り300mからスプリントが始まって、集団の3番手くらいでゴール。
めちゃくちゃきつかった……。
ラスト1周は11分34秒297W。Zwift powerの順位は13位だったか。アベレージパワーは出ているのに自分だけ各時間毎のCPが出てないのはなんでだろう?

この時間に乗ってみると、身体が暖まっているせいか起き抜けよりも強度を上げやすいように感じる。というか、起きてすぐ心拍MAXまで追い込むのは確実に寿命を削りそう(笑)
このまま続けてみるか、朝型に戻すか。夕方も悪くないけど、実走するなら朝の方が走りやすいから、使い分けかな。
【Zwift】カテゴリーの記事

  1. 2020/07/17(金) 11:15:01|
  2. Zwift
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サーキュレーターから風が出てこない時の対処法

4UMOR サーキュレーター

2ヶ月ほど前、Zwift用に購入した4UMORのサーキュレーター。
しばらく問題なく使えていましたが、最近気になる現象が。
電源オンすると、「ボォーーーッ」という大きめの音がするだけで、ファンは回っているのになぜか風が出てこない。
風量を上げていくと、ある瞬間からフッと静かになり、勢いよく風が出てくる。
こういう現象が起きたり起きなかったりしていましたが、だんだん頻度が上がってきたような……。

不良品を掴んじゃったかなあ、と思いつつ調べてみると、どうやら他社のサーキュレーターでも同じ現象があるらしい。
原因は、カバーの内側にホコリが溜まったせいで風が跳ね返ってしまい、乱気流のようになっているせいとのこと。
つまりカバーを外してクリーニングすれば直りそうだ。

と、簡単に考えていたのですが、いきなりつまづきました。
カバーの外し方がわからない。
回せば外れるっぽい感じなんだけど、回らない。無理にやると割れそう。
購入したAmazonのページを読み返すと、「ファンの下にある1本のネジを外せばカバーが取れます」と書いてあったけど、ネジってどこ??(底面に1本ネジが埋まっているがこれはトラップ)

ライトで照らしながらしばらくこねくり回してようやく見つけました。
ここです。(こんなのわからん)

4UMOR サーキュレーター(ネジの場所)

しかも、かなり狭いところにあるので細くて長いドライバーじゃないと回せなそう。
手持ちの工具で一番細いドライバーを持ってきて、しかし長さが足りないのでカバーのすき間から斜めに回したら何とか取れました。
その後は前面のカバーを左に少し回すとすんなり外せます。

あとは簡単で、ファン軸のカバーを外す。これは逆ネジになっているので右に回します。

4UMOR サーキュレーター(ファン軸カバー)

ファンを引き抜いて分解完了。
(ファンを戻す時は切り欠きの位置を合わせる必要があります)

4UMOR サーキュレーター(分解終了)

見てみたらカバーの裏側とファンにやっぱりホコリがたくさんついていたので、綺麗に洗って元通りにしたら、例の不具合はまったく出なくなりました。
音も静かになって良い感じ。
まだしばらく暑い日が続くので、Zwiftの時はサーキュレーターのお世話になりそうです。
【雑感】カテゴリーの記事

  1. 2020/07/17(金) 10:26:32|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |
次のページ